« 立川 | トップページ | 真岡鐡道 関東鉄道常総線 »

2008年10月14日 (火)

SL もおか

レジャー スポット情報トップ

081013010810130208101303081013040810130508101306081013070810130808101309081013100810131108101312081013130810131408101315

「鉄道の日」の前日にあたる 13 日、長男と真岡鐡道の「SL もおか」に乗りに行って来ました。当初は 5 日に決行する予定でしたが、長男が熱を出したりしたため、一週間延期しての決行です。

朝 6:00 に起きて、長男を自転車のチャイルドシートに乗せて国分寺駅へ。7:11 発の東京行の快速に乗り、新宿で乗り換えたのは埼京線。湘南新宿ライナーに乗れば、小山まで乗り換えなしで行くことができますが、長男が埼京線の赤羽 - 大宮間に乗ったことがなかったため、あえて大宮までは埼京線を選びました。

この選択が吉を呼び、大宮駅で EL&SL 奥利根号に遭遇。残念ながら SL に牽引されるのは高崎からなので、走る D51 を拝むことはできませんでしたが、廃車が進む EF60 が間近に見られただけでも大きな収穫です。次に乗ってみたい SL 路線の候補が増えました。

大宮から湘南新宿ライナーに乗り、50 分近く揺られつつ、長男は眠りつつ、小山へ到着。小山手前の水戸線から上野方面への短絡線は撤去され、わずかに空き地として確認できる程度でした。そのため、シャッター チャンスを逃すことに。気を取り直して、水戸線に乗り換え、単線を走り「SL もおか」の始発駅となる下館へ。長男は、水戸線の汽笛が汽車に似ていると言っていました。そう言われてみると、確かにそう聞こえます。

下館駅で一度改札を出て、飲み物の購入やトイレを済ませて再び入場すると、既に C12 が入線するところでした。秩父鉄道のパレオエクスプレスの比ではありませんが、ホームには、かなりの乗客で列が。一旦客車に入り、座席を確保した上で車外に出て、記念撮影を完了。機関士の方々は快く撮影に応じてくださり、また、親子写真まで撮っていただきました。制帽は 1 号車に掛けてあり、自由に被ることができます。そのため、大人も気兼ねなく被って記念写真を撮ることができ、シニア世代の方々が夫婦で嬉しそうに被る姿には、微笑ましいものがありました。

間もなくして、10:37 下館駅を出発。けっこう揺れます。煙の煤で、窓が著しく汚れています。1 号車の一番前に座ったので、汽笛の音が大きく響きます。汽笛が鳴る度に長男は、ふざけて耳を塞いでいましたが、揺れも煙も汽笛も汽車の旅の楽しみであることを、理解はしているようです。

車内販売では、汽笛ぶえを購入。秩父の汽笛ぶえと、ロゴ以外はまったく同じです・・・。車内は区間による混雑の差が激しく、ツアー客が乗ってくると一気に窮屈になります。

汽車に揺られること、1 時間半。終点茂木に到着し、C12 の転車を観覧。転車台が回転する際に流れるのは、なぜか電子音による "乙女の祈り" でした。偉大な SL が、若干安っぽく感じてしまう効果音と思ったのは、私だけでしょうか・・・。

自宅から茂木までの経路をまとめると、下記の通りです。

自宅 - <自転車> -> 国分寺 - <JR 中央線> -> 新宿 - <JR 埼京線> - 大宮 - <JR 宇都宮線> -> 小山 - <JR 水戸線> -> 下館 - <真岡鐡道 SL もおか> -> 茂木

帰路は SL には乗らず、真岡鐡道と関東鉄道を気動車で乗り継ぐ旅。その様子は、後日の日記で。

|

« 立川 | トップページ | 真岡鐡道 関東鉄道常総線 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

5日の日記を待っていたのですが、熱を出しちゃったんですか。でも、行けてよかったですね。
とにかく親子とも楽しまれた様子がうかがえます。

>小山手前の水戸線から上野方面への短絡線は撤去され・・・
ここは乗りましたよ。1本だけあった直通の急行(つくばねでしたっけ)に、わざわざ料金を払って。

>転車台が回転する際に流れるのは、なぜか電子音による "乙女の祈り" でした・・・
これはいただけませんね。威厳をもってだまってまわっていてほしい。

帰途の日記も楽しみにしております。

投稿: 3-flat | 2008年10月15日 (水) 19時35分

> 3-flat さん

5 日の整理券を購入した日記を書いて以来、リアルタイムに書けていなくて申し訳ありません。1 日の運動会直後に熱を出して、5 日の乗車は自粛していました。発熱後に保険として一週間後のチケットを確保していたので、決行できました。

「つくばね」に乗れたのは 1985 年以前ですね。私が当該短絡線に思い入れがあるのは、幼少の頃 (1980 年前後) に見た道路地図に、デルタ線が明記されていたことに起因しています。今後跡地には、公園が建設される模様ですが、旅客路線として乗車された体験は、非常に貴重ですね。

茂木駅の転車台に関しては、メリーゴーランド的な効果を狙ったとしか思えませんでした。秩父のパレオエクスプレスにおける警報音のみの状態が、相応しいです。

投稿: ぱるめざん | 2008年10月16日 (木) 01時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139825/42791934

この記事へのトラックバック一覧です: SL もおか:

« 立川 | トップページ | 真岡鐡道 関東鉄道常総線 »