« ジャズ コンサート@老人福祉センター | トップページ | 東京国際空港 »

2006年9月 3日 (日)

自宅花火

06090301060903020609030306090304

昨日はジャズ コンサートの時間帯が昼間だったので、明るいうちに帰宅。晩御飯を済ませてから、自宅の外で子供たちと花火をすることに。自宅で花火をすること自体は、特筆すべき事項ではないかもしれませんが、振り返ると、今の自宅で花火をすることは初めてのこと。また、長女は帰省した際に手持ち花火の経験がありましたが、長男にとって手持ち花火は初めての体験。そのため、ある意味一大イベントです。

長女は煙の方向を上手くコントロールできないぐらいで、概ね大丈夫。それに対し、長男は初めてだけに持ち方すら分からず、線香花火の先を触りそうになったりして危なくて仕方ありません。着火する際に私の方に向けられたりして、熱い思いもしました。火傷した場合に備えて、アイスノンも待機していましたが、幸い無事に花火終了。

ところが、花火が終わって長男、玄関先で一言「うんち出た・・・。」
花火が楽しくて、言いだせなかったようです。
トイレ トレーニング中でオムツではなかったので、パンツが・・・。

|

« ジャズ コンサート@老人福祉センター | トップページ | 東京国際空港 »

育児」カテゴリの記事

コメント

あはは、かわいくていいねぇ。
でも、線香花火は足の上に落とすと穴が開くほど温度が高いから気をつけてください。
それはそうと、自分の火傷は大丈夫?

投稿: kappa | 2006年9月 4日 (月) 01時02分

> カッパさん

長男が線香花火をする際、実際に足の上で構えたりしていたので危なかったです。目が離せませんでした。
私の火傷は、お蔭様で大分赤みがひいてきました。痛さから痒さに移行し、皮がボロボロ落ちるので、掃除が大変です。

投稿: ぱるめざん | 2006年9月 4日 (月) 12時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139825/11734391

この記事へのトラックバック一覧です: 自宅花火:

« ジャズ コンサート@老人福祉センター | トップページ | 東京国際空港 »