« SL みなかみ 観光編 | トップページ | 夏休みの工作 »

2011年7月30日 (土)

八高線 信越本線

110730411107304211073043110730441107304511073046110730471107304811073049110730501107305111073052

SL みなかみの旅の際、小平の自宅から高崎までの足として利用したのは、新幹線や高崎線ではなく八高線。青春 18 きっぷを活用したので新幹線は選択肢から自ずと消えますが、高崎線にしなかったのは、往路は新宿から丁度良いタイミングで高崎行きの湘南新宿ライナーがなかったこと、復路は混雑により座れないことを懸念したためでした。結果的に、往復とも座れ、非電化区間ではボックスシートを確保することができました。単線のため、交換待ちによるタイムロスはありますが、長い待ち時間もまた一興です。

SL みなかみを往復後、高崎に着いたのが 17:20。晩御飯として押さえておきたかったのが「峠の釜めし」です。峠の釜めしは、今や高崎駅をはじめとする主要駅や高速道路のサービスエリア等でも買えますが、おぎのや本舗のある横川駅で買うことに意義があるので、青春 18 きっぷの有効活用の観点からも、わざわざ信越本線を往復しました。時間帯が遅かったこともあると思いますが、乗客は極めて少なく、一ローカル線に没落したことを思い知らされました。横川駅も、完全に終点駅の佇まいが定着した感があります。

釜めしは復路の八高線で食べました。鉄旅のキャリアを積んだ長男とは対照的に、長女にとって今回の旅は初めての群馬県、初めての気動車、初めての SL、初めての八高線、初めての上越線、初めての信越本線と、初めて尽くしでした。

|

« SL みなかみ 観光編 | トップページ | 夏休みの工作 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139825/52357944

この記事へのトラックバック一覧です: 八高線 信越本線:

« SL みなかみ 観光編 | トップページ | 夏休みの工作 »