« 東八道路を走る | トップページ | 交差点の通行 »

2007年5月 8日 (火)

再び甲州街道

07050801今朝の教習は "信号、標識・表示等に従った運転" ということで、初めての路上教習と同じく、甲州街道を府中方面へ。冒頭、

教官「次回からいよいよ三鷹方面の住宅街へ向かって行きますんで、頑張ってください。」

私「・・・。(昨日と一昨日、三鷹方面で散々苦戦したんですけど・・・。)」

どうやら、路上教習のコースは、教官の意向によって異なるようです。

平日の通勤時間帯ということで、信号無視の歩行者や突然歩道から降りてくる自転車、速度超過の車両も少なくありません。また、渋滞している区間もありました。休日の甲州街道とは大違いです。

今回は幹線道路において標識に気を取られる余り、走行位置が不安定になる場面が目立ちました。右に寄る傾向があるのですが、意識し過ぎて左に寄り過ぎたり。状況に見合った走行位置を把握するのが課題です。

また、脇道においても必要以上に左に寄せ過ぎて、工事現場から不意に飛び出してくる作業員を危うく轢きそうになったり、花に車をこすったり。右後方からトラックが近づいている場合は左寄りにしたり、左の脇道から車が出そうな時には右寄りにするなど、状況によって変えていく必要があるということをアドバイスされました。

あと、幹線道路を走っていると、その勢いで住宅街も走ってしまう傾向があり、30 km 制限のところを 40 km 以上で走行していました。高速から一般道へ下りたときは、更に注意が必要そうです。

でも、回を重ねるごとにミラーを見る余裕が大分出てきました。危険予測や状況判断をしっかり磨きたいと思います。

|

« 東八道路を走る | トップページ | 交差点の通行 »

運転免許取得」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再び甲州街道:

« 東八道路を走る | トップページ | 交差点の通行 »