« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月31日 (土)

年越し蕎麦

1112310111123102111231031112310411123105

妻が寝込んだ時や母の日以外では、唯一厨房に立つ機会です。年越し蕎麦の調理だけは、6 年続いています。

先日、ラジオ番組でかけそばのトッピングは何が合うか?という話題が取り上げられており、「コロッケ」という意見に激しく同意していたため、今年はコロッケ蕎麦に決定していたのですが、いざ食材を求めて近所のスーパーに行くと揚げ物は天ぷら一色。結局、天ぷらの盛り合わせを購入して、家族それぞれ好みの天ぷらを載せるという方式になりました。

結果的には、何とか今年も上手くいきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月28日 (水)

勉強机のカスタマイズ

1012110211122801ちょうど一年前、大幅リニューアルした長女の勉強机ですが、棚部分がおでこに当たるようになった、と訴えてきたので、棚の桁上げをしました。リニューアルした当時は 2 ~ 3 年は大丈夫だと思っていましたが、予想以上に成長が速かったようです。

左の画像がカスタマイズ前で、右の画像がカスタマイズ後。かなり余裕を持たせた形ですが、また暫くすると机の板の桁上げを求められる気がしてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

クリスマス

111225011112250211122503111225041112250511122506

興奮気味でなかなか眠れなかった子供たちにも、無事?サンタクロースは来たようです。それに加えて、両祖父母や叔父母からのたくさんのプレゼントに囲まれていました。

子供たちもお手伝いした我が家のクリスマス ディナーは、イブではなく本日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

王将の載せ台

11122511先月入手した王将の置き場所を、檜原都民の森でいただいた丸太を使って作成しました。

コンセプトは、「さりげない存在感」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月24日 (土)

クリスマス コンサート

1112240111122402111224031112240411122405

子供たちが通う音楽教室におけるクリスマス コンサートでした。

年々テクニックの上達が見られます。それに伴って、リズム感も身に着けてくれたら・・・というのが感想です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

東京都限定☆卓上カレンダー

111223013 回連続の成分献血を経て、年間総量の期限が満了したので、5 ヶ月振りの 400 ml 全血献血です。

今回は、前回に引き続き通常のご褒美に加えて複数回献血クラブの特典として東京都限定☆卓上カレンダーをいただきました。こちらもキャラクターのけんけつちゃんが可愛らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月18日 (日)

防災館カレンダー

1112180111121802111218031112180411121805

立川防災館における、毎年恒例のオリジナル カレンダー作成イベントに、甥と長男で参加させていただきました。今回、甥は消防の写生コンテストで最優秀賞を獲得した際の賞状を持参して参加です。

撮影の後は応急救護訓練と消火訓練、地震体験。甥も長男も、真剣に訓練に臨んでいました。普段からの訓練の必要性を、改めて実感しています。

11121806なお、出来上がったカレンダーは、左の画像です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

MJOE

111211011112110211121103

長女の通う音楽教室における MJOE という自作曲を発表するイベントでした。

様々なことにチャレンジさせる試みがあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

Winter Vista Illumination 2011

111210011112100211121003111210041112100511121006111210071112100811121009

今年も国営昭和記念公園で開催中の Winter Vista Illumination に武蔵野ファンクで出演させていただきました。

会場入りした夕方頃までは寒さが穏やかで安心していましたが、夜が深まるにつれて次第に寒さが厳しくなり、20:00 に特設ステージに立つと、前の出演者の方から「過酷です。」と言われた意味を実感。冷え切った管楽器は鳴らずギターやキーボードには結露が確認されました。

例年だと冬の野外でもライブの終了後は汗だくなのですが、飛び跳ねたりしても汗を一滴もかかないという状態は初めてでした。

コンディションは最悪でしたが、厳寒のなか演奏を聴いて手拍子やシェーカーで応じてくれたり、ノリノリで踊ってくれたりしてくださった方々には感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »