« リレンザ? | トップページ | 長女、新型に感染 »

2010年1月23日 (土)

羽村市動物公園

100123011001230210012303100123041001230510012306100123071001230810012309100123101001231110012312100123131001231410012315

一昨年の 9 月以来 1 年 4 ヶ月振りに、羽村市動物公園に行きました。この動物園は、規模が小さくても動物との距離が近いことが特徴です。

入口付近ではレッサーパンダがお出迎え。その動きと表情に癒されます。昨年 12 月に生まれたキリンの赤ちゃんにも会うことができました。

童話を基にしたウサギとカメが同居するコーナーが新たに開設されていました。残念ながら、ウサギとカメの直接の絡みは見られませんでした。異種動物のコラボレーションという面では、サル山に同居しているイノシシがいますが、今回は頭だけ出していました。

ウズラの子供が並んで餌を食べている後ろ姿は、何とも言えない可愛らしさがあります。人間が動物になった気分を味わえる檻のコーナーは、サル山付近に新たに設置されていました。

今の季節ならではのコーナーだと思いますが、落ち葉が集められた「おちば広場」で遊ぶことができます。お陰で、子供たちの足は真っ黒になりました。

ペンギンは何かの音に反応するようで、一斉に同じ方向に動き出す姿が滑稽でした。

モルモットの行進も健在。今回は、飼育員の言うことを聞かないモルモットが多く、なかなか進まない場面も見られましたが、それはそれで飼育員との駆け引きが楽しめました。

芝生広場に静態保存されている C58 は、塗り替えられて綺麗になっていました。

|

« リレンザ? | トップページ | 長女、新型に感染 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139825/47371924

この記事へのトラックバック一覧です: 羽村市動物公園:

« リレンザ? | トップページ | 長女、新型に感染 »