« ラブラドール | トップページ | 遠足 »

2008年11月 6日 (木)

檜原都民の森

レジャー スポット情報トップ

081103010811030208110303081103040811030508110306081103070811030808110309081103100811031108110312081103130811031408110315081103160811031708110318081103190811032008110321

連休最終日の 3 日は、五日市街道を西へ。家族にも目的地を告げずに出発しましたが、実際、渋滞の状況が見えないので、最終的な目的地を決定できないままの出発でした。8 時過ぎに自宅を出て、五日市街道をひたすら走り (厳密には、途中 16 号や陸橋通りを経由しましたが)、恐れていた渋滞は全くなく、順調に檜原街道と奥多摩周遊道路を進み、10 時前に到着したのは西多摩郡檜原村の「都民の森」。東京都内の「村」に入るのは、今回が初めてです。

山奥の施設ですが、マイカーやバスによる観光客で賑わっており、駐車場は満車寸前でした。訪れる人のほとんどは、登山服。登山用ストックを持っている人も珍しくありません。気温も低く、軽装で来たことを少々反省させられました。

入口付近の「吊るし柿」を、子供たちは珍しそうに見上げ、昔の風物詩が消え行く現状を憂いつつ急な坂を登り、最初に訪れたのは「森林館」。妻と子供たちは丸太切り体験にハマりました。切った丸太は、持ち帰ることができます。コースターを作ると言ってそれぞれ個別に丸太を切りたがるものの、到底一本を切る終えることができないので、私はそれぞれの手伝いをすることになり、この時点で右手がガクガクになりました。ここでは缶詰で作られたパカポコや、竹馬、木馬でも遊べます。

次に訪れたのは「木材工芸センター」。親が付き添えば、子供でも糸鋸盤によるキーホルダー作りに挑戦できます。長女はアヒル、長男は恐竜の型で製作。切断後、目の穴を空けて鑢で仕上げ、スタンプを押し、金具を付けて完成。早速、リュックサックに付けていました。

再び森林館に戻って休憩室に入り、妻が作ったお弁当で昼食。畳の居間もあるので、寛げます。

腹ごしらえを済ませ、三頭大滝を目指して大滝の道を。軽装でも、ちょっとした山登り感覚が味わえます。長男は野鳥愛好家の方からヒマワリの種をいただき、手のひらに野鳥が飛んでくるという、貴重な体験をさせていただきました。一瞬の出来事でったので、シャッターチャンスを逃しました・・・。

色づき始めた山を眺めて、森林の空気を思う存分吸い込みながら、ようやく三頭大滝へ到着。吊り橋がありますが、滝を見ることだけが目的の文字通りの「滝見橋」で、渡り切ったところは、行き止まりでした。渡ってみましたが、妻と長女は怖かったようです。

三頭大滝から引き返し、入口へ戻ったのは 15 時過ぎ。最後に「みとうだんご」を食べましたが、甘さがなんともいえない美味しさでした。

なお、「都民の森」は「都民が森林に対する理解を深め、自然に親しむレクリエーション活動を行う場を提供することにより、東京における森林の健全な育成及び活用並びに都民の健康の増進を図り、併せて林業及び地域の振興に資するため」という条例のもと設置された施設です。

入場料、駐車場、丸太切り体験、キーホルダーの製作、休憩室の利用等、すべて無料。東京都民として税金を納めているのですから、むしろ利用しないと勿体無いです。

|

« ラブラドール | トップページ | 遠足 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。お久しぶりです。
先日はDVD録画ありがとうございました。
都民の森、楽しそうですね! 我が家もチビが楽しめるようになったら出かけてみたいです!

投稿: | 2008年11月 4日 (火) 11時48分

録画した DVD 、アナログで申し訳ございません。

お子さんが大きくなられたら、是非、都民の森へ行ってみてください。

投稿: ぱるめざん | 2008年11月 4日 (火) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139825/43001321

この記事へのトラックバック一覧です: 檜原都民の森:

« ラブラドール | トップページ | 遠足 »