« Soul Trip Garden | トップページ | 自宅花火 »

2006年9月 2日 (土)

ジャズ コンサート@老人福祉センター

06090201 060902020609020306090204

今日は台東区の老人福祉センターにおける Jazz Destroyers と Barbados の複合バンド、そしてボーカルの Ryo-ka さんによるジャズ コンサートでした。福祉センターにおいては、60 歳代から 80 歳代の方々を対象に通常は箏曲等を鑑賞する会が開催されているそうですが、今年初めのチャリティー コンサートの新聞記事を見た主催者の中島さんが是非ジャズを!ということで、同じ年齢層をターゲットに趣向を変えてジャズ コンサートを開催するという運びとなりました。中島さんのアイデア、素敵です。そして、企画を承諾した台東区さん、恐れ入ります。

企画が持ち上がった 5 月の時点ではチャーリー忍さんの Barbados ともう 1 バンドということで JD として名乗りを上げ、二部構成でそれぞれのバンドが演奏する予定だったのが、7 月に会場の規模が小さくないことが判明し、Barbados と JD の複合バンドで演奏することに変更。8 月にはチャーリーさん自身が間質性肺炎で入院したため出演を断念し、何とか残りのメンバーで臨むことに。本番直前の 8 月 31 日にはギターの坂ノ下さんが、お母様のご病気により急遽帰郷するため本番に出られなくなり、Ohjiro リーダーの機転で、先月のリハにトラとして参加してくれたシューくんこと岡山くんが出演してくれることに。本番を迎えるまでには、これだけの曲折がありました。

演奏曲目は別記しますが、リクエストを受けたスウィング ジャズやラテンの名曲、誰もが知り得る日本の曲、Ryo-ka さんのボーカル曲、そして、Barbados のレパートリーを織り交ぜて披露。

個人的には、熟考して用意した譜面によりバンド メンバーがそれぞれの持ち味を活かして的確に演奏し、その演奏を聴いて喜んでくださるお客さんの笑顔にまず感激。それから、コールアンド レスポンスや控え目ながらもパフォーマンスがご年配の方に少なからず受け入れられたことが嬉しかったです。ただし、両太さん情報によると私の「台東区イェーイ!」の「イェーイ!」に対して、意味が分からず戸惑っていた方がいらっしゃったとか・・・。場所を変えて 18 日にも同じジャズ コンサートがを開催されるのですが、その際には、後ほど主催者から伝えていただくアンケートの結果を踏まえて、構成等を練り直す予定です。

実は、終了時にアンケートを回収する際、私の手許にも用紙を託してくさったのでチラ見してしまったのですが、多くが 80 歳代の方々。ということは、大半の方の青春時代は戦前ということになります。その辺も、次回は配慮しなくては・・・。

チャーリーさんの戦線離脱に伴い、主催者とのパイプになってくれた徳武さんをはじめ Cliproll 関係者には大変お世話になりました。そして、現場まで送迎したりお手伝いまでしてくださった隅田川のカッパさん、妻である Ryo-ka さんを今回は陰で支えた両太さん、そして、主催者の中島さんをはじめ、福祉センターの関係者の皆様、本日ご来場くださった皆様、ありがとうございました。JD メンバーと Barbados メンバー、ボーカルの Ryo-ka さん、代役を立派に果たしてくれたシューくん、お疲れ様でした。

最後に、チャーリーさんの早期回復と、坂ノ下さんのお母様のご病気が重くないことをお祈り申し上げます。

出演者 :

アーキィー (Alto Saxophone)
パルメザンはじめ (Trombone)
原田忠 (Accordeon)
岡山修介 (Guitar)
Ohjiro (Bass)
クラウジオ石川 (Percussion)
ラーメンだいすけ (Drums)
Ryo-ka (Vocal)

演奏曲目 :

All of Me
As Time Goes By
Barbados
Besame Mucho
Blue Skies
Caravan
Lullaby of Birdland
My Little Suede Shoes
Take The A Train
Tennessee Waltz
You'd Be So Nice To Come Home To
赤とんぼ
鈴懸の径
夏の思い出

浜辺の歌
山寺の和尚さん

Ohjiroのウッドベースな日常
http://moon.ap.teacup.com/ohjiro/460.html

僕の好きな両国 ~ザ・ジャズ・プロジェクト~
http://plaza.rakuten.co.jp/ryogokujazz/diary/200609020000/

|

« Soul Trip Garden | トップページ | 自宅花火 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

今日もお疲れ様でした。今回は色々とご苦労様でしたm(_ _)m
18日もよろしくお願いします(o^v^o)  

投稿: アーキィー | 2006年9月 3日 (日) 00時38分

良いイベントになったようですね。皆さんの熱演が目に浮かびます。私は、、、、会議長げ~~~!!!!って感じでした。坂ノ下さんのお母様心配です。

投稿: 頼々軒 | 2006年9月 3日 (日) 00時50分

お疲れ様でしたぁ!
今日は大変お世話になりましたぁ。
いろいろな仕事をこなされてさぞお疲れでは?
お陰様で私は楽しく歌わせていただきましたぁ。
反省点は多々ありますが。はい。
それにしてもパルメザンさんのパワーはスゴイ!!
Ryo-kaコールありがとうございましたぁ♪
会場を盛り上げてくださるので歌い易かったですぅ。

会場を後にするおじいちゃんが涙を流していたのがとても印象的で、また聞いてもらいたいなぁと思いましたぁ。
今日できなかったところは練習しておきますので18日はまたよろしくお願いいたしますぅ!

お母様が早く回復されて坂ノ下さんも一緒に演奏できるといいですねぇ。

投稿: Ryo-ka☆ | 2006年9月 3日 (日) 01時31分

お疲れ様でした!!
こうやって高齢者に向けてのイベントってすごくいいなって思います。普段の演奏と違い、少しは世の中の役に立ってるのかなって感じがするというか・・・(笑)。それにしても、毎度、人生の大先輩方のあたたかさには頭上がらないですね、さすがです!!

投稿: だいすけ | 2006年9月 3日 (日) 01時56分

おはよう!ぱるちゃん。
いい選曲ですね。
特に、BLUE SKYは、上原謙さんの持ち歌で
戦前から歌われていた曲ですから、皆さん楽しまれたでしょう。
RJPの新たなる前進です。
次のステップへ行きましょう。

投稿: Hootie Bird | 2006年9月 3日 (日) 09時17分

お疲れさまでした。
ぱるめざんさん、メンバーの演奏と会場のご老人の反応に思わずウルッとしてしまいました。
僕ができることは限られていますが、出演者の皆さんの素晴らしい活動をできるだけ多くの人に伝えられるよう頑張ります。
チャーリーさんの早期回復と、坂ノ下さんのお母様が回復されることをお祈りしております。

投稿: 両太 | 2006年9月 3日 (日) 09時27分

今回、台東区の老人福祉センターさんが主催なので、集客はどうかなぁと思いましたが、100人以上来てくれましたね。
私が撮影したビデオはDVDに落としておきます。Ryo-kaコールはすごく良かった。Ryo-kaファンがたくさんできましたよ。

投稿: kappa | 2006年9月 3日 (日) 14時02分

> アーキィーさん

昨日はお疲れ様でした。
フロントにおいては、アーキィーとの連携プレーが上手く噛み合った形です。
この実績を、18 日の成功に繋げましょう!

> 頼さん

休日会議、お疲れ様でした。
コンサートの方は、つぼ八ライブの勢いを、更に増幅してぶつけました。
ご年配の方々を前に、頼さんとアーキィーのバトルを披露してみたかったです。

> Ryo-ka さん

素敵な歌声を、ありがとうございました。
あらゆる規模の演奏会においても、お客さんの歓声があった方が、歌ったり演奏したりする側にとって気持ち良いですよね。Ryo-ka さんは、その歓声やコールに、120 % 応えてくれました。18 日もよろしくお願いいたします。

> だいすけさん

昨日はお疲れ様でした。
こういう形で社会貢献できるのも、だいちゃんや他のメンバーが普段色々な形でそれぞれ活動を展開している経験の賜だと思います。逆に、今回のような経験が、良い形で普段の活動に反映されていくのが理想です。18 日も、ご年配の方々の気持ちに応えるべく、頑張りましょう。

> HOOTIE BIRD さん

昨日はメッセージをいただき、ありがとうございました。
本番前に、出演者の皆さんを前にして音読させていただいた次第です。

我々にとってはほとんど馴染みの無い曲が多かったのですが、演奏するだけで喜んでくださる瞬間に、それらの曲の素晴らしさを実感しました。BLUE SKY の豆知識、次回の曲紹介に取り入れさせていただきます!

> 両太さん

昨日はコンサートを陰で支えてくださり、ありがとうございました。
そして何より、両太さんの功績は Ryo-ka さんへの心の支えでしょう。
Ryo-ka ファンクラブができたら、どうします!?
そうしたら、会長にご就任いただきます。

> カッパさん

改めまして、昨日は大変お世話になりました。
当初用意された座席が 100 人で、更に 3 列追加で 130 人近くとのことですね。大勢のご年配の方々を前にして、かなりのプレッシャーでしたが、普段以上に気合が入りました。DVD は余韻が冷めた頃に是非、見せてください。Ryo-ka コールの次は、来月の一周年記念ライブにおけるカッパ コールを企んでいます。

投稿: ぱるめざん | 2006年9月 3日 (日) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139825/11733635

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ コンサート@老人福祉センター:

« Soul Trip Garden | トップページ | 自宅花火 »