« 青春 18 きっぷ | トップページ | SL みなかみ 観光編 »

2011年7月30日 (土)

SL みなかみ 本編

110730011107300211073003110730041107300511073006110730071107300811073009110730101107301111073012110730131107301411073015

上越線高崎~水上間を往復する SL みなかみ号に家族で乗りました。

今まで SL は基本的に長男との二人旅で、当時まだ 2 歳だった長男と 2006 年に秩父鉄道パレオエクスプレスで熊谷~三峰口を往復したのを皮切りに、翌年の 2007 年もパレオエクスプレスを片道、2008 年は真岡鐡道の SL もおか号を往復と、3 年連続乗ってきましたが、2009 年は乗る機会を逃し、2010 年は SL やまなし号に乗ろうとしたものの指定券が買えず見学のみになってしまっていました。今年こそは何としても乗りたい!と意気込み、夏休みの機会を活かして、家族揃っての SL 乗車が実現しました。

トレンドとしては、静態保存状態から最近復活した C61 を選択することになると思いますが、やはり、順番としては交通公園や動物園等で静態保存されていることで馴染みの深い D51 の運行日を選択。次の機会があれば、C61 に乗りたいと思います。

高崎駅で久々に石炭のにおいを嗅ぐと、何とも懐かしいような、落ち着いた気持ちになるので不思議です。とはいえ、高崎~前橋市街を走行中は、隣接するビルや民家にも容赦なく煙が及ぶので、近隣の方々の相当な理解があってこそ実現する運行でしょう。

客車はボックス シートでゆったりしており、我々四人家族にはベストです。トンネル区間が多く窓が開けられないためエアコンが稼働しているので、車内は快適。むしろ、冷房が効きすぎではないか?とも思えるほどでした。

渋川で長時間停車する等、SL をゆっくり堪能できるように考慮された、のんびりとした運行でした。水上駅に到着後も、転車をわざわざ二回転してくれたり、至近距離で給水風景が見学できたりと、観光客への配慮が随所に感じられました。

SL 初体験の妻と長女も楽しんでくれたようです。

|

« 青春 18 きっぷ | トップページ | SL みなかみ 観光編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

家族でSL乗車、いいですね。
ぜひ、奥様、お嬢様を「鉄子」に(笑)

次回はC61のレポートをお願いします。

投稿: 3-flat | 2011年8月 6日 (土) 07時59分

> 3-flat さん

元々運転免許アリの妻と、免許ナシの私という組み合わせだったので、明らかに私の方が電車移動の傾向が強かったのですが、ここ最近の動きを振り返ると、私が ROI 的に車移動に傾倒しているのに対し、渋滞や安全性を考慮して妻が電車移動に推移しているという、逆転現象になっています。先日も、妻と長女は小田急で江ノ島に行きました。

今回の SL の旅は、青春 18 きっぷが使える時期なので、全区間鉄道での旅となりました。子供たちに小人料金が科せられるようになり電車移動のコストが嵩むにつれ、疎遠になりがちですが、最低限の機会を模索したいと思っています。

投稿: ぱるめざん | 2011年8月 6日 (土) 19時32分

デジタルが反映する中、アナログな蒸気機関車とは、なかなか良いですね。
今の子供たちでは動いている物を見る機会もあまり無いので、お父さんとしてはいい機会を子供に作れてよかったですね。

次の機会には是非ともC61に乗ってくださいね。

投稿: 隠れJazzファン | 2011年8月19日 (金) 21時21分

> 隠れ Jazz ファンさん

レコード プレーヤー、ダイヤル式電話、トランジスタ ラジオ・・・。
地デジ移行でデジタル化が加速する昨今でも、アナログの素晴らしさを大切にしていきたいです。

次回は是非、C61 に乗りたいと思います。

投稿: ぱるめざん | 2011年8月19日 (金) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139825/52357466

この記事へのトラックバック一覧です: SL みなかみ 本編:

« 青春 18 きっぷ | トップページ | SL みなかみ 観光編 »