« ウルトラマンベース | トップページ | 武蔵小杉新駅 »

2010年3月22日 (月)

鶴見線

100321211003212210032123100321241003212510032126100321271003212810032129100321301003213110032132100321331003213410032135

21 日に川崎のウルトラマンベースへ行った際、ついでに廻ったのが JR 鶴見線。鶴見線は運転本数が少ないため、横浜方面に行った際には、少しずつでも乗り潰しておきたい思いがありました。

鶴見駅は京浜東北線との間に中間改札があり、鶴見線がかつて鶴見臨港鉄道という私鉄であったことを感じさせますが、無人駅路線へのゲートウェイという意味では、大師線との間に改札のある東武伊勢崎線西新井駅を連想させます。

新型の 205 系が走っており、車両を見る限りは都区内や他の横浜市内の路線との違いはありませんが、鶴見を出ると風景が一変。地方に瞬間移動したような、工場の構内路線を走っているような、不思議な風景が続きます。

今回向かったのは、海芝浦支線。終点の海芝浦駅は東芝の工場構内にあり、出口はそのまま東芝の入館ゲートになっています。珍しい特徴の駅ですが、小規模ながら一般利用が可能な海芝公園が整備されているのは意外でした。

本当は海芝浦から浅野、浜川崎を経て、尻手経由で川崎に行こうと思っていましたが、強風で南武支線が運休のため、鶴見 - 海芝浦間の往復だけにとどまりましたが、次回は本線と大川支線、南武支線を廻りたいと思います。

今回初めて鶴見線を廻りましたが、クモハ 12 形が現役の頃に乗らなかったことが、非常に悔やまれます。

|

« ウルトラマンベース | トップページ | 武蔵小杉新駅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

鶴見線も行ってませんなあ。
実は27~8年前、鶴見に職場があったのですが、時間も気持ちも全然余裕がなく、全く鶴見線にかかわることがありませんでした。
車で外回りをしていたので、ちょっと寄り道すれば、見にいけたのになあ・・・
仕事に追われっぱなしで、小平と鶴見をやっとの思いで通勤していたあの頃・・・・

ただし、もう、本線は101系になってはいましたが、まだまだ大川支線のクモハ12は健在でした。

投稿: 3-flat | 2010年3月23日 (火) 20時46分

> 3-flat さん

小平から鶴見までの通勤は、移動だけでも大変そうですね。

クモハ 12 形は '96 年までは走っていたということなので、私にも乗れるチャンスがあったのに、という思いがあります。

投稿: ぱるめざん | 2010年3月23日 (火) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139825/47883763

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴見線:

« ウルトラマンベース | トップページ | 武蔵小杉新駅 »