« 吉祥寺 MANDA-LA2 | トップページ | 多磨霊園 »

2010年5月 2日 (日)

夕やけ小やけふれあいの里

100502011005020210050203100502041005020510050206100502071005020810050209100502101005021110050212100502131005021410050215

連休 2 日目は、3 年連続して八王子上恩方町のレクリエーション施設夕やけ小やけふれあいの里へ行きました。我が家の GW 恒例行事になりつつあります。振り返ってみると、最初に行った一昨年は自然の中でのピクニックやポニー乗馬、昔遊びができるということで訪れましたが、どうじょうつかみを体験して昨年と今年は完全にどうじょうが主目的になっています。

昨年は泥に入った長女ですが、今年は拒絶。獲れたどじょうの管理と、撮影に徹していました。長男は泥歩きに慣れたもので、少し目を離すと田んぼの端の方へ移動しているので驚かされます。「足が沈む前に素早く抜いて前に進むのを繰り返すといいんだよ。」と、長男は熱弁をふるっていました。1 人 5 匹まで獲れるということで、家族 4 人で計 20 匹を水槽に入れてお持ち帰り。

泥に入らない代わりに、長女は川遊びに夢中。私も川に入りましたが、流れの速いところでビーチサンダルを奪われ、流されてしまいました・・・。なお、4 月の気温が低かったせいか、田んぼも川も水温が低く、長時間入っているのが辛かったのが、今年の特徴です。

かつて京王八王子駅から陣馬高原下まで運行していたボンネットバス「夕やけ小やけ号」が見られなくなり残念に思っていましたが、入口付近に設置された車庫に静態保存の形で展示されていました。

|

« 吉祥寺 MANDA-LA2 | トップページ | 多磨霊園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139825/48279674

この記事へのトラックバック一覧です: 夕やけ小やけふれあいの里:

« 吉祥寺 MANDA-LA2 | トップページ | 多磨霊園 »