« 武蔵野ファンク@ Winter Vista Illumination 2010 | トップページ | 70-667 取得 »

2010年12月 5日 (日)

羽村取水堰

101205011012050210120503101205041012050510120506101205071012050810120509101205101012051110120512

長男が自転車でどこかへ行きたがっているので、玉川上水に沿ってひたすら西に向かいました。目指すは玉川上水の起点、羽村取水堰です。

自宅のある小平から拝島駅辺りまでは少なくとも沿道があるので、未舗装区間やアップダウンがあってもそれほど苦にならず、順調に進めました。以遠は沿道がなくなるため、睦橋通りを経由。福生南公園で多摩川に下り、そこから多摩川サイクリング ロードで北上し、取水堰に辿り着きました。

取水堰には玉川兄弟の像や昔の洪水対策設備、洪水時の写真等が展示されていました。ここから自宅のある小平まで延々と水が流れている・・・と思いきや、小平監視所を境に多摩川からの流れは東村山浄水場に送られ、代わりに下流は昭島市の多摩川上流再生水センターから送られてきた水が流れているそうです。

また、途中の残堀川と交差する地点では残堀川の下を潜る形でポンプで吸い上げている箇所もありました。かつて、子供たちと多摩川の上流で「葉っぱのお船を流せば、もしかしたら玉川上水に流れ込んで、おうちの方に届くかもね。」なんて話していましたが、お船が流れ着くことはない、という現実を思い知らされました。ただ漫然と流れるイメージがあった玉川上水のですが、様々な施設で管理された複雑な構造になっています。

距離にして片道約 20 ㎞ で所要時間は 2 時間 30 分。羽村動物公園にも行きたいと思っていますが、そのためには朝早くに出発しないと、とても滞在時間を確保できないでしょう。

|

« 武蔵野ファンク@ Winter Vista Illumination 2010 | トップページ | 70-667 取得 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139825/50248009

この記事へのトラックバック一覧です: 羽村取水堰:

« 武蔵野ファンク@ Winter Vista Illumination 2010 | トップページ | 70-667 取得 »