« 三井アウトレットパーク入間 | トップページ | 懐古園 »

2011年9月10日 (土)

小海線

110910011109100211091003110910041109100511091006110910071109100811091009110910101109101111091012

7 月に家族 4 人で SL みなかみに乗った際に乗車券として使用した青春 18 きっぷが 1 日分余ったので、長男と未乗区間の乗りつぶしに出かけました。

長男にはウィークエンド パスを購入。できればオークション等で 1 日分の 18 きっぷを買えれば良かったのですが、小人のウィークエンド パスの 2,600 円を下回る額での入手ができなかったので、ウィークエンド パスの購入となりました。

青春 18 きっぷであれば、身延線や御殿場線等の乗りつぶしを考えていたのですが、ウィークエンド パスは JR 東日本と一部私鉄に限定されるので、今回のターゲットは中央東線と小海線に決定。(なお、この日記は後追いで 10 月に書いていますが、台風 15 号の被害により身延線の一部区間で復旧の目途がたたなくなってしまったことを考えると、多少無理をしても身延線に乗っておけば良かったと、少々後悔しています。)

私は山梨出身で、子供の頃から清里方面には何度か行ったことがあり、最近では田植え後の温泉で甲斐大泉辺りまで度々行っていますが、小海線に乗るのは今回が初めてです。かつては、キハ 57 等が走っていた印象が強いですが、今では八高線と同じくキハ 110 が主流で、今回は乗れませんでしたが、ハイブリッド車の キハ E 200 も投入されており、著しく近代化が進んでいます。

小淵沢から小海辺りまでの山岳区間と、小海から小諸までの都市区間のコントラストが激しく、通しで乗るだけでも、その変化に富んだ風景で大いに楽しめます。特に新幹線との乗り換え駅である佐久平近辺は、高架化されていることあり、一瞬多摩地域の私鉄に乗っているような錯覚に襲わました。

臨時列車の八ヶ岳高原列車に乗れたので野辺山で途中下車できたため、JR 駅の中で標高日本一の記念撮影ができました。JR 最高地点と、佐久市内にある日本で海岸線から一番遠い地点には、いずれ車で行って見たいと思います。

辰野線を含む中央東線に関しては、別途記載します。

|

« 三井アウトレットパーク入間 | トップページ | 懐古園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139825/52770981

この記事へのトラックバック一覧です: 小海線:

« 三井アウトレットパーク入間 | トップページ | 懐古園 »