« カバしゃん | トップページ | E233 系 »

2007年2月 9日 (金)

フロッピー ディスク ドライブ

070209015 年近く前に購入した我が家のパソコンには 3.5 インチのフロッピー ディスク ドライブが内蔵されていますが、長男が這い這いをしだした頃に玩具を挿入されてしまい、壊れたままでした。

最近ではフロッピー ディスク ドライブが内蔵されていないモデルが主流で、実際、無くても支障はありませんでしたが、BIOS をアップデートしたり古いデータを読み込む際には必要となるので、新しいドライブに交換しました。

長男も 3 歳近くになり、さすがに物を突っ込む系の悪戯は減りましたが、果たして今後はどんな悪戯を展開するのやら・・・。

|

« カバしゃん | トップページ | E233 系 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

★今度は何だろうなぁ~~~??
「おせんべ」「画用紙」「ぱるめちゃんへのお手紙」
なんて。でへへっ!!!!
私はきっとそうしちゃうかも・・・・・!!うふふっ♡

投稿: sayurin | 2007年2月10日 (土) 05時30分

これをやったら親は怒る、と教えることですね。

つまり、境界線を叩き込むことです。

投稿: hootie bird | 2007年2月10日 (土) 08時38分

以前会社の同僚に、仕事めちゃめちゃできるんだけど、時々大ボケかますエンジニアいまして…
その人、既に一枚入っている3.5インチドライブに、
”あれ~、なんか今日入れずらいな…えいっ!!”
…と都合2枚目のディスクを入れてしまいました。

もちろん、マイコンピュータ開けても、うんともすんともいいません。
”あれ~?なんでえ?”
とドライブをみたら奥で2枚のフロッピーが重なっており…

”おのわっ!!!!!”
と気付き、ディスクの救出を試みましたが駆動系が逝ってしまって、結局ドライブぶっ壊したことありました。

意外とキャパシティあるんですね、FDDの入り口。
ぱるめざんさんのFDDが、しばらく御無事でいられるよう祈っております。

投稿: s_hoso | 2007年2月10日 (土) 10時53分

> sayurin さん

私も幼少の頃、父親の車のホイールに石を挿入していたらしいので、遺伝なのかもしれません。もし、挿入物にメッセージ性があったら、怒れませんね。

> HOOTIE BIRD さん

怒るときは、かなり大きな雷を落とすので、悪いことであるという認識は植えつけられていると思うのですが、境界線を認識させるのは、なかなか難しいですね。色々とご指導願います。

> s_hoso さん

その同僚の方のリアクションを見てみたかったです。
薄い 8 インチや 5 インチならともかく、ある程度の強度と厚さのある 3.5 インチ フロッピーの挿入口も、意外とキャパシティがあるんですね。私も、ローラー式の CD スロットで同じような経験をして、焦ったことがあります。

投稿: ぱるめざん | 2007年2月10日 (土) 22時03分

かなりの雷を落とすよりも、べつの方法もあると思います。
それは子供の個性を尊重をして上げて下さい。

投稿: hootie bird | 2007年2月11日 (日) 21時39分

> HOOTIE BIRD さん

その言葉には、非常に説得力があります。
次回は、失敗談も聞かせてください。

投稿: ぱるめざん | 2007年2月11日 (日) 23時13分

力で抑えようとするものは(この場合は親として)、その見返りが力で帰ってきます。
だから、そのこの好きなもので教え込みました。

投稿: hootie bird | 2007年2月13日 (火) 09時00分

> HOOTIE BIRD さん

子供たちの好きな対象で理解させるよう、努力いたします。

投稿: ぱるめざん | 2007年2月13日 (火) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フロッピー ディスク ドライブ:

« カバしゃん | トップページ | E233 系 »