« 5 円プリント | トップページ | SoulGarden Vol.17 »

2007年6月29日 (金)

6 針縫う怪我を負いました

070629010706290207062903

調布での歓送迎会に参加した後に自転車で帰宅する際、連雀通り (小金井市東町付近) で転倒しました。飲酒量は多くはなく、意識もはっきりしており、普通に走行しているつもりでしたが、酒気帯びで自転車に乗るのは違法行為に他なりません。100 パーセント、自分の落ち度です。

転倒した瞬間、顔左半分と左膝に激痛が走りました。歩道上の消火栓を示す赤いポールに気付かず、衝突したようです。転倒直後に確認できた傷は、左目蓋の切り傷と左膝の擦り傷。痛み自体は左膝の方が大きく、目蓋からの出血は絆創膏で塞いでタオルで時々抑えれば対処できる量であり、また、自転車もハンドルが少々曲がった程度だったのでそのまま帰宅。しかし、マンションのエレベータに乗って何気なく目蓋の絆創膏を剥がし、鏡に写った自分の姿を見た瞬間、初めて目蓋の傷の深さに気が付きました。ぱっくり開いています。これは絆創膏で塞いで治る傷ではないと感じ、寝ている妻を起こして確認してもらうと、傷を見るや否や非常に驚いていました。

たまたま義母が遊びに来ていたので、子供たちの添い寝を義母に委ね、妻の運転で近所の救急病院へ。思いがけず、初めて妻と二人きりでのドライブが実現しました。と、呑気なことを実際言っていましたが、そんなことでも言って気を紛らわさないと精神的に折れてしまいそうなので、笑ったりして陽気に振舞うしかありませんでした。

診察室のベットに横たわり、症状を診てもらうと、「結構切れてますね~。」とのこと。「筋肉まで達しているな~。これは寄せないとだめだな~。」との判断で、縫うことになりました。酒気帯びなので麻酔ができない事態も覚悟していましたが、結構同じような状況で担ぎ込まれる事例は多く、局所麻酔は可能とのこと。幸い、縫合中の痛みはほとんどありませんでした。それでも、皮膚を糸で引っ張られる感触は独特で、初めての体験。実際には 1 歳の時におでこを切って縫ったそうですが、自分の記憶には残っていません。

結果的に、6 針を縫う左上眼瞼裂傷でした。

鋭利な刃物で刺したり切ったりした感じではなく、ボクサーが目にパンチを食らった際の衝撃に似ているのでしょう。実際、見た目もそんな症状です。そのため、破傷風の危険性は小さいのですが、万が一発症すると致死率が高くなるとのこと。傷口が深いので念のため破傷風トキソイドを注射してもらいました。破傷風トキソイドは、一ヵ月後と一年後にも注射しないと効果がないので、忘れずに通院しなければなりません。

今回の怪我で、かなり自分に対する戒めになりました。しばらくは飲酒を控え、飲んだら自転車にも乗らない決意です。そもそも、感染症や炎症を防ぐ内服薬を処方されているので、仮に飲みたくても飲めません。

|

« 5 円プリント | トップページ | SoulGarden Vol.17 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

傷深そうですね・・・

ぱるさん、もうこんな事起こさないようにお願いしますよ(>_<)
本当に心配でした。。。

投稿: アーキィー | 2007年7月 2日 (月) 04時23分

げ!大丈夫かいな?写真が怖すぎるよ〜
早くよくなってください。

投稿: Ohjiro | 2007年7月 2日 (月) 07時33分

写真怖いよー。
俺も左目まぶたと左膝が痛くなってきたYO~。
(すぐ同苦するタチ)
自分ひとりの体じゃないんだから
気をつけるんだYO~。
あ~ぃ、ちゅいまちぇ~ん。

投稿: 長男 | 2007年7月 2日 (月) 09時36分

えーーー。
お大事にぃぃ
非常に痛そうだよ・・・その写真みるだけでも。

投稿: meg | 2007年7月 2日 (月) 11時09分

ご心配をお掛けして、申し訳ありません。
ビジュアル的に痛そうに見える割には、意外と痛みはなく、多少ちくちくするぐらいです。
経過は良好で、今朝の診察で腫れの引きが確認され、木曜日に抜糸します。

> アーキィーさん

はい、二度と起こさぬよう気をつけます。
もう、若くはないので、無茶はやめます。

> Ohjiro さん

Ohjiro さんの自転車事故での怪我とは異なり、演奏上の支障はありません。
痕は残りそうですが、早期に治癒できそうです。

> 兄さん

以後気をつけます。
画像は痛そうなアングルを選びました。自分でこの画像を見ても痛そうです。

> meg さん

ありがとうございます。
これだけの怪我でも、幸い痛みが無いのが救いです。

投稿: ぱるめざん | 2007年7月 2日 (月) 12時42分

おきをつけて!><
とにかく命に関わるような事態じゃなくてよかった。
車も自転車も事故が怖い乗り物ですからね。
お大事に~。

投稿: あぱっち | 2007年7月 2日 (月) 14時26分

そのあたりは皮が薄めというか頭蓋骨が近いのでパックリ切れやすいんですよね。冷静に写真を撮る目が少し怖いけどご立派です。

以前家の中で鴨居に頭ぶつけて天辺が切れたことがありまして、派手に血が出てすざまじい形相となりました。そのまま車運転して病院に行きましたけど、信号待ちでこちらの様子を見た他の車の連中のびっくりする顔が笑えました。
面白い医者にあたりまして、「あんた自分の頭蓋骨の音聴きたい?」といって治療器具でコンコンと傷口から見えてる骨を叩いて音を聴かせてくれました。暫らくの間頭の天辺が丸く禿げたようになりましたので人前で頭を下げることができませんでした。

投稿: 築蹊 | 2007年7月 2日 (月) 15時30分

お久しぶりです。
結構派手にやっちゃいましたねえ。大丈夫ですか?
連雀通りは夜暗いし元々自転車に優しくない道ですからね。近所なんで俺も気をつけます。
局麻の感覚って独特ですよねえ^^;。俺も何度か経験あります。あれ、個人的にはちょっと面白いです。

あまり自分を責めず、お大事にしてください。

あ、引越し連絡の手紙届きました。どうもありがとうございます~。

投稿: 鮎~ | 2007年7月 2日 (月) 18時01分

世界中で一番心配したよー。
待合室で待っているとき、立つことさえできなかったよ。
30分から40分くらい待ったと思うけれど、
すごく長く感じました。
これからは飲酒も少し控えめに。おうちでのんびり飲もうよ。それなら起きて待っているからさ!

それにしても深夜で二人でドライブすることになろうとは。。。それはそれで面白かったけどね!!

今月はライブも多いみたいだし、早く怪我治して
パワー爆裂させないとね!

投稿: ちかさとママ | 2007年7月 2日 (月) 18時08分

危なかったですね。

お大事に、そして、お気をつけてください。

投稿: ラブリーイースト | 2007年7月 2日 (月) 18時41分

> いけさん

教習所に通ったばかりで、事故には特に気を付けていた筈なのに、この醜態です。
車に乗るときはもちろんですが、自転車に乗る時も気を付けます。

> 築蹊さん

最初の画像は、鏡代わりに携帯で撮った画像なのですが、携帯の小さい画面だと傷の具合が判別し辛いので、冷静でいられたのかもしれません。

今回の怪我で、皮下に骨という刃物が存在することを思い知りました。

> 鮎~さん

お陰さまで経過は良好です。縫った箇所の痛みもなく、腫れも引きました。
夜の連雀通りを自転車で走行するのは危険ですね。お気をつけください。
今後ともご近所を通りますので、よろしくお願いします。

> ママ

縫われている本人は、10 分から 15 分程度にしか感じなかったから不思議です。

> ラブリーイーストさん

ありがとうございます。
養生して、今後は気を付けます。

投稿: ぱるめざん | 2007年7月 2日 (月) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6 針縫う怪我を負いました:

« 5 円プリント | トップページ | SoulGarden Vol.17 »