« 順調に掘削中 | トップページ | Jazz bar b.b. »

2006年7月27日 (木)

PASSION Vol.6

25 日 (火) の武蔵野ファンクのリハ中、ボスが「木曜日に歌伴のライブでアップライト デビューするんだよ。」と発言。武蔵野ファンク以外の土俵で、ひっそりとデビューを果たそうとしそうな感じだったので、ウッドベース弾きである Ohjiro さんを誘って秋葉原 dress TOKYO へ偵察を兼ねて応援に行ってきました。

060727010607270206072703

PASSION Vol.6 というイベントで、ボスは廣島リマさんのバンドで出演。リマさんに会うのは、昨年 12 月に武蔵野ファンクのライブにゲスト出演してもらって以来です。

アコーディオンは、両国ジャズの仲間でもある原田さん。以前からこの組み合わせで dress TOKYO で度々ライブを行っていることは知っていましたが、今回初めてそのサウンドに触れることができました。

ボス自身、アップライトを弾くのは自信が無いと漏らしていましたが、さすがは元ウッドベーシスト。ピッチも安定し、アップライトとしてしっかり弾きこなしていました。弾いてる姿も様になります。フレットレスでは出せない、アップライトならではのニュアンスを、強く感じました。武蔵野ファンクで効果的に導入できる日も、そう遠くはないかもしれません!?

原田さんのアコーディオンは、ギターとキーボードというコード楽器の間でどのようなサウンドを聴かせてくれるのかな?と注目していましたが、ソロとバッキングの両面において良い味を出していました。速弾きのフレーズはもちろん素晴らしいですが、白玉系の和音での強弱が絶妙です。これは、アコでしか出せない色彩です。

そして何より、リマさんの歌。泣かせてくれます。無伴奏で歌った "酒と泪と男と女" で、泣きが頂点に達しました。私自身はここ最近、人を楽しませる演奏に力を注いでいましたが、人を感動させて泣かせるような演奏を忘れていた気がいたします。

0607270406072705 06072706

今回のイベントは、最後に登場したアフロ橘の CD 発売記念イベント的な色彩が強かった印象があります。

アフロ橘に生で触れるのは初めてでしたが、ゴスペル フィーリングに終始圧倒されました。無条件で取り込まれてしまいました。リマさんもコーラスで参加。

ゲストとして SOUL SISTA MAKI さんも飛び入り、思いがけず、その歌声を聴くことができました。

本日の飲酒量 : ビール コップ 1 杯、雑酒 500ml 缶 x 1、350 ml 缶 x 1

|

« 順調に掘削中 | トップページ | Jazz bar b.b. »

音楽」カテゴリの記事

コメント

今日はどうもありがとねー!!

そう遠くない日に武蔵野ファンクのLIVEでも
アップライト使用できるよう頑張ります。。
しかし今日は普段の10倍疲れたよ(苦笑)

精進、精進。。

投稿: ボス | 2006年7月28日 (金) 02時21分

> ボス

昨日はお疲れ様でした。
慣れない楽器だけに、普段の 10 倍の疲労感・・・よくわかります。逆に、普段以上に精魂込られたことで演奏がより感動的になったと思います。

投稿: ぱるめざん | 2006年7月28日 (金) 08時02分

パルメザン久保のライブ行ったんだ!
偉い!こういうの大事だよね、って行ってない俺の言うことか。
武蔵野ファンクの4ビートもファンク団体と思えないぐらい安定してグルーヴしているのはむしろ今日のJazzプレイヤーにもなかなかみられないだけに、早く久保のウッド聴きたいよね。きっといいプレイすると確信しています。勿論仲間誉めは大事大事。

投稿: 伝九郎老人 | 2006年7月29日 (土) 13時53分

> 伝九郎老人

この日は、ワイルドジャンボのリハの日だったんだよね?

仲間誉めが大事というのもあるけれど、世辞抜きでアップライト ベーシストとしての船出をしっかり飾れたと思います。武蔵野ファンクにおけるジャズ セットでの導入に期待大です。

投稿: ぱるめざん | 2006年7月29日 (土) 15時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139825/11123098

この記事へのトラックバック一覧です: PASSION Vol.6:

« 順調に掘削中 | トップページ | Jazz bar b.b. »