« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

自転車購入

0902280109022802 長女の誕生日プレゼントの自転車を探すため、平日の仕事帰りに調布、三鷹、小金井、国分寺の自転車店や量販店を巡りましたが、なかなか条件に適う自転車が見つからず、そのまま週末を迎えそうな予感だった金曜日。雨なので電車で府中を経由する際、トイザらスに寄ってみると、思いのほか沢山の種類と手ごろな価格の自転車が販売されていることが判明しました。

そして、本日長女を連れていざ出陣。いずれ長男も使うことになるので、長男も同行です。府中のトイザらスは「くるる」の地下 1F にあり、駐車場はさらに深く地下 2F。3,000 円以上買い物をすると、2 時間まで無料で駐車できます。

店内には 2 層に陳列された自転車がずらり。種類を選ぶだけでも迷ってしまいそうですが、まず MTB タイプは長女が却下。長男はちょっと残念そう。次に、長男が戦隊ヒーローものの黒い自転車に跨っていましたが、こちらは長女が黙殺。

最終的には、ママチャリ タイプで水色の 22 インチを長女が気に入り、長男も容認しました。キャラクターが付いておらず、少し描かれている花柄模様もシール。剥がそうと思えば剥がせるので、長男も納得したようです。

車の後部座席を半分倒し、何とか載せて帰れました。24 インチだったらアウトだったと思います。新しいヘルメットも購入し、本日より自転車練習開始です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月27日 (金)

自転車選定中

09022601長女が来月 2 日に 7 歳の誕生日を迎えるにあたり、本人の意思で最終的にプレゼントとして決定したのが自転車。

購入にあたり、長女自身も近い将来には長男が乗ることを考えて水色を希望してくれていますが、問題はデザイン。子供用の自転車のほとんどがキャラクターが描かれていたり、見た目が女の子もの、男の子ものとはっきり分かれているので、なかなか共通項を満たせるものが見つかりません。

週末は自転車探しに奔走しそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

Big-A

09022501歯科医から帰宅する経路上にあるので寄ってみたのですが、まず買い物籠がなく、レジにはカウンターすら無いので、かなり戸惑います。咄嗟に「ど、どうやって買えば良いんですか?」と聞いてしまいました。ショッピング カートだけで会計を済ませるシステムです。

基本的にレジ袋はなし。必要な場合は 10 円を負担する必要があります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

歯科検診終了

先週に引き続き、昨日歯科検診を受け、特に問題はないので上の歯の歯石を除去し、仕上げに磨いて終了しました。歯が真っ白になって、気持ち的にもリフレッシュ。

検診中の先生によるお話では、タバコを吸わなくても茶渋等による汚れは蓄積され、市販の歯磨き粉にはそれらを落とす成分は含まれていないそうです。もし、白くなっているとしたら、歯そのものを研磨しているとのこと。

あまり磨き過ぎず、定期的に検診を受けるように!というのが、今回のアドバイスです。お盆過ぎに忘れずに行くよう心がけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

中央線運転見合わせ

09022301昨日の朝は雨だったので電車で通勤しようと国分寺駅へ向かうと、三鷹駅で信号トラブルが発生したとのことで、中央線は運転見合わせの掲示が。国分寺駅はバスや西武線の結節点でもあるので、駅構内は大変な混雑でした。

私は調布に向かうので、迷わず京王バスで府中に向かおうとしますが、バスへの振替で同バスを利用する乗客も多かったようです。とはいえ、中央線に並行するバスはないので、バス停もかなりの混乱状態。南口のバス停に行ったものの、小平方面へ行くバスを案内されている光景も見られました。JR での案内が不徹底だったのか、振替票を持っていなかったので、せっかく並んで待ったのに JR へ行って戻って受け取るように指示するといった対応も見受けられました。

中央線の定期券は持っている乗客なのですから、交通機関同士、もう少々柔軟に振替対応ができても良いのではないかと感じたのが一点目。京王電鉄の前身の京王電軌や玉南電鉄が府中~国分寺間の免許を持っていたことを考えると、是非実現して欲しかったと思うのが二点目。

通勤や通学、高校入試等で打撃を食らった方々に、お見舞い申し上げます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

府中市立交通遊園

レジャー スポット情報トップ

090222210902222209022223090222240902222509022226090222270902222809022229090222300902223109022232

昨日、府中市郷土の森に行った梅見以外の目的は、隣接する府中市立交通遊園へ行くことです。かつて住んでいた杉並の自宅の近所にあった児童交通公園と同じく、遊びながら交通ルールを学ぶための公園ですが、園内には京王バス、ボンネット型消防車、D51 形蒸気機関車、EB10 形電気機関車、都電 6000 形が静態保存され、ちょっとした交通博物館的な側面も持っています。また、それぞれの車両に立ち入ることができ、バスと消防車はハンドルを握ることができるので、乗り物好きの子供にはたまらない魅力があります。なお、都電 6000 形に関しては整備作業中で、残念ながら車内に入ることはできませんでした。

園内で子供たちが真っ先に向かったのが、足漕ぎ式ゴーカート。長男に付き合う程度の興味かと思っていた長女のハマり様は意外でした。二人とも、園内のコースを二周しました。自動ゴーカートもありましたが、今回は足漕ぎ式で十分満足だったようです。

昔ながらの遊具があることも、この公園の魅力かもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

府中市郷土の森

レジャー スポット情報トップ

090222010902220209022203090222040902220509022206090222070902220809022209090222100902221109022212

梅まつりが開催中の府中市郷土の森へ行ってきました。郷土の森へは過去に 2 回行ったことがありますが、いずれもサントリー武蔵野ビール工場を見学した後に寄るコースだったため、入口近くの博物館と古民家周辺を散策する程度で、行ったとしても水あそび池辺りまででした。

今回は梅見がメインなので、郷土の森の中を全般的に散策。梅園やティラノサウルス、やすらぎの池や水車小屋、長屋門など、その広大さに初めて気付きました。梅まつりが開催されるだけあって、梅の木の数と種類の多さには驚かされます。

古民家の中には雛人形が飾られており、博物館前では移動式望遠鏡で太陽を見られたりもしました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月21日 (土)

雛人形作り

090221010902210209022103090221040902210509022106

折り紙による雛人形作りができるということで、今週も子供たちを連れて小平ふるさと村に行ってきました。ふるさと村に行くのは今月に入って既に 3 回目。どれだけふるさと村が好きなんだろう、という感じですが、実際何度行っても飽きません。

会場は旧小平小川郵便局舎内。本物の雛人形が飾られた部屋に長机が並べられ、教えていただきながら作れるというものです。

上の画像の左が長女作で、右が長男と私の合作。長女は要点を教えてもらいながらどんどん折ってしまい、私は製作工程に付いていけませんでした。工作においては、もう親の出る幕は無いのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

フライング

09022001武蔵野の森公園 (府中市) にて。

春はまだ先です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

雛人形

09021801先日の参考資料を基に、雛人形が忠実に飾られていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

歯科検診

子供たちのではなく、私自身のです。特に目立った症状はないのですが、しばらくご無沙汰だったので、仕事から早く帰れる機会を利用して診てもらうことにしました。

5 年近く行っていないという認識で先生に申告すると、6 年以上振りとのこと。前回治療を受けたのは 2002 年でした。長女が生まれた直後あたりに、奥歯の詰め物が外れて応急的に治療してもらって以来ということになります。我ながら、放置期間の長さに唖然としました。

検診の結果、歯と歯茎ともに問題なし。とりあえず、一安心です。とはいえ、あまりにも長い間検診を受けなかったことに対しては警告されました。6 年の放置状態が続いても大丈夫であったことに自信を持つのではなく、これからの年齢では歯周病が発症する可能性が高まるので、必ず半年に一度は定期健診を受けるようにとのアドバイスです。

今回は検診と下の歯の歯石除去。来週、上の歯の歯石を除去し、仕上げに磨いて治療は終了です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

雛壇

090217010902170214 日 (土) に雛壇のみを組み立て、大安となる本日 17 日 (火)、雛人形を飾る予定です。それまでの 3 日間、雛壇だけでは殺風景なので、ぬいぐるみを飾ったりもしていました。

下の画像は 15 日 (日) に小平ふるさと村にて。雛飾りのための参考資料です。
090217110902171209021713090217140902171509021716    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

小平糧うどん

レジャー スポット情報トップ

090215010902150209021503090215040902150509021506090215070902150809021509

今まで小平ふるさと村に行っても実現できていなかったことが一つありました。それは、小平糧うどんを食べることです。限定 50 食で、午後から出かけるとまず完売後。また、営業日も限られています。

昨日は、糧うどん食べることを目的に、朝 10 時の開園直後に行きました。水屋の前で代金を先払いするシステムで、代金と引き換えに番号札がもらえます。(25 食で 1 食無料になるポイント カードがあったのには驚きました。)

我々家族は 7 番から 10 番の番号札を確保。間もなくして、50 食分を完売したようです。11 時過ぎに旧神山家住宅主家に入ると、すでに大変な盛況ぶりでした。

何といっても、旧家において昔ながらの製法のうどんが食べられるということが貴重な体験です。固めの麺と野菜、油揚げが見事に調和されて、絶妙な味です。

囲炉裏が視覚的にも嗅覚的にも良い雰囲気を演出していました。

一人前の代金は 500 円。ボランティア ベースでうどんを振舞ってくださる武蔵野手打ちうどん保存普及会の方々に感謝です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

子どもたちのせいかつ展

090214110902141209021413090214140902141509021416090214170902141809021419

昨日の午前中、長男が通う幼稚園で開催される "子どもたちのせいかつ展" に行ってきました。いわゆる作品展ではなく、与えられた材料や道具を使って自由に創作した作品を展示するというコンセプトです。

昨年は長女が通っていたので今年は 2 回目ですが、基本コンセプトは変わらないものの、子供たちの創造性を引き出す様々な新たな工夫が感じられました。先生方も毎年さぞ大変なことでしょう。特に、男の子と女の子がそれぞれ持つ特性を配慮した題材の提示には、感服しました。

水彩で好きな模様を描くコーナーでは、長男だけ自分の顔 (本人談) を描いていたのが、妙に目立っていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

いただきました

090214010902140209021403

まず妻から。長男には「やさいのようせい」の絵本とチョコレート。私にはユニクロのフリースとチョコレート。ちょうどオレンジ色のフリースを欲しいと思っていたので、良いタイミングです。

小学校に進学した長女には本命がいるので、今年からはもらえないかな?と思っていましたが、長男も私も手作りのクッキーをもらえました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

09021301多摩地域でも咲いたという情報を耳にしていましたが、通勤経路上で見かけたことはありませんでした。

注意深く探してみると、局地的に咲いていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

横断歩道は歩行者優先

歩いていても自転車に乗っていても車を運転していても、最近強く思うことは横断歩道では車が優先だと思い込んでいる人がいかに多いかということ。

人見街道と野川が交差する部分に横断歩道があるのですが、車側から横断歩道の存在はほとんど認識されていないようです。実際、私も教習中にその場所を通る際、何度か補助ブレーキを踏まれたので良くわかります。毎朝その場所を自転車で渡るので、横断歩道で立ち止まってあえて挙手して車の動きを観察していますが、下記のような有様です。

ほとんどのマイカー : 通過
路線バス : 通過

教習車 : 停車
パトカー : 停車
JAF の車 : 通過

本日、JAF が止まらなかったのには憤りを感じましたが、きっと緊急の要請で急いでいたのでしょう。そう思わないと気持ちが治まりません。

道路交通法は下記の通りです。

第六節の二 横断歩行者等の保護のための通行方法(第三十八条・第三十八条の二)

第三十八条  車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。
2  車両等は、横断歩道等(当該車両等が通過する際に信号機の表示する信号又は警察官等の手信号等により当該横断歩道等による歩行者等の横断が禁止されているものを除く。次項において同じ。)又はその手前の直前で停止している車両等がある場合において、当該停止している車両等の側方を通過してその前方に出ようとするときは、その前方に出る前に一時停止しなければならない。
3  車両等は、横断歩道等及びその手前の側端から前に三十メートル以内の道路の部分においては、第三十条第三号の規定に該当する場合のほか、その前方を進行している他の車両等(軽車両を除く。)の側方を通過してその前方に出てはならない。
   (罰則 第百十九条第一項第二号、同条第二項)

重要なのは、歩行者または自転車がいないことが明らかな場合しか、そのまま進むことができないということです。

私は車を運転中、後続車にクラクションで急かされても気にせず、必ず守ります。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

入間市博物館 ALIT

レジャー スポット情報トップ

090211010902110209021103090211040902110509021106090211070902110809021109

相変わらず人込みを避ける路線で祝日の行き先を検討したところ、子供たちが、昨年 11 月に行った入間市博物館がいい!ということで、再び同博物館に行ってきました。

「むかしのくらしと道具展」という特別展は 8 日で終了していて、次の特別展は 19 日からということで、残念ながら特別展はなし。また、催し物やイベント、体験講座もなかったためか、来館者が少なかったので、むしろ良かったかもしれません。

館内では前回と同様、子供科学室に始まり入間の歴史を経て茶の世界を巡るというコース。常設展示室内での撮影は受付で許可を得れば可能ですが、ブログへの掲載は NG とのことでしたので、残念ながら展示室内の画像はありません。

今回は、歴史ゾーンにおいて学芸員の方に色々と解説をしていただきました。私にとって最も印象深かったのは、入間で造った瓦を 20 Km 離れた自宅近くの国分寺まで背負って運んだという話です。一気に身近な存在に感じられました。

休憩コーナーでは狭山茶を振舞っていただき、その味わいの深さを堪能。自宅用に一袋、購入しました。ちなみに色は静岡、香りは宇治、味は狭山が、それぞれ一番だそうです。

講座室で上映される映画を 3 回も観たり、隣接する市民広場や日本庭園で遊んだりして、10:00 から 15:00 近くまで滞在しました。

妻が作ってくれたお弁当を市民広場の芝生の上で食べましたが、さすがに風が冷たかったです。それでも、子供たちはバトミントンをして汗だくになり、上着を脱いでいました。元気です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

武蔵野ファンク 2009 始動

09020801090208028 日の夜は下北沢 COLORED JAM における武蔵野ファンクのライブでした。1 月はリハやミーティングすらなく、ライブに際しては当日リハとなったため、2009 年の武蔵野ファンクの活動は、2 月に入ってからのスロー スタートです。

結成当時から形態は変わっているとはいえ、今年の 8 月で 6 周年を迎えます。私は加入して 5 年目。ほとんどブランクもなく、これだけの長い期間継続して活動できているのは、ある意味奇跡だと思います。

最近は生活環境の変化等でメンバー間のスケジュールがなかなか合わず、少なくとも平日の活動は無理で、休日も積極的に動けていません。2006 年のように年間 50 本以上もライブをこなしていたのは、今考えると正気の沙汰ではありませんが、頻度は減っても、集まって多くを語らずに意気投合し、演奏できている限り、武蔵野ファンクの活動は続くと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

富士見ヶ丘車両基地

090207210902072209020723090207240902072509020726090207270902072809020729

7 日の午後、杉並区内にある妻の実家へ行ったついでに、京王井の頭線の富士見が丘車両基地周辺を散歩してみました。子供たちを誘うと、甥と長男が賛同。最近、長女はこの手の誘いに、全く興味を示さなくなりました。

基地内には入ることはできませんが、富士見ヶ丘駅から人見街道側を経て久我山駅手前の踏切を渡って神田上水沿いに歩くと、1 時間程度のコースとなります。井の頭線の車両が大集合という風景に、子供たちは興奮気味。特に、連結が解かれた車両が見られたのが、楽しかったようです。

個人的には、井の頭線に対して一種異様なイメージがあります。狭軌なのに他の路線と接続していなかったり (戦中戦後に車両融通のため小田急との臨時連絡線が設けられたことを除けば)、同じ会社でも馬車軌の京王線とはもちろん接続されていないし、何よりも、車両のデザインが独特です。

正面二つ窓で構成される湘南スタイルの 3000 系はすべて 1000 型風にリニューアルされてしまったため、少々寂しい気がいたします。かつて上毛電鉄で本来の 3000 系車両に再会した際、何とも言えない安堵感を得たことを思い出しました。

2009 年 3 月 28 日 追記 : 車両基地の一日開放イベントがありました。詳細はこちら

続きを読む "富士見ヶ丘車両基地"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

ガスミュージアム

レジャー スポット情報トップ

090207110902071209020713090207140902071509020716090207170902071809020719

昨日、約一年振りに小平市内にあるガスミュージアムに行ってみました。先週行った小平ふるさと村と同様、人込みとは無縁のゆっくり楽しめるスポットです。

昨年行った際は雪が降るぐらいの寒さであったため、レンガ造りの館内のみを観覧しましたが、今回は寒さも和らいでいたので、ガス ライト ガーデンを中心とした館外の展示もじっくり観覧することができました。

ガスの用途は熱エネルギーが筆頭に挙げられますが、電気が普及する前は光エネルギーとしての役割が大きかったということを再認識。ガス灯の炎を見ると、そのことが実感できます。

なお、館内の撮影は依然として禁止されているため、残念ながら館内の画像はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

洗車

090207010902070209020703 

 

 
使用頻度があまり高くないので、車を洗うのは年間 4 回だけ。そのうち 5 月と 11 月は定期点検の際で、8 月 は帰省した際。自宅で洗車できないので、2 月はガソリン スタンド等を利用する必要があります。

タイミングを見計らっていましたが、先日火山灰を被ったことと、来週火曜 (10 日) に雨が降る予報なので、本日スタンドで一旦洗っておくことにしました。スタンドに到着した際に洗車を開始していた車も、灰を被っていました。道路上でも、灰を被った車をよく見かけます。

例のごとく、洗車の様子を子供たちは見守ります。昨年洗車した際に掲載した画とほとんど同じような画になってしまったので、待合室における画像を追加しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

献血の検査成績

先週の献血の検査成績が送られてきました。

09020601

2006 年 9 月に標準値の範囲外が 2 項目あって以来、最近は安定しています。AST はアルコール性肝障害などで上昇するらしいので、飲酒量と関連付けると面白いです。昨年の 12 月以降、飲酒量が減ったので AST が 30 GPT を下回っています。

なお、3 月からは、血糖値の項目も加わるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

降灰

09020401遠くの出来事だと思っていましたが、浅間山の火山灰が多摩地域にも降り積もりました。

近々洗車しようと思っていましたが、もう少し様子を見ます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

鬼退治 2009

090203110902031209020313090203140902031509020316090203170902031809020319

前日に車に衣装を仕込んでおいて、当日は仕事から帰って自宅の玄関に入らず車で着替え、いざ出陣。パパは帰りが遅いという設定です。節分が平日だと、この手が使えます。

妻から話を聞くと、長男は昼間からかなり怖がっていたようで、鬼が来る前に見せていた余裕の表情は、強がりだったようです。

自宅に入った瞬間、手袋をはめるのを忘れたことに気付き、少々動揺気味の鬼さん。咄嗟に手を握り、誤魔化しました。指輪や手荒れの特徴で、近くで見れば一目瞭然でしょう。

最初は長女も長男も揃って豆をぶつけてきます。でも、長男は豆の切れ目が強がりの切れ目。次第に白旗状態となり、ママとお姉ちゃんに助けを求めていました。でも、途中までよく泣かないで頑張りました。

長女は、気づかぬフリをしているのか、弟を守りたい気持ちが強いのか、本心は定かではありませんが、終始笑顔で豆を投げまくり、鬼に襲われそうになる長男を助けていました。

15 分ほど家中を彷徨ってから鬼は去り、再び車でパパに戻り、更に 15 分後にいつも通り帰宅。鬼退治 2009 任務終了です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

鬼、若干バージョンアップ

0902030109020302白装束に赤鬼面という演出も、四年連続ともなると、だんだん怖くなくなってきているようです。小学生になった長女に至っては、鬼の正体を暴くと意気込んでいたので、今年は覆面も被った上で鬼面を装着することにしました。これで、仮に鬼面を取られても大丈夫です。覆面にドクロのベルトが付属していたので、ついでに装着。MP3 プレーヤーによる SE も併用する予定です。

03020301長男は毎年怖がりますが、長女が怖がったのは 1 歳になる直前に号泣した時のみ。しかも、その当時は紙のお面だけ。あの頃が懐かしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

小平ふるさと村

レジャー スポット情報トップ

09020101090201020902010309020104090201050902010609020107090201080902010909020110090201110902011209020113

インフルエンザが非常に蔓延しています。そういう状況下において、子供たちの外出は極力避けさせるべきですが、そう言って家に引き篭もりがちになっていてはいけないので、人込みを避ける方向で外出することに。いくつかの候補地から選んで昨日行ったのが小平ふるさと村です。

前回初めて行ったのが昨年のひな祭り期間だったので、約 1 年振り。つい最近行ったばかりだと思っていましたが、一年は本当にあっという間です。1 年の間に旧小平小川郵便局舎は屋根が塗り替えられ、オブジェとして置かれていた丸ポストは通常のポストとして復活していました。旧小川家住宅は茅葺き屋根の葺き替えが行われています。

こいのぼりを設置するための柱やつるべ井戸に子供たちが興味を示していたところ、職員の方が来てくださり、我々家族に付きっ切りで園内を案内してくださいました。特に、家屋の土台は敷設した石の形状に合わせて柱を加工して載せていること、昔の手動ポンプ車、延焼防止を目的に家屋を取り壊すために使用する「さすまた」、火の見櫓の鐘の信号方式、石窯等の室内設備等など、見落としがちなポイントを色々と教えてくださったことに感謝です。

子供たちは滞在時間のほとんどを、昔の遊びに費やしました。特に、竹とんぼがヒット。閉園時間が来なければ、恐らくずっと遊んでいたことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

宇宙灯ル CD 発売記念ライブ

090131110901311209013113090131140901311509013116

昨晩、渋谷セルリアン タワー東急ホテルの 2F にあるライブ & ダイニング クラブ JZ Brat において宇宙灯ルCD 発売記念ライブに参加させていただきました。

今回は CD に含まれる「太陽」という曲で吹かせていただきましたが (+ 最後の曲とアンコールにも、少々参加)、グルーヴや勢いにより突破できる武蔵野ファンクでの演奏に慣れているため、サウンドに壮大な世界観を持ち、心に訴えかける宇宙灯ルの音楽に融合するにあたり、この上なく緊張しました。ここ最近の音楽活動においては、稀なことです。

ライブ メンバーは皆、通常はメインまたはリーダー格で活動できる逸材で、正直、贅沢な布陣だと思いました。そして、個々のメンバーが、宇宙灯ルのためならば喜んでサイドに徹するというスタンス。宇宙灯ルの 2 人でなければ実現できない、夢のバンドです。

参加した 2 回のリハと本番を通して、非常に得るものが多い体験でした。私の演奏がどのように響いていたかは分かりませんが、少なくとも私は良い思いをさせていただきました。

100 席の会場の前売りチケットをかなり早い時期に完売したととのことで、今後の宇宙灯ルの快進撃を感じずにはいられません。

なお、演奏中の撮影は禁止されていたので、上の画像はリハ時のものです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »