« ふれあい下水道館 | トップページ | 雪景色 »

2010年2月17日 (水)

ALT (GPT)

先日の献血の検査成績が送られてきました。

10021101

ALT (GPT) が大幅に上昇し、標準値の範囲外になりました。検査項目の説明を参照すると、当該数値は下記の内容でした。

肝臓に最も多く含まれる酵素です。肝細胞が破壊されると血液中に流れ出すので、急性肝炎で最も強く上昇し、慢性官営や脂肪肝 (肥満) などでも上昇します。激しい運動の後に一過性の上昇がみられることがあります。

今のところ肥満の自覚症状はないので、飲酒による肝臓への負担が影響しているのでしょう。標準値は必ずしも正常値ではありませんが、私にとっての適切な警告を示してくれたと思っています。

|

« ふれあい下水道館 | トップページ | 雪景色 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

 それほど気にする数値ではないと思うけど、
 ASTはどうなんでしょ。
 γ‐GTPも上昇傾向にあるから酒量を減らせば下がるとは思います。

投稿: 百楽天 | 2010年2月18日 (木) 01時35分

> 百さん

昨年より、血糖値の項目としてグリコアルブミンが加わった代わりに、AST (GOT) の項目は廃止されています。

投稿: ぱるめざん | 2010年2月18日 (木) 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ALT (GPT):

« ふれあい下水道館 | トップページ | 雪景色 »