« 二日酔い | トップページ | 父の日迫る »

2006年6月13日 (火)

都電の衝突事故

午前中に報じられた都電の追突事故のニュースは、先日、子供たちと都電荒川車庫の記念イベントに行った直後であっただけに、大きな衝撃を受けました。進行方向こそ違いますが、現場も通っています。何よりも、地域ぐるみで取り組まれたイベントの成果が、こういう形でかき消されてしまったことが、残念でなりません。

巷ではバリアフリーが叫ばれ、各公共交通機関においてエスカレーターやエレベーター等の設置が進んでいますが、路面電車はそのような過大投資なしに階段の昇り降りや改札も無く、お年寄りや身体の不自由な方々でも気軽に利用できる、バリアフリーを絵に描いたような軌道系交通機関です。そんな理想的な乗り物が安全面において大きく傷つけられたことが無念です。

この事故においてはお年寄りが骨折されたり、小さなお子さんが打撲を負われるなど、怪我をされた方々にお見舞い申し上げます。今回は追突した側の運転士の過失が強い模様ですが、その過失が都電という交通機関そのものを、安全設備の整っていない時代遅れの乗り物として否定する方向に世論が傾かないことを祈ります。

06061301 06061302画像は、追突した 7505 号と同一系統の 7515 号 (左) と試運転中に追突された 7020 号と同一系統の 7016 号 (右)。

いずれも、6 月 10 日に撮影しました。

|

« 二日酔い | トップページ | 父の日迫る »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

 ニュースを見て~先日のぱるめざんさんの日記を思い出していました。
 25キロで衝突と言う事でしたが・・・・乗客の方には、被害が出てしまい残念です。
 会見を聞いてみると~本当に安易なミスに驚きました!

投稿: u-papa | 2006年6月14日 (水) 11時30分

> u-papa さん

バスとか車だと、ブレーキが間に合わなくてもハンドルを切れば衝突は防げたかもしれませんが、軌道上だとそのままドーンですからね。今回の都電の事故に限らず、安易なミスに起因する大事故って非常に多いと思います。

投稿: ぱるめざん | 2006年6月14日 (水) 12時10分

都電荒川線は、お花電車が来るまで、わざわざ大塚駅前で新聞紙を敷いて待って見た思い出があります。このような事故でまさか廃線とかならないことを祈ります。

投稿: ラブリーイースト | 2006年6月14日 (水) 12時27分

> ラブリーイーストさん

荒川線の花電車は写真で見たことがあります。ラブリーイーストさんのオープンカーではありませんが、屋根のない花電車もありましたよね?最近見られなくなってなってしまったのが、寂しいです。

仰る通りで、今回の事故が荒川線の存続自体に警鐘を鳴らすことにならないよう、願っています。

投稿: ぱるめざん | 2006年6月14日 (水) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都電の衝突事故:

« 二日酔い | トップページ | 父の日迫る »