« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

STUDIO PLAT'S

06093001 0609300206093003

21 日に両国の Jazz bar b.b. で深瀬さんとジャズ ギタリストの杉山太朗さんのギター デュオに加えていただく形でライブに出演します。今日は両国の STUDIO PLAT'S で、そのためのリハーサルでした。

深瀬さんと杉山さんは、同スタジオでご一緒に時々リハーサルを行われているそうですが、杉山さんと私は初顔合わせ。しかしながら、初めてという感じがしませんでした。恐らく、どこかしらのライブでお目にかかったのでしょう。

2 ギターにトロンボーンという異色の編成なので、普段演奏するスタンダード ジャズも新鮮な響きに感じられます。特に杉山さんはさすがです。多くのバッキング テクニックをお持ちなので、ドラムやベースが居ないというマイナス面をことごとく払拭。アドリブ回しでコーラスを重ねるごとに、どんなバッキングが飛び出すのか、楽しみで仕方がありませんでした。

当初、編成が編成だけにトロンボーンでベース ライン的な動きを多用しようと考えていましたが、その必要はなさそうです。時々スパイスを加える程度に入れてみたいと思います。

深瀬さんは譜面を見ずにほとんどの曲を弾きこなしていました。自己流でカバーする部分もありますが、それが逆に飾らない自然な流れを生み出します。弾き通しで長丁場のライブを乗り切るのは非常に大変なことでしょう。

今回のライブにあたり、個人的に練習が必要なのは Antonio Carlos Jobim の Felicitade と Lee Morgan の Ceora。いずれもボサノバで、この機会がなければ取り組まなかった曲です。

STUDIO PLAT'S は JR 総武線両国駅東口から徒歩 5 分のガード下。都営大江戸線両国駅の A5 口からは、徒歩 1 分足らずです。新しくできたスタジオである模様で、気持ちよくリハーサルを行うことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金)

ママチャリ通勤

06092901昨日の箸折れが前兆だったのか、武蔵野ファンクのリハから帰る途中、マウンテン バイクの後輪がパンク。それでも、パンクした地点が自宅近くだったのが不幸中の幸いでした。マウンテン バイクが使えないので、今日の新宿までの通勤の足はママチャリです。

06092902パンクしたマウンテン バイクは購入して 1 年以上。ワイヤーの破断やチェーンのトラブルは度々発生していますが、パンクは初めてです。パンクに強い太いタイヤでも、目をやるとかなり磨り減っています。東は両国、西は久米川、南は目黒、北は上板橋と、通勤で毎日使う以外にも広範囲で乗り回したので、無理もないでしょう。とりあえず、今回はパンク修理に留めて、次回はタイヤ交換を検討します。

本日の飲酒量 : ゼロ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

箸折れる

06092801お弁当を食べている最中、特に力を加えたわけでもないのに、箸の先端部分が折れてしまいました。室町時代の足利将軍が宴席で餅を挟んだ際に箸が折れ、その後落馬して死んでしまったという逸話から、不吉の前兆と言われていますが、ここは箸をリフレッシュできるということで、前向きに捉えたいと思います。

本日の飲酒量 : 発泡酒 500ml 缶 x 1、350ml 缶 x 1

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

あわや大損失

自宅の PC において新しく購入したハードディスク ドライブへ組み替える作業での顛末です。

新しく購入したハードディスクを増設し、付属の DISK FORMATTER でパーティションを作成すると、拡張パーティション内の論理ドライブが作成されるので、当該論理ドライブに既存のドライブからファイルを移動しました。

その上で既存のドライブを外し、ハードディスクの構成を変更して、OS を起動する段階までは順調だったのですが、データを移動した論理ドライブにアクセスしようとすると「パラメータが間違っています。」旨のエラーでアクセスできず。ほとんどのデータを移動してしまったのに・・・。

バックアップがあるので大丈夫かと思いきや、8 月中旬に完全バックアップを取得して以降は、毎日の差分バックアップを取得しており、ドライブの構成を組み替えるに当たり、一時的に差分バックアップのファイルもその論理ドライブに退避していたので、8 月中旬以降のデータを失うことに・・・。ファイルのほとんどはデジカメで撮影した動画。海水浴も、お祭りも、SL の旅も、全部その中です。

かなり焦りました。思い出の映像はお金を出しても買えません。データ復元サービスもありますが、高価な上に、復元できる確証もありません。

祈るような思いでドライブ構成を元に戻しリブートしたところ、チェックディスクが走りファイル テーブルが修復され、再び論理ドライブにアクセスすることができました。一通りのデータを確認したところ、無事だったようです。

作業対象のドライブとは別のデバイスに、バックアップを取得する必要性を感じました。

* * *

もし、データを失ったままだったら、妻と子供たちが一昨日のピクニックで拾ったドングリで作った作品だけを掲載して現実逃避するつもりでした。

060927010609270206092703

 
本日の飲酒量 : ゼロ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

柏の宮公園

0609260106092602昨日は夏休みを取得しており、前日の疲れを引きずりながら朝はゆっくりできました。長女が土曜日に通園した代休のため「どこへ行こうか?」という話になり、久し振りに柏の宮公園でピクニックをすることに。突発的なピクニックなので事前に準備は全くできず、昼食は公園までの経路上にある西友で購入しました。

060926040609260506092603

トンボがたくさん見られるようになりました。実の大きいドングリも沢山落ちています。ドングリ拾いをしているときに、通りかかったおばあちゃんが折り鶴をプレゼントしてくださいました。変わった折り鶴で、尻尾を引っ張ると羽根が動きます。

0609260606092607060926080609260906092610

柏の宮公園は、京王井の頭線浜田山駅と京王線下高井戸駅を結ぶ南北バス「すぎ丸」さくら路線の柏の宮公園入口が最寄バス停。浜田山駅からも徒歩圏内です。

園内には草地広場、疎林広場、水生生物の池、テニス コート、日本庭園、溜池、水田、茶室があります。滑り台と渡り棒等が装備された遊具もありますが、何と言っても広大な敷地で思いきり走り回れることが売りでしょう。愛犬を伴って入ることも可能です。

本日の飲酒量 : 発泡酒 500ml 缶 x 1、350ml 缶 x 1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

SL パレオエクスプレス 復路

06092501 0609250206092503

昨日の往路編に引き続き、秩父鉄道 SL パレオエクスプレスの復路編です。

三峰口で SL の作業風景を観覧後、14:03 三峰口を出発。復路は一番後ろの車両に乗車しました。カーブにおいて、車内から先頭の SL 車両が撮影できるからです。さすがに、私も長男も頭を窓から出すことは避けましたが、乗客の中には窓から身を乗り出している乗客も居り、危なそう・・・。

長男の日記ではなく、一応私の日記ですので、私の姿も掲載します。我々親子の服装はお揃いでした。万一迷子になっても、親子だということを認識してもらいやすいというメリットがあります。顔を見れば一目瞭然というツッコミはなしです。

06092504沿線には太平洋セメントの工場や貨物側線が多く見られます。武甲山で採掘された鉱石をセメント工場へ輸送するための貨物鉄道としての側面が大きいことの表れです。しかしながら、貨物輸送もトラックに推移し、貨物列車による輸送は減少の一途ですので、そのことが秩父鉄道が将来に渡って存続するかどうかの不安要素です。

060925050609250606092507

SL を外から撮影しようと待ち構えている人も多く、こちらを向いて手を振ってくれるので窓から手を振って応えます。こういった形のコミュニケーションも良いものです。

今回、初めて SL に乗って煙の量の多さも実感しました。SL の通過後は辺りが霞むほどです。無煙化が鉄道発展のための大きな課題であったことを思い知るのと同時に、私たちが秩父鉄道で SL に乗れるのは、沿線住民の方々の理解と協力があってこそのことだと思いました。住民の方々に、心から感謝しなければなりません。

060925080609250906092510

熊谷到着 16:18。今日はこれにて SL とバイバイするので、後部車両から先頭の SL まで舐めるように眺めました。SL を眺める過程で、機関士の方が、SL の蒸気を生成するための水で洗浄した石炭をプレゼントしてくれました。今回、各駅における滞在時間が三峰口の 74 分を筆頭に、軒並み数分程度で、しかも三峰口においては食事や SL の作業風景の観覧に費やしてしまったので、お土産を選ぶ時間を確保できずじまい。そのため、この一個の石炭が、唯一の貴重なお土産となりました。帰宅後、透明なプラスチック ケースに入れて、大切に保管してあります。

0609251106092512SL パレオエクスプレスは、朝とは逆の方向にバックして、ホームを去って行きました。長男は石炭を左手に持ち、右手で手を振ります。

長男は、SL による旅の行程を振りかえるように、熊谷駅に展示されている鉄道模型を、見つめていました。

060925130609251406092515

本来であれば、このまま往路と同じルートで帰路へ向かうのですが、「秩父路遊々フリーきっぷ」を購入しており、あと少しの区間で貨物支線を除く秩父鉄道を完乗できるので、16:48 発の急行秩父路に乗って羽生へ。この日の車両は 6000 系でした。11 月 25 日を以って引退が決まっている 3000 系には乗れなかったのが、少々残念。

羽生から自宅までの経路は下記の通りです。

羽生 - <東武伊勢崎線準急> -> 久喜 - <湘南新宿ライナー> -> 新宿 - <中央・総武緩行線> -> 中野 - <関東バス> -> 自宅

東武線の車内で長男、先頭車両に乗りたいと主張。運転席を眺めたいからですが、前方が見える高さで抱っこして支え続ける方は大変・・・。翌日の今日、夏休みを取得しておいて良かったです。

撮影した映像を帰宅後に長女に見せ、「SL に乗りたい?」と聞いてみると、「うん、乗りたい!」と返答。長男が楽しそうに乗っている様子を見て、心が動かされたようです。次回は家族揃って SL パレオエクスプレスに乗ります。

本日の飲酒量 : 発泡酒 350 ml 缶 x 1 (妻と共用)、発泡酒 500 ml 缶 x 1、ビール 350ml 缶 x 1

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

SL パレオエクスプレス 往路

06092401長男と秩父鉄道の SL パレオエクスプレスに乗ってきました。長男にとって、秩父鉄道も SL に乗るのも初めての体験。私は、6 年前に御花畑 - 羽生間を利用したことがあるものの、SL に乗るのは初めてです。なお、長女は SL への興味を示さず、ママと吉祥寺のデザート バイキングへ行きました。

SL パレオエクスプレスは熊谷始発。自宅から熊谷までの経路は下記の通りです。

自宅 - <関東バス> -> 中野 - <中央線快速> -> 新宿 - <埼京線快速> -> 赤羽 - <高崎線快速アーバン> -> 熊谷

060924020609240306092404

1 時間半程度で熊谷に到着し、SL を待ち構えます。しばらくすると、電気機関車に牽引されて、羽生方面のホームにバックする形で滑り込んできました。4 両の客車を経て、先頭に SL 登場。SL 周辺は記念撮影をする乗客で大変な混雑でした。

060924050609240610:10 熊谷を出発。ゴールデンウィークや夏休み、これからの紅葉シーズンにおいては大変な乗車率になるそうですが、この日は自由席でも余裕で座席が確保できる程度。長男の席も確保でき、区間によってはボックス シートを占有できる状況でしたので、むしろ自由席で良かったです。

SL に乗れること自体が呼び物で、遊覧鉄道的な存在だと思っていましたが、実際には長瀞や宝登山等への観光の足としての利用客も多く、同じボックス シートに乗り合わせた方は、実家へ帰る足として利用しているとのことで、通常の交通手段として機能していることが意外でした。

06092407060924080609240906092410

車内販売されている秩父ふれあい牧場のアイスクリームを食べたり、乗務員の制帽を貸してもらって被ってみたり、外の景色を眺めたり。特に、荒川の清流は、都内を流れる荒川の上流だということを忘れてしまうぐらい優美。ボックスシートに乗り合わせた地元の方に、思わず「これって、東京の荒川と同じ川ですか?」と聞いてしまいました。笑顔で、「もちろん、そうですよ。」と返答を受け、改めて荒川の上流であることを実感。

06092411060924120609241306092414

外の景色に気を取られているうちに、「SL べんとう」の車内販売を逃してしまいました。残念!
そのため、三峰口駅に到着した後、駅前のそば屋でうどんを食べました。そば屋の店員さんが、長男のためにフォークを用意してくれると気遣ってくれましたが、長男、あくまで箸で食べると拒否。この点は強情です。結局、割り箸では上手く食べられず、レンゲで食べていました。

060924160609241706092415

三峰口駅では、乗ってきた SL がスイッチバックして整備される様子等を観察。今まで実物の SL は静態保存されたものしか見たことがなく、動いている姿は映像の中でしか見たことがなかったので、目の前で動いている様子は感動的でした。その SL に牽引された車両で旅ができるのですから、尚更です。

長男は古い鉄道車両にも強い興味を示していました。記念撮影用のパネルを覗こうとしましたが、身長が若干不足気味・・・。

日帰りの旅でしたが、とても一日の日記では書ききれないボリュームなので、復路は明日の日記に書きます。

本日の飲酒量 : ビール 350ml 缶 x 1、発泡酒 350ml 缶 x 1

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

ポップコーン マシーン

何とか日記が 1 年続きました。最初の日記は、大雨により洪水に見舞われた近所の善福寺川沿いにある釣堀のポップコーン マシーンが復活したという内容でしたが、幸い今年は現時点まで洪水は発生していません。ポップコーン マシーンも元気に稼働しています。

0609230206092301060923030609230406092305

今日は休日でしたが、昨年と同じく長女が幼稚園における吹奏楽の鑑賞会で登園していたため、長男と甥っ子を連れて和田堀公園へ行って来ました。甥っ子を伴ったのは、7 月に連れて行った和田堀公園の大型滑り台が痛く気に入ったらしく、また遊びに行きたい!と何度も言われていたためです。現地までは徒歩では少々距離があり、さすがに長女と長男、更に甥っ子の三人を連れていくのは大変ですので、長女が不在である機会を利用しました。

長男は前回、大型滑り台で上手く着地ができずに転んだ経緯があるので、現地に着くと「こわーい!」と言って後ずさりしましたが、甥っ子が楽しそうに登っていくのを見て、気付けば何の躊躇も無しに滑っていました。

060923060609230706092308

しばらく、大型滑り台の周辺で遊んでから、ポップコーン マシーンへ。ポップコーン マシーンとは何ぞやと、甥っ子は得体の知れない所へ連れて行かれることに、あまり乗り気ではありませんでしたが、いざ現地に到着してマシーンにコインを入れると、流れだす音楽や台詞が面白かったらしく、喜んでくれました。子供たち二人でポップコーンを分け合い、落としてしまった分はカモさんにプレゼント。

0609230906092310締めくくりは交通公園。自転車、三輪車、幼児カーのフルコースを楽しんだ上に、D51 周辺で遊びました。

長男が 2 歳 5 ヶ月で甥っ子が 3 歳 0 ヶ月。約半年の違いでも、体格や言語能力は大違い。個人差もありますが、幼児期は短期間でも大きな変化が見られます。

本日の飲酒量 : 発泡酒 500ml 缶 x 1、350 ml 缶 x 1 (以上、妻と共用)、ウィスキー少々

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

Serial ATA

06092201自宅 PC におけるハードディスクの空き容量が息苦しくなったきており、また、購入から 4 年以上経過しているので、換装することを決意しました。換装にあたり、従来規格の Ultra ATA にするか、新規格の Serial ATA にするか、大いに迷いました。Serial ATA は転送速度が Ultra ATA の 1.5 倍で、Serial ATA II に至っては 3 倍の性能を持っているのにも関わらず、ハードディスク ドライブ自体の販売価格は、14,800 対 15,800 円と大差がない点が Serial ATA を選択したい要素。一方、Serial ATA に対応するためには別途 Serial ATA インターフェイス ボードが必要となる点が、Serial ATA を避けたい要素。

結局、新たなインターフェイス ボードを装着せずに済む Ultra ATA を選択しました。現状の転送速度に、それほど不満を持っていないということと、ハードディスクは消耗品なので、次にシステム アップを図る時には、既に寿命を迎えているだろうという考えからです。

なお、現在のハードディスク ドライブの構成と稼働開始時期、用途は下記の通りです。

1. 内蔵 IDE 80 GB HDD (2002 年夏) システム、データ用
2. 内蔵 IDE 60 GB HDD (2001 年冬) データ用
3. 外付け USB 2.0 120 GB HDD (2003 年冬) バックアップ用
4. 外付け USB 2.0 80 GB (2002 年冬) ハードディスク レコーダ用

特に 2. は一番古く、現行の PC を購入する以前から 5 年近く連続稼働しているので、今回の引退対象。最終的には下記の構成に組み替える予定です。

5. 内蔵 IDE 250 GB HDD システム、データ用
1. 内蔵 IDE 80 GB HDD (2002 年夏) バックアップ用
4. 外付け USB 2.0 80 GB (2002 年冬) バックアップ用 => 解体して内蔵 IDE 化
3. 外付け USB 2.0 120 GB HDD (2003 年冬) ハードディスク レコーダ用

本日の飲酒量 : 発泡酒 500ml 缶 x 1、350 ml 缶 x 2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

DVD-R

06092101DVD-R のメディア価格の減少傾向が顕著ですが、安心して使えるものでも一時期の CD-R 並になりました。100 円前後が相場です。4 年前に映像による育児記録を始めた頃は、メディア価格も 500 円以上と高価で、私と妻の両親に送る用のメディアは CD-R で Video CD にしていました。今考えると嘘みたいです。

更に 4 年ぐらい経ったら、次世代 DVD で同じ日記を書いているのでしょうか?早く規格が一本化されてほしいものです。

本日の飲酒量 : ゼロ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

サツマイモラガー

06092001 06092002 昨日、川越でサツマイモラガーを買ってきたので、早速開けてみました。原料がサツマイモだけに甘く、口当たりがまろやかです。

高級なビールは少量でも大切に飲むので、安い発泡酒を大量に飲むよりも身体に良いし、経済的かもしれません。

本日の飲酒量 : サツマイモ ビール 330ml 瓶 x 1 (妻と共用)、ウィスキー少々

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

川越

昨日は老人福祉館でのコンサートが終了後、カッパさんのつぼ八で軽く呑んだあと帰宅して、風呂に入って晩御飯を食べて、疲労に耐えられずそのまま日記も書かずに就寝。そして、今日は夏休みなので一日のんびり過ごすという選択肢もあったのですが、以前に長男と「19 日はお姉ちゃんが幼稚園だから、パパとお出かけしようか?」と何げなく話していたことを、長男は今でも楽しみにしていたとのことで、のんびり・・・は消滅。長男と出かけることを決意し、一応長女にも長男とお出かけしても良いか聞いてみましたが「いいよ、私、幼稚園だから。」と返答。大分お姉ちゃんらしくなってきたものです。

さて、どこへ行くか。候補として四谷の消防博物館や青梅の鉄道公園等が挙がりましたが、祝日の翌日に当たるため、いずれも休館日。そのことを長男に伝えると「電車に乗る~。」と返答。どの電車か尋ねると、ロマンスカーとフジサン特急の玩具を持ってきて「これ~」と主張。ロマンスカーは先月の海水浴の帰りに乗ったし、フジサン特急は少々遠いので、同じく特急ということで、新宿から気軽に乗れる西武新宿線のニューレッドアロー号の画像を示すと「これ乗る~」と同意。というわけで、ニューレッドアロー号に乗って、終点の川越へ行くことに決定。

06091901浜田山から井の頭線と京王線を乗り継ぎ、新宿へ到着。地下通路を延々と歩いて、西武新宿駅に辿り着きましたが、タイミング悪くニューレッドアロー号は出発した直後。次を待つ間にパンフレットを眺めていると、川越市内を運行するレトロバスの画像を指さして「乗りた~い」と言い出し、ニューレッドアロー号よりも、一刻も早く、このバスに乗りたい勢い。結局、往路は一番早く本川越へ到着する急行電車に乗車。

0609190306091904川越に到着し、真っ先にレトロバスに乗車!と行きたかったのですが、本日は 3 台の循環バスが運行されていて 2 台だけがレトロバスで、残念ながら乗ろうとしたタイミングで停留所に登場したのは通常のマイクロバス。「次は乗れるよ。」と、長男を諭しながら取りあえず乗り込み、中院で下車して周辺を散策した後に次のバスを待ち構え、ようやくレトロバスの登場。長男も満足気に乗り込みました。

0609190206091905ところが、それで欲求が満たされてしまったのか、長男、車内で熟睡。今回、フリーパスを購入しておいて良かったです。長男がお昼寝中、川越市内を循環バスでぐるりと一周してしまいました。私としては、ゆっくり市内見物ができて満足です。一周が約 1 時間で、これ以上昼寝させると夜寝なくなる恐れがあるので、二周目に差し掛かったタイミングで起こして蔵の街で下車。

06091908060919060609190706091909

蔵造りの町並みを愉しみながら、時の鐘や民芸品店等を散策。途中、雨が降り出してきて、途方に暮れる場面もありましたが、幸い大降りにはなりませんでした。隣接する菓子屋横丁でお土産を買って、再びバスに乗車して帰路へ。

0609191006091911帰りは、ちょうどタイミング良くニューレッドアロー号の発車時刻 10 分前だったので、急いで特急券を購入して乗車。長男にとっての当初の目的がやっと果たせました。車内はガラガラで、車窓から見える重機を指さして興奮したり、親子で馬鹿写真を撮ったりして遊びました。

06091912最近、言葉らしい言葉を話すようになってきたので、一日長男と過ごして、何を伝えようとしているのか、理解を深める機会にもなりました。家の中だけでの会話だと、だいたいの予想がついてしまうので、一度外へ出て、言葉で指し示している対象が何であるか等を、時間をかけてでも分かってあげる機会が大切だと感じました。

本日の飲酒量 : サツマイモ ビール 1 杯、発泡酒 500ml 缶 x 1

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

ジャズ コンサート@老人福祉館

06091801 06091802 06091803 06091804 06091805 06091806 06091807 06091808 06091809 06091810 06091811

台東区におけるイベントの第 2 弾は、今戸老人福祉館で開催されました。同福祉館は 1 階が銭湯で、ステージとなる大広間がある 4 階にはマッサージ チェアやテレビ、囲碁等の誤楽設備があり、温泉旅館のロビーを思わせます。更に大広間は座敷なので、温泉地におけるコンサートのような錯覚にさえ陥りました。

前回 (2 日) のアンケートにおいて、何点かご要望をいただいたため、可能な範囲で今回のコンサートに早速反映させていただきました。一つ目は「楽器を紹介してほしい」という要望。Ohjiro 隊長にメンバー紹介を兼ねて楽器紹介を展開してもらいました。もう一つが「タンゴ演奏が聴きたい」という要望。アコーディオンの原田さんにソロで Libertango を演奏してもらいました。

また、前回は時間の関係で曲をカットしたりアンコールに応えられなかったりしたので、アドリブ回しを削減することで、より多くの曲をお届けすることができました。

前回、お母様のご病気により参加できなかった坂ノ下さんも、今回は無事参加。お母様も回復に向かわれているとのことで、何よりです。

今回も、ご来場いただきました皆様、関係者の皆様、ありがとうございました。

8 月の江東区におけるパーティーも含め、年代層の違う方々を対象に行った一連のコンサートで、様々な感動を体験し、また、様々なことを学びました。今後、同じような機会をもし与えてくださることがあれば、これまでの経験を活かして更にお喜びいただけるよう、コンサートの内容を充実させたい所存です。

なお、CLIP ROLL の徳武さんが、コンサートの様子を撮影してくださったので、可能な範囲で掲載させていただきます。

出演者 :

アーキィー (Alto Saxophone)
パルメザンはじめ (Trombone)
原田忠 (Accordeon)
坂ノ下典正 (Guitar)
Ohjiro (Bass)
クラウジオ石川 (Percussion)
ラーメンだいすけ (Drums)
Ryo-ka (Vocal)

演奏曲目 :

All of Me
As Time Goes By
Barbados
Besame Mucho
Blue Skies
Caravan
The Days of Wine and Roses
Fly Me To The Moon
Libertango
Lullaby of Birdland
My Little Suede Shoes
Take The A Train
Tennessee Waltz
You'd Be So Nice To Come Home To
赤とんぼ
鈴懸の径
夏の思い出

浜辺の歌
山寺の和尚さん

Ohjiroのウッドベースな日常
http://moon.ap.teacup.com/ohjiro/475.html

06091812コンサート終了後の異文化コミュニケーション by クラウジオ石川

本日の飲酒量 : 発泡酒 500ml 缶 x 1、発泡酒 500ml 缶 x 2、生ビール中ジョッキ 2 杯

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

阿佐谷神明宮祭礼

06091701今日は秋恒例の阿佐谷神明宮祭礼の日。妻の実家が阿佐ヶ谷にあった頃から、毎年の楽しみです。杉並区営バス「すぎ丸」に乗って阿佐ヶ谷駅へ移動し、電車で来る義妹、甥っ子と合流。義父母も伴う予定でしたが、残念ながら体調不良で不参加とのこと。6 人で義弟がテナントとして入っている建物へ移動。そこで、義弟とも合流。

0609170206091704今回は子供たちが初めて子供神輿に参加することになっていました。

更に、義弟の大家さんの計らいで、半被やハチマキを用意してくれました。天気が心配されましたが、子供神輿も無事開催されました。幼児は山車の引き手です。

06091703060917050609170606091707

参加者が幼児とはいえ、決して短くは無い距離を練り歩きました。そのため、途中に休憩ポイントが 2 箇所設けられ、ご褒美のお菓子も振舞われます。ゴール地点も含めると、計 3 回のお菓子タイム。至れり尽くせりです。大家さんにも大変お世話になり、またお土産まで頂戴してしまい、恐縮です。

060917080609170906091710

大家さんのリビングで少し休ませていただいてから、神明宮の境内へ移動。お参りした後に屋台を巡りました。長女は焼きとおもろこしが食べられて大満足。

そして、阿佐谷神明宮祭礼における私にとっての最大の楽しみは、この特盛り焼きそば。蓋を開けると飛び出してくるので、ハミ出した部分から少しずつ食べるのが流儀です。

0609171106091712阿佐ヶ谷駅南口ロータリーには、各睦の神輿が集結。

地元選出の衆議院議員もかけつけていたりで、合同神輿パレードは大賑わいでした。

本日の飲酒量 : ゼロ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

デニーズ

0609160506091606先月、親戚の葬儀で帰省した際にもらったセブン & アイ ホールディングスの 1,000 円 の優待券が 3 枚あったのですが、近所にイトーヨーカ堂が無く、また、セブンイレブンで 1,000 円以上の買い物をすることも滅多にないので、高井戸のデニーズでの昼食で活用することに。

家族で普段外食する場合、ガストや夢庵レベルに行くことが多いのですが、ジョナサンや藍屋、そしてデニーズは、ワン ランク上の位置付け。優待券でも無ければ、滅多に行かないでしょう。

060916010609160306091604

お子様メニューはピングーのキャラクターだらけ。ピングーのランチョン マットとエプロンがもらえ、お子様ランチにはコック帽を被ったピングーとピンガが描かれた旗が立てられていました。

ガストや夢庵と違い、お子様メニューに玩具は付いてきません。料理だけで勝負しています。ジョナサンもそうですが、その点でもレベルの違いが感じられます。

06091602子供たちに「パパ ジュース (ビール) 飲まないの?」と促されましたが、まだお昼なので自粛。結局、夕飯の際に妻と嗜みました。

本日の飲酒量 : 発泡酒 500 ml 缶 x 1、350 ml 缶 x 1 (妻と共用)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

プチ夏期休暇

業務都合でなかなか夏期休暇を取得できませんでしが、なんとか 19 日と 25 日に休暇を確保できました。明日からの 3 連休と合わせて 19 日まではプチ夏期休暇の気分です。当初は家族で帰省する構想もありましたが、実家の予定と合わず断念。今夏 (もう秋ですが) は帰省できずに終わりそうです。

今のところ決まっている予定は、日曜の子供神輿と月曜の台東区ライブのみ。しかも、台風が近づいているので、子供神輿の開催が危ういです。どうか、台風が反れて晴れますように!

本日の飲酒量 : ゼロ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

AST 上昇、MCHC 減少

先日の献血の検査成績が送られてきました。

06091401

標準値の範囲を超えることが正常または異常を表すものではありませんが、初めて AST が標準以上、WBC が標準以下でした。

AST (GOT)

心筋や肝臓に多く含まれ、骨格筋、腎臓、血球にも認められる酵素です。心筋梗塞や急性肝炎、アルコール性肝障害などで上昇します。その他運動後に一過性の上昇がみられることがあります。

平均赤血球ヘモグロビン濃度 MCHC

赤血球の一定容積に対するヘモグロビン量の比をパーセントで表したもので、ヘモグロビン量とヘマトクリット値から算出したものです。

MCHC は微減なので心配無いと思いますが、AST の上昇は著しく、アルコールの摂取が原因と思われるので、飲酒量の記録を再開することにしました。

本日の飲酒量 : ゼロ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

置き去り

06091301通勤の足が、雨のため 2 日連続して職場の前に置き去りです。昨日、午後から雨だということを認識しつつも、重いノート パソコンを背負って電車で行くのが嫌で乗って行ってしまったがために・・・。自転車さん、ごめんなさい。明日は何とか乗って帰れれば良いのですが・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

SL の整理券

長男との約束がいくつかありまして、その一つに「SL に乗る」という事項があります。静態保存されている SL であれば、近所の交通公園でも乗れますが、やはり煙を吐いて走る SL に乗せてあげたいところです。私自身も、動く SL に乗ったことはありません。

動く SL に乗れる路線を調べてみると、首都圏では埼玉の秩父鉄道と栃木の真岡鐡道が該当しますが、今回は比較的近い秩父鉄道のパレオ エクスプレスに決定。24 日に決行する予定なので、そろそろ指定券か整理券を買わなくては!ということで昨日、武蔵野ファンクのリハに行く途中、代々木駅のみどりの窓口へ立ち寄りました。指定券か整理券が無いと、乗ることすらできないためです。

私は何を血迷ったか「バイオ エクスプレスの指定券ください!」と言ってしまいました。職員の方も慣れたもので「あー、パレオ エクスプレスですね?」と即答。実際 "バイオエクスプレス" で検索すると多数ヒットするので、私と同じように名称を誤認していた方は多いはず!?

目的のチケットを何とか察知してもらえたものの、何と 24 日の指定券は既に売り切れとのこと。物凄い人気です。仕方が無いので、整理券を購入しました。先日、小田急ロマンスカーに乗った際もそうですが、長男は座席でじっとしてはいられないので、指定席の確保はあまり重要ではありません。とりあえず、整理券さえあれば乗ることはできるので、一安心です。あとは、当日までに体調を崩さないように気をつけることのみ。

なお、私と長男が SL に乗っている間、長女はママとデザート バイキングにを行くんだそうです・・・。この辺は、男の子と女の子で興味がはっきり分かれます。

06091201

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

東急世田谷線

昨日は午前中から夜まで妻が不在のため、一日子守。前日に子供たちから受けた要望は、下記の三項です。

・交通公園へ行く
・マクドナルドへ行く
・小さい電車に乗る

まず、午前中は近所の交通公園へ。交通公園は、長女の要望です。最近、長女は「私はお姉ちゃんだから、パパと (長男の名前) でゴーカートに乗ってきてもいいよ! 」と言うようになりました。ほんの半年前までは、私と長男でゴーカートに乗っているだけでも、目に大粒の涙を浮かべていたのに・・・。昨日は悠々と補助輪付き自転車でコースを回りながら、ゴーカートに乗っている私たちの方を向いて笑顔で手を振っていました。

そろそろ補助輪なし自転車の練習へ持っていきたいところなんですが、長女自身、自転車に乗ることに対する意欲はそれほど強くはないようです。強制して練習させると自転車嫌いになってしまう恐れがあるので、今は様子見。そのうち、お友達が乗っている姿を見たりすれば、自ずと意欲が沸いてくるでしょう。

午前中いっぱいは交通公園で遊ぶ予定でしたが、なぜか昨日は蚊の量が尋常ではなかったので、早めに撤収。お昼ご飯を食べに浜田山のマクドナルドへ。長女も長男も、ハンバーガーの 1 個ぐらいは余裕で食べられるようになりました。食べるペースは、4 歳の長女よりも、2 歳の長男の方が速いぐらいです。長女はピクルスが食べられるようになったことを主張して、得意気。長男はピクルスの存在をまったく意識せず、完食。ハッピーセットにしたので、ドラえもんの玩具がもらえました。

0609110106091102午後は小さい電車に乗るために、浜田山を出発。小さい電車に乗るのは長男の要望です。長男自身は 6 月に乗った都電荒川線を想定していたようですが、昨日は気温も高く、荒川線までの道のりは長いので、電車 2 本で行ける東急世田谷線に決定。色々な種類の電車に乗れるせいか、長男からは特に異論はありませんでした。なお、浜田山から下高井戸へは杉並区営バス "すぎ丸" に乗れば一本で行けますが、バス嫌いの長女に拒否されました。

井の頭線と京王線を乗り継いで下高井戸へ到着。少し前は世田谷線の車体にサザエさんが描かれていた記憶がありますが、現在は同線の IC 乗車券 "せたまる" のキャラクターが描かれていました。古い車両は一掃され、主要駅も建て替えられ、昔の世田谷線の面影は薄れつつあります。

0609110306091104世田谷線には小学生の時に父親と一緒に初めて乗りましたが、当時は 110 円の運賃を木箱に投入する形態だったと思います。床が木でできていて車体は緑色。走行すると軋む音がうるさかったのをよく覚えています。近代的な新玉川線 (現 田園都市線) と同様の路線に乗り換えると思い込んでいた当時の私は、そのギャップに戸惑いました。その頃の思い出を子供たちに話しながら、三軒茶屋に到着です。

0609110506091106小さい電車に乗ること自体が目的で、三茶での目的は特に無かったのですが、長女は 7 月に妻と来ており、私よりも詳しい様子で「キャロット タワーに登りたい!」と主張。長女に案内されながら、キャロット タワーに入り、高速エレベーターで 26F の展望フロアへ。昨日は天気が良かったので、眺めは抜群。残念ながら富士山は見えませんでしたが、案内図に示されたほとんどのエリアを望むことができました。

0609110706091108展望フロアで、長女はドーナツと烏龍茶、長男はソフト クリームでおやつ。さっきマクドナルドで昼食を食べたばかりなのに、おやつは別腹なのか、これまた完食。しばらく展望フロアで景色を眺めたりしてから、キャロット タワー内のお店を少し見て同じルートで帰路へ。

そういえば、長女も長男も、ほとんど昼寝をしませんでした。そのためか、帰宅後に晩御飯を食べ、風呂に入ってから間もなくして寝てくれました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

セッション@新中野弁天

昨夜は新中野弁天における武蔵野ファンク主催のセッションにご参加いただきありがとうございました。取り急ぎ、画像のアップです。

06091001060910020609100306091004060910050609100606091007060910080609100906091010 0609101106091012

次回開催予定 :

10 月 14 日 (土) ※次回も土曜日の開催となります。
Open : 17:30
Charge : 1,000 円 (+ 1 drink order)
場所 : 新中野弁天 (丸の内線新中野駅 1 番出口より 徒歩 3 分)

新中野弁天
http://www.benten55.com/

武蔵野ファンク
http://webstyle.jpn.org/m-funk/

Map01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

こめはぜ

06090901 午前中は子供たちと善福寺川沿いを散歩。

造成中の分譲地には重機が多く入り、長男にとって楽しい光景だったようです。しばらく見物してから、重機にバイバイして和田堀公園へ。

0609090206090903善福寺川のカルガモや和田堀池の鯉を与えるため、ポップコーン マシーンに行ってみました。新たにキャラメル味が登場しており、それを購入。最近は子供たち自身が食べる量が増え、また、地面に落としてしまう量も減ったのでカルガモたちに与える量が少ない状況です。そのため、別途袋売りのポップコーンを売店で購入することにしているのですが、最近は扱わなくなったとのこと。「こめはぜ」というポン菓子があったので、これを餌として購入。

0609090406090905ところが、橋の上から「こめはぜ」を川に落としても、カルガモ達は全然見向きもしません。食パンの時は、どこからともなく集まってくるのに・・・。和田堀池の鯉も、食いつきがイマイチ。こめはぜ、不評でした。

次回は食パンを持参します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

出羽 やまいもそば

06090801仕事帰りに方南銀座アーケード街を自転車で走行中、惣菜屋の前に「出羽 やまいもそば 190 円」の札が。「これは、お買得!」と確信して購入し、上機嫌で帰宅。

ところが、何気なくネットで検索してみると、105 円で出回っているではありませんか!衝動買いを反省する機会となりました。とりあえず、味に期待することにします。

出羽 やまいもそば
http://www.rakuten.co.jp/s-morita/380487/530020/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

さくらや前

060907066 年前の昨日、2000 年 9 月 6 日 (水曜日)、ボス率いるファンク バンド "TURKEYS-GANG" による恒例の吉祥寺北口さくらや前におけるストリートライブを決行。TURKEYS-GANG の当時のメンバーは、イカワ (Vocal)、伝九郎 (Sax)、私 (Trombone)、JeanPaul (Guitar)、かずみ嬢 (Keyboard)、ボス (Bass)、mi-chang (Drums)。画像は当時の私です。

職場の同僚であるエレクトーン奏者にストリート観戦を誘ったところ、下記のプロフィールの友人を連れて来てくれるとのこと。

・エレクトーン指導者協会の友人である。
・去年会社を辞めて教室でピアノを教えている
・エレクトーン、ピアノだけではなく、サックスも習ってる

その同僚の友人が、今の私の妻です。同僚も妻も、ストリート準備に取り掛かっている我々の風貌を見るや否や、顔を強張らせて引き気味だったのが印象的です。私自身も、その時はその人と結婚するとは思っていなかったし、二人の子供まで設けることなんて、予想だにしていませんでした。人生の分岐点は、どこにあるか分かりません。

06090701060907020609070306090704

いわゆる記念日ではないかも知れませんが、重要な日なので吉祥寺で夕食を!と思っていましたが、雨が降っており、また妻の体調も良くなかったので、結果的に自宅での食事となりました。外食できない代わりにお土産として Tops のチョコレート ケーキを買って帰ると、ことのほか喜ばれました。

06090705かつては "吉祥寺さくらや" だった店舗。現在は「おかしのまちおか」に変わっています。思い出の場所が変化していくのには、複雑な思いがあります。なお、この画像は、先月 26 日の吉祥寺 S.P.C. ライブの帰りに撮影しました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

b.b. とつぼ八をはしご

昨夜はチャーリーさんを見舞うため、両国の同愛記念病院へ。ロビーで話していると百楽天さんもいらっしゃり、面会時間の終了後、百さんのお誘いで b.b. へ。7 月に行った際はたまたま混んでいるものと思っていましたが、昨日も大入り。駅から離れた両国の外れなのに、不思議な場所です。

百さんご自身やチャーリーさんのご病気についてのこと、百さんの知人のお話などなど、しばらく歓談。改めて百さんの交友関係の広さを実感しました。近々、つぼ八ライブにビッグ ネームが登場するかもしれません!?百さんには飲み代をご馳走になり恐縮です。更に、つぼ八までのタクシーに便乗させていただきました。

06090601 つぼ八では、柳瀬朋子さん (Baritone Saxophone)、小山カジさん (Guitar)、吉川健一さん (Guitar)、富田廣佑さん (Percussion) によるユニークな編成のバンドが演奏中。同バンドの演奏に触れるのは初めてです。トロンボーンの場合もそうですが、上モノが低音楽器だけの場合、バッキングに埋もれてしまいがちで、存在感を示すのが大変ですが、バリトンの芯が太く、ギターとパーカッションもバリトンのサウンドをうまく引き立てているので、むしろインパクトは強かったです。個人的には、是非ともストリート ライブを展開してもらいたいと思いました。

06090602セッションでは出口さん (Guitar)、深瀬さん (Guitar)、ヒクオトさん (Bass) によるトリオ。若手クァルテットの初々しさとベテラン トリオの荘厳さの対比が面白かったです。

カッパさんからの伝言ですが、9 月 19 日 (火) のつぼ八ライブの出演者が、まだ決まっていないそうです。出演を希望される方は、是非ともこちらをご覧になり、カッパさんへご連絡ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

献血手帳から献血カードへ

今朝、本社から客先に行く途中、献血ルームへ寄ってきました。献血ネタは、昨年の 9 月に日記を始めてから 3 回目の登場ですが、取り上げることで献血への啓蒙にもなるので、これからも何回も取り上げたいと思っています。

06090501 06090502献血ルームの前には、献血を呼びかける看板が。私は O 型ですが、O 型は常に需要が高いです。今回のご褒美はハローキティのボールペン。

このボール ペンも、何本か貯まってきました。

06090503今回は特に変わったことはありませんでしたが、10 月 1 日からは、献血手帳に代わり運転免許証サイズの磁気カード "献血カード" が導入されるそうです。個人情報の悪用等を防ぐ狙いがあるとのことです。問診票の記入もタッチ パネルとなり、電子化の潮流が至る所で感じられます。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

東京国際空港

0609040106090402 06090403

昨日は「飛行機が見たい!」という子供たちの共通の願望を叶えるべく、羽田空港へ行ってきました。羽田空港は 6 年前に婚前旅行で北海道へ行く際に利用して以来です。井の頭線と山手線を経て、浜松町から東京モノレールに乗車。羽田空港へ行くのもそうですが、東京モノレールに乗るのは、子供たちにとって初めての体験です。

滑走路が見えて来ると長男は「あ、ヒコーキだー!」と大声で指さして興奮気味。長女も身を乗り出して景色を眺めていました。

06090404 0609040506090406

当初は第 2 旅客ターミナルへ行って、少し館内を見てから規模が大きい第 1 旅客ターミナルへ移動する予定でしたが、第 2 も巨大な百貨店並みのアミューズメント施設で、また、広大な展望デッキもあり、十分楽しめました。

060904070609040806090409

お昼時に混在するのを避けるため、11:30 頃には早々とレストラン街へ。昼食は自然式食堂 餉餉 Ke-Ke。全国から集められた有機食材や自然素材を使った料理がブッフェスタイルで食べ放題です。飛行機に乗って飛び回らなくても、各地の食材を堪能できました。

昼食後はマーケット プレイスのキャラクターショップ、書店などを巡りつつ、展望デッキへも計 3 回も登り、気付けば 16:00 近く。結局第 1 へは行きませんでした。次回のお楽しみということになります。

0609041006090411お土産は、デカどら。ドラえもんのキャラクター菓子か何かかと思っていたら、大きいどら焼きでした。

実際ドでかいどら焼きで、味も美味しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

自宅花火

06090301060903020609030306090304

昨日はジャズ コンサートの時間帯が昼間だったので、明るいうちに帰宅。晩御飯を済ませてから、自宅の外で子供たちと花火をすることに。自宅で花火をすること自体は、特筆すべき事項ではないかもしれませんが、振り返ると、今の自宅で花火をすることは初めてのこと。また、長女は帰省した際に手持ち花火の経験がありましたが、長男にとって手持ち花火は初めての体験。そのため、ある意味一大イベントです。

長女は煙の方向を上手くコントロールできないぐらいで、概ね大丈夫。それに対し、長男は初めてだけに持ち方すら分からず、線香花火の先を触りそうになったりして危なくて仕方ありません。着火する際に私の方に向けられたりして、熱い思いもしました。火傷した場合に備えて、アイスノンも待機していましたが、幸い無事に花火終了。

ところが、花火が終わって長男、玄関先で一言「うんち出た・・・。」
花火が楽しくて、言いだせなかったようです。
トイレ トレーニング中でオムツではなかったので、パンツが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

ジャズ コンサート@老人福祉センター

06090201 060902020609020306090204

今日は台東区の老人福祉センターにおける Jazz Destroyers と Barbados の複合バンド、そしてボーカルの Ryo-ka さんによるジャズ コンサートでした。福祉センターにおいては、60 歳代から 80 歳代の方々を対象に通常は箏曲等を鑑賞する会が開催されているそうですが、今年初めのチャリティー コンサートの新聞記事を見た主催者の中島さんが是非ジャズを!ということで、同じ年齢層をターゲットに趣向を変えてジャズ コンサートを開催するという運びとなりました。中島さんのアイデア、素敵です。そして、企画を承諾した台東区さん、恐れ入ります。

企画が持ち上がった 5 月の時点ではチャーリー忍さんの Barbados ともう 1 バンドということで JD として名乗りを上げ、二部構成でそれぞれのバンドが演奏する予定だったのが、7 月に会場の規模が小さくないことが判明し、Barbados と JD の複合バンドで演奏することに変更。8 月にはチャーリーさん自身が間質性肺炎で入院したため出演を断念し、何とか残りのメンバーで臨むことに。本番直前の 8 月 31 日にはギターの坂ノ下さんが、お母様のご病気により急遽帰郷するため本番に出られなくなり、Ohjiro リーダーの機転で、先月のリハにトラとして参加してくれたシューくんこと岡山くんが出演してくれることに。本番を迎えるまでには、これだけの曲折がありました。

演奏曲目は別記しますが、リクエストを受けたスウィング ジャズやラテンの名曲、誰もが知り得る日本の曲、Ryo-ka さんのボーカル曲、そして、Barbados のレパートリーを織り交ぜて披露。

個人的には、熟考して用意した譜面によりバンド メンバーがそれぞれの持ち味を活かして的確に演奏し、その演奏を聴いて喜んでくださるお客さんの笑顔にまず感激。それから、コールアンド レスポンスや控え目ながらもパフォーマンスがご年配の方に少なからず受け入れられたことが嬉しかったです。ただし、両太さん情報によると私の「台東区イェーイ!」の「イェーイ!」に対して、意味が分からず戸惑っていた方がいらっしゃったとか・・・。場所を変えて 18 日にも同じジャズ コンサートがを開催されるのですが、その際には、後ほど主催者から伝えていただくアンケートの結果を踏まえて、構成等を練り直す予定です。

実は、終了時にアンケートを回収する際、私の手許にも用紙を託してくさったのでチラ見してしまったのですが、多くが 80 歳代の方々。ということは、大半の方の青春時代は戦前ということになります。その辺も、次回は配慮しなくては・・・。

チャーリーさんの戦線離脱に伴い、主催者とのパイプになってくれた徳武さんをはじめ Cliproll 関係者には大変お世話になりました。そして、現場まで送迎したりお手伝いまでしてくださった隅田川のカッパさん、妻である Ryo-ka さんを今回は陰で支えた両太さん、そして、主催者の中島さんをはじめ、福祉センターの関係者の皆様、本日ご来場くださった皆様、ありがとうございました。JD メンバーと Barbados メンバー、ボーカルの Ryo-ka さん、代役を立派に果たしてくれたシューくん、お疲れ様でした。

最後に、チャーリーさんの早期回復と、坂ノ下さんのお母様のご病気が重くないことをお祈り申し上げます。

出演者 :

アーキィー (Alto Saxophone)
パルメザンはじめ (Trombone)
原田忠 (Accordeon)
岡山修介 (Guitar)
Ohjiro (Bass)
クラウジオ石川 (Percussion)
ラーメンだいすけ (Drums)
Ryo-ka (Vocal)

演奏曲目 :

All of Me
As Time Goes By
Barbados
Besame Mucho
Blue Skies
Caravan
Lullaby of Birdland
My Little Suede Shoes
Take The A Train
Tennessee Waltz
You'd Be So Nice To Come Home To
赤とんぼ
鈴懸の径
夏の思い出

浜辺の歌
山寺の和尚さん

Ohjiroのウッドベースな日常
http://moon.ap.teacup.com/ohjiro/460.html

僕の好きな両国 ~ザ・ジャズ・プロジェクト~
http://plaza.rakuten.co.jp/ryogokujazz/diary/200609020000/

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

Soul Trip Garden

06090101 06090102 8 月最終日の昨日は、代々木 Bogaloo における武蔵野ファンクのライブでした。5 月にも出演させていただいた Soul Trip Garden という名称のイベントで、再び参加させていただけることは、ありがたい限りです。

現場に到着すると、1 バンド目の minjah (画像右) が演奏中。フロントはボーカル兼ピアニカと、トロンボーンにテナーサックス。トロンボーンの女の子は、私と違いちゃんと演奏していました。本来はこれで良いのです。

武蔵野ファンクの演奏は、サウンド チェック用の曲から入り、カンタービレ、ファンク 2 ジャム、ミシガン、オーガニックという比較的定番の流れ。

お客さんにスライドを引っ張ってもらうパフォーマンスは、曲数が少なかったのでいつもより長めに展開しました。昨年の久米川 FOGGY ライブの際、PA から離れていることを考慮してボスが提供してくれた 6 m シールドが、今回大活躍。Bogaloo は奥行きよりも横幅が広く、フロアの端から端までを巡るためにはシールドの長さが問題になってきますが、抜けずに無事、ステージに戻れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »