« フリマ中止 | トップページ | 国道 463 号 »

2009年5月18日 (月)

さいたま市青少年宇宙科学館

091017010910170209101703091017040910170509101706091017070910170809101709091017100910171109101712091017130910171409101715

昨日は出店を予定していたフリーマーケットが雨のため中止になったので、気を取り直して子供たちにどこへ行きたいか尋ねたところ、サイエンスドーム八王子へ行きたいという答えが返ってきました。しかし、サイエンスドームは既に 2 回行っており、新たなスポットも開拓したいので、同様に科学博物館であるさいたま市青少年宇宙科学館へ行きました。

駒場運動公園の駐車場から向かうと、プラネタリウムの大きなドームが目に入ってきます。館内に入ると、体験できる展示が満載。実際のコックピットを模したフライトシミュレータや音の波でビーズが振動するオルガンは、今まで行ったことのある博物館にはなかったので、とても興味深いものがありました。

また、天体望遠鏡や隕石、巨大な星座盤など、文字通り「宇宙科学」にフォーカスした展示が多いのも特色です。サイエンスドーム八王子と共通する展示もありますが、一味違ったアプローチが見られるため、それぞれに別の良さが感じられます。

プラネタリウムにおいては、宇宙ステーションや土星の輪に接近する映像に臨場感があり、特に印象に残りました。やはり、ポケモン等のキャラクター上映よりも、プラネタリウムの機能を最大限に活かした映像の方が、子供たちの心にも残ると思います。

サイエンス ショーでは真空状態において水風船やマシュマロが大きくなったり、液体窒素で冷やした薔薇やボールを割って見せるといった見せ場があり、子供たちは大喜び。また、「いつもより多めに入れております。」と、どこかで聞いたことのある台詞も。楽しいトークを絡めながら、観客のリアクションとの一体感で、まさにライブでした。

プラネタリウムだけは別途料金がかかりますが、入場料も含めて展示や催しがすべて無料なのは非常にありがたいです。館内での飲食はできませんが、お弁当を持参すれば休憩室である「ふれあい広場」でお昼ごはんを食べることができます。

|

« フリマ中止 | トップページ | 国道 463 号 »

旅行・地域」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

コメントする場所が違っててすみません
が、武蔵小金井周辺の情報を楽天ブログ
で書いてます。

昔住んでたとかであれば、懐かしい風景
とかでてくるかもなので、良かったら
見てください。

さいたま市はほとんど行ったことが
ありません。
御茶ノ水にあった鉄道博物館が大宮に
移動したので、見に行きたかったのですが、
子供がすでに興味を失っていく機会を
逃してしまいました。

よろしくお願いします。

投稿: kait1961 | 2009年5月18日 (月) 15時08分

> kait1961 さん

コメントありがとうございます。
昔の武蔵小金井は分かりませんが、非常に興味がありますので、是非、ゆっくり拝見させていただきたいと思います。

投稿: ぱるめざん | 2009年5月18日 (月) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139825/45047808

この記事へのトラックバック一覧です: さいたま市青少年宇宙科学館:

« フリマ中止 | トップページ | 国道 463 号 »