« 130 円の旅第二弾 経路編 | トップページ | 「だ」と「ら」 »

2009年6月 8日 (月)

130 円の旅第二弾 お楽しみ編

090607210906072209060723090607240906072509060726090607270906072809060729090607300906073109060732090607330906073409060735

130 円の旅には途中下車がないため、唯一のお楽しみは「おいしい駅弁を食べる!」ということになりますが、先に結論を書きますと、今回の旅で残念ながら駅弁は食べられませんでした。

千葉県内に入って最初の下車駅となる蘇我のホーム上で駅弁が売られていたことに気を良くして外房線と東金線で東に進みますが、成東駅では構内に売店はなく、なんとなく暗雲が。総武本線で松岸に到着しても、やはり売店はありません。

成田線で西に転じますが、どの駅にも売店はなく、佐原駅で蕎麦屋があった程度でした。予め用意しておいたポップコーンで空腹を紛らわしながら、14:00 近くに成田駅に到着し、ここまで来ればあるだろう!と確信したのも束の間、駅員さんに尋ねると改札内に売店はないとのことでした・・・。長男もここまで良く我慢しましたが、さすがに空腹の限界を超えたので、駅員さんに事情を説明して改札を一旦出させてもらい、改札口の傍にある NEWDAYS に駆け込み、コンビニ弁当を購入するという顛末です。駅弁の販売状況は予めリサーチしておくべきということを、前回以上に思い知りました。

駅弁を食べられなかったので、経路上の様子を書きたいと思います。蘇我駅からは東金線直通の外房線に乗れたので、大網駅には東金線のホームにスルーで入り、外房線がかつて同駅でスイッチバックしていた頃の感覚に浸りました。

季節柄か、線路には草が生い茂っています。線路だけを見ると、廃止路線か?とも思えてしまいます。客室シート脇には風除け用のアクリル板が設置されており、長男が面白がって顔を押しつけてこちらを見ていました。

駅には東京駅からの距離を示す看板が掲げられており、特産物の写真が千葉県の形で切り取られています。現在地を表す目的ですが、洒落たデザインです。

成東駅では 255 系の特急が行き交い、長男がいつか乗りたいな~なんて話していたので、一歳になったばかりの頃、館山からの帰りに 255 系の「ビューさざなみ」に乗ったことを話しましたが、さすがに覚えていませんでした。

車内保温のため 211 系車両には押しボタンが装備されており、実際に使用されていました。本来寒冷地に限った仕様かと思っていましたが、温暖な千葉県内でも 5 分以上停車する駅で使用されているのが意外です。

沿線は水田の多さが挙げられますが、それ以上に東京では見慣れない風車が至るところに設置されていることに驚かされました。映像で見る程度では、遠い現実に思えてしまいますが、実際に設置されている光景を目の当たりにすると、風力発電への取り組みの現実味を感じることができます。

成田駅の手前では成田新高速鉄道の建設風景が見られ、着々と進行している様子が伺えます。開業予定は来年度です。成田駅では駅弁が買えなかったので、お土産として「しお羊羹」を購入しました。成田駅構内における鳩糞落下の注意を促す表示には、鳩が「ごめんなさい」と訴えている画が印象的です。

成田線では難読駅名のオンパレード。松崎と書いて「まんざき」、安食と書いて「あじき」、木下と書いて「きおろし」といった具合です。今回は通りませんでしたが酒々井と書いて「しすい」という駅名もありますので、関東地方における難読駅名の大半を占めているのではないかと思いました。

|

« 130 円の旅第二弾 経路編 | トップページ | 「だ」と「ら」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

あらら、2時まで昼ごはんなしでは、ご長男はさぞつらかったでしょう。
なんとか食べられてよかったですね。

この雑草では、東金線の雑草はかなりですね。地方のローカル線という感じですね。

成田新高速鉄道は、工事が進んでいるようで、開通が待ち遠しいです。

成田線の難読駅につられて、小林をうっかり「おばやし」と読んでしまいました。(阪急今津線)

投稿: 3-flat | 2009年6月14日 (日) 17時01分

> 3-flat さん

ひたすら電車に乗る旅は、忍耐力を養う上での修業要素が強いかもしれません。佐原の蕎麦屋で昼食を済ませようか?という選択肢も提示しましたが、駅弁を目指して頑張っていました。

成田新高速鉄道の建設状況は、見た目には順調に写りました。北総線の乗り潰しとセットで、開業した際に赴きたいと思います。

阪急の駅名は認識していませんでしたが、成田線における難読駅名以外の駅も、素直な読みではないと思えてしまいます。

投稿: ぱるめざん | 2009年6月14日 (日) 21時02分

以前は小さな駅にも駅弁屋さんがあったものですが、今は少なくなってしまいましたね。成田駅って「トンカツ弁当」が有名だったと思いましたが、撤退してしまったのでしょうか。

千葉には万葉軒という駅弁屋さんがありますが、名物駅弁が多いので次回はお楽しみに。

投稿: 波羅光 | 2009年6月16日 (火) 02時49分

> 波羅光さん

成田駅の改札内には、弁当屋の影も形もなくなっていました。そういう時代の流れかもしれません。

投稿: ぱるめざん | 2009年6月16日 (火) 12時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139825/45329282

この記事へのトラックバック一覧です: 130 円の旅第二弾 お楽しみ編:

« 130 円の旅第二弾 経路編 | トップページ | 「だ」と「ら」 »