« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

プーさんモナカアイス

06103101061031020610310406103103

昨日は長女が久々に発熱したので、例のごとくアイスクリームを買って帰ることに。何が良いか・・・。今週は通常とは違い調布勤務なので、慣れない帰り道でサーティワンの様なお店を見つけることができず、浜田山の西友で購入。

「くまのプーさんモナカアイス」を選んだところ、元気な長男は 1 本をペロリ。お熱の長女は何と、2 本も!アイスクリームは、体調が悪くても食べられる強い味方です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

Tribute To P-Funk 2006

061030010610300206103003

昨晩は渋谷 CAMP におけるイベント Tribute To P-Funk 2006 に、Galaxy Dynamites として参戦しました。他の出演バンドは、Strange Stew と Freefunk with Tokyo Funk All Stars。後者のベースはボスで、Galaxys からはキャプテンとマミール、ミッチィが参加。Galaxys は、昨年 10 月中旬に神田イソルデで旗揚げライブを開催してから、ちょうど 1 年になります。

私は Galaxys の正式な乗組員ではないのでオフィシャル サイトにおけるメンバー紹介に名前が載っていないのですが、旗揚げ以来、なんだかんだで Galaxys のライブは皆勤賞です。それでも、今回に関しては、土壇場まで参戦するか否か、迷いに迷いました。

10 月はこれ以外に 6 本のライブが決定しているし、大所帯バンドで最も重要となる合わせの場としてのリハにほとんど参加できない状況が、辞退したい要素。それに対し、ドラムのあぱっちイケさんの Galaxys における復帰戦であることと、リハにほとんど行けない状況を許容してくれるキャプテンをはじめメンバーの温情が参加したい要素。

最終的には、イケさん提供のリハ音源のお陰で、新曲を含めても 2 回だけのリハで何とか行けそう!ということで、参加させていただくことにしました。散々迷った挙句ですが、一緒にリハをして、一緒にステージに上がれば「今回も、出させてもらって良かった!」という気持ちになれます。武蔵野ファンクとは違った意味で、弾けられるバンドです。今後ともよろしくお願いします、という無責任なことは言えませんが、今後とも、可能な範囲で、と申し上げておきます。皆様ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

水溜りにハマる

0610290106102902長女が風邪気味のため、午前中、長女と妻は病院へ。その間、長男と私は近所をお散歩。

何気なく歩いていると、昨日の雨でできた水溜りがあったので、葉っぱをお船にして浮かべたところ、その動きが長男のツボに完全にハマってしまったらしく、水溜りから離れようとしません。

長男「なんでー、はっぱはうごくのー?」
パパ「水に浮いているからだよ。」
長男「なんでー、はっぱはうくのー?」
パパ「水よりも軽いからだよ。」
長男「どこでー?」
パパ「・・・。」

06102903 こんな会話を延々一時間以上。「そろそろ、ママたち帰って来るから、行こうか?」と言っても「まだ!」と断固拒否。「じゃあ、パパ、一人で帰っちゃうね。」と、言って去ろうとすると「だめー、ブッブー。」と言って、通せんぼ。何とか、落ち葉をお土産に持ち帰ることで、収束しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

阿佐谷じゃずはろせーる

061028010610280206102803

午後から阿佐ヶ谷パールセンターへ行ってきました。パールセンターは阿佐ヶ谷ジャズ ストリートとハロウィンが相まって「じゃずはろせーる」を展開。一度で二度美味しい、そんな感じです。

かなりの人手を覚悟していましたが、阿佐ヶ谷駅近くは混雑しているものの、青梅街道に向かうにつれて人通りはまばら。せっかくのイベントなのに、ライブ会場周辺だけが賑わっているのが、少々寂しい気がしました。区役所周辺にも大きな呼び物を配置すれば、パールセンター全般に人の流れを確保できるでしょう。

06102804「キティ?その二」

その一と作者が同じなのかもしれません。

お鼻の位置は、意図的であるという確信が持てました。

0610280506102806ハロウィン帽子を被ったり、パペットで遊んだり。でも、結局ハロウィンのグッズは何も買いませんでした。

せっかく買っても、使うのは一年に一度だけだし、年々溜まっていくだけです。

0610280706102808スターウォーズのダースベーダーを模したバルーン アートに近づこうとしたところ、長男、怖がって後退り。

* * *

夜は Galaxy Dynamites のライブ前の最終リハでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

イルミネーション設営中

06102701新宿サザンテラスにおけるイルミネーションの設営が進んでいます。実際にイルミネーションが灯されるのは 11 月 11 日からですが、作業中も試験的に灯火されているので、重機を気にしなければ現状でも十分愉しめます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

FUNKA RHYTHM Vol.5

0610260106102602青山 LOOP における FUNKA RHYTHM Vol.5 というイベントに、武蔵野ファンクで出演しました。LOOP に到着すると、丁度廣島リマ バンドのステージが始まるところでした。リマさんとの対バンは初めてかもしれません。ボスはリマ バンドと武蔵野ファンクでダブル ヘッダー。個性もジャンルも全く異なるバンドで、しかも出番が連続しているので大変だったでしょう。リマさんはビールで喉を潤しながらの歌唱法で、聴衆を魅了します。なお、今回も裸足です。イタリア帰りの原田さん (アコーディオン) も、情熱的なフレーズを奏でます。海外旅行でリフレッシュしたせいか、以前にも増して演奏に壮大さが感じられます。「月、満ちる」、「再会」等、オリジナルは何度聴いても素晴らしいです。

武蔵野ファンクは伝九郎と堀田さんが体調不良という状況のなか、普段以上に極めてジャム要素が強い演奏になりました。武蔵野ファンクのライブにおいて、今回ほど次の展開が予想できない演奏はなかったのではないかと思います。それも含めて、演奏している側は楽しみましたが、果たしてお客さんがどう捉えてくれたか・・・?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

焼きチーズ

06112501 061125020611250306112504

昨日は妻が音検に合格したっぽいとの連絡を受け、前祝に浜田山カテリーナで焼きチーズケーキを買って帰りました。なんでも、自己採点で確認できたとのこと。

これで、解答欄が一つずつ食い違っていたりで不合格だったら、どうしてくれよう・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

つぼ八ライブ一周年パーティ

0611240106112402061124030611240406112405061124060611240706112408

ようやく書けました。去る 22 日、つぼ八両国西口店本館にて、つぼ八ライブ一周年記念パーティが盛大に開催されました。お店をまるごと貸し切りにして提供してくださったカッパさんこと竹村さんの赤字覚悟の椀飯振舞には頭が下がる思いです。このような企画は、そう簡単にできるものではないでしょう。

店内は両国ジャズ プロジェクトの関係者や今日のために駆けつけてくださった著名人など、60 名以上のお客さんでほぼ満員状態。百楽天さんのコネクションによるビッグネームの多さはもちろんですが、それ以上に両国つぼ八という場において、非常に多くの人の繋がりが展開されたことを物語っています。

つぼ八ライブはチャーリーさんとカッパさんが意気投合して始まったライブですが、チャーリーさん自身は療養中のため、一周年記念には来られないだろうと残念がっていました。ところが、大方の予想を裏切り、何と奥様を伴ってチャーリーさん登場!幻影でも見ているかのようでした。入院中にお会いした時よりも血色が良く、倒れる以前よりも肉付きが良くなっていました。そして、更にテナー サックスで演奏にも参加。会場内は感動の渦です。私自身は、驚きと感動が入り混じった不思議な感覚に陥り、まともに演奏できなくなっていました。

個人的には、病気を押して出てきてくれたチャーリーさんに加え、ベースの日下部さんが来てくれたことも嬉しかったです。アルト サックスのアーキィーや、この日は来れませんでしたがギターの市川さん等、私も含めて日下部コネクションでチャーリーさんと知り合った両国ジャズの関係者は大勢いると思います。

振り返ると、そもそも両国のジャズに関わるようになったのは、昨年 6 月下旬に日下部さんから届いた一通のメールがきっかけでした。その内容を抜粋すると下記の通りです。

    7 月 17 と 23。
    演奏の依頼について
    まず 17 日。
    両国に新しくオープンするジャズ屋での演奏。
    23 日は夕方より有明のヨットクラブの
   
オーナーズパーティーらしい。
    G + P + D + B + クラリネット。
    肩慣らしにいかがでしょう?
    リーダーは。
    クラ、テナー、フルート奏者。
    すごく熱いお方です。笑
    いいひとだよ~!

その「すごく熱いお方」がチャーリーさんだったのですが、その時は、とにかく久々に日下部さんと共演できることが楽しみで、両国のジャズに深く関わるとは思ってもいませんでした。

日下部さんと私は、8 年前は中野区沼袋に住んでおり、その頃に知り合いました。アパートの一室や公園でセッションしたのが懐かしいです。今では考えられませんが、お互いに活動拠点を懸命に探していた頃です。その後、それぞれ沼袋を去り、荻窪において日下部さんが主催するセッションのホスト バンドに迎えてもらったり、私のリーダー バンドでベースを弾いてくれたりしたこともありましたが、長らく共演する機会が無い時期が続いていました。日下部さんは拠点を城東地区に置き快進撃を続け、今や売れっ子ベーシストです。なかなか、気軽にお手合わせを頼める相手ではなくなってしまいました。それでも、私が長男の誕生を前後して、しばらく音楽活動を控えていたことを認識していてくれたので、活動再開への道標を色々と考えてくれていました。上記のメールは、その一環だったのだそうです。

Sany0022_2Sany00315話が日下部さんに反れましたが、ライブ出演への挨拶のために初めてチャーリーさんの靴屋を訪れ、次第にその不思議な世界に引き込まれていきました。アーリーバードや夢の島マリーナにおけるライブへの参加を経て、「つぼ八でライブを開催させてもらうことになった。」とのことで、昨年 10 月 8 日の第 1 回つぼ八ライブに参加。

0511220205112201そして、11 月 22 日には武蔵野ファンクでつぼ八に殴りこみ。一周年記念パーティの冒頭におけるカッパさんの挨拶で印象的だったのが、武蔵野ファンクが登場した際、「その大音量に、ぶっ飛びました。」という感想。でも、それだけの音量でも苦情が無かったことで、その後のつぼ八ライブを運営する上での自信が持てたことは事実のようです。

0511260106012202更に、同月 26 日には地元の学生や親御さんたちとジャズを楽しむというコンセプトのもと、ファミリー ジャズ企画が催されました。子供たちにジャズを聴かせたり教えたりする側面以上に、子供たちの素直な音や姿勢から、私たちが忘れていた音楽を楽しむことを、原点に立ち返って学ぶことが多い企画でした。そして、今年 1 月のチャリティ コンサートに繋がって行きます。

0601170306052103チャリティ コンサートを前後して、ドラムの森さんが連れてきたベーシストが Ohjiro さんでした。Ohjiro さんの一番の功績は、両国ジャズから一つのバンドというカタチを生み出したことでしょう。それまで、既存のバンドやユニット以外では、つぼ八ライブのために編成されるセッション的な枠組みがほとんどでした。チャーリーさん自身による Barbados も誕生していますが、オーソドックスな編成で、コア バンドとしての機能性を持つバンドは Jazz Destoryers だけです。もし、Jazz Destroyers が誕生していなかったら、台東区におけるコンサートにおいてスムーズに事が運ぶことはなかっただろうし、一周年パーティに際してホスト バンドを新たに編成する必要もあったでしょう。今回の仕切り役も見事でした。

つぼ八ライブが行われるようになって、まだ一年ですが、様々な動きがあり、様々な交流がありました。今後は、決定しているだけでも日比谷公会堂や江戸東京博物館ホールにおけるコンサートが控えていますが、何よりもチャーリーさんには「しっかり」療養してもらい、完全復帰を成し遂げてもらいたいものです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

こどもまつり

061023010610230206102303

昨日は妻が音検受験でお昼から不在のため、子供たちを連れて近所の小学校へ。児童館主催で毎年開催される「こどもまつり」に参加するためです。前日のライブ疲れで午前中が出不精だった以外は、昨年と似たり寄ったりです。

校庭一面に模擬店やゲームコーナーが立ち並び、お囃子等も披露されていました。子供たちが真っ先に向かったのは、ヨーヨー釣り。金具の付いたコヨリで釣り上げようと試みますが、なかなかうまくいかず、二人ともコヨリが切れてしまいました。失敗しても、一個ずつもらえるのが、ありがたいところです。

0610230406102305今年新たに加わったと思われるのは、風船探し。網で囲まれた部屋の中から、制限時間以内に絵の描かれた風船を探すというゲームです。長女は係のお姉さんの説明を理解していましたが、長男は風船でひたすら遊ぶだけ。結局、長女が長男の分も見つけてくれたので、景品のバルーン アートを一個ずつもらえました。

061023060610230706102308

食べ物屋も盛り沢山で、ポップコーンに綿菓子にチョコバナナ等。特に綿菓子は大人気で、長蛇の列でした。お昼ごはんをちゃんと食べて来たのに、お菓子は別腹のようで、二人ともよく食べました。長男はチョコバナナを食べるのに苦戦し、チョコレートのソースが次第に溶けて洋服を汚すことに。

夕方からは、つぼ八ライブ一周年パーティのため、一旦帰宅した上で子供たちも伴って両国へ。その模様は、明日の日記に掲載します。もはや、日々の記録ではなくなって参りました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

両国 b.b. ライブ

0610220106102202061022030610220406102205

昨日はギターの深瀬渉さんと杉山太朗さんとの両国 Jazz bar b.b. におけるライブでした。7 月に b.b. を初めて訪れた際、実際に演奏スペースが確保できるのか?という不安も少々ありましたが、テーブルや椅子の一部を撤去することにより、見事にステージが出来上がっていました。過去には最高で 5 人編成によるライブを開催した実績もあるそうです。

061022060610220706102208

今回は二部構成で、一部は控えめに演奏。ベースとギターの居ない編成の場合、演奏が単調になりがちですが、その点は杉山さんのソロとバッキングにおけるテクニックが全面的にカバーしてくださいました。杉山さんは、お風邪を召していられたのですが、3 時間に及ぶこの編成での演奏は、さぞお辛かったことでしょう。お大事になさってください。

バンマスの深瀬さんは終始マイペースで、リハも含めての長丁場を乗り切りました。実際には、かなり緊張されていたそうです。弾きまくらない自然体の演奏には、非常に好感が持てます。

0610220906102210二部からは、徐々に通常のパフォーマンスを展開。ピアノの早坂さんが加わり、更にアルト サックスのアーキィーも駆けつけてくれて、セント トーマスやウォーターメロンマン等を演奏してもらいました。最終的には、5 人で演奏した形です。

ご来場いただいた皆様、深瀬さん、杉山さん、b.b. 関係者の方々に、御礼申し上げます。ありがとうございました。

今夜はつぼ八両国店本館における、つぼ八ライブ一周年パーティです。

子供たちも連れて行くので、楽器の運搬をどうしようかと悩んでいたのですが、隅田川のカッパさんのご好意で、昨日の b.b. ライブの終了後、つぼ八内に置かせていただき、大助かりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

幼稚園バザー

06102101061021020610210306102104

午前中、長女の幼稚園で開催されているバザーへ行ってきました。今年も子供たちの洋服や玩具を安価で沢山買えました。昨年は途中で雨が降ったため、会場で販売されているポップコーンを買うことができませんでしたが、今年は天気に恵まれ、無事買うことができ、子供たちも満足です。

0610210506102106バザー後、妻が不在のため、お昼ごはんは高井戸のマクドナルドへ。長女はハッピーセットだけでは足りず、ポテトを追加で注文しました。長男も、ハッピーセットをほぼ完食。食べる量の増加傾向が顕著です。そのうち、外食するのも大変になってくるのでしょう。

さて、今日はこれから、両国 Jazz bar b.b. でライブです。妻が帰宅し次第、出掛けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

中野駅北口広場

06102001昨日は、仕事が終わってから武蔵野ファンクのリハまで、2 時間ほど空きができたので、個人練習に費やすことに。どこで練習しようかと考えた際、ふと思い出したのが中野駅北口広場。

かつて、中野区沼袋に住んでいた頃は、ほぼ毎日ここで楽器の練習をしていました。夜遅くまで吹いていても全くお咎めがなかったのが魅力。当時、この場所で楽器を練習していた人は多く、色々な人に巡り合いました。

最近は画像のように半分が駐輪場となったり、また、苦情が多発しているので、楽器の練習はやりにくくなっているようです。昨日は、琉球舞踊の集団と、ホーン奏者が数人居た程度でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

黒ベエ

061019010610190206101903

東京に住んでいながら、東京駅でお土産を買うのも変な話ですが、昨日はせっかく東京駅に降り立つので、子供たちに「お土産、何がいい?」と聞くと長男は「あいしゅー」と返答。それに対し、長女は「特にはなーい」とのこと。どこで、こんな言葉を憶えたのでしょう?

結局、何も決めず何を買って帰ろうかと駅構内を歩いていると、全体的に黒いイメージの土産物売り場が目に入り、直感でここで買うことに決定。東京ばな奈の「黒ベエ」というバームクーヘンです。残念ながら、ホール タイプは人気があり既に売り切れだったため、カット タイプにしました。

しっとりしていながら、軽い口当たりで美味しかったです。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006年10月18日 (水)

東京駅

06101801ビジネス以外の目的で、東京駅の改札を出る人は、どのくらい居るのでしょうか?私自身、乗り換えのために下車することはありましたが、純粋に東京駅の改札、しかも中央口を利用したのは初めてかもしれません。

2010 年を目処に、開業当時の 3 階建てに復元される予定なので、この風景も数年後には変化しているのでしょう。戦争の爪跡を教訓として残すべきという意見もあります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

キティ?

06101701 杉並警察署前にて。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

ガスト

06101601061016020610160306101604

昨日は、義父母と午前中に所用を済ませた後、その足でお昼ご飯を食べるため武蔵小金井のガストへ。ガストのキッズ メニューは、アンパンマン。デニーズのピングーといい、ココスのドラえもんといい、子供向けにアニメ キャラクターの力を借りるのが主流のようです。

061016050610160606101607

さて、キッズ メニューは 480 円で、オマケはガチャガチャ。出てきたのは長女が指輪で、長男が電車のキーホルダー。ある程度ちゃんとしたものなので、一体食事自体の価格は?と思ってしまいます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

セッション@新中野弁天

新中野弁天における武蔵野ファンク主催のセッションにご参加いただきありがとうございました。取り急ぎ、画像のアップです。

06101501061015020610150306101504061015050610150606101507 0610150806101509061015100610151106101512061015130610151406101515061015160610151706101518

次回開催予定 :

12 月 9 日 (土) ※ 11 月は残念ながらお休みとなります。次回は 12 月です。
Open : 17:30
Charge : 1,000 円 (+ 1 drink order)
場所 : 新中野弁天 (丸の内線新中野駅 1 番出口より 徒歩 3 分)

新中野弁天
http://www.benten55.com/

武蔵野ファンク
http://webstyle.jpn.org/m-funk/

Map01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

武蔵野ファンク@昭和記念公園

06101401 06101402今日は、昭和記念公園におけるイベント "コスモス祭り" に武蔵野ファンクで出演しました。

青空の下、演奏するのは、この上なく気持ちが良いです。

取り急ぎ、実行委員会の皆様、公園緑地管理財団の方々、演奏を聴いてくださったお客様に御礼申し上げます。ありがとうございました。そして、武蔵野ファンク メンバー、お疲れ様でした。

夜のセッションの模様は、明日の日記に掲載します。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

パパはイマイチ

06101301 昨日に引き続き、「ほっとどっぐまん」シリーズで、ちゃんと朝ごはんのホットドッグを食べきるよう、説得。

パパが怒っている画にしましたが、一転して長男の反応はイマイチでした。

子供のツボは、難しいです。

長女は、ゲラゲラ笑っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

ほっとどっぐまん

06101201注 : 長女が描いた画ではありません。私が苦し紛れに描きました。

長男が朝食を残そうとする際の切り札です。昨日は朝食が食パンだったのでアンパンマンの「しょくぱんまん」が泣いている画を描いて「食べてくれないから、泣いているよ!」と言って諭しましたが、今日の朝食はホットドッグ。アンパンマンには「ほっとどっぐまん」なんて居ません。適当に描いて昨日と同じく「食べてくれないから、泣いているよ!」と諭すと、見事完食。

06101202 食べ終わると、裏に描いた「笑顔のほっとどっぐまん」が現れます。

パパ業も試行錯誤です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

出揃いました

10 月ライブの予定が出揃いました。上旬は長女の運動会を考慮してライブを入れませんでしたが、中旬からぼちぼち再開します。

10 月 14 日 (土) 14:30

武蔵野ファンクで昭和記念公園内の「みんなの原っぱ」におけるストリート ライブにジャズ セットで臨みます。なお、雨天の場合は残念ながら中止です。

国営昭和記念公園「みんなの原っぱ」
http://www.showapark.jp/
 

10 月 14 日 (土) 17:30

ストリート ライブと同日の夜、新中野弁天における武蔵野ファンク主催のセッション & ライブです。

新中野 弁天
http://www.benten55.com/
 

10 月 21 日 (土) 夜

深瀬渉さんと杉山太朗さんによるギター デュオに加わらせていただく形で出演します。

両国 Jazz bar b.b.
http://limiter.sakura.ne.jp/b-b/
 

10 月 22 日 (日) 18:00

Jazz Destroyers がフリー セッションのホストを務めさせていただく、つぼ八ライブ一周年記念大パーティーです。参加には事前に申し込みが必要となります。

つぼ八両国西口店本館
http://www.takemura-inc.co.jp/ryogoku/
 

10 月 26 日 (木) OPEN 17:30 START 18:00

ありがたくも、青山 LOOP で武蔵野ファンクに 3 回目の出演の機会を与えていただきました。ボスは廣島リマさんのバンドとダブル ブッキングです。

青山 LOOP
http://www.live-loop.com/
 

10 月 29 日 (日) OPEN 18:00 START 19:00

日本屈指のファンク バンド FREEFUNK が主催するイベントに、P-Funk 系の大所帯バンド Galaxy Dynamites で今回も参加させていただくことになりました。

Galaxy Dynamites
http://gal-axy.com/

渋谷 CAMP
http://www.shibuya-camp.com/
 

10 月 31 日 (火) 20:00

トランペットの島圭二さん、ギターの斉藤栄さんとのトリオです。島さんは、私が中野に住んでいた時分における心の師匠。つぼ八ライブへの紹介で、久々の共演が実現します。ニューヨーク仕込みの素晴らしいトランペットの音色を是非お聴きください。

つぼ八両国西口店別館
http://www.takemura-inc.co.jp/ryogoku/index.html

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

COCO'S

06101001061010020610100306101004

昨日は国分寺に行く用事があり、COCO'S で遅い昼食。

後で分かったのですが、COCO'S って、ココ壱番屋とは無関係なんですね。ロゴとか配色が似ているので、ココ壱番屋のレストラン版だと、ずっと思っていました。どうりで、カレー メニューが殆ど無い、通常のレストランであるわけです。

0610100606101005061010070610100806101009

大人はハンバーグとコンビネーション バケット サンド。子供たちはお子様ランチ。

お子様ランチに玩具等のお土産は付きませんでした。価格もガストや夢庵のような割安感がないので、私的にはデニーズと同じクラスの位置づけです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

たこ焼き大会

連休は運動会が初日に無事終わってしまったので、残りの 2 日間は腑抜け状態。昨日は「運動会でもらったシャボン玉をやりたい!」という子供たちの希望で、なぜか交通公園へ。「他の公園でもいいじゃん?」と言っても、「交通公園がいい!」とのことです。交通公園へ行くと、偶然遊びに来ていた義妹と甥っ子に会えました。

さて、シャボン玉を始めようと椅子に腰掛けようとするや否や長男、座り損ねて転んで地面におでこをゴン!慌てて帰宅して、アイスノンで処置。大きな瘤ができましたが、幸い大事には至りませんでした。画像における長男がおでこに熱さまシートを貼っているのは、瘤の冷却のためです。

06100901061009020610090306100904

瘤の様子をしばらく見て、大丈夫そうなので再び交通公園へ。義妹と甥っ子がまだ遊んでいたので、自宅へ遊びに来てもらうことに。子供たちは興奮して走り回ったり玩具を取り合ったりで、もう大騒ぎです。お昼ごはんをどうしようかという、妻と義妹による姉妹会談の結果、急遽たこ焼き大会の開催が決定!子供たちは、更に大騒ぎです。「たこ焼き」というキーワードを耳にして、一瞬にして意気投合。たこ焼きには不思議な力があります。

その後は、長男と、重機見物に行ったぐらいで、基本的にのんびりしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

運動会@幼稚園

0610080106100802昨日、長女の幼稚園における運動会が予定通り開催されました。週間天気予報では降水確率が高い日が続き、前日までは嵐だったので、決行されるか心配していましたが、当日の朝を迎えると快晴に恵まれました。風が強く、シートが飛ばされたり、ゴミやプログラム等が散乱するといった状況はありましたが、それ以外は絶好の運動会日和です。

0610080306100809今回は杉並区内在住の妻の両親に加え、河口湖在住の私の両親も駆けつけ、賑やかな応援になりました。初めての運動会であった昨年の緊張した面持ちと比べると、長女は常に笑顔を見せて余裕の表情。毎日の変化ではなかなか気づきませんが、年少さんと並んだりすると、一年での変化の度合いの大きさがわかります。あと、長男の髪の毛の量も飛躍的に増えました。

0610080406100805徒競走において順位は確定されないものの、実質的には 5 人中 3 位。

足が遅い方だった私としては、「凄いじゃん!」という感想ですが、長女自身は 1 位狙いだったようで、少々不満な表情。きっと妻の遺伝子でしょう。

0610080806100806親子競技において、長女はママと出たいと主張する一方、未就園児競技において、長男はパパと出たいと主張。結局、私が参加した競技は、未就園児競技だけです。

色々問題があったのか、今年は保護者競技の綱引きが無かったのが残念。

0610080706100703妻が 3 時に起きて用意したお弁当 8 人分は、あっという間にほぼ完食。朝、重かったバスケットが、飛躍的に軽くなったようです。

昨年と同様、年長さんのリレーには感動しました。順位確定と思われた場面を、一生懸命の走りで何度覆されたことか。来年、長女たちの番だと思うと、信じられません。昨年の段階では、まだまだ先の話という心構えでしたが、今年は長女が走っている姿を思い浮かべていました。

0610081006100811運動会も無事終わり、メダルを貰って保護者席に帰還。

今回の運動会には、年少の時の担任で、昨年度で退職された先生も駆けつけ、同じグループだった長女たちは大興奮。ハイタッチしたり、抱き合ったり、激しくはしゃいだり・・・運動会の本編以上に、テンションが上がっていました。相当お気に入りの先生だったのでしょう。

06100812ご褒美は、鳥一の串焼き。おばあちゃんとの約束だったのだそうです。

皆様お疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年10月 7日 (土)

嵐が去って

06100701長女の幼稚園における運動会は、1 時間遅れで開催されることになりました。

 

06100702デジカメ用に世界最大容量のニッケル水素充電池を新たに購入し、充電完了。

 

06100703妻が 3:00 に起床して用意したお弁当。お疲れさん。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

パルシステム

0610060106100602パルシステムという生協の CM に、家族ぐるみでハマっています。キャラクターの「こんせんくん」が目をギュッとつぶってお尻を振るダンスが可愛すぎ。子供たちも、真似しています。

なお、我が家は別の生協の会員でした・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

週末の天気

週末の天気

今週の土曜日は長女の幼稚園の運動会なので、週末の天気が非常に気になります。週間天気予報によると土曜は降水確率が 60 パーセントで、既に日曜日に延期される公算が高いです。

それから、長女の体調。今日は熱はないものの、咳が出たりダルそうにしており、体調を崩す前兆を察した妻の判断で、幼稚園はお休みさせました。今日一日家で安静にして、美味しいものを食べたりしたので、少しは持ち直したことでしょう。

明日登園して明後日に運動会か?はたまた、明日登園して土曜は雨でお休みで明々後日に運動会か?それとも、天気予報が全くはずれて、月曜以降に延期か?

運動会を無事乗り切るまでは、天候と健康が共に気がかりです。

本日の飲酒量 : ゼロ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

サミットのティラミス

06100401スーパーで売っているデザートは、安価であるだけにクオリティを重視できないものだと勝手に決め付けていましたが、サミットのティラミスは 1 個 200 円以下でも、かなりのボリュームがあり、美味しいです。侮るなかれ。昨日、私と妻の分だけ買って帰りました。子供たちには内緒です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

新しい箸

06100301長男用ではありません。私のお弁当用です。この手のキャラクター箸に大人用が存在しないことに、疑問を感じます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

桜木亭のパンダ焼

金曜日から昨日の夕方まで、長女は妻の実家へお泊り。昨日は都民の日で都内における特定の施設が無料開放とのことで、妻と長男は入園無料となる上野動物園へ出かけました。その間、私はお留守番。長女も動物園へ行くことを希望していたら、無理して伴ったかもしれませんが、ライブ等で疲れていたので今回はパスしました。

長男はかねがね「ゴリラが見たい、ゴリラが見たい」と、ドラミングや四つんばいの格好を交えて主張してきたので、ようやく願いが叶ったようです。

0610020106100202私自身は久々に家で一人の時間を持てたので、手付かずであった作業が若干片付きました。午後からは雨で、15 時過ぎには妻と長男は帰宅。お土産は、上野動物園内で売っている桜木亭のパンダ焼でした。

「タヌキみたい!」と言ったら長男に「めっ!」って怒られました。

06100203夕方には長女も帰宅し、一気に賑やかに。お姉ちゃんが居なくて寂しがっていた長男ですが、間もなくして本の取り合いで喧嘩です。やれやれ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

SoulGarden Vol.9

06100103昨晩は先月に引き続き、南青山 JANOJA におけるイベント Soul Garden に、武蔵野ファンクで出演しました。今回の Soul Garden の 1 バンド目は、ボーカルのミトモ タカコさん率いるトビウオ。ミトモさんとは 5 年以上前に荻窪のセッションで知り合い、茨城県龍ヶ崎市の野外イベント等でご一緒したりする等、長いお付き合いです。私が活動を休止していたりでブランクがあり、去年久々に再会。そして、今回対バンが実現して感無量。日本人ではなかなか出せないソウルフルな歌声に、改めて圧倒されました。

06100101武蔵野ファンクは 2 バンド目の登場。Soul Garden においては今回初めて、フリューガーボーンを持ち込みました。これまでにも上板橋ライブにおけるセッションでフリューガーを用いたことはありましたが、基本的に武蔵野ファンクのライブではトロンボーン一本で勝負したいというポリシーを貫いています。今回はミトモさんと、3 バンド目で登場する Keos さん (Takeo さんのことですが、Soul Garden においては、この表記で統一するそうです) とのコラボレーションで You've Got A Friend を演奏するので、例外的に導入しました。6 年前に当時の TURKEYS-GANG メンバーに Soul Sista Maki さんと藤岡テッシンさんをボーカルに迎えての企画バンド "GOD HAND" で演奏したことがあり、フリューガーでソロを吹いた実績があったからです。年月を経て再び演奏できたことに、特別な感慨があります。

061001023 バンド目はボーカルに Keos さんを擁しての椎名達人バンド。ジャズ スタンダードを披露するという試みで、
冒頭のサマータイムで伝九郎と共に飛び入りさせていただきました。サマータイム以外はセッションではあまり取り上げられないスタンダードで、椎名バンドの演奏もさることながら歌いこなす Keos さんは素晴らしいです。忘れかけていた部分のジャズを蘇生させてくれた感があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »