« SoulGarden Vol.6 | トップページ | BLUE NOTE ボールペン »

2006年6月26日 (月)

ペーパークラフト

06062601昨日は朝からいつ雨が降り出してもおかしくない空模様だったので、とにかく降らないうちに外出することに。

子供たちと交通公園へ行ってみると、この空模様にも関わらず多くの親子連れが訪れていました。

ちょっと目を離すと、人混みに紛れて見失いがちです。さて、ウチの子供たちはどこでしょう?

0606260206062603お姉ちゃんトンネルを通過中。

妙な遊びにハマったものです。

画像だと分かり辛いんですが、右側の長男、登ったのは良いものの下りられなくて困っています。

しばらくして、雨がポツリポツリ。

06062605仕方がないので、家の中で遊ぶことに。

何して遊ぼうか?と考えていると、ふと思い出したのが、先日都電荒川車庫でいただいたペーパー クラフト。早速チャレンジしてみることに。

長女は幼稚園でハサミを使い始めているものの、直線を切るのには苦労している様子。

「うまく切れな~い。」

0606260406062606パパはカッターでスイスイ切って、ハイ、出来上がり。

長男は危ないので見学させていましたが、大人しいと思ったら完成間際には熟睡していました。

06062607長女の失敗作。失敗することを見越して、原本をスキャナで読み、プリントアウトした複製で作成したので、何度でも練習できます。

原本と画像ファイルは永久保存版です。   

|

« SoulGarden Vol.6 | トップページ | BLUE NOTE ボールペン »

育児」カテゴリの記事

コメント

 外での遊び以外でも~はさみ、のりなど使い方を学びながら遊ぶ事が出来るのは良いですね?
 しかも、先生は、パパですから~これ以上のものは、ありません。
 完成画像に~ぱるめざんさんの几帳面さ、が、出ていますよ!

投稿: u-papa | 2006年6月26日 (月) 16時38分

> u-papa さん

こういう工作は、きちんと完成させないと気が済みません。
u-chan と kan-chan もチャレンジしてみませんか?

パパの指導は厳しいですよ。長女がハサミで少しでもふざけていたら、即雷です。

投稿: ぱるめざん | 2006年6月26日 (月) 17時33分

>失敗することを見越して、原本をスキャナで読み、プリントアウトした複製で作成したので、何度でも練習できます

さすが抜け目なし。
自分も工作好きだったです。カッターでよく指とか切りました。でもそれで、刃物が使い方を誤るとデンジャラスなことを身をもって知りました。

>長女がハサミで少しでもふざけていたら、即雷です。
    ↑
こーゆーのすごい大事だと思う。

投稿: s_hoso | 2006年6月27日 (火) 00時16分

> s_hoso さん

原本は二枚しか無いのですが、あえて原本でチャレンジさせて、失敗したら無常感を学ばせる選択肢もありました。しかし、ハサミ使いが明らかに初級なので、今回は複製にしました。

私も幼少の頃は度々工作で指を切りました。
怪我して思い知ることは重要ですね。

投稿: ぱるめざん | 2006年6月27日 (火) 00時41分

はさみって手に合うのと合わないのとありますね。
力を入れないで切れるのに出会えるといいのですが。

危ないからダメというのでなく、危ないからきちんと使い方を教えるというの、賛成です。

ついでなのでネタ提供。こんなのもありましたよ。
http://www.geocities.jp/playtownbingo7570/fujikyu-hnbr.gif
http://www.geocities.jp/playtownbingo7570/fujikyu-hndkb.gif

投稿: 波羅光 | 2006年6月27日 (火) 01時21分

> 波羅光さん

手に合うハサミを成長に合わせて選ぶのも難しそうです。
結果的に、大きめであったり、小さめであったりするハサミで、我慢させてしまうのでしょう。

そして、ネタありがとうございます。こちらは傾斜部分があるので、更に敷居が高そうです。

投稿: ぱるめざん | 2006年6月27日 (火) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139825/10685025

この記事へのトラックバック一覧です: ペーパークラフト:

« SoulGarden Vol.6 | トップページ | BLUE NOTE ボールペン »