« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月27日 (土)

ウルトラマンフェスタ 2011

110827011108270211082703110827041108270511082706

京王聖蹟桜ヶ丘ショッピング センター 6F のアウラホールで開催中のウルトラマンフェスタ 2011 に、長男と行ってきました。日替わりでウルトラ 36 ヒーローが登場し、握手会の終了後にもらえるスタンプを集めるとプレゼントに応募できるため、毎日通った親子もいたようです。

私たち親子のターゲットはウルトラセブン。セブンはウルトラマンとの差別化を図るため、変身 = 巨大化ではなく、人間と同じ大きさに変身したり、小さくもなれるので、人間の大人と同じ大きさでも違和感がありません。

午前と午後の部があり、長男の強い希望で 2 回とも観覧しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

多摩動物公園

110820011108200211082003110820041108200511082006110820071108200811082009110820101108201111082012110820131108201411082015

今年も夜の動物たちを観に、多摩動物公園へ行きました。例年は夜になると LED によるイルミネーションで彩られますが、今年は節電のためキャンドル ライト。静かに揺れる光は幻想的で、むしろ、来年以降もキャンドル ライトにして欲しいと思いました。

40 ~ 60 KHz の超音波を受信すると音が出るバット ディテクターによる野生のコウモリの観察は初めて機会で、興味深い内容。どこからともなく集まってくるのは不思議です。

夏の動物園は暑くて長時間滞在するのが厳しいのですが、今日は気温が低かったため、午後から閉園時間の 20:00 のまで滞在しても、苦ではありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

レインボープール

110818011108180211081803110818041108180511081806

子供たちの強い要望により、国営昭和記念公園のレインボープールに行きました。混雑を避けて平日の木曜に行きましたが、開園前から待ち行列が出来ており、園内も大変な賑わいでした。レインボープールの人気の高さが伺えます。

夏休み期間中は天候不順で、学校のプールであまり泳げなかった鬱憤もあり、子供たちは閉園時間間近まで思う存分泳ぎました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

国立科学博物館

110814111108141211081413110814141108141511081416110814171108141811081419110814201108142111081422

恐竜博見物のため、せっかく国立科学博物館まで来たので、午後からは常設展を観覧しました。常設展でもトリケラトプスをはじめ数多くの化石が展示され、大変な賑わいでした。

さすが国立というだけあって、展示内容は物凄いボリューム。一つ一つ深く見入ると閉館時間になってしまいそうだったので、一応一通り見る形で巡りましたが、後でパンフレットを見ると、結構見落としがあったようです。すべてを漏れなく見るのは簡単ではありません。

なお、自然に関する展示に関しては手狭感は否めませんでした。都心の博物館なので仕方がありませんが、科学技術の展示に特化させ、自然に関するコーナーは多摩地域の博物館に委ねた方が良いのではないか?とも思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐竜博

110814011108140211081403110814041108140511081406110814071108140811081409

長男の強い希望により、上野の国立科学博物館で開催中の恐竜博に行ってきました。予め前売り券をネットで購入し、開館直後に入ったので、休日でも待ち時間は僅かでしたが、その後待ち時間はどんどん長くなり、お昼過ぎには 1 時間以上の待ち行列が出来ていました。夏休みの自由研究のネタ集めを目的として来ている少年が多かったようです。

恐竜 = 巨大な生物という先入観にとらわれがちですが、実際には飼い犬程度の大きさや、手のひらサイズの恐竜もおり、もちろん孵化したばかりの恐竜の赤ちゃんは小さいわけで、大小様々。鳥が恐竜の進化形である説が有力となっている点などは、興味深い内容でした。

学術的なこと以上に、レプリカが含まれているとはいえ巨大なトリケラトプスやティラノザウルスの標本を見上げると、圧倒されます。しかも、両者が頭を並べるという演出が見事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

ステーキ宮

1108113111081132私が子どもの頃は甲府市内の店舗に何度か連れて行ってもらったことがありましたが、上京後は目にしないなぁと思っていたら、それもそのはず。多摩地域も含めて、東京都内には店舗がないようです。

南房総における海水浴からの帰り、予め店舗リストを調べると千葉県内には展開している模様だったので、アクアラインを越える前に木更津南で一旦下りて木更津店に行きました。

普段、ガスト クラスに慣れてしまっていますが、肉の柔らかさや歯ごたえといい、タレの味わいといい、全然違います。久々に、本物のステーキを食べたという感じでした。是非、多摩地域にも進出してほしいと家族共々願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野島崎

110811211108112211081123110811241108112511081126110811271108112811081129

岩井海岸での海水浴を楽しんだ後、どうしても磯遊びをしたいということで、国道 127 号と 410 号を南下。17:00 を既に過ぎており、潮が満ちていて見知らぬ海岸では不安があったのでので、昨年行った実績のある野島崎へ寄りました。

子どもたちはひたすらカニ獲り。日の入りまで存分に磯遊びに興じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩井海岸

110811011108110211081103110811041108110511081106110811071108110811081109110811101108111111081112

今年の海水浴は日帰り。場所は一昨年、昨年と連続で行った館山市内にある那古海岸よりも手前に位置する、南房総市内の岩井海岸。富山町第一海水浴場というところです。

何よりも海水が綺麗で、水面を魚が群れで泳いでいるのを目で追えるほど。子どもたちが言うには、トビウオが見えたそうです。長男は、ヒトデをたくさん捕まえていました。

ブイが設置されていないため、沖に流されないよう常に注意する必要がありますが、ライフセイバーの方々の気配りが非常にきめ細やかで、少しでも危険な行動を目にした際にはすぐに駆け付けてくれるため、安心感があります。

昼食はラーメン 2 人前とアジのなめろう丼 2 人前。家族 4 人分としては、それだけでは足りなかったので、なめろう丼をもう一人前注文してしまいました。私は元々、魚介類が苦手ですが、なめろう丼は極上。舌の上をとろける感じで、幸せになりました。

今年一番の暑さを記録した本日、10:00 前から 16:00 過ぎまで滞在し、体中日焼けで大変なことになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

金川の森

1108060211080603富士河口湖への帰省中、長男にとってのいちばんの楽しみは何と言っても虫捕り。昼間はスコールに見舞われ、雷が轟いていましたが、雨が上がった夜に弟が車を出してくれることになったので、笛吹市の金川の森へ行きました。金川の森では、先月ノコギリクワガタを多く捕った実績があります。

国道 137 号で御坂みちを下る際、甲府盆地には稲妻が降り注いでおり、何とも幻想的な風景でした。こんな時に誰も虫捕りなんて・・・と思って現地に到着すると、既に複数の先客がいました。

残念ながら、季節的にクワガタはもう遅く、先月のようなノコギリクワガタの入れ食い状態とはいきませんでしたが、小さいノコギリクワガタの雄と、カブトムシの雄と雌を捕まえられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BLUE EARTH

11080601富士河口湖への帰省中、長女が楽しみにしていたのが富士急ハイランドのプールへ行くこと。ところが、期間中は時々激しい雷雨に見舞われ、屋外プールへ行くことは断念せざるを得ませんでした。

そこでターゲットになったのが、町内の屋内プール。BLUE EARTH という名称で、横浜八景島に管理を委託している羽村市動物園のように、民間に運営を委託している富士河口湖町営のスポーツ クラブです。

大人も含めて水泳帽を被ることが義務付けられている等、細かい規則や禁止事項がありましたが、その分安心して遊ぶことができます。

プールとは別に温泉施設もありましたが、温水プール内にもジャグジー的な設備があるので、時間を忘れてのんびり過ごすことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

河口湖上祭

110805011108050211080503110805041108050511080506110805071108050811080509

実家のある富士河口湖町で開催される河口湖上祭に行ってきました。湖上祭の開催期間における帰省は長女が生まれたばかりの頃以来なので、9 年振りになります。

小平の自宅を 17:00 過ぎに出ましたが、中央高速や河口湖インターから実家までの道路に渋滞はまったくなくスムーズで、18:30 過ぎには到着。大月辺りで雨に見舞われ、開催されるのか不安になりましたが、結局雨は上がり、無事開催されました。

私が子供の頃は大変な混雑で、背伸びをしても大輪を見ることができないぐらいでしたが、今年は局地的な混雑はあるものの、全体的に観客はまばらで、余裕で見物することができました。観光客の少なさに、むしろ観光地としての将来に不安を感じたほどです。

クライマックスのナイアガラの滝はなくなっており、盛り上がりに欠けた感はありますが、各地で軒並み中止または延期されている花火大会を、河口湖で堪能することができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »