« ポップコーン マシーン | トップページ | SL パレオエクスプレス 復路 »

2006年9月24日 (日)

SL パレオエクスプレス 往路

06092401長男と秩父鉄道の SL パレオエクスプレスに乗ってきました。長男にとって、秩父鉄道も SL に乗るのも初めての体験。私は、6 年前に御花畑 - 羽生間を利用したことがあるものの、SL に乗るのは初めてです。なお、長女は SL への興味を示さず、ママと吉祥寺のデザート バイキングへ行きました。

SL パレオエクスプレスは熊谷始発。自宅から熊谷までの経路は下記の通りです。

自宅 - <関東バス> -> 中野 - <中央線快速> -> 新宿 - <埼京線快速> -> 赤羽 - <高崎線快速アーバン> -> 熊谷

060924020609240306092404

1 時間半程度で熊谷に到着し、SL を待ち構えます。しばらくすると、電気機関車に牽引されて、羽生方面のホームにバックする形で滑り込んできました。4 両の客車を経て、先頭に SL 登場。SL 周辺は記念撮影をする乗客で大変な混雑でした。

060924050609240610:10 熊谷を出発。ゴールデンウィークや夏休み、これからの紅葉シーズンにおいては大変な乗車率になるそうですが、この日は自由席でも余裕で座席が確保できる程度。長男の席も確保でき、区間によってはボックス シートを占有できる状況でしたので、むしろ自由席で良かったです。

SL に乗れること自体が呼び物で、遊覧鉄道的な存在だと思っていましたが、実際には長瀞や宝登山等への観光の足としての利用客も多く、同じボックス シートに乗り合わせた方は、実家へ帰る足として利用しているとのことで、通常の交通手段として機能していることが意外でした。

06092407060924080609240906092410

車内販売されている秩父ふれあい牧場のアイスクリームを食べたり、乗務員の制帽を貸してもらって被ってみたり、外の景色を眺めたり。特に、荒川の清流は、都内を流れる荒川の上流だということを忘れてしまうぐらい優美。ボックスシートに乗り合わせた地元の方に、思わず「これって、東京の荒川と同じ川ですか?」と聞いてしまいました。笑顔で、「もちろん、そうですよ。」と返答を受け、改めて荒川の上流であることを実感。

06092411060924120609241306092414

外の景色に気を取られているうちに、「SL べんとう」の車内販売を逃してしまいました。残念!
そのため、三峰口駅に到着した後、駅前のそば屋でうどんを食べました。そば屋の店員さんが、長男のためにフォークを用意してくれると気遣ってくれましたが、長男、あくまで箸で食べると拒否。この点は強情です。結局、割り箸では上手く食べられず、レンゲで食べていました。

060924160609241706092415

三峰口駅では、乗ってきた SL がスイッチバックして整備される様子等を観察。今まで実物の SL は静態保存されたものしか見たことがなく、動いている姿は映像の中でしか見たことがなかったので、目の前で動いている様子は感動的でした。その SL に牽引された車両で旅ができるのですから、尚更です。

長男は古い鉄道車両にも強い興味を示していました。記念撮影用のパネルを覗こうとしましたが、身長が若干不足気味・・・。

日帰りの旅でしたが、とても一日の日記では書ききれないボリュームなので、復路は明日の日記に書きます。

本日の飲酒量 : ビール 350ml 缶 x 1、発泡酒 350ml 缶 x 1

|

« ポップコーン マシーン | トップページ | SL パレオエクスプレス 復路 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 ああ~良いですね?以前行った時の事・・思い出しながら拝見しました。
 三峰口で、点検~水補給(蒸気機関なので・・)などで・・かなりの時間・・撮影タイムになりますよね。

投稿: u-papa | 2006年9月25日 (月) 16時55分

男は男同士、女は女同士、良いですね(o^v^o)
僕が子供の頃は、親父と二人きりだとやたらテンションが高かったらしいです♪今は逆ですけど(^o^;

投稿: アーキィー | 2006年9月25日 (月) 20時35分

> u-papa さん

実は、欲張って往復 SL に乗ったので、三峰口における滞在時間は僅かでした。しかも、大部分は食事に費やしてしまいまったため、水補給と転車風景は見られませんでした。次の機会の楽しみにしておきます。

> アーキィーさん

今は長女と長男の志向がそれぞれ、男の子チームと女の子チームに傾いています。長女の場合は、ママを独占したい気持ちが強いのかもしれません。アーキィーが「今は逆」の理由は、色々な事情で複雑ですけど、今後アーキィーがビッグになったら、状況も変わってくるかもしれませんね。

投稿: ぱるめざん | 2006年9月25日 (月) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SL パレオエクスプレス 往路:

« ポップコーン マシーン | トップページ | SL パレオエクスプレス 復路 »