2009年7月 8日 (水)

初回更新

運転免許証の初回更新のため、2 年振りに府中運転免許試験場へ行きました。

入場後、受付を済ませて視力検査や写真撮影等、流れ作業でスムーズに進みましたが、初回更新の場合、その後 2 時間に渡る初回更新者講習が課されます。

府中では 1 時間ごとに開講されており、到着したのが 10:10 の回が始まった直後だったため、11:10 の回まで 1 時間近く待つことになりました。事前に教則本が配布されたため、改正された道路交通法の項目等を読んだりしているうちに開講時間を迎えました。

09070801初回講習だけあって、参加者のほとんどは 20 代前半の若者ばかり。10 代に混じって教習を受けた 2 年前の記憶が蘇って参ります。2 年間での主な道交法の変更点は交通違反の厳罰化に加え、中型免許や聴覚障害者マーク (画像) の新設など。違反の厳罰化は社会的な関心が高く、中型免許に関しては私が免許を取得直後の施行だったので、それぞれ十分認識していましたが、聴覚障害者マークに関しては初めて知りました。

昨年は都内で 5 人の聴覚障害者の方が免許を取得されているとのことで、今年は更に増える見込みとのことです。こういった情報は、もっと周知を徹底すべきだと思いました。私自身、知らずにこのマークを見たら、虫好きか昆虫運搬の車両かと思ってしまったかもしれません。

講習の締めくくりに見せられる東映製作による里見浩太郎や原田龍二が出演する飲酒運転の怖さを啓蒙するビデオの内容は、噂には聞いていましたが火サス級の高い完成度で、見入ってしまいます。これをドラマとしてではなく、実際自分にも起こり得る問題として捉えられるかどうかが、非常に重要だと思いました。

09070802新しい免許証 (画像) の表示は、普通車ではなく 8t 以下の限定付きの中型車に。私の場合は AT 限定に加えて、中型車の限定が加わった表記になりました。AT 限定の印象が、若干?薄れた感があります。

09070803府中試験場で免許を更新する人の数は、前日 (7 日) は 1,300 人、本日 (8 日) は雨の影響で 1,000 人程度になるとのこと。私は自転車で行きましたが、駐車場の待ち行列は、平日であるのにも関わらず東八道路の 1 車線を延々と塞いでいました。(画像) 日曜日は 2,500 人から 3,000 人に及ぶそうで、年間では 40 万人に達するそうです。ちなみに、今後やむを得ず日曜日に行く場合は、比較的空いている午後を勧められました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

免許取得レポート

07060501教習で使用していた教材や資料を整理して片付けたので、この機会に 31 歳で初めて運転免許を取得するまでの総括をレポートしたいと思います。

免許取得までの期間

3 月 2 日 長女の誕生日の席で決意表明

3 月 30 日 申し込み
3 月 31 日 第一段階学科教習開始
4 月 7 日 第一段階技能教習開始
4 月 24 日 仮免技能検定不合格
4 月 29 日 仮免合格

4 月 30 日 第二段階学科教習開始
5 月 5 日 第二段階技能教習開始
5 月 23 日 卒検合格
5 月 24 日 免許取得

平均的な期間は 1 ヶ月から 2 ヶ月の範囲で、合宿ではなくても最短で 17 日で取得できるコースもあるそうです。長期休暇が取得できれば、このコースを選択することも可能でしたが、さすがに 17 日も連続して休むことはできないので、通勤しながら取り組めるコースを選択しました。結果的に学科教習開始から数えて 55 日を要しました。

学科教習のスケジュールを効率的に組めば、更に期間を短縮できた可能性はありますが、期間を短縮した分スケジュールに無理が生じ、第一段階の技能検定以外でも不合格を繰り返した可能性があります。

仕事しながら教習所へ通う上では、2 ヶ月が妥当な期間でしょう。

教習時限

第一段階

オリエンテーション 1 時限
適性検査 1 時限
学科教習 10 時限
技能教習 15 時限 (うち復習 2 時限、補習 1 時限)
計 27 時限

第二段階

学科教習 16 時限
技能教習 19 時限
計 35 時限

総計 62 時限

検定時間は含みません。検定時間や自習時間、その他諸々を含めると、70 ~ 80 時限は下らないかもしれません。

費用

教習料金 314,300 円
学科試験問題集 1,000 円
仮免申請交付料 3,250 円
高速通行料金 1,200 円
SD カード申請手数料 700 円
本免試験手数料 2,100 円
本免交付料 2,100 円

計 324,650 円

免許取得には年齢万円が必要というのは事実です。教習所までの交通費や飲食費は含みません。なお、キャンペーン期間に申し込んだため、入学時に必要な写真代が無料でした。

教習所の所在地

自宅近くの教習所で休日のみを使って重点的に教習を受けるという選択肢もありましたが、一週間ブランクが空いてしまうので教習効果の低下は少なからずあったでしょう。毎日 1 時限でも乗り続けられたという点で、勤務地に近い教習所を選択して良かったと思っています。

当初、4 月は仕事がそれほど忙しくなくなる見通しであったため、定時で上がって通う予定でしたが、人が入れ替わったりで残業が続き、中旬辺りから早朝教習に移行。勤務地の近くでなければ、朝、教習を受けてそのまま遅刻せずに仕事に取り掛かるというスケジュールはこなせなかったと思います。

個人的に取り入れた学習方法

第一段階から学科講義をすべて MP3 プレーヤーで録音し、移動中に聞きました。そのため、休日に教習所へ行く場合も、移動時間が無駄になったという感じはしません。

技能教習においても、第一段階では運転操作に手一杯で教官の指示を聞き漏らすことが多かった反省から、第二段階から技能教習の模様も録音。教習が終わった後に自転車で同じコースを辿って、注意された場所を自己検証もしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

運転免許取得

0705240207052401本日、府中運転免許試験場において学科試験に臨み、普通自動車 (AT 限定) 運転免許を無事取得することができました。ちょうど一ヶ月前の 4 月 24 日に仮免技能試験が不合格となった時点では、そのまま再試験のスパイラルにハマり、とても 5 月中の取得は無理だと思っていたのが嘘みたいです。

昨日、卒業証書を受け取る際、府中運転免許試験場における学科試験の合格率は 60 パーセントであると聞かされ、内心「そんなばかな。」と思っていましたが、試験会場で問題用紙を手にすると、微妙な言い回しや表現の問題が多く、難易度の高さを実感。実際、画面に表示された合格者の数や交付申請まで残った人の数から推察すると、60 パーセントの合格率も満更ではないと思いました。

後日、社会人で長期休暇を取得せずに免許を取得するまでの総括をレポートします。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

卒検通過

07052301本日、卒業検定を受け、無事合格しました。路上検定では普段の通勤経路が含まれていたり、所内検定では比較的完成度の高い縦列駐車が割り当てられたりする等、幸いにも自分にとって好条件でした。その上、流れに乗る走行もスムーズにでき、進路変更も難なくこなせ、今までにないぐらい好調に運転できるタイミングで試験に臨めた形です。

ただ、路上検定の終了時に、緊張感から開放された油断からエンジンを停止させるのを忘れて車外へ出てしまい、検定員が笑っていました。減点にはなったのでしょうけど、合否には影響せず、最後に教習手帳を渡される時に指摘されたのは、その点だけでした。でも、この不注意が違った形で現れ、事故に繋がることを認識しなければなりません。そのことだけは、肝に銘じています。

なお、同じ車で検定を受けたのは 3 人で、私以外は 10 代の女の子。

明日、府中運転免許試験場における学科試験に臨みます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

第二段階の技能教習修了

本日、第二段階における 19 時限におよぶ実技教習が修了しました。卒検前学科効果測定には昨日合格しているので、これで卒検に必要な資格が揃いました。

できれば明日にでも卒業検定を受け、今週中に本免試験に臨みたかったのですが、予約がいっぱいで 23 日 (水) の午前中に決定。これで落ちたら、5 月中の取得はほぼ絶望的です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

96/100

本日、第二段階における 16 時限におよぶ学科の受講が修了しました。直ちに卒検前学科効果測定を受け、結果は 96 点で合格。これで卒検に必要な資格は、技能教習の修了のみとなりました。

結果を見ると、間違えたのは 4 問で、二輪車関連が 1 問。スロットルの意味すら、良く理解していませんでした。出題されると認識しつつも、必要のない知識という姿勢で取り組んでいたため、二輪車の乗り方や操作に対する確認が不十分でした。

悪条件下での運転関連が 1 問。本日、講義を受けたばかりで、ぬかるみからの脱出方法を正しく把握していませんでした。

けん引関連が 1 問。けん引免許が必要となる基準を、正確に捉えていませんでした。

仮免前学科測定の際に目立った語彙に惑わされた問題が 1 問。落ち着いて考えれば分かるだけに、またしても・・・。

明日、技能教習の "みきわめ" で特に問題がなければ、月曜以降にいよいよ卒業検定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

中央高速を走る

0705170107051702 今朝は 2 時限連続の高速教習でした。雨天なので、速度規制があればドライブ シミュレーターによる教習となる可能性もありましたが、問題ないとの判断で実地教習となりました。

通常、高速教習は教習生が 2 人乗って往路と復路を交代で運転するのですが、もう 1 人の方はキャンセルしたのか、今回は 1 人でした。そのため、往復運転することができました。ちょっと得した気分です。高速料金の負担は倍になりますが・・・。

調布から三鷹にかけての自主経路を復習後、甲州街道を経由して調布インターから中央高速へ入り、八王子インターまで。一部 80 キロ メートルの速度規制がありましたが、概ね雨による規制はなかったようです。一般道とは違う走りやすさを体験し、100 キロ メートルで走行できた区間もありました。それでも、激しい雨や霧で視界が開けず、またスリップしそうで怖かったです。

追い越しのタイミングを何度も逃したり、進路変更でハンドルを切り過ぎたり、加速の際に間違えてブレーキを踏みかけたり、出口で減速しきれずにカーブを曲がりきれなくなりそうになったり、危ない思いもしましたが何とか無事帰ってきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

トキサカ コマオ

駐停車禁止の標識や表示がある場所以外で駐停車が禁止されている場所を覚える方法として、この語呂合わせは一般的なんでしょうか?学科指導員から、使う使わないは皆さんの自由ということで、トキサカ コマオ フアンバスという覚え方があるそうです。

その場所が駐停車禁止

トンネル
軌道敷内
サカ 坂の頂上付近や勾配の急な坂

その場所と 5 メートル以内が駐停車禁止

交差点
道路のまがり角
横断歩道、自転車横断帯

その場所と 10 メートル以内が駐停車禁止

踏切
アン 安全地帯
バス バス停

トキサカ コマオっちゅう奴はバスに乗るのが不安だ、と覚えよ!とのことです。それから、駐車禁止の消工車火です。

5 メートル以内が駐車禁止

消防施設
工事現場

3 メートル以内が駐車禁止

車庫、駐車場

1 メートル以内が駐車禁止

火災報知器

* * *

今日は技能教習がありませんでしたが、明日は高速教習です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

方向変換

07051501昨日の "縦列駐車" に引き続き、本日は "方向変換" ということで所内での教習でした。車を運転する上で、自宅の駐車場への出し入れは必須となるので、より現実味のある教習項目です。

縦列駐車と同じく、ポイントに従えば難なくこなせましたが、やはりポイントはポールと縁石。実際の駐車スペースにおいて、そのまま適用できるとは思えません。こちらも免許取得後の自主トレが必要になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

縦列駐車

0705140111 時限に及ぶ路上教習を経て、本日の項目 "縦列駐車" は再び所内での教習。仮免を取得した後に所内教習があるのは順番が逆なような気がしますが、運転にある程度慣れてからではないと困難である項目なのでしょう。

教官から指示されたポイントに従えば、難なく駐車することが可能ですが、そのポイントがポールであったり縁石であったりするので、あくまでも検定のための技能でしょう。とても、実際の車間において同じようにスムーズに駐車できるとは思えません。免許取得後の自主トレが必要になりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧