« Blu-ray ドライブ | トップページ | 複数回献血クラブ »

2011年10月30日 (日)

学校公開週間

子供たちが通う小学校における学校公開週間の初日でした。土日休の身にとっては、本日のみが参観できる唯一の人なります。そのため、長女と長男の教室をせわしく行き来しました。

まずは、長女。

1. 算数

文章題の授業。身近な買い物 (今回はハンバーガー) における「出した金額」、「買った複数の品物」、「お釣り」を表す式を括弧を駆使して皆で考える内容でした。高学年に差し掛かり、内容が徐々に高度になってきています。でも、長女にとっては、むしろ好きな教科とのこと。

2. 社会

長男の音楽の授業から抜け出せなかったため、参観できず。
社会科見学の発表でしたが、大きい声で発言できていたとのことです。

3. 体育

ポートボール。長女は積極的にボールを、パス回しが苦手なようです。

4. 国語

ごんぎつね。私が小学生の時にも教科書に載っていましたが、兵十と狐の心理描写を考える授業でした。答えが必ずしも一つではないので、こういった授業は長女は苦手なようです。算数に臨む姿勢と対象的なので、理系志向が高いのかもしれません。

5. 薬教室

薬剤師を招いての薬の正しい扱い方を学ぶ授業でした。錠剤の成分を様々な液体で溶かした場合の状態を観察する内容も含まれており、参観している親にとっても非常に役立つ内容だったので、思わずメモ。

水を使わずに錠剤を飲んだ場合、喉で止まると大変である。
お茶は効き目が弱くなり、コーヒーは逆に効きすぎる。
みかんやグレープ フルーツ、納豆との飲み合わせが悪いものもある。
白い錠剤はすぐ溶けるので安全だが、水かぬるま湯が安全。
薬には麻疹、不快感、腹痛、痒み、眠気といった副作用があるので、適切な服用が必要である。

健康三原則 : 適度な運動、栄養バランスの良い食事、十分な睡眠

そして、長男。

本人からは給食当番であることだけ告げられていましたが、実際には日直の日でもありました。しかも、もう一人の日直のお友達が欠席だったので、一人での日直。ニヤニヤしながら、偉そうに、大きい声で号令をかけていました。

1. 国語

「正」という字は膝から下の形を表しているというところから始まり、漢字に対する興味を惹いてから、教科書の「くじらぐも」へ。皆がくじらぐもに乗っているように、と顔と吹き出しを紙に書かせて黒板のくじらぐもの絵に貼るというアイディアが盛り込まれていました。

2. 音楽

歌とピアニカの授業。まず、注目すべきは教室のオルガン。いや、もはやオルガンではありません。足踏み式から電気になっていたのは認識していましたが、ピアノの音から鉄琴の音まで、様々な音が出ます。

担任の先生は鍵盤が上手く、テンポ 120 の曲の伴奏で 16 分音符を連発していました。気球に乗ってどこまでもは、思わず一緒に歌いたくなりました。父兄も含めての、気球に乗ってどこに行きたい?では、教室内が和やかな雰囲気に包まれました。

3. 読み聞かせの鑑賞

1 年生がクラスごとに 2 年生の教室に行って、2 年生にによる読み聞かせを鑑賞するという内容。「ぐりとぐら」や「ヘンテコライオン」等の本が読まれ、最終的に自分の好きな本のグループに分かれて、色々な本の紹介を受ける、という趣旨でした。1 年違うだけでも、2 年生たちのお兄さんお姉さんぶりは立派で、長男たち 1 年生も、来年読み聞かせを「する側」になった時、ちゃんとできるかな?と、若干頭を過りました。

4. 同上

5. 算数

2 桁の引き算の授業。筆算やマイナスの概念を教わっていない状態で、一の位をひくとマイナスとなる場合の計算方法を考えるという内容でした。長男も発言しつつ、色々な考え方でアプローチしているようでした。

|

« Blu-ray ドライブ | トップページ | 複数回献血クラブ »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139825/53177243

この記事へのトラックバック一覧です: 学校公開週間:

« Blu-ray ドライブ | トップページ | 複数回献血クラブ »