« 都電の衝突事故 | トップページ | 見送りなし »

2006年6月14日 (水)

父の日迫る

今週日曜は父の日。一応、私も父親ですので、貰う側のワクワク感もありますが、義父や父に対しては贈る側でもあるため、仕事帰りにプレゼントを探しに百貨店等での模様眺めを開始しました。

母の日の場合は妻に花を選んでもらって送るので、選ぶ楽しみは無いのの、何を贈ろうか悩む必要はありませんが、父の日に関しては母の日のカーネーション的な定番が無いため、毎年考える必要があります。お酒の年もあったし、パジャマの年もあったし、靴下やハンカチの年もあったし・・・さて、今年は何にしましょう?意表をついた贈り物で驚かせましょうか・・・。

|

« 都電の衝突事故 | トップページ | 見送りなし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

母の日は赤いカーネーションが定番なのですが、幼稚園の時に父の日の花は「白いバラ」と教わったことがあるのですが、あまり一般的ではないようですね…。

投稿: 波羅光 | 2006年6月15日 (木) 01時26分

私んちは、以前「お漬物」を贈ったら、とても好評で
次のときに「お花」を贈ったら、私には喜んで見せたものの、私に内緒でと母に「今年はお花かぁ~。」と言っていたそうです(^^;
今年はまた「お漬物」を贈ろうと思っています。
いろんな種類をいっぱい贈るんだ。

投稿: ふえねこ | 2006年6月15日 (木) 07時45分

 私と、立場は一緒ですね?

 私は、そんなに大事にされても・・困る?んですが・・なれていないんで・・

投稿: u-papa | 2006年6月15日 (木) 09時37分

> 波羅光さん

父の日に白いバラを送る風習については、認識がありませんでした。調べてみると、健在している父には赤いバラ、亡くなった父には白いバラという起源もあるようです。

> ふえねこさん

男性が花を貰って嬉しいかどうか?結局、そこなんですよね。
視覚よりも味覚を楽しませてくれる贈り物の方が嬉しいかもしれません。
そういう意味では、漬け物は良いですね。

> u-papa さん

僭越ながら、u-papa さんと同じ立場です。
誕生日とはまた別の意味で、年に一度パパとして敬われる日なのですから、ありがたく受け止めましょう。

投稿: ぱるめざん | 2006年6月15日 (木) 12時09分

父の日にモラウプレゼントは
何でも良いですね気持ちだけで充分です。
うちは私もかみさんも父親がなくなっていません
逆にあげる父がいないのも淋しいですね。

投稿: BMK | 2006年6月15日 (木) 18時01分

> BMK さん

大切なのは気持ちですね。
また、贈る相手が存命だからこそ、何を贈ろうか悩めるという幸せを感じました。

投稿: ぱるめざん | 2006年6月15日 (木) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 父の日迫る:

« 都電の衝突事故 | トップページ | 見送りなし »