« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月29日 (日)

夏休みの工作

100829011008290210082903

10082904夏休みに木で椅子を作りたい!という長男の願いを叶えるべく、私の日用大工の傍らで、端材と道具を与えて工作をさせました。ノコギリやキリ、金槌を使わせるのは初めてです。怪我をすることも道具の危なさを学ぶ上で必要と考え、極力手助けはしませんでしたが、何とか怪我もせず、無事に終了しました。

いきなり本格的な椅子に取り掛かる前に色々と試行錯誤をさせたかったので、人間が座れる椅子ではなく、ミニチュア椅子をプロトタイプとして作らせようとも考えましたが、端材の量が結構あり、組み合わせているうちに欲が出てきたのか、最終的には実用的な椅子が出来上がりました。三本足で不安定感はありますが、木の継ぎ足しによる重量感があります。

10082905なお、本日の日曜大工のメインはこちら。リビング棚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

26x1-3/8

10082821ママチャリの後輪がタイヤが摩耗し、穴が開くレベルに達していたため、重い腰を上げて自力で交換しました。

後輪を外すだけで交換できるマウンテン バイクとは違い、ブレーキや後部座席の金具など、複雑に入り組んだママチャリの場合は、交換するのが一苦労です。

子供たちを後部座席に乗せることもなくなるので、これでしばらくは大丈夫でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電車夏まつり

100828011008280210082803100828041008280510082806100828071008280810082809100828101008281110082812100828131008281410082815

西武鉄道新宿線南入曽車両基地で毎年開催される電車夏まつりに、今年も行ってきました。今年は長男に加えて、甥も初めて参戦です。

方向幕を使ったビンゴ大会や、ママ鉄講座、運転台見学、洗車体験等、楽しめる企画が盛り沢山。猛暑の中、長時間順番待ちをするのは大変でしたが、冷房が効いた車両内に時々避難することで、終了時刻まで無事滞在することができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

ラジオ体操

1008270110082702長女の小学校におけるラジオ体操は 25 日から 28 日の 3 日間の限られた期間に開催されます。たった 3 日間だけですが、私は不覚にも初日に起きることができず、2 日間だけの参加となりました。

昨年までは体の痛さに苦しみましたが、普段から意識的に関節を動かしたり、筋を延ばすように心がけるようになったためか、今年はそれほど苦痛はありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

MN513aA2X2

100826018 年以上使用した自宅の PC が、電源を入れても画面に信号が送られなかったり、空冷ファンが回らなかったり、稼働中にダウンしたりと、遂に末期的な症状を迎えたため、新たな PC を購入しました。パソコン工房の BTO 品で、価格は OS なしモデルで 32,800 円。AMD 785G, AMD Athlon II X2 プロセッサ 250, DDR3 1333 2GB×2, Radeon HD 4200, 500GB Serial-ATAII という構成です。

鉄道車両に例えると、今までの PC が頑丈な 103 系に対し、新しい PC が華奢な 209 系といった感じ。無駄に長持ちして OS や周辺デバイスのテクノロジーに対応できなくなるよりも、安価で短命なものを定期的に更新したの方が良い、という結論に達しました。

12 年前に買った PC が約 40 万円、8 年前に買った今までの PC が約 30 万円だったことを考えると、PC も安くなったものです。かつてビル ゲイツが、ハードはタダ同然になると言っていたことも、現実味を帯びてきました。

ハードディスク レコーダーや Web カメラ等、古い周辺デバイスを使い続ける必要があるため、しばらくは 32 ビットで動かします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

山中湖

100822111008221210082213100822141008221510082216

忍野八海と共に、妻が訪れたことがなかったのが山中湖。子供たちも湖畔道路を通ったことはあるものの、湖岸に下りたことはありませんでした。

旭ヶ丘近くの駐車場へ車を止めてもらい、湖畔へ下りました。この辺りで、私と弟が幼少の頃にパンツ一丁で水遊びをしたことを、ふと思い出しました。

子供たちにとっては、山中湖よりも、平野の JOY PATIO でソフトクリームが食べられたことの方が、インパクトが強かったかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忍野八海

100822011008220210082203100822041008220510082206100822071008220810082209

富士河口湖の実家には、今までに何度も家族で帰省していますが、妻も子供たちも忍野へ行ったことがないということが判明。というわけで、弟の運転する車で、妻と子供たち、母と共に忍野八海へ行きました。

私自身が訪れるのも子供の頃以来で、水車小屋や透き通った池の風景が目に入ると、非常に懐かしい気持ちになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

富士山河口湖音楽祭

1008212110082122富士山河口湖音楽祭の最終日を鑑賞するために、夕方から河口湖ステラシアターへ。出演は、佐渡裕指揮のシエナ ウィンド オーケストラで、スペシャル ゲストは森山良子でした。

標高が高い富士河口湖もかなり暑さで、木管のリード ミスが目立ったり、ピッコロ トランペットが、ここぞというところで音がぶれたりと、野外ホールならではの過酷な演奏環境であることを感じさせる場面が多く見られました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士吉田市歴史民俗博物館

100821111008211210082113100821141008211510082116100821171008211810082119

ほうとう不動で昼食を済ませた後、富士山河口湖音楽祭まで時間が空いたので、向かったのが富士吉田市の東の外れにある歴史民俗博物館

私が子供の頃は郷土館でしたが、展示面積が大幅に拡大され、歴史民俗博物館としてリニューアルされていました。

富士山信仰や富士吉田の歴史を学ぶことができます。特別展では、富士山の祭神「木花開耶姫命」等の神様が紹介されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほうとう不動

100821011008210210082103100821041008210510082106

富士河口湖の実家へ、家族で一泊二日滞在しました。初日、弟の運転する車で父母と共に昼食に向かったのが、同町内船津東恋路に昨年できたほうとう不動。ドーム状の建物を構える不思議な空間でした。7 人という大人数で行ったためか、お店の中央にある、和傘で覆われた円卓を案内されました。

ラーメンのドンブリ程度の大きさを想定していたため、子供たちにも一人前ずつ頼んだところ、登場したのは予想を遥かに上回る大きな鉄鍋。それを見た瞬間、子供たちは一人前を半分ずつで良かったかな?と後悔しましたが、おいしい麺に箸が進み、長女も長男も結構食べ、最終的には妻や私も手伝ってあっという間に完食。

お腹がほうとうで満たされました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

サン宝石

長女と共に富士河口湖の実家へ向かう際、母方の墓参りをしたかったので甲府を経由。その際、市内の国母にあるグランパークに寄りました。

グランパークには、安価なアクセサリーを通信販売で扱うサン宝石の直営店テラがあります。サン宝石は中巨摩郡昭和町に本社を置き全国展開する会社で、長女のような小中学生に大人気を博しています。

カタログを見て選ぶよりも、やはり実物を手に取って選ぶ方が面白いらしく、長女は目を輝かせながら好みのアクセサリーを物色していました。自宅の近くにある国分寺の直営店とも違った品揃えだったそうです。

長女が店内を見ている間、私は隣接する空き区画に設けられたテーブルの椅子に座って待っていましたが、フロアガイドを見ると、グランパーク内にはその他にも空き区画が多数存在。甲府の経済状況の悪さを物語っているようでした。

直営店の売り場面積は非常に限られているのに対し、これらのスペースが勿体なく感じました。サン宝石の全国的な知名度に乗じて、これらの空き区画を利用してカタログ並みの品揃えで直営店を拡大することで、遠方からの集客効果で甲府の経済も少しは潤うのではないかと思いました。

なお、後で分かったのですが。グランパークは私が子供の頃によく行ったツカハラ D ポットの跡地に建てられたとのことでした。そう言われてみると、本館と離れたアミューズメント施設を構える建物で、D・POT 館という名前が継承されています。

10081801画像はグランパークの屋上駐車場にて。この日の甲府は猛烈な暑さで、とても外に長時間居られる状態ではありませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

海ほたる

100816211008162210081623100816241008162510081626100816271008162910081628

道の駅ちくら潮風王国に閉館時間の 17:00 まで滞在した後、往路の富津館山道路とは異なるルートで帰宅したかったので、安房鴨川まで北上し、そこから内陸部を横断して君津から館山道に乗り、アクアラインに至るルートを辿りました。

意外にも渋滞はほとんどなく、19:00 過ぎには海ほたるに到着。簡単に食事をした後、デッキを歩きながらライトアップを眺め、往路で寄った時とは異なる風景を楽しみました。アクア シアターには初めて入りましたが、海ほたるの生態や大画面による熱帯魚等の映像を鑑賞することができます。長女は無料休憩所うきうきラウンジにゆっくり来たいという願望があるようです。

小平の自宅とアクアライン間は、ナビやルート検索で調べると五日市街道と井の頭通りで環八を出るルートが最初に出てきますが、昨年は往復とも環八の渋滞でからりのタイム ロスがありました。そのため、今年は府中街道と川越街道を経由するルートを選んだところ、往復とも渋滞はなく、快適でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はな房

100816111008161210081613100816141008161510081616100816171008161810081619

道の駅ちくら潮風王国の中にある海鮮レストランです。

店長がミシュラン二つ星の実績があり、テレビ番組でも紹介されていることもあるためか、平日であるのにもかかわらず大変な混雑でした。

店長自ら待ち行列に来てラインナップの説明をしてくれたり、子供にはチューペットを振舞ってくれたりと、客への気配り徹底。連日の大盛況で不眠不休との様子で、眠さを堪えている様子が印象的でした。

2 時間近く待って、ようやくテーブルへ。幸いにも海側のテーブルで、先ほどまで遊んでいた磯も良く見えました。

妻の海鮮丼をはじめ、ねぎとろ丼、トロサーモン丼、お寿司と、思い思いの料理を注文して海の幸に舌鼓。長い時間待ったことを忘れさせてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

潮風王国

100816011008160210081603100816041008160510081606100816071008160810081609

館山旅行 3 日目は、内陸経由で千倉方面へ向かい、海に突き当たったら南下するという経路を辿りました。

海岸沿いに進み、行きついたのが潮風王国。最近各地で見られるいわゆる道の駅ですが、磯遊びができたり、漁船「千倉丸」が展望モニュメントとして設置されていたり、水遊びができるプールがあったり、海鮮料理を中心としたレストラン街があったりと、内容は充実。

当初は、磯遊び目的で立ち寄るつもりでしたが、結局夕方まで滞在しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

一五鮨

1008152110081522100815231008152410081525

千倉海岸で遊んだあと、昼食は寿司が食べたいという家族の意向で、館山市内へ。

昨年行ったスーパー回転寿司へ行くことも選択肢の一つでしたが、店内は物凄い混雑で、着席できるまでに二時間近く待った経緯があったので、なるべく避けたい思いがありました。

そこで、地元の人しか知らないような、隠れ名店を食べログで調べたところ、安くておいしい寿司屋という書き込みを発見し、館山市内の一五鮨へ行ってみることにしました。

細い路地にあり、何度も周辺道路をグルグル回って探索し、何とか無事到着。でも、営業しているのかどうかすら分からないような佇まいでした。とりあえず、お店の前のスペースに駐車して良いか尋ねようと、お店に入ってみると、感じの良いご主人とオカミサンが出迎えてくれました。

「お子さんたち、食べられないものあります?遠慮なく言ってくださいね。」と、心配してくださったので、「子供たちは魚が好きで、むしろ私の方が苦手でして・・・。」と申告し、出てきたのが画像のネタ。魚介類が嫌いな私でもおいしくいただけました。魚介類が大好きな子供たちも、もちろん大満足。ご主人が気を利かせてくれて、子供たちにマグロを単品で追加までしてくれました。

次回館山の館山旅行の際には、また行ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千倉海岸

100815111008151210081513100815141008151610081515

野島埼灯台を一周した後、カニやヤドカリを獲るため昨年行った白浜海岸へ向かいましたが、具体的な所在地を憶えていなかったので見つけることができず、気付けば千倉町域に入っていました。

駐車場があったので、そこに車をとめて海岸へ下りてみると、海の生き物の宝庫。長男はカニを、長女はヤドカリを、それぞれ獲るのに夢中でした。

南房総の海岸は、場所によって表情が異なるので不思議です。波に削られた岩を観ているだけでも、結構楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野島崎灯台

100815011008150210081503100815041008150510081506

館山旅行 2 日目に最初に訪れたのは、南房総市の野島崎灯台。房総半島の最南端に位置しています。

灯台は小さな半島の真ん中に建っており、半島を一周する形で歩道が整備されています。椰子の木が植えられていたりするので、南の島を散歩しているような雰囲気を味わえますが、猛暑のなかを歩くのは、結構大変でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

那古海岸

100814011008140210081403100814041008140510081406100814071008140810081409

妻が通っていた学校の館山寮が 8 月に一般開放され、格安で宿泊できるため、昨年に続き今年も 14 日から 16 日まで利用させていただきました。初日は、寮の近くの那古海岸における海水浴です。

台風の影響なのか、この日は物凄い強風。砂浜にテントを建てるのも一苦労で、建てても飛ばされそうな勢いだっため、昼食の後には畳みました。海水浴客はまばらでした。

それでも、監視員の下、プールでは味わえない大波を堪能しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

多摩動物公園

100808111008081210080813100808141008081510080816100808171008081810080819100808201008082110080822100808231008082410080825

動物たちの夜の様子が見られる「サマーナイト@TamaZoo」が開催中の多摩動物公園へ行きました。明るいうちは、夜になると閉鎖されるエリアを重点的に巡りました。昆虫生態園には初めて入りましたが、珍しい蝶に直に触れられるのは驚きです。カンガルーの赤ちゃんが、お母さんのお腹から顔を出している姿には癒されました。

今年は昨年よりも夜間エリアが拡大されたため、気づけば閉園時間。残念ながらキリンやライオンの姿を見ることはできませんでしたが、十分楽しめました。なお、猛暑の影響なのか、それほど混在していなかった印象があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

墓参り

1008080110080802妻の実家の墓参りのため、多摩霊園へ。7 月に家族で来れなかったお詫びに、お菓子やジュースを添えて、若干賑やかにしました。

お盆期間ということで、園内の墓参者は多数。普段「これは無縁仏ではないか?」と思ってしまうほど草が生い茂っているお墓も、この期間になると見違えるほどきれいに手入れされていたりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

千駄木 Django

1008071110080712トランペットの島圭二にお誘いいただき、千駄木のジャズ クラブ Django に出演させていただきました。

全曲スタンダードというラインナップでしたが、私個人としては久々のジャズ ライブということで、一週間前からコードを浚ったり、マイナス ワンで復習する等の取り組みを実施。それでも、テンポ 300 を超える Cherokee で息切れしたり、バラードにおけるロングトーンが続かなかったりと、反省点は多々。きちんと練習に取り組む必要性を痛感しました。

1008071310080714島さんは最近、満を持して CD をリリースされました。大半が個性豊かなオリジナルで厚生され、スタンダードも独自のアレンジになっています。80 年代 ECM を思わせるような素晴らしいサウンドで、オトナな雰囲気はなかなか若手のミュージシャンには出せない雰囲気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車で散髪へ

100807011008070210080703

長男と共に、散髪のため自転車でリラックス サロン オガワへ行きました。長男もだいぶ自転車に慣れてきたので、初めて実践編に移行させましたが、玉川上水沿いを慎重に走り、さっぱりした頭で無事戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

納涼盆踊り

10080211100802121008021310080214

夜は近所の一橋学園駅南口ロータリーにおける盆踊りへ行きました。

子供たちに盆踊り本来の趣旨を力説しましたが、櫓の上には目もくれず、かき氷や綿菓子、光る玩具に夢中でした・・・。少しずつ、理解してくれればと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電気ドリル購入

1008020110080202日用大工の頻度が増え、作業効率を向上させる必要性が生じたため、電気ドリルを購入しました。

コーナンで 3,000 円でしたが、木材に穴を空ける程度の作業であれば、これで十分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

キューピッドと再会

10080111麦草農場で甥と長男と共にジャガイモ掘りを終えた後、そのまま帰路につく予定でしたが、中央道は既に 20 Km 以上の渋滞が発生しているということで、一旦富士河口湖の実家へ寄りました。実家には、甥にとって重要な存在の犬がいます。甥の母である義妹が飼っていた二匹の仔犬の訓練士が、その縁で義妹と結婚し、甥が生まれたという経緯です。その二匹の仔犬のうち一匹を、6 年前に私の実家で譲り受けたのでした。ずっと会える機会がなかったので、甥にとっては 6 年ぶりの再会です。

1008011210080113花火等をして過ごしましたが渋滞はなかなか収まる気配はないので、大月以遠の中央道経由を断念。21:00 過ぎに出発して、小菅・奥多摩ルートで 0:00 に自宅へ到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャガイモ堀り@麦草農場

100801011008010210080103100801041008010510080106100801071008010810080109

田植えと稲刈りでお世話になっている山梨県北杜市の麦草農場で、ジャガイモ掘りに参加させていただきました。

家族 4 人で参加させていただこうとも思いましたが、長女はプールの検定を翌日に控えていたため妻と共に不参加。その代わりに、甥を誘いました。農場代表のお孫さんと甥が同じ名前ということで、是非一度対面させたいという思惑も、少なからずありました。

掘らせていただいたジャガイモは、一瞬サツマイモと勘違いしてしまうような赤い色。地表をかき分けて固い塊を探す作業は、宝探し的な趣があります。

この日は甥と長男も含めて、参加した子供は 5 人。そのうち、4 人は年齢の近い男子なので、サツマイモ掘りが終わった後も一緒に暴れまくっていました。

なお、6 月に田植えに参加させていただいた稲は、順調に育っています。秋の稲刈りが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »