« 再び甲州街道 | トップページ | 夜間走行 »

2007年5月 9日 (水)

交差点の通行

0705090107050902今朝の教習は "交差点の通行" ということで、調布から三鷹にかけての住宅街や商店街を走りました。

前日に指摘された状況に応じた走行位置に関しては大分意識的に判断できるようになりましたが、ミラーを見る際に走行ラインがぶれる場合がまだあるようです。進路変更も主体的に判断できるようにはなってきています。

三差路、十字路、五差路、六差路と右左折の連続。今朝も通勤時間帯ということで、急な飛び出しや信号無視が多数見られました。こう言ったら不謹慎かもしれませんが、危険を予測して路上を走行する練習のためには最適な時間帯です。

教習後のアドバイスでは、とにかく早めに広く良く見てとのことです。人や車がどうしようとしているかという動きを見ると、対応もしやすくなります。逆に、こちらがどうしたいかということを、周りに分かるようにすることも大切です。

また、慎重になり過ぎて、変にスピードを落とし過ぎる場面が何度かありました。こちらも状況を早めに判断すれば、回避できるとのことです。

本題の交差点については、とにかく信号を良く見ることです。信号の表示に関係なく、前車に付いていく傾向があるので、矢印や時差式など、信号ごとの特性をしっかり判断し、見誤りに気をつけるのがこれからの課題になります。

|

« 再び甲州街道 | トップページ | 夜間走行 »

運転免許取得」カテゴリの記事

コメント

視界を広げて見ている、と教官にアピールするには首を上下左右に振ると言う仕草です。
私も最初は、視線のみでよく注意されました。

投稿: hootie bird | 2007年5月10日 (木) 08時00分

> HOOTIE BIRD さん

首を動かさないと注意され、動かし過ぎるとオーバー アクションと注意され、加減が難しいです。

投稿: ぱるめざん | 2007年5月10日 (木) 12時34分

前の車に合わせて流れに乗るというのは実際には大事なんですが、教習では注意されてしまいますね…。

投稿: 波羅光 | 2007年5月11日 (金) 01時19分

> 波羅光さん

教官によっては、流れ優先を指示してくる場合があり、判断が難しいところです。

投稿: ぱるめざん | 2007年5月11日 (金) 12時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交差点の通行:

« 再び甲州街道 | トップページ | 夜間走行 »