« おいあま | トップページ | 雛人形 »

2008年2月 9日 (土)

ガスミュージアム

080209010802090308020902

多摩地域には子供と気軽に見学できる資料館が多く、今日行った小平市大沼町にあるガスミュージアムもその一つです。東京ガスが運営する歴史博物館で、東京ガス本郷出張所を移設復元したガス灯館と、千住工場計量器室を移設復元したくらし館で構成されています。レンガの建物は非常にインパクトがあり、庭園を歩いていると明治時代にタイムスリップしたような気持ちに。今日は雪が降るぐらいの寒さなので直ぐに館内に入ってしまいましたが、暖かくなったら、外もゆっくり歩いてみたいものです。

様々な手法により、各時代ごとの生活とガス機器の変遷を学べるようになっており、幼児でも十分楽しめます。ガスで稼動するパイプオルガンの展示には、長女が特に強い興味を惹きつけられていました。昔のポスターや看板が展示されていたり、CM が放映されるコーナーもあるので、大人は懐かしさに浸ることもできます。外には、かまどから排出されるコークスを消化車に導く「コークガイド」が展示されていて、軌道系の重機ということで長男は大喜び。

なお、撮影が禁止されていたので、残念ながら館内の画像はありません。

|

« おいあま | トップページ | 雛人形 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139825/40060477

この記事へのトラックバック一覧です: ガスミュージアム:

« おいあま | トップページ | 雛人形 »