« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

学校公開週間

本日から、長女が通う小学校における学校公開週間が始まりました。特定の時限が指定された授業参観とは異なり、期間中は好きな時間帯に学校生活の様子を見られるので、父兄にとってはありがたいことです。その反面、約一週間に渡り父兄に晒され続ける先生方は大変だと思います。

1 時限目は室内体育。準備運動にはじまり、縄跳びとマット運動というメニュー。意外に思ったのは、有害性が指摘されて以降、禁止が呼び掛けられているウサギ跳びが項目に含まれていたこと。ただし、長女はウサギ跳びというよりも、地面に手を付いていたのでカエル跳びという感じでした・・・。

2 時限目は学年全体での国語の授業。先生が選んだ絵本を読み聞かせるという内容です。学年全体を見渡すと、集中力の持続する児童と持続しない児童にはっきり分かれます。今日は野菜にまつわる絵本が紹介され、面白おかしく語って児童の気持ちを惹き込む主任クラスの先生の実力が際立ちました。

3 時限目は生活の授業で、個々の児童におすすめの場所を紹介させるというもの。黒板に学区の地図が貼り出され、一人ひとりが前へ出て、予め書いた公園やお店等の紹介文を発表していました。地図が念頭に無い児童にとっては、少々敷居が高い授業に感じられます。

なお、担任の先生は水泳の岩崎恭子似の新人で、教師としてはヨチヨチ歩き感が否めず、見ているだけでも非常に不安でしたが、何とか 1 年間頑張ってもらいたいと願っています。

4 時限目は専門の先生による漢字の授業でした。教わった漢字を使って文を書く課題では、一生懸命文を考え過ぎてなかなか書けない児童や、例に書かれた文をそのまま書いている児童、まったく関連性のない文を書いて訂正を促される児童など様々。

学校公開週間ならではの魅力は、給食の様子が見られること。日曜日の特別メニューはチキン カレーにサラダにメロンでした。とてもおいしそうでしたが、量は少なそう。2 年生にとってはちょうど良い量なのかもしれませんが、自分が小学生の頃に見た食缶等は、もっと大きかった気がします。もしかしたら、同じ物を今見たら小さく見えるのかもしれません。

牛乳は牛乳瓶で提供されるものの、紙蓋ではなくプラスチックのキャップ。スプーンは先割れスプーンではありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

管理組合の総会

夜はマンションの管理組合の総会に出席しました。例年は休日の午前中に行われるのですが、場所が確保できなかったため、夜間の開催になったとのことです。

今回の総会では、各戸に割り当てられている駐車場の権利を巡り、議会は紛糾。20:00 過ぎに終了する予定が、22:00 過ぎにまで縺れ込みました。妻の判断で子供たちを伴わず単身で出席して正解でした。

400 戸近くが居住し、個々の利益を尊重するための結論を出すのはなかなか大変なことですが、出席者は関心があるからこそ論議を交わせるのであり、問題はむしろ委任状のみを提出して議決を茶番化している無関心な住民の側にあるのではないか?と感じました。

長丁場で、参加するだけでも大変な総会でしたが、それぞれの住民が居住環境に対して抱いている熱い思いを知る、大変良い機会になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月29日 (金)

10/12

09052901ゴールデンウィークに夕やけ小やけふれあいの里で捕まえた 12 匹のどじょうのうち、現時点で 10 匹が生き残っています。

昨年は 1 匹だけ捕まえたどじょうが 10 日程度で死んでしまったため、僅かな期間しか飼育できませんでしたが、今年は大半のどじょうが元気な状態で 6 月を迎えようとしています。

どじょうは、表情を見ているだけで気持ちが和みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

溶蓮菌感染症

おたふく風邪だと確信していた長男でしたが、水曜日の診察の結果、溶蓮菌に感染していることが判明しました。頬の痛みは、リンパ筋の腫れによるものだそうです。なお、長男が溶蓮菌に感染するのは昨年の 12 月以来。長らく感染しておらず安心していましたが、年中に進級してしばらくした 5 月末に再びです。

振り返ると日曜日に微熱があり、月曜日には腹痛を訴え、火曜日にはお風呂で嘔吐したりしていたので、それらも溶蓮菌による症状だったのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

おたふく?

火曜日の夜、長男が発熱し、片側の頬が痛いと訴えていたので、おたふく風邪の可能性をまず疑いました。

ちなみに、我が家では長女と長男、そして私がワクチンのみで、おたふく風邪自体は未経験。妻のみが経験者です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

不意打ちの雨

月曜日の朝、家を出る時点では降っているかいないか分からない程度の霧雨で、予報でも天気は回復する方向だったので、何の躊躇も無く自転車で出発。

ところが、通勤経路の半分ぐらいを過ぎた段階で次第に雨脚が強まり、到着することには本降りとなり、かなりびしょ濡れの状態になりました。

この日は他の自転車通勤の人にとっても、電車通勤の人にとっても不意打ちの雨だったようで、服や髪の毛を濡らした人が多く見受けられました。

私は PC に負荷をかけて熱風を発生させることで暖をとり、急場を凌ぎました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

部屋のトレード

日曜日は長女の喘息対策のため、長女の部屋として使用している和室と寝室として使用している洋室を入れ替えました。六畳の部屋同士の入れ替えとなるので、引越しに匹敵する荷物の量です。ほぼ半日を費やしました。

引越しの際にも感じたことですが、必要だと思って保有していても、実際に使っていない物の多いこと多いこと。今後は子供の成長と共に益々使わなくなる可能性の方が高いので、そろそろ決断の時かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

長女のベッド

09052302土曜日の午後は、長女の喘息対策のため、丸洗いできる布団やベッドを購入しました。

早速昨晩から長女をベッドの上で寝かせてみましたが、普段から寝相の悪い長女は、寝てから 2 時間も経たないうちに転げ落ちていました。しかも、今朝長女にそのことを話すと、本人は全く記憶にないそうです。非常に先が思いやられます。

ベッドガードを取り付けることを決めました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月23日 (土)

保育参観@幼稚園

09052301長男の幼稚園における保育参観でした。平日の保育参観とは別枠で、休日にしか行けない父兄が対象です。非常にありがたい機会です。

園内にいられるのは一時間程度でしたが、前半は教室で小さな木片、マッチ棒、カボチャの種等を使って創作する授業、後半はホールでマットレスの上を転がる授業でした。

それぞれ単純な教育アイテムを用いた授業でしたが、個々の園児が年中なりの発想で一生懸命考えて、異なる個性を出していたのが興味深かったです。

園内では撮影できないので、画像は登園時の様子です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

西武園の招待券

09052201先月長男と参加した西武鉄道のケロロ軍曹スタンプラリーで獲得した抽選ハガキを応募したところ、西武園ゆうえんち入園招待券 (のりもの券付き) 2 枚が当選しました。

せっかく当たった招待券ですが、長女の喘息への影響が心配なので、新型インフルエンザが収束するまでは見合わせるつもりです。券の期限は 8 月 31 日まで。夏休みが終わる頃までに行ければとは思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

喘息

長女が気管支喘息であるということが判明しました。生活環境の根本的な見直しを迫られています。

喘息のことが説明された冊子には数多くの禁止事項や注意事項が書かれていますが、すべてを遵守しようとすると、恐らく何もできなくなるでしょう。

症状と必要な対策を特定し、できることから取り組んでいくつもりです。まずは週末に長女の部屋を和室から洋室へ移動し、ベッドで寝かせることから始めます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

マスク着用率

普段は自転車通勤で、新型インフルエンザの上陸により益々公共交通機関の利用を避けたいのですが、どうしても仕事で都心へ行く際には乗らざるを得ないのが実情です。

車内でマスクを着用している人の数を数えてみると、私が見た限りではだいたい四分の一程度。乗務員は運転手が着用し、車掌が未着用という状況です。関東で感染が確認されていないためか、それほど緊張感がないことを物語っています。

会社では出張等の自粛勧告が出ているとはいえ、普通に関西からの出張帰りの人がいたりする状況ですから、関東で広がるのも時間の問題ではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

国道 463 号

日曜日にさいたま市青少年宇宙科学館へ行った際、今後大いに活用できると思ったのが、埼玉県を東西に結ぶ国道 463 号線。4 車線区間が多く、所沢 - さいたま間を 1 時間以内で移動できます。

小平の自宅から車で埼玉県東部へ行くのは "旅" という先入観がありましたが、これで気軽に行ける部類に入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

さいたま市青少年宇宙科学館

091017010910170209101703091017040910170509101706091017070910170809101709091017100910171109101712091017130910171409101715

昨日は出店を予定していたフリーマーケットが雨のため中止になったので、気を取り直して子供たちにどこへ行きたいか尋ねたところ、サイエンスドーム八王子へ行きたいという答えが返ってきました。しかし、サイエンスドームは既に 2 回行っており、新たなスポットも開拓したいので、同様に科学博物館であるさいたま市青少年宇宙科学館へ行きました。

駒場運動公園の駐車場から向かうと、プラネタリウムの大きなドームが目に入ってきます。館内に入ると、体験できる展示が満載。実際のコックピットを模したフライトシミュレータや音の波でビーズが振動するオルガンは、今まで行ったことのある博物館にはなかったので、とても興味深いものがありました。

また、天体望遠鏡や隕石、巨大な星座盤など、文字通り「宇宙科学」にフォーカスした展示が多いのも特色です。サイエンスドーム八王子と共通する展示もありますが、一味違ったアプローチが見られるため、それぞれに別の良さが感じられます。

プラネタリウムにおいては、宇宙ステーションや土星の輪に接近する映像に臨場感があり、特に印象に残りました。やはり、ポケモン等のキャラクター上映よりも、プラネタリウムの機能を最大限に活かした映像の方が、子供たちの心にも残ると思います。

サイエンス ショーでは真空状態において水風船やマシュマロが大きくなったり、液体窒素で冷やした薔薇やボールを割って見せるといった見せ場があり、子供たちは大喜び。また、「いつもより多めに入れております。」と、どこかで聞いたことのある台詞も。楽しいトークを絡めながら、観客のリアクションとの一体感で、まさにライブでした。

プラネタリウムだけは別途料金がかかりますが、入場料も含めて展示や催しがすべて無料なのは非常にありがたいです。館内での飲食はできませんが、お弁当を持参すれば休憩室である「ふれあい広場」でお昼ごはんを食べることができます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

フリマ中止

朝、雨は上がったものの、フリーマーケット会場となる近所の教習所に行くと、雨のため中止との張り紙が。

せっかく準備をしたのに残念ですが、売ろうと思っていたデバイスの動作確認等で不用品の整理をする機会にはなりました。また、今回の準備実績が、今後フリマに参加する際に活かせると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

フリマ準備

近所の自動車教習所で毎年 2 回開催されるフリーマーケットに明日出店できることになったので、本日はその準備に費やしました。予報では雨と報じられていますが、開催される可能性がある限りは、準備を進めなければなりません。

09051601段ボール集めからお釣りの用意、価格ラベルの作成に至るまで、色々と準備項目があります。でも、商売ではなく、道楽的なスタンスなので、結構楽しみながら作業を進めることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

架線柱

09051501西武多摩川線 (東京都府中市) にて。

控え柱が添えられた架線柱は時々見かけますが、この架線柱の場合、控え柱が本体を遥かに凌いでいるため一際目を惹きます。明らかに、一線分近くの幅があります。

「支え」以外の役割があるのではないかと、思えてなりません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

ヤマモモ

09051401武蔵野公園 (東京都小金井市) にて。

小金井新橋近くの木は、特に沢山実を付けています。どこかのサイトで「食べ放題」と表現していましたが、この木を見ると実感。

ちなみに、ヤマモモは保存ができないので、商品として流通しないのだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

気温差

朝は汗ばむぐらいの暑さなので調子に乗って半袖で一枚で出かけたところ、帰宅時は震えるような寒さ。日中と夜間の気温差は、10 度以上あると思います。

半袖への完全な切り替えは、まだ早かったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

東京タワー

09051201札の辻 (東京都港区) にて。

仕事で近くを通ることはあっても、子どもの頃に昇って以来、ずっとご無沙汰です。

日本一の高さを誇っている間に、一度は家族で昇ってみたいと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

最中

0905110109051102土日を通じて子どもたちと公園に行くことが多かったせいか、よく目にしました。「いじめているのかなぁ?」と言って離れさせようとする長男を静止する際、正しい説明ができたかどうかは疑問です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

母の日

090510010905100209051003090510040905100509051006090510070905100809051009

我が家の母の日は、両家の母親にカーネーションを手配して、家族ではファミレスで食事をするのが慣例。昨年までは父親として、子どもたちから妻へのプレゼントをサポートする役目もありましたが、今年は子どもたちだけで既に準備していました。父親としての役割が一つ減って寂しいような、嬉しいような複雑な気持ちです。

今回選んだファミレスは、近所のグラッチェ ガーデンズ。近所だと歩いて行けるので、飲めるのが有難いです。ここは一昨年の母の日に夕食で訪れたバーミヤンだったところです。最近、同じすかいらーく系列のグラッチェ ガーデンズに衣替えしました。

子どもたちはお子様メニューを完全にスルー。姉弟で競うように大人用のピザを頼んでいました。私も負けじと、通常サイズでは足りなそうなので、L サイズのパスタを注文。ところが、登場したのは倍以上の量でした。値段が倍なので疑問に思っていましたが、現物を見て納得しました。一人前としてはあまりにも多いので、パルメザン チーズを 1 本使い切ることができず。ぱるめざんを名乗る上では、非常に不服です。

テーブルには一時、物凄い量のお皿が並びましたが、4 人で綺麗に完食。長男はさすがにピザ 1 枚を食べきることはできませんでしたが、長女は 1 枚を食べきって、さらにデザートも食べられそうな勢いがありました。末恐ろしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

流水開始

0905090109050902 5 月に入ったタイミングからなのか、近所のけやき公園における流水が開始されました。

かつて長女が滝壷に落ちたのも、この流水です。今日は早速、長男が片足を滑らせて着水し、靴がびしょびしょに。でも、気にせず遊び続けていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

長男のレッスンに付き添い

0905080109050802長女の小学校における PTA 総会と、長男の音楽教室における新しいコースの初日がが重なったため、妻は小学校へ行き、私は休暇を取得してレッスンへ付き添うことに。ゴールデンウィーク期間中だったので、休暇が取得しやすかった背景があります。

かつて長女のレッスンに付き添ったことはありましたが、長男のレッスンに付き添うのは今回が初めて。どんな感じか興味深いものがありましたが、レッスン開始後の自己紹介で先生の「今日は誰と来ましたか?」の問いに対し、「お父さんと。」と迷わず返答。普段「パパ」としか呼ばないので、一瞬驚きました。レッスン中は終始大人しく、家での姿とは違う「外面」の良さを実感した形です。

新しい先生も、ソルフェージュとリズム感に関しては申し分ないので、とりあえず安心しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

武蔵岩井駅跡

090505115 日に日の出町へ行った際、少しだけ立ち寄ったのが五日市線岩井支線の武蔵岩井駅跡。屋根付きのホームだけが残されており、現在は太平洋セメントの従業員用の駐輪場として使用されているそうです。

せっかく良い状態で残されているのですから、東京都や日の出町が買い取って道の駅的な施設に整備し、つるつる温泉行きの SL バスがホームに横付けするなどして雰囲気を演出すれば、観光資源として有効利用できると思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

連休最終日

090506011 歳 6 ヶ月の姪が熱性痙攣で入院したため、見舞いに阿佐ヶ谷の病院へ。妻と小学生の長女のみ面会しましたが、大変な泣きようで、ほとんど顔を合わせることはできなかったとのことです。幼児にとっては過酷な精密検査の連続だったので、無理もないでしょう。激しい痙攣を目の当たりにした母である義妹や居合わせた義父母の気持ちは計り知れません。

姪の兄に当たる甥は、妹の緊急事態に際しても気丈に頑張っていましたが、家に閉じこまざるを得ないこともあり、ストレスが溜まっている様子は否めず。病院で面会後に皆で遊べたので、束の間の息抜きになったのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

こどもの日

連休 4 日目のこどもの日は、雨という予報だったので室内のレジャー スポットを求めて「イオンモール日の出」へ。イオンモールは武蔵村山が最寄ですが、島嶼を除く東京都の市区町村で唯一通ったことすらない市区町村が日の出町だったので、日の出町のイオンモールを選びました。そういう意味では、非常に意義深いものがあります。

0905050109050502日の出町は森林が多く、静かな町並み。でも、イオンモールの広い店内は人で溢れており、FOOD COURT における昼食の場所取にも苦労するほどでした。現代における大規模ショッピング モールの優位性を実感しました。なお、子どもたちはハンバーガーをそれぞれ普通に 2 個は完食。もはや、マクドナルドのハッピー セットでは足りません。

0905050309050504夜は長男の希望で自宅で手巻き寿司。そして、恒例の菖蒲湯でこどもの日を締めくくりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

里山民家

090504010905040209050403090504040905040509050406090504070905040809050409090504100905041109050412090504130905041409050415

連休 3 日目は武蔵村山市内の野山北・六道山公園にある里山民家へ行ってきました。青梅街道から路地に入り砂利道を経ると、突然田園風景が広がります。

今日明日は「里山春祭り」が開催中で、竹トンボやつるかご、「里山こいのぼり」等を作れたり、公園内で収穫されたお米で作ったお餅が振舞われたりしていました。

田んぼの周りの水路にはザリガニなどの水中生物が多く生息しています。長男がザリガニを捕まえてから間もなくして脱皮するという場面にも遭遇しました。子どもたちは自然の営みを直に感じることができたと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

どじょうつかみ

090503010905030209050303090503040905030509050306090503070905030809050309090503100905031109050312090503130905031409050315

連休 2 日目は、昨年の連休に引き続き八王子上恩方町のレクリエーション施設「夕やけ小やけふれあいの里」に行ってきました。夕やけ小やけふれあいの里では 5 月 3 日から 6 日まで新緑祭が開催されており、期間中は「どじょうつかみ」をはじめとするイベントが楽しめます。長女以外は、どじょうつかみが主な目的です。今回は 2 回目ということもあり、着替えや水槽などで準備は万端。どじょうを沢山捕まえる気満々です。

泥に入りたくない長女はクローバー摘みに興じながら撮影を担当する姿勢でいたため、まず午前の部で長男と妻と私でチャレンジすることに。ところが、どじょうつかみを開始する前の説明でカエルもいるということが判明し、妻も泥に入ることを見合わせ。長男と私だけで入りました。

長男と私が楽しそうにどじょうを捕まえていると、長女も自分もやってみたいという気持ちが高まってきたようで参戦することに。また、ミミズやアメンボ、ミズカマキリなどの生き物が見られるものの、カエルはいなかったので、午後の部では妻と長女、長男が参戦。泥を嫌がっていたのが嘘のように、最終的に体中泥んこになってどじょうつかみに没頭していました。結果的に、一人当たりの上限である 3 匹を以上を捕まえ、家族 4 人で計 12 匹を持ち帰りました。

09050316どじょうつかみでほとんどの時間を費やしてしまったため、他の施設はほとんど廻れず。それでも、昨年できなかった川遊びができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

武蔵野の森公園

090502010905020209050203090502040905020509050206090502070905020809050209090502100905021109050212090502130905021409050215

家族で武蔵野の森公園へ行ってきました。調布市、三鷹市、府中市に跨る一帯に広がっていた調布基地の跡地にあり、地元が滑走路の都営空港化を受け入れる見返りとして都が整備した、比較的新しい公園です。

調布飛行場を囲む形で整備されているので、非常に広大な敷地で、北端から南端までの距離は 1 km 以上に及びます。大芝生広場や池、サッカー場、各都道府県の石が並べられた「ふるさとの丘」等で構成され、何といっても調布飛行場が一望できるのが魅力です。

元々軍用空港として開設された場所であるため、戦時の面影も残っています。航空機を敵の攻撃から守るための格納庫である「掩体壕」と、飛行場の周りから水が進入するのを防いだりするために建設された「玉石張りの水路」です。平和の象徴である公園において子どもたちに特に見せたかったのが、これらの遺構です。

公園にいる間、頭上を民間機が何度も離着陸していましたが、再び戦闘機が飛び交うような世の中になってほしくないと、子どもたちが思うよう願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

屋根より低い

09043002こいのぼりを、今年も掲げました。

建物の高層化に伴い、「屋根より高い~」を実現することは、難しい情勢になってきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »