« 武蔵野ファンク 2009 始動 | トップページ | 横断歩道は歩行者優先 »

2009年2月11日 (水)

入間市博物館 ALIT

レジャー スポット情報トップ

090211010902110209021103090211040902110509021106090211070902110809021109

相変わらず人込みを避ける路線で祝日の行き先を検討したところ、子供たちが、昨年 11 月に行った入間市博物館がいい!ということで、再び同博物館に行ってきました。

「むかしのくらしと道具展」という特別展は 8 日で終了していて、次の特別展は 19 日からということで、残念ながら特別展はなし。また、催し物やイベント、体験講座もなかったためか、来館者が少なかったので、むしろ良かったかもしれません。

館内では前回と同様、子供科学室に始まり入間の歴史を経て茶の世界を巡るというコース。常設展示室内での撮影は受付で許可を得れば可能ですが、ブログへの掲載は NG とのことでしたので、残念ながら展示室内の画像はありません。

今回は、歴史ゾーンにおいて学芸員の方に色々と解説をしていただきました。私にとって最も印象深かったのは、入間で造った瓦を 20 Km 離れた自宅近くの国分寺まで背負って運んだという話です。一気に身近な存在に感じられました。

休憩コーナーでは狭山茶を振舞っていただき、その味わいの深さを堪能。自宅用に一袋、購入しました。ちなみに色は静岡、香りは宇治、味は狭山が、それぞれ一番だそうです。

講座室で上映される映画を 3 回も観たり、隣接する市民広場や日本庭園で遊んだりして、10:00 から 15:00 近くまで滞在しました。

妻が作ってくれたお弁当を市民広場の芝生の上で食べましたが、さすがに風が冷たかったです。それでも、子供たちはバトミントンをして汗だくになり、上着を脱いでいました。元気です。

|

« 武蔵野ファンク 2009 始動 | トップページ | 横断歩道は歩行者優先 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

深川に江東区江戸資料館がありますが、両国の江戸博物館と違いコジンマリしたものです。


投稿: hootiebird | 2009年2月12日 (木) 07時40分

> HOOTIE BIRD さん

深川江戸資料館のサイトに行ってみました。館内に長屋や蔵、火の見櫓があったりして、面白そうですね。7 月から長期休館に入るみたいなので、なるべく早い時期に行ってみたくなりました。

投稿: ぱるめざん | 2009年2月12日 (木) 12時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139825/44030561

この記事へのトラックバック一覧です: 入間市博物館 ALIT:

« 武蔵野ファンク 2009 始動 | トップページ | 横断歩道は歩行者優先 »