« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月31日 (月)

学校公開週間

30 日 (日) から長女の火曜小学校における学校公開週間が始まりました。平日は行けないので、初日に 5 時限、まとめて参観です。毎度のことながら、約一週間に渡り父兄に晒され続ける先生方は大変だと思います。

1 時限目は国語。「私と小鳥と鈴と」を読んで、「みんなちがってみんないい」をテーマに、それぞれの良さや特色を考えさせる内容でした。

2 時限目は算数。水筒と雑巾を持参するとうことで、何をするのかと思いましたが、お友達同士で水筒の容積を、いかにして比べるかを問う内容でした。

3 時限目は理科。車輪付きの段ボールに、紙皿、紙コップ、ストロー、厚紙等を自由に使って、風を受けて速く走らせるにはどうしたら良いかを試行錯誤させる内容でした。

4 時限目は社会。4 つのグループに分かれ、学校の周辺施設を各自が前に出て紹介するという内容でした。

給食を挟んで 5 時限目は道徳。「友だち屋」を読んで、有償で友だちを請け負う仕事をはじめたキツネが、本当の友達を得る喜びを感じる心境へ変化する過程を考える内容でした。

いずれの授業も特定の答えを求めるのではなく、答えを導きだすプロセスや考え方、視点を大事にする内容だったと思います。テストの結果だけでは分からない部分ですね。

長女はカメラ目線にも似た視線をこちらに時々向け、なかなか授業に集中できなかったようですが、1 年振りの参観で、学校における様子が良く分かりました。こういう機会は、非常に大切だと思います。

2 年生の時が新人教師だったのに対し、3 年生では社民党の阿部政策審議会長似のベテランの教師。授業の風景を見ていると一目瞭然で、安心してお願いできる雰囲気でした。

なお、教室内の設備では、サスマタの常備に物騒な時勢を感じ、大型液晶テレビの設置に時代の流れを感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

アレルギー外来

先月、長男が風邪気味で診察を受けた際、喘息の長女と同じくアレルギーの可能性もあるため、血液検査をお願いしてありました。29 日の午後は、その結果を聞くため、アレルギー外来へ行きました。

長女に続き長男も・・・と不安な気持ちもありましたが、先生からの最初の言葉は「血液検査の結果は、大丈夫。見事にゼロですね。ほとんど反応がない状態です。」とのこと。まずは、安心しました。

長男 (6 歳) ぐらいの年齢になると免疫に代わりアレルギーが強まるのでハウスダストや花粉といった症状が出てきますが、6 段階評価で 0、100 段階評価でも 0 とのことでした。全体的なアレルギー体質を示す検査 (IgE) は、大人の正常値が 170 以下で、年齢が下がると正常値も下がり、6 歳だと 80 ぐらいであるのに対し、長男は 3 。1 桁はアレルギー体質はまったくなく、アレルギー自体、まったく考えなくても良い数値で、むしろすごい数値とのことでした。

とはいえ、アトピーの症状が時々見られたため、その点について質問すると、アトピーでもないそうです。アトピーは身体の中から出てきたアレルギーが外に出てきた時に表れるものですが、体質から見てアトピーではないとのこと。そもそも、アトピーは定義が難しく、関節部分で皮膚が炎症を起こして、乾燥を伴った痒みのある発疹は、臨床的にはアトピーだが、体質的にはアトピーではないそうです。したがって、乾燥肌があって弱くなっているが、乾燥肌をしっかり治せば、悪化しないことがほとんど。今後はそれほど酷くないならないのではないか、という見解でした。

なお、先生ご自身は喘息で、ご長女も喘息であるのに、ご次女はまったくアレルギーをお持ちではないとのこと。同じ親から生まれても、DNA の重なり方で大きく異なるものだと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

保育参観

午前中は長男の幼稚園における保育参観でした。保育参観は平日と土曜日に設定されているので、平日に行けない父兄にとってはありがたい限りです。年長の長男にとっては最後の保育参観。長男の下に弟妹はいないので、私にとっても最後の保育参観の機会になります。

園内に入ると、ホールにテーブルを並べて年長の園児たちが集結していました。お茶とビスケットが配られることから始まりましたが、冷たいと思ったお茶が熱くてこぼしてしまったり、スモックを濡らしてしまったり、ランチマットがなくて大騒ぎしたりと、単純な作業の中にも、様々なドラマがありました。

その後に登場したのが、この日の保育参観のメインとなる玉ねぎジュース。玉ねぎの皮を煮て作った汁で、飲むのかと思いきや、染料として使う試みでした。前日に布に薬で絵を描いておき、その布を玉ねぎジュースに浸し、さらに「魔法の水」につけると薬が付いていた部分に色が付くという内容。薬や魔法の水の正体の説明はありませんでしたが、園児たちの興味を惹く面白い授業だったのではないかと思います。

なお、園内における撮影は禁止されているので、画像はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

セスナと太陽

10052801武蔵野の森公園にて。

先週と同じく、朝練の最中、頭上を飛び抜けた瞬間を捉えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

SL は観覧に

中央本線甲府~小淵沢間を走る D51 形蒸気機関車「SL やまなし」の指定席券は案の定、即時完売だったようで、また次の機会を目指そうとも思っていましたが、走る D51 を観られることも滅多にないので、小淵沢あたりに行って観覧することにしました。

6 月 29 日と 30 日は子供たちの学校と幼稚園における行事があるので、6 月 5 日の観覧を予定しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

今年初クワガタ

10052601昨年、多くのカブトムシやクワガタを捕まえた玉川上水近くの樹液の木へ行ってみると、既にクワガタがいました。

早ければ 5 月下旬に出てくるという情報は得ていましたが、本当だったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

顕微鏡

100525011005250210052503

3 月の長女の誕生日の際、義父から贈られたプレゼントでしたが、扱いが難しいためなかなか開封に踏みきれていませんでした。雨でどこにも行けなかった 23 日、ようやく取扱説明書に目を通した上で使用を開始することができました。

薬品を使っての観察は小学校 3 年生の長女にとってはまだハードルが高いので、花びらや髪の毛といった、置くだけで見るこのできる素材から始めました。これだけでも、十分未知のミクロの世界が体験できます。今後、学校でプレパラートの使い方を教わるころになったら、本格的に活用することになりそうです。

あと、ウィンクの練習も必要かもしれません・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

ウルトラ銀河伝説

雨でどこにも行けなかった 23 日に長男と観たウルトラシリーズの最新映画です。

BS11 で放映されていた大怪獣バトルの劇場版という位置付けのため、B 級作品という先入観がありましたが、CG で作り上げられた光の国の映像を目にした瞬間、その疑念はなくなります。かつてウルトラマンメビウスのストーリーの中で、ミライがリュウに語っていたウルトラ戦士の成り立ちを改めて映像化したようなシーンもあり、光の国を初めて具現化させた作品ではないかと思います。

ウルトラシリーズの映画の前作にあたる超ウルトラ 8 兄弟では、パラレルワールドという設定で世界観の異なるウルトラシリーズのヒーローたちの共演を実現させていましたが、本作ではダイナやコスモス (春野ムサシ隊員として) が普通に共演しており、ウルトラマンパワード、ネオス、ウルトラマン USA といったウルトラ戦士も勢揃い。100 体以上の怪獣たちも一斉に復活するので、この作品だけで大半のウルトラヒーローや怪獣を観られるのではないかと思います。個人的には、ウルトラマンボーイが狼狽えるシーンが滑稽に思え、ゼロがレオに鍛えられるシーンに出てくるピグモンも可愛いらしく、特に印象に残っています。

なお、前作が横浜を舞台にした現実的な世界で繰り広げられる内容であったのに対し、本作は舞台が光の国で、地球での戦いは一切ないため、特撮というよりも、SF 的な色彩が強くなっているという側面もあります。主役となるウルトラマンゼロが戦う時間の割合は、ウルトラセブンにおけるセブンが戦う時間の割合と同じぐらい短く、また、ウルトラマンベリアルがまだ死んでいないことを暗示して終わっているので、地球を舞台にしたゼロとベリアルの戦いを主題とした続編がありそうな予感です。

100524011005240210052403

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

カブトムシの幼虫

1005230122 日の自転車練習の際、休憩中の長男にとっての楽しみは虫探し。今年もシーズンがやって参りました。

まだカブトムシやクワガタは地表に出てきていませんが、長男が石をひっくり返すと、カブトムシの幼虫が潜んでいました。時期の割には小さいので、成虫にならないかもしれませんが、とりあえず持ち帰って観察してみるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

自転車練習

100522011005220210052203

昨年、7 歳の誕生日の際に購入した長女の 22 インチの自転車に、6 歳の長男を跨がせてみたところ、既に両足が難なく届いたので、長女の承諾を得て、補助なし練習を始めてみることにしました。なお、我が家は駐輪スペースの関係で、長男の自転車はまだ購入していません。

解錠からスタンドの解除、自転車通用門の突破、倒れた場合の対処等、乗る前の段階から関門は山積でしたが、意外とポジティブな姿勢で、泣くこともなく挑み続けていました。本日が初日ですので、さすがに一人で漕げる段階にまでは至りませんでしたが、恐怖心を抱かず、前へ進む感覚は掴めたようです。

長女の時と同様、付き合う方は大変です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

セスナ

1005210110052102武蔵野の森公園にて。

一昨日、昨日と雨が続き、久しぶりの快晴でした。

朝練の最中、頭上を飛び抜けた瞬間を捉えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

大沢コミュニティ通り延長

100520011005200210052003

三鷹市の大沢コミュニティ通りは、調布方面から大沢コミュニティセンター前交差点、左手に調布飛行場を見ながら進むと、水車通りと交わるところで突然途絶えています。

不自然な形で水車通りへカーブする状態が続いていましたが、最近、野川公園入口交差点までの延長工事が始まりました。JAMCO や武蔵野の森公園を貫き、戦時中に空襲から航空機を守るために作られた掩体壕の間近をかすめるルートになります。

個人的には、自転車通勤ルートの一つがショートカットされるので、非常に便利になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

一橋大学駅跡

10051901最近気付いたのですが、西武多摩湖線一橋学園駅の南側にある複線跡は、小平学園駅と統合されて一橋学園駅となる前の、一橋大学駅の跡のようです。単線の多摩湖線には、これ以外にも多くの複線敷が見られます。

朝、国分寺駅北口にできるバス待ちの長蛇の列を見る度に、こういった複線敷や信号所を有効活用して簡易的な駅を増設し、バスから多摩湖線へのシフトを促せないものかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

モリタウン

100516111005161210051613100516141005161510051616

16 日の午後は、ディズニー ストアを求めて、昭島のモリタウンへ行きました。ディズニー ストアは、近場では立川の高島屋にもありますが、周辺道路の渋滞や駐車待ちで苦労した経験があるので、昭島まで足を延ばしました。

モリタウンは計 2,000 台収容できる駐車場が完備されているため、日曜でも入庫は余裕。駐車料金は 1 時間までが無料でその後は 30 分ごとに 100 円となっていますが、何か買い物をすれば無料枠が 3 時間まで拡大しますので、ほとんど駐車料金はかからないと言ってよいと思います。

昭島駅にも直結しているため賑わっていますが、都心の雑踏とは違い、ゆったりと買い物を楽しめるレベルです。この日は高校生演歌歌手のインストア ライブなんかも開催されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

キングオブモンス

1005160110051602100516031005160410051605

16 日は、近所の教習所と駅前でフリーマーケットが開催されていました。昨年は、教習所で出店をしようと意気込んでいましたが雨で中止となり、その後は熱も冷め、今年は開催日すら忘れていました。

長男にとっては、ウルトラマン シリーズの怪獣を安価で入手できる機会にほかなりません。ウルトラマンガイアに出てくる合体怪獣キングオブモンスを 200 円で買えて、大興奮でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

ザリガニ飼育

100515111005151210051513100515141005151510051516

15 日の午後、狭山池でのザリガニ獲りを諦めて、GW に獲った実績のある野山北・六道山公園の里山に再び行きました。こちらは小川で網を使って掬えば、必ずと言っていいほどザリガニが獲れます。釣り上げることは成功しませんでしたが、糸に付けた餌にザリガニをおびき寄せることを、初めて体験しました。

大小合わせて 20 匹近くを持ち帰り、新しい水槽 (前回獲ったザリガニが粗雑な飼育環境で全滅したことを知った義父が買ってくれました。) を長男の部屋にセッティングして投入。動きを見ているだけで気持ちが和みます。特に小さいザリガニは、シーモンキーのように飛び上がって楽しい動きを見せてくれます。ザリガニに触れない長女も、動きを面白がって見ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

狭山池公園

100515011005150210051503100515041005150510051506100515071005150810051509

GW 中に獲ったザリガニが、短期間で全滅してしまったため、長男と西多摩郡瑞穂町の狭山池へ行きました。狭山池は残堀川の水源で、古多摩川の浸食によって生まれたそうです。池の周辺が公園として整備されており、収容台数は少ないものの、無料の駐車場もあります。

池は複数の区画 (あめんぼうの池、筥の池、ふなっこの池) に分かれていて、ふなっこの池でのみ、小魚やアメリカザリガニ釣りができます。ザリガニ釣りをする親子連れが何組も見られ、長い釣り竿や網で大物を捕まえている親子もいました。

残念ながら、私と長男はザリガニを釣ることはできませんでしたが、長男は執念で小魚を捕まえました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

洗車禁止

10051401多磨霊園にて。

このようなお触れがあるということは、実際に前例があったということになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

新緑

10051301武蔵野の森公園 (府中市) にて。

新緑を強く感じさせる風景でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

長女の怪我

13:30 頃、妻から長女が学校で転んで前歯を折ったとの連絡が入りました。

幼少の頃からしょっちゅう転倒し、手をつけずに顔を打つこともしばしば。幼稚園の頃には遊具でおでこを強打したり、椅子で耳を切ったこともありました。最近は小学 3 年生にもなったので、さすがにもう大丈夫だろう、そう思っていた矢先でした。

学校に迎えに行く妻には、歯再生の可能性を高めるため牛乳の持参を指示し (長女の前歯は永久歯のため)、病院選びに際しては、歯科衛生士の義妹にアドバイスを求めました。妻も私も、今回の怪我に際してはかなり動揺していたと思います。とにかく心配なので仕事を早退させていただき、病院へ向かいました。

診察を受けたのは、義妹の勤務していた歯科医の小平市内にある系列医院。レントゲンの結果、幸い歯は折れておらず、根元でしっかり繋がっているとのこと。ただし、転倒で受けた衝撃で今後神経が死ぬ可能性があるので、半年後、一年後といった具合に、長期的に注意深く経過を見守る必要があるとのことでした。場合によってはレントゲンの結果だけで安心して、その後放置してしまう危険性もあったので、非常に信頼のおける診察結果だったと思います。

診察後に妻や長女本人から状況を聞くと、帰宅途中、学校の校庭のコンクリートのところで転んだとのこと。前歯、上唇、鼻部、額、腕、両膝と、傷は広範囲。どうやったら、これだけの傷を一度に作れるのか?と思えてしまいます。特に、前歯と両膝が受けた衝撃が大きかったようです。

転倒後、すぐに駆けつけて処置してくださった小学校の先生方、通院中に長男を預かってくださった長男のお友達の親御さん、長女を歯科医まで送ってくださったマンションの管理会社の方、心配してくださった周囲の方々には、本当に感謝しています。

この日記は 4 日後の 16 日に書いていますが、直後の見た目は痛々しく、本人のショックも大きかったようですが、その後の経過は良好です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

伊土産

10051101新婚旅行のお土産としていただきました。

食材に関しては、イタリア語の翻訳を楽しみながらのチャレンジになりそうです、妻が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

10-300 形@競馬場線

100510011005100210051003

都営新宿線の 10-300 系が、土日祝日の京王競馬場線で折り返し運転されていました。

相互乗り入れにおける走行距離の調整のためと思われますが、都営新宿線の直通とは縁の無い競馬場線で線内折り返しのために運用されているのは、非常に新鮮な印象を受けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

母の日

100509011005090210050903100509041005090510050906100509071005090810050909

我が家の母の日は、両家の母親にカーネーションを贈り、家族ではファミレスで食事をするのが慣例でしたが、今年は趣向を変えて、両家にはモナリザ百合を贈り、食事は私と子供たちで作りました。

事前に「お花買うから、ダイヤモンド シティーに連れて行って。」と長女から言われていたので、午後にイオンモールむさし村山ミューへ。長女と長男でお金を出し合って、お花を買っていました。長女にとっては出資比率に不満であったようですが、子供たちが主体的にプレゼントを購入できるようになったのには、感心しました。

食材も買って帰宅し、子供たちと作ったのは、先月に成功実績のあるハンバーグ。今回は塩を適度にまぶして、味も向上しました。我が家の母の日、無事終了です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

散髪と野火止用水

100508011005080210050803100508041005080510050806

私も長男も 2 月以来、髪の毛が伸びっぱなしで、かなり邪魔になってきたので、リラックスサロンオガワへ行きました。長男は「坊主じゃない長さ」を主張。リクエスト通りに短くしてもらいました。私もです。

散髪中、小川さんが主催するビッグバンドの近況等を聞き、バンマスの苦労やバンド運営の難しさを改めて痛感しました。

自転車で行ったので、帰りに野火止用水沿いを散策。立ち入りが禁止されている玉川上水とは異なり、所々に下りられる場所があるので、間近で水辺を観察することができます。ザリガニはいませんでしたが、小魚が多く見られました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

パルテノン多摩

100505211005052210050523100505241005052510050526100505271005052810050529100505301005053110050532

5 日は府中でビール工場を見学した後、子供たちの希望で競馬場で遊ぼうと思っていましたが、残念ながらお休み。仕方がないので、思いつきで京王線に乗って多摩センターへ移動しました。

多摩センターではこどもまつりが開催されており、大変な賑わいでした。昼食を済ませ、向かったのがパルテノン多摩。大ホールと小ホールのほか、歴史ミュージアムや会議室等があります。その中で私たちが訪れたのは、4 階にあるキッズ ファクトリーとマジック サウンド ルームです。

キッズ ファクトリーでは、材料費のみで物づくりを体験することができます。子どもたちは、こいのぼりを作りました。
その他、機織り体験や、様々な道具を使って絵を描く体験もあります。なぜかテルミンが設置されており、自由に鳴らすことができました。私も初めて操ってみましたが、音階を表現するのは結構難しいです。

隣接するマジック サウンド ルームは自動演奏楽器を展示している博物館。河口湖にあるオルゴールの森を 1 つの部屋に凝縮したような感じです。いわゆるオルゴールからロールを読み込ませて演奏する形式のチューブベルまで、内容は様々。大型ディスク ミュージック ボックスと自動ピアノによるコンサートが催され、しばしその音色に癒されました。なお、通常は観覧料が必要ですが、土曜日と祝日は無料となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

サントリー武蔵野ビール工場

100505011005050210050503100505041005050510050506100505071005050810050509100505101005051110050512

連休最終日の 5 日は、府中のサントリー武蔵野ビール工場へ行きました。GW 中の移動は基本的に車でしたが、ビール工場では試飲ができるので、例外的に電車です。分倍河原駅からシャトルバスが出ているので、快適に工場へ移動することができます。

武蔵野ビール工場に行くのは 2007 年 8 月以来ですが、当時よりもエレベーターやエスカレーターが整備されてバリアフリー化が進み、また所々で広いスペースが設けられ、多くの見学者でもスムーズに工場内を廻れるようになっていました。スイッチ一つで擦りガラスが透けたり、映像がブルーレイ化されていたりと、ハイテク面での進化も見られました。

サントリーの原料へのこだわりや香りや旨みを出す製法、徹底した品質管理や環境保護への取り組み等、約 1 時間コースの中に、ビール作りの工程が凝縮されていました。

そして、試飲会で最高品質のプレミアム モルツを出来たての状態で飲めるのは最高の幸せです。3 杯まで飲めるということで・・・3 杯のみました。昼間から良い気分になりました。妻は 1 杯だけでしたが、普段あまり飲まないので、結構まわっていました。子供たちもソフトドリンクで満足だったようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

里山民家

100504011005040210050403100504041005040510050406100504071005040810050409100504101005041110050412100504131005041410050415

4 日は昨年に引き続き、武蔵村山市内の野山北・六道山公園にある里山民家へ行ってきました。里山春祭りが開催されており、ボランティアの方々によりおいしい草もちやタケノコが振る舞われ、木の実による工作や、鯉のぼりを作るコーナーもありました。和太鼓の演奏もあり、昔の村祭りの雰囲気を演出しています。

今年は雑木林を探検するツアーがあったので、参加させていただきました。ボランティアにより作られた山道を廻るコースで、間伐作業や採光による植生の実験等、様々な取り組みが紹介されていました。些細な疑問にも真剣に答えてくださるのも嬉しかったです。

里山における、最大の目的はザリガニ獲り。今年は寒さのせいか大きいザリガニはほとんど獲れず、小さいザリガニばがりが獲れました。それでも、沢山のザリガニを獲ることができて、長男は大満足。それ以上に妻の気合いの入れ様は凄まじく、一匹も獲れなければ帰れないという雰囲気さえありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

武蔵野公園

100503111005031210050313

3 日は午前中に墓参りを終えた後、義父母とファミレスで昼食を食べ、義父母と別れた後は野川沿いの公園で遊ぼうと武蔵野公園、野川公園等を廻りました。

ところが、どこも駐車場は満車。仕方なく、一旦多磨霊園近くまで戻り、東八道路の北側のコインパーキングに駐車して、武蔵野公園で遊びました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

多磨霊園

100503011005030210050303100503041005030510050306

連休 3 日目は、妻の父方のお墓がある多磨霊園へ行きました。妻と結婚して以来初めてです。ここには妻の祖父母のほか、生まれて間もなくして夭折した義兄 (妻の兄) も眠っています。今まで何度か、お墓への案内を義父に打診したことがありましたが、亡き義兄のことをあまり話題にしたくない様子が伺えたため、積極的にお願いできなかった経緯がありました。

墓参ができないまま 10 年近く経ってしまいましたが、多摩地域へ引っ越し、自転車通勤で多磨墓地を通ることもあるので、気持ち的に何としても実現させたい思いが強まり、この GW での決行を決意。受付で区画を訪ねることにより墓参をすることを義父に伝えたところ、案内してもらうことが実現しました。

不思議なもので、お墓の区画は通勤の際に時々通っている道のすぐ傍でした。仏様に呼ばれていたのかもしれない、そんな気持ちにもなります。妻にとっては久々の、私と子供たちにとっては初めての墓参がようやく実現しました。

親族のなかで最も近くに住み、私に至っては毎日通ることも可能なのですから、これからできるだけ墓参しようと心に誓いました。

10050601後日談。3 日の墓参でお酒を忘れたので、GW が終わった 6 日の朝、白鶴まるを供えました。ところが、帰りに再び立ち寄ってみると、白鶴まるがカップごと無くなっていました。きっと、仏様が飲んだのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

夕やけ小やけふれあいの里

100502011005020210050203100502041005020510050206100502071005020810050209100502101005021110050212100502131005021410050215

連休 2 日目は、3 年連続して八王子上恩方町のレクリエーション施設夕やけ小やけふれあいの里へ行きました。我が家の GW 恒例行事になりつつあります。振り返ってみると、最初に行った一昨年は自然の中でのピクニックやポニー乗馬、昔遊びができるということで訪れましたが、どうじょうつかみを体験して昨年と今年は完全にどうじょうが主目的になっています。

昨年は泥に入った長女ですが、今年は拒絶。獲れたどじょうの管理と、撮影に徹していました。長男は泥歩きに慣れたもので、少し目を離すと田んぼの端の方へ移動しているので驚かされます。「足が沈む前に素早く抜いて前に進むのを繰り返すといいんだよ。」と、長男は熱弁をふるっていました。1 人 5 匹まで獲れるということで、家族 4 人で計 20 匹を水槽に入れてお持ち帰り。

泥に入らない代わりに、長女は川遊びに夢中。私も川に入りましたが、流れの速いところでビーチサンダルを奪われ、流されてしまいました・・・。なお、4 月の気温が低かったせいか、田んぼも川も水温が低く、長時間入っているのが辛かったのが、今年の特徴です。

かつて京王八王子駅から陣馬高原下まで運行していたボンネットバス「夕やけ小やけ号」が見られなくなり残念に思っていましたが、入口付近に設置された車庫に静態保存の形で展示されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

吉祥寺 MANDA-LA2

100501011005010210050103

連休初日は武蔵野ファンクで吉祥寺 MANDA-LA2 に出演させていただきました。MANDA-LA2 はスタンディング形式の曼荼羅とは対照的に、テーブル席で落ち着いて演奏を鑑賞するスタイルの空間です。

今回のライブはボーカルとキーボードの磯たか子さん率いる Suite Sunshine の主催で、Suite Sunshine にはボスが以前ベースを弾いていたという縁があります。

1 ステージ目は急遽出演が決定した、ピアノとベースを擁したトリオ編成によるボーカルのミトモさん。以前にも増してクオリティの高い演奏に圧倒されました。その後の 2 ステージ目が武蔵野ファンクなので、やりづらさはありましたが、ゲストで参加してくれた JariBu のユージくんの助力もあり、何とか久々のステージを乗り切った形です。

主催の Suite Sunshine は磯さんを中心とした、ミュージカルソーも操るパーカッションを含む 5 人編成。ほのぼのとした雰囲気に好感が持て、磯さんの笑顔で囁く歌唱法は印象的です。願わくば、私もトロンボーンでこんな奏法ができたらと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »