« ガーガー怖い | トップページ | ペーパークラフト »

2006年6月25日 (日)

SoulGarden Vol.6

昨日開催された SoulGarden Vol.6 の 1 バンド目は、かつて TURKEYS-GANG 等で一緒に活動したドラムの Mi-Chang 率いる新生アフロ バンド JariBu。今回がデビュー戦です。もちろん、そのサウンドに初めて触れる機会となりましたが、予想していた以上に良いバンドでした。Mi-Chang 自身がかつてより格段に腕を上げ、メンバーをグイグイ引っ張っていました。Flute, Alto Sax, Tenor Sax というリード楽器のみで構成されるホーン隊も名手揃いで、ホーン ライン並びにソロ プレイで抜群にブロウしていたし、我らがボスも普段とは違ったプレイを見せてくれたし (ベースを置いて、パーカッションに持ち替えた曲があったからではなくて、ベース プレイそのものに対してです。)、サポートで参加した鮎さんのパーカッション、特に今回はトーキング ドラムが紡ぎだすビートが未だに身体に鳴り響いています。JariBu の今後への期待は大です。

2 バンド目の登場となった我々武蔵野ファンクは、ゲスト ボーカルに ORITO さんを招聘。4 曲歌っていただきましたが、最近の武蔵野ファンクにおいてはゲストに歌っていただく曲数では異例の多さです。今回、本番 10 日前の段階で楽曲に取り組みだし、基本的に曲を知らない私は参考音源を聴き出すものの、一週間前のリハの段階ではまだ手探り状態。本番当日までに、何とか曲想を掴む段階まで漕ぎ着けました。自分の参加するバンドを自賛するのはいかがなものかと思いますが、正直良い選曲だと思います。だいたい、ファンク バンドでカバー曲に取り組む際はこの流れです。取り組む段階では暗中模索で曲を追いつつも、結果的に良い曲を身につけさせてもらっています。武蔵野ファンクでオリジナルを 2 曲演奏後、ORITO さん登場。ORITO さんのボーカルは素晴らしいですが、それ以上にお客さんを惹き込もうとする姿勢には、非常に共感を覚えました。あと、あるお客さんに言われたのですが、「ボーカルが登場してから、途端に自由になったね。」とのこと。全くその通りで、フロントを伝九郎と陣取る身としては、常に上モノとしてラインを維持することに精神を注ぎますが、ボーカルが加わることでその布陣が大きく変化。一種の解放感に似た精神状態となります。

トリを務めた maru live + ovall edition。maru さんの歌声はもちろん、ベースの信悟さんが繰り出す的確なラインはもとより、コンポーザーとしてのトータル プロデュースにメンバーのテクニックが相まって壮大なサウンドを演出。今回もタケオさんの飛び入りがあり、なんだか得した気分です。

SoulGarden、回を重ねる毎に出演者の幅も拡がり、更に面白くなって参りました。

0606250106062502 0606250306062504 06062505   

|

« ガーガー怖い | トップページ | ペーパークラフト »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139825/10676334

この記事へのトラックバック一覧です: SoulGarden Vol.6:

« ガーガー怖い | トップページ | ペーパークラフト »