« アレルギー外来 | トップページ | カミキリムシ »

2010年5月31日 (月)

学校公開週間

30 日 (日) から長女の火曜小学校における学校公開週間が始まりました。平日は行けないので、初日に 5 時限、まとめて参観です。毎度のことながら、約一週間に渡り父兄に晒され続ける先生方は大変だと思います。

1 時限目は国語。「私と小鳥と鈴と」を読んで、「みんなちがってみんないい」をテーマに、それぞれの良さや特色を考えさせる内容でした。

2 時限目は算数。水筒と雑巾を持参するとうことで、何をするのかと思いましたが、お友達同士で水筒の容積を、いかにして比べるかを問う内容でした。

3 時限目は理科。車輪付きの段ボールに、紙皿、紙コップ、ストロー、厚紙等を自由に使って、風を受けて速く走らせるにはどうしたら良いかを試行錯誤させる内容でした。

4 時限目は社会。4 つのグループに分かれ、学校の周辺施設を各自が前に出て紹介するという内容でした。

給食を挟んで 5 時限目は道徳。「友だち屋」を読んで、有償で友だちを請け負う仕事をはじめたキツネが、本当の友達を得る喜びを感じる心境へ変化する過程を考える内容でした。

いずれの授業も特定の答えを求めるのではなく、答えを導きだすプロセスや考え方、視点を大事にする内容だったと思います。テストの結果だけでは分からない部分ですね。

長女はカメラ目線にも似た視線をこちらに時々向け、なかなか授業に集中できなかったようですが、1 年振りの参観で、学校における様子が良く分かりました。こういう機会は、非常に大切だと思います。

2 年生の時が新人教師だったのに対し、3 年生では社民党の阿部政策審議会長似のベテランの教師。授業の風景を見ていると一目瞭然で、安心してお願いできる雰囲気でした。

なお、教室内の設備では、サスマタの常備に物騒な時勢を感じ、大型液晶テレビの設置に時代の流れを感じました。

|

« アレルギー外来 | トップページ | カミキリムシ »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139825/48536864

この記事へのトラックバック一覧です: 学校公開週間:

« アレルギー外来 | トップページ | カミキリムシ »