« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月31日 (日)

夏休みの工作

110731011107310211073103

長男の小学校では、一年生でも夏休みの宿題で自由研究または自由工作があり、夏休みが始まる大分前から様々なテーマを模索していました。当初私から提案したのは、モーター等を駆使した発電所の模型で、長男も乗り気でしたが、実験素材を集めるうちに長男自身が実現性に不安感を抱くなるようになり断念。来年以降にチャレンジするということで、結局自由工作として定番のパチンコゲームに落ち着きました。

材料はすべて端材。ドリルによる穴あけや、木材の斜め切り等、自力では無理な部分を除き、ノコギリによる木材のカットやネジ留め等、すべて自分でやらせました。後日、絵を描き足したりして仕上げることになりますが、試し打ちしてみたところ、単純動作ながら、結構楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月30日 (土)

八高線 信越本線

110730411107304211073043110730441107304511073046110730471107304811073049110730501107305111073052

SL みなかみの旅の際、小平の自宅から高崎までの足として利用したのは、新幹線や高崎線ではなく八高線。青春 18 きっぷを活用したので新幹線は選択肢から自ずと消えますが、高崎線にしなかったのは、往路は新宿から丁度良いタイミングで高崎行きの湘南新宿ライナーがなかったこと、復路は混雑により座れないことを懸念したためでした。結果的に、往復とも座れ、非電化区間ではボックスシートを確保することができました。単線のため、交換待ちによるタイムロスはありますが、長い待ち時間もまた一興です。

SL みなかみを往復後、高崎に着いたのが 17:20。晩御飯として押さえておきたかったのが「峠の釜めし」です。峠の釜めしは、今や高崎駅をはじめとする主要駅や高速道路のサービスエリア等でも買えますが、おぎのや本舗のある横川駅で買うことに意義があるので、青春 18 きっぷの有効活用の観点からも、わざわざ信越本線を往復しました。時間帯が遅かったこともあると思いますが、乗客は極めて少なく、一ローカル線に没落したことを思い知らされました。横川駅も、完全に終点駅の佇まいが定着した感があります。

釜めしは復路の八高線で食べました。鉄旅のキャリアを積んだ長男とは対照的に、長女にとって今回の旅は初めての群馬県、初めての気動車、初めての SL、初めての八高線、初めての上越線、初めての信越本線と、初めて尽くしでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SL みなかみ 観光編

110730211107302211073023110730241107302511073026110730271107302811073029110730301107303111073032110730331107303411073035

SL みなかみによる日帰り旅行における最初のお楽しみは、昼食としての駅弁。私たち夫婦は高崎だるま弁当を、長女はハローキティのだるま弁当を、長男は上州 D51 弁当を希望していましたが、9:00 頃に高崎駅に到着した際、改札内コンコースの駅弁屋では、タイミングが悪かったのか、ほとんどの駅弁が完売していました。

青春 18 きっぷによる旅だったので一旦改札を出られことを利用して改札外コンコースの駅弁屋に行くと、だるま弁当とSL ロクイチ物語弁当を買うことができました。長女のキティ弁当は残念ながら買えませんでしたが、SL に乗るので SL 弁当が食べられて良かったようです。長男も本命の D51 ではありませんでしたが、D51 弁当は以前の 130 円の旅で食べたことがあったので、別の種類が食べられたという意味では良かったようです。でも、後で分かったのですが、SL が発車するホームで D51 弁当が販売されていました・・・。SL 弁当に関しては、急いで買うことはなかったようです。なお、以前の D51 弁当は割り箸でしたが、ロクイチ弁当と共にエンブレムがプリントされた箸になっていました。

水上駅ではハワイアン ギターの生演奏が流れる中、駅長さんたちが横断幕を持って出迎えてくれました。SL による町興しへの力の入れ様が伺えるます。復路の D51 が出発するまで、およそ 3 時間。ゆっくり温泉に入っていられるほどの滞在時間ではなかったので、利根川の遊歩道を散策して、ふれあい交流館の足湯を利用させていただくコースを想定していましたが、大雨の影響で利根川が濁流と化しており、遊歩道は一部水没状態。対岸の諏訪原公園に通じる道路に至っては、浸食が進んで崩れかかっていました。とても川沿いを歩ける状況ではなかったので、残念ながら利根川散策は断念せざるを得ませんでした。

温泉街を散策しながら交流館に到着し、しばらく足湯で癒しの時間。交流館からの帰り道ではカップ酒「谷川岳」、温泉饅頭等を堪能しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SL みなかみ 本編

110730011107300211073003110730041107300511073006110730071107300811073009110730101107301111073012110730131107301411073015

上越線高崎~水上間を往復する SL みなかみ号に家族で乗りました。

今まで SL は基本的に長男との二人旅で、当時まだ 2 歳だった長男と 2006 年に秩父鉄道パレオエクスプレスで熊谷~三峰口を往復したのを皮切りに、翌年の 2007 年もパレオエクスプレスを片道、2008 年は真岡鐡道の SL もおか号を往復と、3 年連続乗ってきましたが、2009 年は乗る機会を逃し、2010 年は SL やまなし号に乗ろうとしたものの指定券が買えず見学のみになってしまっていました。今年こそは何としても乗りたい!と意気込み、夏休みの機会を活かして、家族揃っての SL 乗車が実現しました。

トレンドとしては、静態保存状態から最近復活した C61 を選択することになると思いますが、やはり、順番としては交通公園や動物園等で静態保存されていることで馴染みの深い D51 の運行日を選択。次の機会があれば、C61 に乗りたいと思います。

高崎駅で久々に石炭のにおいを嗅ぐと、何とも懐かしいような、落ち着いた気持ちになるので不思議です。とはいえ、高崎~前橋市街を走行中は、隣接するビルや民家にも容赦なく煙が及ぶので、近隣の方々の相当な理解があってこそ実現する運行でしょう。

客車はボックス シートでゆったりしており、我々四人家族にはベストです。トンネル区間が多く窓が開けられないためエアコンが稼働しているので、車内は快適。むしろ、冷房が効きすぎではないか?とも思えるほどでした。

渋川で長時間停車する等、SL をゆっくり堪能できるように考慮された、のんびりとした運行でした。水上駅に到着後も、転車をわざわざ二回転してくれたり、至近距離で給水風景が見学できたりと、観光客への配慮が随所に感じられました。

SL 初体験の妻と長女も楽しんでくれたようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月28日 (木)

青春 18 きっぷ

1107280130 日に家族で SL みなかみに乗るため、乗車券として青春 18 きっぷを買いました。18 きっぷを買うのは、独身最後の年となった 11 年前、東北・北海道旅行で活用して以来です。一人で 1 日分ずつ 5 回使う状況から、家族で一気に 4 日分使う状況に変化したことに、深い感慨があります。

さて、1 日分余った 18 きっぷをどう活用するかが課題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

大沢コミュニティ通り

11072601武蔵野の森公園を貫く部分の工事が、急ピッチで進んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

36 歳

11072401110724021107240311072404
自分の誕生日が地上波アナログの最後の日と重なるということで、正午前にわざわざ地上波アナログのハードディスク レコーダーを復活させて、歴史的な瞬間を家族と共にカウントダウンをして迎えようとしていましたが、正午を過ぎても一向に青い画面になりません。

画面の右上に「デジアナ」という表示があったので、もしやと思って加入しているケーブル テレビのサイトを調べてみると、5 月に地デジのアナログ変換を始めていたようです。我が家は 2 月に地デジ化対応を完了していましたが、その後の展開はノーマークでした。

デジアナ変換は 2015 年まで続くとのことで、急いで地デジ化を進めたことに対する後悔と、青い画面になる瞬間を見られなかったことに対するショックのためか、夏休みに入ってから体調を崩していた長女と共に、私も 38 度の発熱でダウンしました。

だんだん身体の無理が利かなくなってきていることを思い知らされた形の誕生日でした。

家族のうち 2 人が体調不良のなか、妻はちゃんとディナーで祝ってくれました。プレゼントは、子供たちからはそれぞれ手作りの小物、妻からは BOSCH の電動ドライバーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

クワガタの飼育箱

1107180111071802富士河口湖の実家からの U ターンの際、長男の強い希望で笛吹市内の金川の森で虫捕りをしました。捕れる場所とは聞いていましたが、今まで捕れた実績がない場所だったので、駄目元の要素が強い虫捕りでしたが、同行した弟と共に、母が予想以上の奮戦をし、ノコギリクワガタを 6 匹、コクワガタを 2 匹という好成績。ばぁば、やりました!

帰宅した翌日、実家から貰ってきた廃材を使って飼育箱を作りました。ところが、100 円ショップで買った網の目が大きかったせいか、多くが逃亡するというアクシデントが発生。

慌てて追加の網で補強しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

道の駅とよとみ

110717311107173211071733

富士河口湖への帰省の折、母方のお墓のある甲府へ行くついでに土産の野菜を買うために経由したのが、中央市にある「道の駅とよとみ」です。

若彦トンネルを出てから県道 36 号線で笛吹市の旧芦川村域を貫き国道 358 号線に至り、右左口トンネルを抜けてた後、県道 29 号線を経て、国道 140 号線に左折したところにありました。山梨県出身ながら、県内にはまだまだ未知の部分があり、こうした道中は非常に新鮮でした。

到着したのが夕方だっため、残念ながら野菜の大部分は売り切れでしたが、それでも東京では考えられない価格で多くの野菜を確保することができました。バス ツアーのコースにもなっているようで、団体客で賑わっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山駅

110717211107172211071723110717241107172511071726110717271107172811071729

7 月 1 日に富士急行線富士吉田駅が富士山駅に改名したとのことで、訪れてみました。正面に立つと、鳥居がまず目を惹きます。ターミナル ビルの外装とのアンマッチ振りはともかくとして。

富士山の麓の駅を富士山駅としたことへの違和感を拭えずにいましたが、国道 137 号線で河口湖方面から駅に向かう際に富士山を背景にしたターミナル ビルを見ると、富士山駅に改名した合理性が何となく理解できます。(なお、運転しながらなので画像はありません。)

壁やプラットフォームの天井、待合室が檜で覆われており、温かみのある雰囲気を演出しています。いつ設置されたかは定かではありませんが、案内表示が液晶化されていたのには驚きました。イトーヨーカドーの撤退で逆境にあるなか、観光拠点として活性化させようとする強い意気込みが感じられます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

下吉田ブルートレインテラス

11071701 1107170211071703110717041107170511071706 11071707 1107170811071709110717101107171111071712

私が学生だった 20 年以上前は貨物扱いを廃止して寂れ、ただ単に老朽化した駅というイメージでしたが、レトロな装いでリニューアルされていました。

駅舎の東側にはブルートレイン「富士」号として使用されていたスハネフ 14 形寝台客車が置かれ、中に入って寝台室で寝そべったりすることができます。(この日は暑かったので、エアコンなしの車内で寝たら死にそうですが・・・。)

西側には貨車ワフ 1 形、ワフ 2 形、ト 104 形が連結された状態で展示されており、ワフ 1 形とワフ 2 形の中に入ることが可能です。かつては廃車同然の状態で放置されていましたが、見違えるように綺麗に整備されています。

駅への入場券とは別に入場証が 100 円で販売されています。小学生の長男は入場券 80 円の方が安いので、そちらを薦められました。入場券は改札内全体、入場証はブルートレインテラスの範囲内、という位置付けのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

マヤラン

11070901長男と小平中央公園へ行く途中、玉川上水を散歩していた方から教えていただきました。久右エ門橋以東の玉川上水北側の側道の僅かな区間に群生しています。

菌類に寄生して育つため、株だけを摘んでも栽培できない希少な植物とのことです。絶滅危惧種なので、見かけた方は決して摘まずに、大切に守りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

献血二十回目

11070501前日に年間総量の期限が満了したので、20 回目の献血をしました。毎回 400 ml の全血献血で、成分献血や 200 ml を選択してこなかったので、なかなか回数は増えません。ようやく 20 回目、という感じです。

10 回目の時に顕彰で杯をもらった経緯があったので、20 回目でも何かあるのかな?と少し期待してしまっていましたが、20 回目に顕彰はなく、次は 30 回目のようです。ちょっとガッカリ。

いや、報酬目当てで献血をしてはいけません。今回は、ハンド ジェルと歯磨き粉、お菓子と団扇をいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

カブトムシ

110703011107030211070303

玉川上水の近くで、カブトムシの雄が今年初めて捕れました。やはり角を備えた雄のフォルムはカッコいいですね。

これを期に、先日の雌の飼育箱の上に、雄の飼育箱を増築しました。雄と雌を分けるのは、雌が卵を産むと死んでしまうので、それを避けたい、という長男の拘りからです。

これで、今夏のカブトムシ飼育体制は整いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 1日 (金)

スリック タイヤ

11070304昨日、試験会場に向かう途中、雨の中甲州街道を走行していると後輪のチューブが突然破裂しました。数日前からタイヤに亀裂が見られてきていたので、そろそろ替え時かと心の準備はしていましたが、物凄い破裂音が伴うと、やはり驚きます。

駅に駐輪し電車で試験会場に向かい、試験終了後に回収して自宅まで何とか辿り着き、スリック タイヤに取り替えました。前輪は以前の自転車で使っていたスリック タイヤを流用していたので、これで初めて前後のスリック タイヤ化が実現しました。

片方だけでも効果が感じられましたが、両方スリック タイヤになると、各段に走りがスムーズになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »