« 長女の勉強机 | トップページ | 御岳渓流 »

2008年4月29日 (火)

青梅鉄道公園

080429010804290208042903080429040804290508042906080429070804290808042909080429100804291108042912080429130804291408042915

ゴールデン ウィークはカレンダー通りなので、今日休んでまた明日は仕事です。というわけで、帰省もせず遠出もせず、とりあえず今日は青梅街道をひたすら西に向かって、駐車場が空いていたら、そのスポットに行くことに。

渋滞を覚悟して早めに出発しましたが、新青梅街道の流れは非常にスムーズで、8:00 過ぎに最初のターゲットである永山公園に到着。駐車場はガラガラで、いきなり最初のターゲットで決定してしまいました。永山公園は青梅鉄道公園に隣接しています。

永山公園でしばらく遊び 9:15 の開園と共に青梅鉄道公園へ。厳密には、実際の開園時間よりも若干フライング気味に入園させてくださいました。

私は小学生の頃に来て以来です。その当時と大きく異なっている点といえば、大半の車両の上に屋根が設けられ、屋上から車両が望めないことです。でも、貴重な遺産を雨ざらしによる劣化から守るためには、止むを得ないのでしょう。

特筆すべきは、鉄道にそれほど興味を持たない長女が予想以上に楽しんでいたこと。汽車や新幹線を操縦したがるわ、ミニ SL に乗りたがるわ、信号や踏切を操作したがるわで、本来乗り物好きの長男を凌ぐ勢いでした。

祝日であるのにもかかわらず、人出はそれほどではなく、ゆったりと園内を巡ることをできました。意外だったのは、若い女性だけのグループやカップルが見受けられた点です。子供や鉄道マニアに限らず、一般的な公園として認知されているようです。

|

« 長女の勉強机 | トップページ | 御岳渓流 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139825/41048042

この記事へのトラックバック一覧です: 青梅鉄道公園:

« 長女の勉強机 | トップページ | 御岳渓流 »