« DVD-R | トップページ | ポップコーン マシーン »

2006年9月22日 (金)

Serial ATA

06092201自宅 PC におけるハードディスクの空き容量が息苦しくなったきており、また、購入から 4 年以上経過しているので、換装することを決意しました。換装にあたり、従来規格の Ultra ATA にするか、新規格の Serial ATA にするか、大いに迷いました。Serial ATA は転送速度が Ultra ATA の 1.5 倍で、Serial ATA II に至っては 3 倍の性能を持っているのにも関わらず、ハードディスク ドライブ自体の販売価格は、14,800 対 15,800 円と大差がない点が Serial ATA を選択したい要素。一方、Serial ATA に対応するためには別途 Serial ATA インターフェイス ボードが必要となる点が、Serial ATA を避けたい要素。

結局、新たなインターフェイス ボードを装着せずに済む Ultra ATA を選択しました。現状の転送速度に、それほど不満を持っていないということと、ハードディスクは消耗品なので、次にシステム アップを図る時には、既に寿命を迎えているだろうという考えからです。

なお、現在のハードディスク ドライブの構成と稼働開始時期、用途は下記の通りです。

1. 内蔵 IDE 80 GB HDD (2002 年夏) システム、データ用
2. 内蔵 IDE 60 GB HDD (2001 年冬) データ用
3. 外付け USB 2.0 120 GB HDD (2003 年冬) バックアップ用
4. 外付け USB 2.0 80 GB (2002 年冬) ハードディスク レコーダ用

特に 2. は一番古く、現行の PC を購入する以前から 5 年近く連続稼働しているので、今回の引退対象。最終的には下記の構成に組み替える予定です。

5. 内蔵 IDE 250 GB HDD システム、データ用
1. 内蔵 IDE 80 GB HDD (2002 年夏) バックアップ用
4. 外付け USB 2.0 80 GB (2002 年冬) バックアップ用 => 解体して内蔵 IDE 化
3. 外付け USB 2.0 120 GB HDD (2003 年冬) ハードディスク レコーダ用

本日の飲酒量 : 発泡酒 500ml 缶 x 1、350 ml 缶 x 2

|

« DVD-R | トップページ | ポップコーン マシーン »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

やっぱ、5番はパーテーションで分けるのでしょうか。
システムはそんなにスペース要らないもんね。

うちもまだUltraATA。まだまだ現役ですよ。

投稿: のりぱぱ | 2006年9月23日 (土) 10時42分

> のりぱぱさん

5 番を複数の OS で起動できるようにパーティションを分割した上で、データ領域を確保する予定です。

以前は PC の更新サイクルを 4 年を目途としていましたが、家庭を持つとなかなか・・・ですね。

投稿: ぱるめざん | 2006年9月23日 (土) 17時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Serial ATA:

« DVD-R | トップページ | ポップコーン マシーン »