« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

お誕生会@幼稚園

09043001長男の幼稚園におけるお誕生会に出席してきました。かつて長女が杉並の幼稚園に通っていた頃は、年少年中の時にお誕生会に出席することができましたが、小平に転居後の幼稚園では、長女の年長および長男の年少におけるお誕生会は仕事の都合で出席を逃していたので、久々の機会となります。今年は連休中日ということもあり休暇が取得し易い状況だったことが幸いしました。

話には聞いていましたが、園内のホールに入ると祝われる園児がベールを被って会の開始に際して座って待機中。撮影が禁止されていたので画像はありませんが、インド風の民族衣装のようなベールです。その後の先生のお話を聞くと、赤ちゃんとして生まれる前の妖精の姿をイメージした衣装だと思います。

先生のお話は、自分の子が生まれてくれたことに対して感謝する気持ちにさせてくれます。その気持ちは常に持ち続けなければいけないことですが、特にこういう機会に再認識できます。保護者にとっても、とても良い会だと思いました。

年中に上がって初めて園内に入る機会でもありましたが、長男も長男の同級生も皆、年少の幼さから脱皮。一定の成長が見られました。男女問わず上半身裸で過ごしている園児が見られるなど、子どもの逞しさが感じられる一面も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

Flower Festival 2009

090429010904290209042903090429040904290509042906090429070904290809042909090429100904291109042912090429130904291409042915

昭和の日は無料開放日ということで、Flower Festival 2009 が開催中の立川の国営昭和記念公園へ行ってきました。毎度のことながら、無料開放日は大変な人出です。春に昭和記念公園へ行くのは初めてですが、ポピーやネモフィラをはじめ、春の花が沢山咲いています。

今回は公園の中でも廻ったことのないゾーンを中心に廻ったので、公園の別の顔を見つけることができました。特に「こどもの森」周辺は「虹のハンモック」や「霧の森」、「雲の海」など、子供たちの遊び心を鷲掴みにする施設が満載。一つ一つの施設を隈なく廻れば、一日では遊びきれない内容だと思います。

遊戯施設とは対照的に日本庭園のゾーンがあったりと、幅広い年齢層で楽しむことができる工夫が感じられます。全体を廻ろうと思っていましたが、時間の関係で砂川口方面の「こもれびの里」は廻れませんでした。「こもれびの里」は秋にコスモスが咲くので、また改めて訪れたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

LCD-AD191X3

09042621自宅のデスクトップ PC 用の新しい 19 インチ ワイド液晶ディスプレイです。先週、5 年以上使い続けた液晶ディスプレイが壊れたので買い換えました。PC DEPOT で 16,700 円です。

バックライトの交換とういう選択肢もありますが、かつて使用していたノート PC の液晶が壊れた際、バックライトの交換だけでも修理費で 15,000 円以上かかったので、最近では買い換えた方が早いという結論に達してしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

大沢の里のこいのぼり

09042701三鷹市大沢の里のこいのぼりが、今年も掲揚されていました。

我が家のこいのぼりは、土日に出しそびれてしまったので、次の休みの日には出したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

国分寺ふくしまつり

090426010904260209042603090426040904260509042606090426070904260809042609090426100904261109042612

近所の「けやき公園」で毎年開催される「国分寺ふくしまつり」に家族で行ってきました。「けやき公園」は小平市の南端に位置しても国分寺市立という奇妙な立地。車で遠路遥々来場するという国分寺市民の方々も多いようです。小平市民なのに徒歩で参加できるのが、何だか申し訳ない気がしました。なお、昨年は 6 月上旬の開催だったので、今年は 1 ヶ月以上早まったことになります。前日は夜遅くまで雨だったので、野外展示や模擬店の準備は大変だったことでしょう。

お祭りの内容は、福祉施設や関係団体が交流し「福祉」がより身近になることを目的とした展示や催しで構成されています。ヤッターマンのショーやスタンプラリー等もあり、普段静かな公園と同じ場所とは思えない盛況振り。特に、綿菓子と「ふれあい動物ランド」が人気で、綿菓子は長蛇の行列で、動物ランドは整理券すら入手が困難な状況のため、諦めざるを得ませんでした。

ちなみにヤッターマンの基地は国分寺市に存在するという縁があるそうですが、そもそも、基地が国分寺なのは、タツノコプロの本社が国分寺市南町にあることが由来でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

24 ヶ月点検

09042501車の 24 ヶ月定期点検のため、杉並のディーラーへ。ほとんど休日にしか乗らないため、走行距離は 6,000 km 足らずです。そのため、今回も特に異常は見つからず、オイルや消耗品の交換と、タイヤのローテーション程度でした。

不景気のため、ディーラーの売れ行きは厳しいようで、エコカーの売り込みをされたりもしましたが、こちらも余裕は無いので「音が静かなんですよね~。」とか言って、軽く受け流しておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

ドイトの跡地にコーナン

09042401先月閉店したドイト小平店の跡地には、5 月 2 日 (土) にコーナンがオープンするそうです。

既に看板が掲げられていました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

自転車道

0904230109042302武蔵境駅と東八道路を結ぶ「かえで通り」の井口郵便局前交差点付近から東野住宅交差点付近に、自転車道ができていました。かつての停車帯のスペースを流用した形です。自動車と歩行者の間で肩身の狭かった自転車に、ようやく目が向けられた気がいたします。

武蔵境通りも拡幅時に広い自転車道が整備されたので、今後もこの取り組みが広まって欲しいと願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

勉強机のカスタマイズ 2

080427030805120209041811

当初は成長に合わせて徐々に桁上げしていくつもりだった長女の机ですが、子供の成長のペースは思っていた以上に早く、2 年生になった段階で当初の高さの 2 倍に桁上げせざるを得なくなりました。

09041812土曜日の自宅の定期補修の合間に新しい椅子を購入。机の板を購入した時と同じく、新しい椅子も駐車場から自宅まで、長女自身が運びました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

都立野山北・六道山公園

090419310904193209041933090419340904193509041936090419370904193809041939

そもそも、野山北公園・六道山公園、野山北公園、六道山公園と、それぞれの定義が曖昧なので整理してみました。

まず、東大和市・武蔵村山市・西多摩郡瑞穂町に広がる都立狭山自然公園があります。その中に、野山北・六道山公園や東大和公園、狭山公園や八国山緑地があり、さらに野山北・六道山公園の中に武蔵村山市立野山公園や瑞穂町立六道山公園、あそびの森や冒険の森、里山民家や石畑公園等があります。公園の中の公園の中に公園ということで、考えれば考えるほどわけがわかりません。

規模は違いますが、野川や善福寺川沿いのまとまった緑地帯に、前者は野川公園と武蔵野公園が、後者は善福寺川緑地公園と和田堀公園が分かれて存在するのと同じような括りで解釈しています。

理屈は抜きにして、都会から近い場所に広大な森林が存在する恩恵は大きいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

六道山公園

090419210904192209041923090419240904192509041926090419270904192809041929    

日曜日は野山北・六道山公園 冒険の森で遊んでお弁当を食べた後、山道を延々と歩いて西へ。西多摩郡瑞穂町に入り、六道山公園に到着しました。

小高い丘にあり芝生が広がっています。太陽の下、芝生の上で大の字になって寝転ぶと、非常に気持ちが良いです。そして、この公園のメインは、何と言っても展望台。デザインやレンガの壁面が、要塞的な雰囲気を醸し出しています。

360 度の景色が望め、関東の富士見 100 景にも選ばれているとのことです。この日は残念ながら靄がかかっていたので富士山を見ることはできませんでしたが、多摩地域を広範囲に眺めることができました。

野山北・六道山公園のパンフレットを参照すると駐車場の表記がなかったので武蔵村山の野山北駐車場に車を停めて往復 5 Km 以上歩きましたが、現地に到着すると実際には小規模ながら駐車スペースがあることが判明。でも、車で簡単に辿りつくよりも、山道を歩く方が楽しめると思います。翌朝に疲れが残ることを考慮しなければ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

野山北・六道山公園 冒険の森

090419010904190209041903090419040904190509041906090419070904190809041909090419100904191109041912

武蔵村山の野山北・六道山公園へ行ってきました。広大な公園の中で、今回初めて訪れたのは、冒険の森。隣接するあそびの森と同じく各種アスレチックで遊べるのに加えて、8 メートルの高さの観察展望デッキがあり、森林の中を高いところから楽しめます。

手すりやロープ等を除いて遊具からベンチ、テーブルやトイレに至るまで基本的に木製。まだ新しいこともあり非常に綺麗な施設です。

なお、公園の入口付近に「かたくりミニ牧場」があるという情報を得て、こちらにも行ってみようと思っていましたが、無くなってしまったようです。残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

2 ヶ年定期補修

0904180109041802午前中は自宅の定期補修でした。入居して 2 年になるので、アフターサービスにより補修をしてもらえる最後の機会になります。

2 年も経つと色々と要補修箇所が発生するものです。サッシの鍵がキツくなったり、壁に若干のひび割れが見られたり、襖に隙間ができたり、台所の収納の扉が閉まり難くなったり・・・。

いずれも、アフターサービスだからこそ補修をお願いするレベルの症状ですが、壁の補修に関しては、壁紙の全面的な張替えになるので、家具を撤去したり養生をしたりと、大掛かりな作業になりました。

補修作業自体はお昼までに完了したものの、片付けや付随する清掃も含めると、作業が終わったのは夜。大掃除をするための、良いきっかけにはなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

2 ヶ月振りに

久々の武蔵野ファンクのリハでした。2 月のライブ以来、2 ヶ月振りにトロンボーンを吹いたことになります。

その間、まったく練習をしていなかったわけではなく、マウスピースのみでの練習は続けていました。マウスピースを唇に押し付ける悪い癖が定着しており、長時間の演奏に耐えられない弱点があったので、ほぼ毎日アンブシュアの矯正にチャレンジ。マウスピースで鳴らす限りは、手応えを感じるられる域に達していました。

マウスピースを楽器に装着すると、どうしても以前の癖が少なからず戻ってしまいますが、意識的にアンブシュアを形成すれば、持久力が向上していることを感じられます。長年蓄積された癖を矯正するためには、しばらく時間がかかりそうですが、練習の方向性は正しいと確信が持てたので、もう少し継続します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

牛丼と豚丼

最近では当たり前のようにデフォルトが牛丼に戻ったと思います。従業員への逆告訴で騒がれている「すき家」は豚丼を廃止するらしいですが、吉野家は需要があるので販売を継続する模様です。個人的には、時々気分転換で豚丼を食べたくもなりますので、コストを考慮しなければ、継続が正しい選択だと感じています。

09041601画像は吉野家におけるカロリーやアレルギー成分の一覧。牛丼と豚丼は大盛でカロリーを揃えているのが分かりますが、なぜか並盛と特盛では、いずれも牛丼の方がカロリーが高くなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

豊洲

0904140109041402昨日、仕事で豊洲へ。

ゆりかごめの途切れ具合といい、線路が敷設されていない有楽町線の分岐線用中線といい、非常な中途半端な印象を受けます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

自転車練習 玉川上水編

0904121109041212日曜日の午後は、長女の自転車練習。大分スピードが出せるようになったので、私も自転車で伴いました。近所の公園でしばらく練習して、適切にブレーキをかけられるようになってきたので、玉川上水を走りました。

公園での練習も含めて、合計で 8 Km 以上は走ったのではないかと思います。玉川上水に架かる各橋が、今後の自転車練習における到達点になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

復刻堂 ウルトラサイダー

090412010904120209041203

長男が販売機で見つける度に欲しがる、ウルトラ シリーズをイメージしたデザインのサイダーです。

ダイドードリンコのサイトによると、容器正面は 6 種類、裏面は 21 種類あるそうです。「時代を超えて親子で楽しめる炭酸飲料」と謳っていますが、販売機のボタンはどう考えても子供が押せる位置ではありませんでした。

長男はチビチビ飲みますが、そもそも、炭酸飲料は子供には少々キツイ気がいたします。ターゲットは、恐らく大人でしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

多摩川の上流

090411210904112209041123090411240904112509041126

土曜日は奥多摩湖の大麦代駐車場を出て、青梅街道 (大菩薩ライン) をもう少し西進して湖の全体像を見てから帰宅しようと思っていましたが、綺麗な景色に心を奪われながら走行するうちに山梨県丹波山村 (たばやまむら) に入っていました。

ダム湖なので湖の境目が定かではないというのも理由の一つですが、どんどん先へ行ってみたいという心理が働いたのも事実です。ちなみに、私は山梨県出身ですが、丹波山村に行ったことはありませんでした。それだけ、丹波山は山梨県内でも辺境の地にあります。

折り返し地点を模索していると、「道の駅たばやま」が 8 km 先にあるという看板が目に入ったので、そこで休憩して帰路につくことにしました。車の量が少なく、信号もほとんど無いので、8 km 程度の距離はすぐに移動できてしまいます。

ところが、進んでも進んでも道の駅が見えてきません。不安に思っていると、甲州市 (旧塩山市) に達していました。ナビで自宅までの経路を調べると、中央道を経由した方が早いという結果が出たので、ここで打ちどめることを決意。柳沢川で、子供たちは少しだけ水遊びをしました。多摩川の奥多摩湖以西は丹波川 (たばがわ)、一之瀬川と変遷し、柳沢川はその支流に当たります。

奥多摩湖の大麦代展望台と同様、こちらも後で分かったのですが、道の駅は 4 月 22 日にオープンする "予定" とのことでした。気の早い看板のお蔭で、奥地に誘われた形です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

奥多摩湖みはらしの丘

090411010904110209041103090411040904110509041106090411070904110809041109090411100904111109041112

桜の見ごろを求めて、特にリサーチもせず青梅街道をひたすら西へ。8 時過ぎに出発し、渋滞が全く無かったので、11 時過ぎには奥多摩湖まで達しました。

大麦代駐車場に車を停め、湖畔を歩いたり、妻が用意したお弁当を食べたり、みはらしの丘を散策したりしました。目的の桜は、決して本数は多くないものの、ちょうど見ごろを迎えており、湖の景色と相まって綺麗な眺めでした。

みはらしの丘は、桜の苗木をシカから守る目的で登山道の入口に柵が設けられており、熊出没注意の看板も随所に見られました。野生の動物が出没するという現実が伝わって参ります。

登山道はコンクリートや木で "一応" 整備はされているものの、フェンスや手すりなどの安全対策はほとんどありません。足を踏み外すと、麓まで転げ落ちる危険性があり、非常にスリルがあります。また、駐車場から登山道の入口への横断歩道すらありません。登山道の案内標識も、非常に分かり辛い表記でした。

後で分かったのですが、かつては大麦代展望台という展望施設があったものの、現在はなくなっているとのこと。どうりで、整備が行き届いていないわけです。

奥多摩湖においては、展望台のほか、ロープウェイが廃止されたり、西武鉄道が小河内ダム工事専用線の旅客化を断念したりと、イマイチ観光地として振るわない側面があります。原因としては、同じ人造湖でも相模湖のように湖辺に入れないことや、遊覧船や釣り船の航行ができないこと等が挙げられますが、逆に、静かな湖面が幻想的な美しさを演出しており、また、混雑せず落ち着いて楽しめるので、個人的には好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

JM Live in '58

ジャズ アイコンズ シリーズで DVD 化された Art Baleky & The Jazz Messengers のベルギーにおける 1958 年のライブです。在団期間が短かった Benny Golson が音楽監督時代の動く画像が観られるだけで、まず感動します。Blue Note の Moanin' や RCA の Club Saint-Germain, Fontana の Paris Olympia 等と同じ顔ぶれです。

Horace Silver が抜けて統率がとれなくなって低迷していた JM を、Golson が上手にまとめ上げて蘇生させた様子を実感できます。各曲のカウントは Blakey ではなく、基本的に Golson。当時の JM が Golson に委ねられていたことを物語っています。

Blakey がテストを兼ねてかマイクに息を吹き込んで笑いを誘い、場を和ませます。「この曲のフィーチャーは・・・」と語りかけておいて、散々引っ張った挙句に「特に誰もフィーチャーしません。」という決まり文句も炸裂。Blakey は MC とドラムによる盛り上げ役としてのリーダー業に徹しています。

このブログのタイトルに採用させてもらっている Golson 作の Just By Myself がアップ テンポで演奏されているのが気持ちよく、続く Moanin' でも各メンバーのソロが光ります。Jymie Merritt が走り気味であることはライブならでは。Bobby Timmons が弾きながら発する声も、良く聞こえます。

I Remember Clifford では、作曲者だけあって Golson が最高のバッキングを聴かせてくれます。賛否両論はあるでしょうけれど、当時の Golson のテナーは、Ben Webster の流れを汲む男性的なテナーだと思います。

ハイ テンポの It's you, Or No One に続き、再び Golson の Whisper Not。ちなみに、このライブで演奏された Golson 作品がすべて Lee Morgan の Blue Note におけるリーダー作に収録されていることも、興味深いところです。

A Night In Tunisia は Shorter 時代とソロ順も含めて基本的に構成は同じであるのの、微妙にアレンジが違います。Club Saint-Germain でも聴けますが、後テーマにおける Golson のテープを逆回転させたようなバッキングも面白いです。そして、最後は The Theme で締めくくります。

映像ならではの楽しみとしては、Jymie Merritt のギョロ眼がはっきり分かるシーンや、Tunisia で Blakey の準備ができるまで、Golson が無造作にマラカスを振っている様子など。そして、背中を丸めた Lee Morgan と上向きの姿勢でほとんど動かないゴルソンのフロントがカッコ良いです。Golson はいいオヤジに見えますが、当時まだ 29 歳・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

09040901月曜日から長女が、水曜日から長男が、それぞれ進級して新学期を向かえ、生活のリズムも普段どおりに戻って参りました。

義父母から贈られた兜が、早くもリビングに登場。気分的には、既にゴールデンウィークに移りつつあります。こいのぼりも、そろそろベランダに出さなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

管制塔リニューアル

0903240109040801調布飛行場を通りかかると、管制塔の工事が完了していました。

見た目には、だいぶ綺麗になった印象です。

暖かい季節になったので、近々、隣接する武蔵野の森公園と併せて、再び家族で訪れたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

ライトアップ当日

090407010904070209040703

野川の桜がライトアップされました。

さすが、照明のプロによる仕事だと思います。

この綺麗さは、画像では到底伝えられません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

野川の桜ライトアップ

0904060109040602明日 (7 日) 18:00 から 21:00 まで、調布市内の野川の桜がライトアップされます。画像左は本日、無灯火の状態でシャッター スピードを遅くして撮影したので不自然な画ですが、実際は綺麗にライトアップされます。

京王線布田駅を下車して三鷹通りを北上し、野川に達したら榎橋から細田橋の区間を歩きながら堪能できます。

このライトアップ、自治体による企画ではなく、地元の株式会社アーク・システムのご厚意によるものだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

5 歳

040405010904050209040503090405040904050509040506090405070904050809040509090405100904051109040512

長男が 5 歳になりました。最初の画像は、出産日に撮影したものです。赤ちゃんの時から第二子ににありがちな甘え体質のまま育ってきましたが、この春から年中となり、幼稚園においても近所付き合いにおいても、少しはお兄ちゃんらしい振る舞いも発揮してもらいたいと願っています。

義父母からは科学特捜隊、ウルトラ警備隊、MAT 隊員が描かれた T シャツと怪獣「ガン Q」 のソフビ (ソフト ビニール) フィギュア、私からはウルトラセブン、ウルトラマン ジャック、エース、ウルトラの父、ウルトラの母のソフビ フィギア、妻からは別途ミニカー 2 台、長女からは自作による「5 さいのおんどく」というタイトルの、ひらがな音読練習テキスト、義妹夫妻からは lotto の靴、父母からはカニを食べたい長男の願いが通じたのか鱈場蟹という、それはそれは大変な数のプレゼント。皆に祝ってもらえることに感謝しなければなりません。

妻が用意したディナーは、長男の希望でチーズ フォンデュ。さらに鱈場蟹と長女が作ったケーキも食べて、お腹いっぱいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

ケロロ軍曹 春の西武スタンプラリー

090404010904040209040403090404040904040509040406090404070904040809040409090404100904041109040412090404130904041409040415090404160904041709040418090404190904042009040421

西武鉄道で毎年行われているケロロ軍曹のスタンプラリーに、長男と参加しました。本当は甥も連れて行く予定でしたが、前夜に発熱 (後にインフルエンザと判明) のため、今回は参戦中止。残念。

ひたすら電車で旅することはあっても、スタンプラリーは今回が初めて。時刻表を持たず、沿線スポットをゆっくり巡りながらスタンプを集めていこうというスタンスで臨みましたが、実施時間と定められている 9:30 から 17:00 の範囲で廻りきるのは、結構大変でした。

10:00 過ぎに国分寺駅でフリーパスとスタンプ帳を入手して出発。まず乗ったのは多摩湖線の旧塗装の 261F。幸先の良いスタートとばかりに、最初のスタンプ設置駅として下車した西武遊園地に滞在し過ぎてしまいました。

狭山自然公園での多摩湖の眺望の良さに時の経つのを忘れ、画像には収められませんでしたが、側溝で野生の狸を目撃したりと、完全に観光に没頭。スタンプラリー中であることを思い出して山口線に乗り、西武球場前で狭山線に乗り換え、所沢に到着した時点で既に 12:00 過ぎ。とてもこのペースでは廻りきれないと思い、改札の外を楽しむのは控えるスタンスに転向しました。

所沢から池袋線で一気に練馬へ移動し、豊島線で豊島園へ。ここまででスタンプが 5 個集まり、オリジナル パス ケースをもらいました。長男はパス ケースにフリー パスを入れ首からぶら提げて嬉しそうです。私ももらいましたが、さすがに首からぶら提げることはできず。甥へのお土産にでもします。豊島園では、近くの映画館でスペシャル スタンプを押す事もできました。

練馬に戻り、池袋線を引き返す形で大泉学園へ。大泉学園はアニメ発祥の地ということで、地元在住の松本零士さんの協力で銀河鉄道 999 の車掌さんの展示などがあります。発車ベルも銀河鉄道 999 です。

大泉学園から更に池袋線で所沢へ戻り新宿線に乗り換え、高田馬場へ。こちらは発車ベルが鉄腕アトムです。スタンプが設置されている駅の最西端となる西武新宿に一旦出て、再び新宿線で引き返す形で上井草へ。

大泉学園といい上井草といい、このスタンプラリーの難所は、急行が止まらない駅にスタンプが設置されていることです。上井草もアニメ キャラを使って町おこしを進めているとのことで、機動戦士ガンダムのモニュメントが置かれていたりします。もちろん、発車ベルは機動戦士ガンダムです。

上井草から新宿線で東村山まで戻り、国分寺線に乗り換えてスタート地点の国分寺に戻ってスタンプ 10 個が完了。終了時刻の 10 分前でした。かなり危ない橋を渡ったものです。無事、抽選に応募するためのハガキをもらうことができました。

フリー パスがせっかく使えるので、スタンプラリーを終えた後も国分寺から国分寺線、拝島線、多摩湖線を経て、最寄り駅である一橋学園まで乗って帰宅。今回の経路をまとめると、下記の通りです。[ ] がスタンプ設置駅。

[国分寺] - <多摩湖線> -> 萩山 - <多摩湖線> -> [西武遊園地] - <山口線> -> [西武球場前] - <狭山線> -> 西所沢 - <池袋線> -> [所沢] - <池袋線> -> [練馬] - <豊島線> -> [豊島園] - <豊島線> -> [練馬] - <池袋線> -> [大泉学園] - <池袋線> -> [所沢] - <新宿線> -> [高田馬場] - <新宿線> -> [西武新宿] - <新宿線> -> [上井草] - <新宿線> -> 東村山 - <国分寺線> -> [国分寺] - <国分寺線> -> 小川 - <拝島線> -> 萩山 - <多摩湖線> -> 一橋学園

結局、フリー区間は西武園線以外を網羅したことになります。間もなく 5 歳になる長男に乗車券は必要ありませんが、スタンプ帳を持たせるために小人料金のフリー パスも購入しました。長男自身は正真正銘自分の乗車券で自動改札を通れることが、嬉しかったようです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

武蔵境通り四車線化

0904030109040302武蔵境通り (調布保谷線) の野崎八幡前交差点から富士見町三丁目交差点間が、一部を除いてようやく四車線化されました。

一昨年、路上教習を受けている際、野崎八幡前交差点から神代植物公園北交差点までが拡幅されたのにも関わらず二車線のままになっているという説明を受けて疑問に思っていましたが、暫定的な措置だったようです。2 年越しで疑問が解けました。

今後は野崎八幡前交差点以北の四車線化が進みます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

デジタル テスター

09040201日曜日にドイトの閉店セールで 1,240 円で買いました。

テスターは長年所有していませんでしたが、通電テストや電池チェックとしての用途だけでも、あると便利です。

アナログ・マルチメータ(メータ式)に替わる価格の新製品です。エー・アンド・ディ AD-5529 2...

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

定額給付金と子育て応援特別手当

09040101申請書類が送られてきました。ウチの場合は私 12,000 円、妻 12,000 円、長女 20,000 円、長男 20,000 円で、さらに長男が子育て応援特別手当の対象となるので、プラス 36,000 円で、ちょうど 100,000 円。

支給されるので文句は言いませんが、それぞれの申請書はデザインから封筒、添付書類の貼付方法に至るまでバラバラ。縦割り行政の典型を見た気がいたします。

せめてフォーマットは揃えて欲しいと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »