« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

チョコラ

06053101 06053102昨日はつぼ八ライブに行って、明日は武蔵野ファンクのセッションと、帰りが遅くなる日が多くなっていたので、今日ぐらいは早く帰ろう!と決意していたのですが、こういう時に限ってサーバーでトラブル発生。結局、帰るのは子供たちが既に寝ている時間帯になってしまいました。

妻への罪滅ぼしの意味を込めて、「チョコラ」というケーキを買って帰宅。

06053103いざ帰宅してみると、長女「眠れな~い。」とか言って、まだ起きていました。パパがケーキを買って来ることを察知していたのでしょうか?

ちゃんと歯を磨くことを条件に、ママの分を分けてもらっていました。

06053104寝ている長男にだけお土産が無いのは可愛そうなので、パパの分を残しておきました。翌朝には、ぺろりと平らげた模様・・・。

画像は、テレビ東京の「のりスタ」ではたらく乗り物が出てきた時の興奮した様子です。

* * *

Jazz Life 誌の搬出、完了!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

2 ギター トリオ

06053001060530025 月は菊川でのライブがあったものの、つぼ八ライブには足を運んでいなかったので、久々に客として行ってきました。今日の出演者はギターの市川さんとベースの Ohjiro さんに加えて、ギターの岡山くん。つぼ八ライブにおいては異例の 2 ギター トリオです。岡山くんは上板橋 GREEN DOOR で開催された武蔵野ファンクの LIVE & SESSION に 2 回とも来てくれており、つぼ八ライブへも来るように誘っていたのですが、先週の坂ノ下さんの回に初めて来てくれたそうです。その際、今日のセットで臨むことが決定したとのこと。

060530030605300506053004 

 

 
どんな展開になるのか楽しみにしていましたが、予想を遥かに超え、急ごしらえの編成とは思えない程、完成度の高い演奏でした。2 部からは、お客さんとして来店していたギターの深瀬さんも加わり、3 ギターに。深瀬さんのカッティングにより、更に彩りが豊かになりました。

060530080605300706053006 

 

 
6/20 は、チャーリーさん率いるバルバドスと対バンの形で、出演させていただくことになりましたので、是非つぼ八ライブに来てください。なお、その翌週の 27 日には、岡山くんがボーカルのさくらちゃんとのデュオでライブに臨むそうです。つぼ八ライブのラインナップも、徐々に拡がりを見せてきました。つぼ八ライブをよろしくお願いします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

マガモ

06052901近所の善福寺川に生息する鳥類は、どこにでも居る鳩やカラス以外ではほとんどがカルガモで、柵を越えて出てくることはまず無いのですが、時々マガモとアヒルが側道を散歩している光景を目にすることがありました。

上の画像は、2004 年 7 月の撮影です。

誰かが飼っているのか、それとも、人為的に川や池から出されたのか?ここ何年か、ずっと不思議に思っていました。

06052902今朝、いつものように和田堀池でマウスピースによる朝練をしていると、マガモの姿が。

岸に上がって、どうするのかな?と見守っていると・・・。

0605290306052904普通に柵をくぐって、出てきてしまいました。 近づいても、マウスピースで音を浴びせても、待ったく警戒心はありません。

なんだか、拍子抜けでした。

残るは、アヒルの消息。最近、全く見かけません。無事であれば良いのですが・・・。ふらっと柵を越えたがために、事故に巻き込まれたりしていないことを祈っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

雨の合間に

0605280106052802予報だと曇り後晴れで、午後は 27 度に達するということでしたが、実際にはなかなか晴れなかったり、小雨がパラついたり、変な天気でした。

午前中、雨の合間を見計らって、子供たちを連れて交通公園へ出かけましたが、30 分と経たないうちに雨がポツリポツリ。不完全燃焼のまま撤収です。

帰り道は子供達としりとり遊び。流れとしては、こんな感じです。

パパ「リンゴ」
長女「ゴリラ」
長男「ラ~」(長男は合いの手で参加)

パパ「ラッパ」
長女「パンダ」
長男「ダ~」

パパ「ダイコン!」
長女「うわー、ダイコで、が付く言葉は、ありませ~ん!パパの負け~!」
長男「うわ~~~~~」

普段はだいたいこの流れで、長女も真剣なので負けることはないのですが、今日は私が何気なく「トランプ」と答えると、長女「プリン!」

咄嗟に長女、「しまった」という表情で口に手を当てて顔を赤らめた様子が印象的でした。「だって、プリンが食べたかったから・・・。」だそうです。

* * *

どうも、昨日の朝からお腹の調子が芳しくありません。もともと、お腹を壊しやすい体質なのですが、最近の暴飲暴食で胃腸が疲れているのかも知れません。とりあえず、本日は禁酒しました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

15 年振り

小中学校の頃の友人で、杉並区内に住んでいる波羅光さんとぐっちさんを自宅に招いての再会が実現したのが今年 3 月。今日は波羅光さんの紹介で、横浜在住の友人も加わり、4 人での宴に。波羅光さんとその友人の交流は上京後も続いていたそうですが、私とぐっちさんは実に 15 年以上振り。波羅光さんとぐっちさんもそうですが、何年経っても素の部分が変わらないことは嬉しいですね。このペースで輪を広げて、いずれ大規模な同窓会に発展か!?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

目黒食堂

昨日といいますか、日付変わって今日は目黒食堂における深夜イベントに武蔵野ファンクで出演してきました。

本来、休日前夜でもない限り平日の深夜イベントに参加することは、基本的にサラリーマン稼業の我々にとっては非常に厳しく、お誘いいただいた時点では難色を示していたのですが、DJ 七福さんが示してくれた数々の男儀に完敗する形で、受けさせていただくことに。

06052601目黒は若干遠方ですが、武蔵野ファンクのライブが終わり次第、帰宅させていただく必要があるため足はマウンテン バイク。

アップダウンを極力避けるために、外苑西通りを南下するルートを選びましたが、途中歩道が狭かったり、自転車が通行できないトンネルがあったりと、往路は 1 時間半以上を要しました。

06052602 06052603目黒到着 22:30。会場に入ると、思いのほか広いフロアであることを認識。この時点では、お客さんもまばら。

武蔵野ファンク専用の座席エリアを確保してくれていることに、まず感服しました。今回、ドラムの搬送や、もちろんギャラも含め、数々の厚遇には心から感謝しています。

0605260506052604次第にお客さんも増え、平日の深夜であるのにも関わらず、多くの若者がフロアを埋め尽くしていきました。武蔵野ファンクとしても、パフォーマンスのしがいがあります。

武蔵野ファンクのライブは 2:00 過ぎのスタート。演奏や掛け声に合わせて会場が一体となって盛り上がってくれるのが、この上ない喜び。ダンサーとのコラボレーションも楽しかったです。演奏に合わせて踊ってくれるのはもちろんですが、ダンスに合わせてアドリブを展開する面白みも初めて感じました。

沢山のパワーをいただいた気がいたします。
DJ 七福さん、お誘いいただきありがとうございました。

3:30 近くに目黒食堂を出て、 往路の失敗を活かし難なく帰宅。5:00 に就寝。一応、職場には午前半休の可能性を示唆しておいたので、寝坊を決め込んでいたのですが、子供たちの騒ぎ声でいつも通りの目覚め。

結局、普段通り出勤することに・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

シャボン玉

昨日の続きですが、不用品の整理も一段落し、長男を連れて交通公園へ。道を歩いていると近所のタバコ屋のおばちゃんが長男を見るなり、「あら、かわいいわね~。」と言って、お店の奥からシャボン玉セットを取り出して、長男にくださいました。

乳幼児はその存在だけで優遇されて羨ましいです・・・。タバコ屋のおばちゃん、ありがとうございました。

06052501幼稚園から帰ってきた長女と共に、午後からベランダでシャボン玉で遊ぶことに。

雨が降ってきたので、お家の中から外へ向けて飛ばすんですが、長女は比較的上手に膨らませるものの・・・

06052502長男は息が荒くて、なかなかうまく飛ばせません。

おまけにシャボン玉液を 2 回もこぼしてしまい、遊べる量は僅かに・・・。でも、お姉ちゃんが分けてくれたから、良かったね!

06052503風も強まり、お家の中にもシャボン玉が入ってきてしまいます。

そして、長男の頭にも。

本人は気付いていません。

06052504扇風機で対策を講じました。

 

 
* * *

今日は武蔵野ファンクで MARULA という深夜イベントに参加します。

目黒食堂
http://www.meguroshokudo.com/

marula! Funk Special!!
http://www.meguroshokudo.com/cgi-bin/schedule/diary.cgi?mode=popup&y=2006&m=5&d=25

OPEN & START : 22:00
CHARGE : 前売り 2,000 円 当日 2,500 円 (1 drink set)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

5 インチ フロッピー

今日は客先都合を利用して臨時休暇を取得しました。特に予定を入れず、家において普段手つかずの案件を処理することに。

最重要課題が、子供の物が増えたことによる慢性的な収納スペースの不足を少しでも緩和すること。ベッドの下などに格納されている不用品の整理から着手することに。

06052401長い間開封していない箱は、内容物を忘れてしまうものです。結婚祝いでいただいたランプの箱があり、中身が空かと思い持ち上げてみると、ある程度の重さが。開けてみると、大量の 5 インチ フロッピー ディスクが何箱も。

購入当時は色々な思いを寄せて宝物のように保管していたメディアも、今ではゴミ同然。即刻処分です。

06052402長男は、「何ですか?これは」というリアクション。

3.5 インチでさえあまり見られなくなった昨今。5 インチなんて一生関わる機会はないんでしょうね・・・。

06052403捨てずに溜めに溜めた Jazz Life が 11 年分に及ぶことも判明。幸い委託先も決まり、今まで収まっていたスペースにトロンボーンのハードケース等も片づけられ、お部屋が若干広くなりました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

移ろいゆく

06052301ホテル サンルートの跡地を代々木二郵便局から仰ぐ。

やがて、新しいサンルートが建つので、この風景は見られなくなります。毎日見る風景でも、この描写がいずれ懐かしく感じられるのかもしれません。

撮影時間帯は朝 9 時前。人通りはまばら。朝夕のラッシュ時間帯に京王線や都営地下鉄から新宿駅新南口方面へ向かう場合は、南口から出ず、マインズタワー直下の出口を目指した方が人混みが避けられます。JR にもサザンタワー口ができ、便利になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

ココイチのカレー

06052201昨日は家族で出かけようとも思いましたが、長男の風邪がまだ完治していないため、妻と長女だけ井の頭公園へ出かけさせました。

私と長男は近所の図書館に行ったり・・・

06052202ガーガー (重機) 見物!

最近だんだん分かってきました。長男のガーガー好きは、重機が生き物のように見える様が面白いことに起因しているようです。ガーガーがブロック塀から顔を出している格好を、一生懸命、言葉と体で表現していました。

まだ 11 時過ぎでしたが、お腹も空いてきたので、長男に「お昼御飯、何食べる?」と聞くと、「かい~。 」 (注 : 貝ではなく、カレーです。) と言うので、カレーを食べに行くことに。手軽にガストや松屋等で済ませようとも考えましたが、子供用のカレーという点を考慮すると、専門店に行くことに決定。というわけで、高円寺のココイチへ。やはり、カレーの種類が選べることが重要です。また、今のところウチの子供たちは大丈夫ですが、食材に玉子を使わないといったアレルギー対策メニューが選べる等の配慮に惹かれている面もありました。

06052203長男はお子様カレーの A セット。

このボリュームにジュースとお菓子引換券が付いて 450 円なのですからお手頃です。2 歳児の長男には、ちょっと多かったようですが、おいしくいただけました。

06052204パパはロースカツカレーの御飯 500 g の 3 辛。 ココイチを利用するときは、いつもこのメニューです。更に、長男が残した分も食べたので、普段よりも満腹気味。幸せ~。

さて、帰宅後長男は昼寝をし、休ませつつ、やがて妻と長女も帰って来ましたが、今度は長女が発熱!

今日は幼稚園を休んだものの熱も落ち着いてきていますが、今月に入ってから、長女と長男の発熱が交互に続いています。難しい時期ですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

Jazz Destroyers 旗揚げライブ

0605210106052102昨日は菊川なあ~じゅにおける Jazz Destroyers の旗揚げライブのため、17:00 に現地へ行く予定だったのですが、午前中の段階で Ohjiro さんから、「なあ~じゅバンドのリハをお昼からやっていて、トロンボーンが一人休みなので肩慣らしのために来ても OK 」という趣旨の連絡。

せっかくなので、少し早めの 16:00 前に現地到着。なあ~じゅバンドといえば、ナポレオンズのボナ植木さんがボーカルを担当されたり、おぼんこぼんのおぼんさんがトロンボーンを吹かれたりと、コミック バンド的な要素が高いのかな?という勝手な先入観を持っていましたが、実際にリハに参加してみると、レパートリーが April in Paris, Queen Bee, Moon River, Switch in Time, St. Thomas 等と、れっきとしたジャズ ビッグバンドであることを認識。リハへの参加メンバーは、Sax, Tp, Tb がそれぞれ 2 人といった具合でしたが、それぞれのメンバーが適切に役割を発揮し、歯抜けているという感じは全く無し。自分だけの演奏に固執せずに、お互いを気遣いながら、全体像を完成させようとする姿勢の表れが垣間見れました。このなあ~じゅバンド、ビッグバンドなだけになあ~じゅではライブをできず、ホールで年に一回開催されるコンサートが唯一の発表の機会とのことで、少々勿体ない気がいたします。

0605210306052104さて、Jazz Destroyers のメンバーやゲスト ボーカルの meg さんも揃い、音合わせをこなしつつ、19:30 過ぎからライブ開始。

今回、色々なジャンルの曲や構想を非常に多く詰め込んだため、消化不足の感は否めず、私自身も打ち合わせの際とキーを取り違えるという失態を演じる場面もありましたが、メンバーの好サポートのお陰で何とか乗り切れました。meg さんのボーカルも素敵。Sade 歌わせたら、この人の右に出る人はいません。歌声に聞き惚れてしまい、自分が演奏をすることを忘れてしまう場面もしばしば・・・ごめんなさい。

なお、演奏中の画像は、枯葉の演奏を披露してくれた両太さんの mixi 日記から拝借しました。

スライドをお客さんに操作させる「例の芸」は、終盤における A Night in Tunisia で展開。今回、お客さんとして武蔵野ファンクのボスと伝九郎も応援に駆けつけてくれたのですが、考えてみれば、この芸はボスや伝九郎とかつて一緒にやっていたファンク バンド TURKEYS-GANG のライブにおいて自然発生的に生み出されたもの。客席に座っている両名にスライドを操作させるのは、もちろん初めての経験だし、普段、武蔵野ファンクで一緒に演奏している限りは絶対にあり得ないシチュエーションだけに、不思議な感触でした。それ以上に、傍で見守ってくれたことが心強かったです。

隅田川のカッパさんをはじめ、Jazz Destroyers を生み出した両国 Jazz プロジェクトの方々も来てくださり、また、私の故郷にゆかりのある i さんもお友達を連れて来てくださるなど、旗揚げライブを盛り上げてくださりありがとうございました。そして、何よりも、プロではない我々にライブの機会を与えてくださったマスターに感謝です。

06052105Ohjiro さんの紹介で、お客さんとして来てくださったボナ植木さんと直接お話できて感慨無量。ステージにおいてお笑い要素を取り入れる上でのヒントを、色々とアドバイスいただきました。

画像だと分かり辛いですが、私の T シャツに描かれた「はじめちゃん」を、ど根性ガエルのピョン吉の如く飛び出させようと、演出してくれています。

06052106今回、ライブの決定からメンバーの招集等、すべてを取り仕切ったリーダーの Ohjiro さん。演奏への労力はもちろんですが、リーダーとしての心労も多かったことでしょう。お疲れ様でした。ライブ レポートは Ohjiro さんのブログをご参照ください。    

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

カモさんがいない

長男が残した食パンをカモさんに振る舞うため、長女と善福寺川へ。長男が食パンを残したのは、一昨日からの熱が原因ではなく、大好きなスティック パンを沢山食べてしまったため。まだ喉が赤いとはいえ、お陰様で熱は下がりました。

06052001いざ、川へ行ってみると、雨が続いたせいか水が淀んでいて、カモさんがいません。

「いないねー。」と話しながら、下流に向かっていると・・・。

06052002「あ、いた!」

食糧調達に苦労している様子でした。
 

06052003早速、長女と食パンを投入。

パンの白い部分に人気が集中していました。

やはり、焦げ目の無い部分が好みのようです。

0605200406052005川沿いのヤマモモの木は、青々と茂っています。

もうすぐ、ヤマモモの実も収穫できそうです。

06052006長女は交通公園で坂道練習。

ただし、補助輪付き。

補助輪が外れるのは、まだまだ先の話になりそうです。

今日はとにかく、暑い!只今の室温が 30 度。

汗を拭いながら、これから菊川なあ~じゅでライブです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

付き添い

06051905昨日今日と雨で、また、長男が熱を出したこともあり、長女の登園に付き添い。最近は長女も自主性が更に強くなってきたせいか、普段と異なる経路で進もうとすると、「違うよ、こっちだよ!」歩道では「パパはこっち側!」と言われるがまま。幼稚園に送っていくというより、付き添いパパ状態です。こうして、だんだん自立していくんでしょうか・・・。

通常だと園門でバイバイなのですが、園庭が雨でぬかるんでいたので「泥んこにならないように、一緒に行ってあげるよ。」と提案すると、長女、意外と素直に「うん。」

玄関でバイバイし、そのまま立ち去ろうとすると、園庭の中間点あたりで玄関に立つ長女から「パパ、バイバイー」の叫び声。

一応、今日に関してはパパが付き添った恩恵を感じてくれたようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

意外と近い菊川

06051801昨日は Ohjiro さんの新プロジェクト Jazz Destroyers のリハーサルのため、菊川なあ~じゅへ。

新宿から都営地下鉄で約 20 分。山手線の東側にあるので遠いイメージがありましたが、意外と近いです。

19:00 前、なあ~じゅに一番乗り。マスターとご挨拶し、なあ~じゅでジャズ ライブを始めたきっかけや、ジャズへの拘り、プロ ミュージシャンしか出演させないポリシー、共通の知り合いのことなど、色々とお話を聞くことができました。

マスターのご厚意で、何とお店を貸し切りでのリハに。これも Ohjiro さんへの人望の表れでしょう。マスターに感謝です。

さて、Jazz Destroyers のライブはなあ~じゅで土曜日 19:30 から。色んなジャンルの曲を散りばめつつ、どんな形で纏まるか・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

IE7 と TypePad の相性

Internet Explorer 7 ベータ 2 が公開されていますが、@nifty のココログや OCN のブログ人等の TypePad ベースのブログを利用している方にはお奨めできません。セキュリティ保護が Internet Explorer 6 よりも非常に強化されており、警告が出まくりで、作業効率が非常に低下します。

Internet Explorer 7: ベータ 2
http://www.microsoft.com/windows/ie/ja-jp/betadownload.mspx

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

デジカメの最期

06051601子供の成長記録用に、長女が生まれる 5 か月前の 2001 年 10 月に購入したデジタル カメラが、本日、遂に最期を迎えました。

結構前から、電池カバーの爪が折れたり、ストラップの金具が脱落したり、レンズが収納できなくなったり、フィルターが外れたり・・・挙げだすとキリがないほど破損箇所が山積してきていて、セロハン テープで固定する等して騙し騙し使い続けていたのですが、今朝、レンズのズームが完全に動かなくなり、強引に引き出したところ外れてしまいました。

中途半端な壊れ方より、寧ろこれで諦めがつきました。

カメラさん、長い間、莫大な思い出を記録し続けてくれて、ありがとう!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

交通博物館最終日

両国の歩くジャズ辞典こと HOOTIE BIRD さんの書き込みや、トロンボーンの Magnum さんのブログに触発されて、最終日にあたる昨日、長男と交通博物館に行ってきました。

家族揃って行こうとも思っていましたが、長女が長男と行ってくればいいじゃん!と言うので、妻と長女は別行動に。

06051501もの凄い人出が予想されるため、中野駅で予め前売り券を購入。

また、館内の食堂や休憩室が満席になっていたり、お弁当が売り切れになってしまっている可能性も考慮して、神田駅のコンビニでお茶とオニギリを購入し、いざ入館!

0605150206051503私は小学生の時以来、約 20 年振り、長男は最初で最後の交通博物館。予想通り、ゆっくり写真を撮ることもままならないぐらいの、人の多さです。報道によると、最終日は 1 万 4000 人が入場したとのこと。係員も「今日は綺麗な写真は撮れませんから~、立ち止まらずにお進みくださ~い!」の叫び声。

0605150406051505模型鉄道パノラマの周りは、ガラスを取り囲む形で人の山。長男を肩車してやっと見せてあげられる程でした。

模型の電車が通るたびに、「あ、きたー!」「バイバイー!」と、長男は満足げでしたが、持ち上げている方は大変です・・・。

06051506060515070605150806051509

蒸気機関車の巨大な車輪を回してみたり、ボタン操作で新幹線を動かしてみたり、標識と背比べしてみたりと、交通博物館の醍醐味は、何といっても身近に触れられること。

0605151006051511 06051512 

 

 
交通博物館だけに、大好きな重機の展示はなかったけれど、ブーブの展示がたくさんあって良かったね!

オート三輪を不思議そうに見つめていました。

06051513 0605151406051515 

 

 
予め購入しておいたオニギリを食べて簡単に昼食を済ませつつ、屋外に展示されている弁慶号を見たり、船の舵を回してみたりと・・・

テンションを維持し続け絶好調!と思えましたが・・・

0605151606051517JAL 機の客室を模した展示で長男、気持ちが良くなってしまったらしく、間もなく熟睡・・・。

仕方がないので、抱っこした状態で長男が興味を示さない展示を巡ることに。

06051518その一つが、旧万世橋駅の中央階段。予約をすれば駅構内に入ることもできたそうですが、私としてはこれだけで十分です。

閉館後の交通博物館の跡地をどのように活用するかはまだ何も決まっていないそうですが、是非とも万世橋駅の遺構を保存、公開していただけたらと思います。

060515190605152106051520 

 

 
1 時間近く経って長男、お昼寝からお目覚め。

リニアモーターカーがもの凄い速さで左右を行き来するのを追いかける姿が印象的でした。

0605152206051524一通り館内を巡り、16 時台に外へ出ました。

閉館時間が迫るのに、外では入場券を買い求めるための長蛇の列。改めて、前売り券を購入しておいて良かったと思いました。

06051523恐らく、2 歳の長男の記憶には、交通博物館の最終日に訪れたことなど殆ど残らないでしょうけど、沢山撮った画像を大きくなってから見たときに、「最後の日に行ったんだよ。」の証になればと思っています。だいたい、私自身も小学生の時に来た記憶でさえ、どの駅で降りて、どんな展示を見たかなんて、殆ど憶えていません。アルバムを開いて、「あ、そういえば!」程度です。

この日記が、記憶のしおりになればと思っています。      

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2006年5月14日 (日)

ライブ & セッション@上板橋

06051401上板橋 GREEN DOOR における武蔵野ファンクのライブ & セッション、昨日無事終了しました。今回は雨というあいにくの天候の中、ご来場いただき誠にありがとうございました。

セッションにおいては Ornette Coleman の Dancing In Your Head でフリー ジャズの演奏が始まるという、思いがけない展開からスタートしましたが、私自身も、もう何やって良いのか分かりません。とりあえず、かつての Live Under The Sky の映像で Ornette がトランペットでインプロする様子を見たことがあったのでそれを意識してみましたが、結果、デタラメの域を越えなかったのでしょうね・・・。私のような凡人のフリー ジャズは、所詮デタラメに終始してしまいます。

06051404今回特に嬉しかったことは、トロンボーンの Kenko さん (画像右から 2 番目の方) が来てくださったことです。以前からサックスの Kuma さんから Kenko さんの凄さを耳にしており、また、mixi における Kenko さんのページも拝見させていただいていたのですが、実際にお会いするのは今回が初めて。セッションに参加していただいて最初に演奏を聴いた段階では、まだ Kenko さんであるということを認識していなかったのですが、余裕でハイ ノートを響かせたり速いスライディングのフレーズを披露するなど、既に物凄いオーラが出ていました。その後、お名前をお聞きして納得。素晴らしいトロンボーン プレイヤーとまた一人お知り合いになれて、感慨無量です。

武蔵野ファンクのセッションはブラックミュージック全般のセッションと謳っておきながら、Isn't She Lovely 等、ジャズ以外のスタンダード曲の譜面が手薄なため、参加していただいた方々の要望に十分応えられなかったことが、今後への課題となりました。

なお、次回以降の武蔵野ファンクによるライブ & セッションは、場所を新中野弁天に移して開催する予定です。今後ともご参加のほどよろしくお願い申し上げます。

あ、そういえば武蔵野ファンクのライブで「アルプス工業」が割愛されたせいか、今回はお客さんとのスライドでの触れ合いタイムを持てませんでした。来週土曜の Jazz Destroyers のライブでは、必ずやります!

0605140706051405060514090605141006051402

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

雨なので

06051202今夜は上板橋 GREEN DOOR における武蔵野ファンクのライブ & セッションですが、雨のため自転車が使えないので電車です。

自転車だと、中杉通りや環八を使って自宅からほぼ直線ルートで上板橋まで行けますが、電車だと井の頭線でと京王線で一旦新宿へ出て、山手線で池袋を経由して東上線というルートになります。既に、長旅の構えです。

雨の中を移動される方は、足元にお気をつけください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

代々木 Bogaloo

06051202昨晩は代々木 Bogaloo における武蔵野ファンクのライブでした。職場から近いのですが、代々木の奥まったところに広いスペースを構えるライブ ハウスが存在するなんて、まったく知りませんでした。

今回は曲順が割と決まっていた方だと思いますが、途中で対バンの Specialize のボーカルが飛び入りで参加してくれてカメレオンを演奏するなど、ハプニングも続出。一番のハプニングは、武蔵野ファンクのステージにおける最後の最後でブレーカーが落ちたこと。でも、先日の調布 GINZ ライブではモニタ スピーカーのフューズを 2 本飛ばした実績 (?) があったので、「またか。」というのが正直な感想です。

「アルプス工業」におけるお客さんとの触れ合いタイムは、メンバーから聞いたところによると、いつもより長めだったとのこと。ステージの対極にいらっしゃるお客さんのところまでスライドを届かせるため、ピックアップ マイクのケーブルが最大限に延ばされたので、スタッフの方にはケーブルを引いていただくなど、色々お気遣いいただきました。

代々木の夜をご一緒に盛り上げてくださった皆様、ありがとうございました。

06051201ライブ前に一時帰宅したので、ステージ衣装を着て子供たちと記念撮影。

でも、長女は拒絶。長男はきょとん。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

二往復

06051104今日は代々木 Bogaloo における武蔵野ファンクのライブなのですが、今朝は体調が回復して 3 日振りに通園する長女に付き添うため、楽器を担いでいくわけにはいかず鞄だけ持って通勤。

長女の通園に付き添ったのは、月曜日に長女が発熱して幼稚園を早退した折、妻が迎えに行くまでの間、職員室で園長先生たちが直々に付き添ってくださったそうで、そのことに対して父親としてもお礼を言うため。幸い、職員室で作業中の園長先生にお会いすることができました。

これから一旦電車で自宅に戻って、着替えて楽器持って自転車で代々木へ。
職場の所在地も、住所的には代々木。自宅 - 代々木間を本日二往復。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

カニさん

06051001 06051002昨日の晩御飯のアサリに混入していた小さなカニさん。 

06051004長男が興味深そうに手にとって眺めているかと思いきや・・・ 

 

06051005 06051006食べちゃいました!

カニ アレルギーでもなければ、大丈夫ですよね?

今のところ、大丈夫そうです。

06051003それを見ていた長女はひきまくり。 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

入れ代わり立ち代わり

06050901 長男の熱も治まり、一安心していたのも束の間、昨日のお昼頃、妻から長女が 38 度の熱を出したとの連絡。

一時は 39 度を越え嘔吐も伴いましたが、妻の看病の甲斐あってか本日は発熱も治まっており、診察の結果長男が発熱した際の菌は検出されなかったとのことです。恐らく、GW 帰省の疲れや、寒暖の差の激しさに起因しているのでしょう。私も昨日、発熱はなかったものの、頭痛に襲われました。

気温の変化が著しい日々が続いていますので、皆様もお気をつけくださいませ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

こいのぼり、お片付け

06050801子供の日も終わり、連休最終日の昨日は雨だったのでこいのぼりもお片付け。

こいのぼりさん、今年も短い間ですが、お疲れ様でした。

帰省できなかった妻へのせめてもの慰めとして、午後から気分転換のためショッピングへ出かけさせました。雨ということもあり、私は家から一歩も出ず。

06050802お熱で帰省できなかった長男ですが、この通り元気になりました。

元気すぎて、むしろ夜泣きが激しくママを悩ませています・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

GW 帰省 3 日目

06050701帰省 3 日目にして最終日の昨日は、昼食後、帰途につくのであまり出歩かず、朝はプラバルーンを作ったりして、遊んでいました。

長女は初めての体験だったようで、不思議な風船に興味津津です。

0605070206050703初日に食料品売り場にだけ入った富士吉田駅ビルの Q-Sta で、長男へのお土産や長女の衣類等を物色。

その間、長女はジャンケン マシンにはまってしまったらしく、100 円で始めたコインが勝ち続けて 30 枚以上に!

続けさせてあげたかったのですが、昼食の時間も必要なので、コインのほとんどはお持ち帰り。

06050704移動中は、家で留守番をしている長男のために、車窓から見える重機を撮影。

都市部ではあまり見られないトラクター等の風景を重点的に撮影したので、これから長男に見せてどんな反応を示してくれるのかが楽しみです。

06050705富士急ハイランド近辺のスーパーで昼食を食べ、長女は幼児用カートに乗って上機嫌。

長男が一緒だと自分は乗れないので、今回こそはとばかりに、ばあばに甘えまくりです。

なんだか、大きい赤ちゃんみたいでした。

06050706慌ただしく 14:00 前に河口湖駅へ移動。河口湖駅は旧駅舎を忠実に再現する形で新たに作り直されており、既に完成の域に達していました。

全体像を撮影したかったのですが、フジサン特急を待つ列に一刻も早く並ぶ必要があったので、入口付近での画像のみです。

並んだ甲斐あって、二人でゆったりと座れました。

06050707大月でフジサン特急とバイバイして、特急かいじ号に乗車。幸いにも、隣の席が空いていたので、長女を座らせることができたのですが、大月を出発してしばらくすると、長女はまたもや嘔吐。

往路もそうですが、かつての帰省の際にも大月から上野原の区間で嘔吐した経緯があるので、同区間では相当の揺れがあるようです。

06050708三鷹から中央線快速、吉祥寺から井の頭線と乗り換え、無事浜田山に到着。と思いきや、ここで長女の「トイレ行きたい!」宣言。

西友等へ行くも、和式のみだったので、自宅まで我慢してもらうことに。

早足で歩きつつ、自宅手前で妻と長男の出迎えが。長男はお姉ちゃんが相当恋しかったようで、長女もそれに応えます。尿意はどこへやら・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

GW 帰省 2 日目

帰省 2 日目の昨日は、長女の希望でオルゴールの森美術館へ。とにかく、噴水のオルゴールを、また見てみたかったんだそうです。

06050601 06050602エントランス ホールからオルゴール ミュージアムを巡り、自動演奏楽器と弦楽四重奏の演奏を鑑賞。

弦楽四重奏の譜面は・・・複写ですか・・・。少々興醒め。 

06050603 06050604スイス フェアが開催中のため、アルペンホルンの演奏にも触れられました。

アルペンホルンの歌口を拝見。

リム口径は、トランペットやフレンチ ホルン並みです。 

0605060506050606念願叶って、オルゴールの音色に合わせて動作する噴水を観覧。

長女は大のお気に入りで、4 回も観覧。一時間に 1 度のお披露目なので、付き合う方は大変です。

アイスクリームでも食べながら、優雅に。

06050609エントランス ホールの自動ダンス オルガン。

「テキーラ」が演奏されたのには、少々驚きました。ソフトウェア (ロール) さえ開発すれば、どんな曲も演奏可!?

06050607 06050608美術館を出て、道の駅「かつやま」でボール遊び。風が強かったので、ボールが道路に飛び出したりと、外遊びには少々厳しかったので、日が傾きかけた頃には切り上げました。

実家に戻った後、長女をじいじばあばに託し、弟の車に便乗してハードオフへ。特に目的の品があったわけでもなく、運が良ければ長男への土産の玩具が見つかればぐらいの気持ちで行ってみたのですが、同店が弟たちにとって宝の山と言われる所以が良く分かりました。

郊外店ならではの豊富な店舗面積にジャンク品が山の如く並べられており、見る人が見れば使えそうなモノばかりです。都心ではテナント料が嵩むので、このタイプの品揃えはなかなか実現できないでしょう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

GW 帰省 1 日目

06050501昨日は 8:30 に長女と自宅を出発。発熱のため一緒に行けない長男の悲しそうな顔が忘れられません。気を取り直して、浜田山駅まで歩き、意気揚々と井の頭線のホームに立ったものの、何を思ったか渋谷行きに乗車。西永福辺りで長女に「今日、電車いくつ乗るの?」と聞かれ、経路を頭に描きつつ、吉祥寺を経由して三鷹から特急に乗ることを思い出し、逆方向であることを初めて認識。永福町で下車し、改めて吉祥寺行きに乗車。やはり、どこか気持ち的に晴れない部分があったのかもしれません。左上の画像は三鷹駅にて。ちょっと眠そう。

吉祥寺から中央・総武緩行、三鷹から特急かいじと乗り継ぎ、大月に到着する手前で、乗り物に弱い長女は 2 回ほど嘔吐。大月から富士急のフジサン特急に乗ると、都心における通勤ラッシュ並みの混雑。嘔吐後であるのにも関わらず、立ったままの姿勢で長女もよく富士吉田駅まで頑張ったと思います。富士吉田駅で両親の出迎えを受け、イトーヨーカドー改め Q-Sta の地下食料品売り場で昼食を買い、忍野へ。 

06050502 0605050306050504 

 

 
忍野に行ったのは、都留の Musical Piece Jazz Big Band がフリー マーケットにおいてライブを開催するのを観るのが主目的。同バンドには弟の他、高校のブラス バンドの先輩である gyopi さん、3 月の単独帰省で初めてお会いした u-papa さん kan-mama さんご夫妻、gyopi さんのご主人が所属しており、今回が初めて演奏を耳にする機会となりました。Web 上でのやり取りはあったものの、ベースの BMK さんやボーカルの Miwa さんとは初めてお会いする機会となりました。面識があるのは以上の方々かな?と思っていたら、元メンバーで、ご主人と共に演奏するために遠方から駆けつけていたトロンボーンの子が、実は私に楽器を教わったことがある!とのこと。高校生の時、隣接する中学校に楽器を教えに行く機会があったのですが、その中学生の中にユーフォニアムの子がいて、その子が彼女だったとのこと。たしかに、目元等に当時の面影が。当時中学生だった子が二十歳を過ぎて人妻となった姿を 15 年振りに目の当たりにすると、驚きも一入です。

Musical Piece の演奏曲目はお馴染みのジャズ ナンバーから歌謡曲、映画音楽、アニメ ソングといった具合に、ジャズ ビッグバンドという土台の上に、誰もが知っている曲を取り入れるというコンセプト。万民の好みを配慮した姿勢に対し、心の底から共感を覚えました。都留市における唯一のビッグ バンドなのですから、尚更その使命感の強さも感じられます。

Miwa さんのボーカルは、晩年のビリー ホリデイを思わせる退廃的な雰囲気が非常にジャジーで、一際別世界を築いていました。

06050505今回、高校の友人であるのりぱぱさんも GW 帰省中で、家族揃って忍野に宿泊しているとのことで会場まで来てもらい、1 年以上振りに再会。Musical Piece の方々と共に歓談する機会にもなりました。

左の画像は「長女隊」。右から u-papa さんの長女 u-chan、ウチの長女、のりぱぱさんの長女ゆうちゃん。

06050506忍野から実家に移動し、飼い犬と共に近所の J マート富士河口湖町店までお散歩。

今回の帰省では、嬉しいことに富士山が一貫して綺麗に見えました。

06050507 06050508実家では、父と弟と長女で大合奏。

 
06050509これは溶接でもライフルでもありません。季節外れの花火です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

やむなく予定変更

帰省を間近に控えた昨日の朝、長男まさかの発熱。帰省の中止も視野に入れましたが、長女は行く気満々で、じいじばあばに会いたがっているので、とりあえず私と長女だけで帰省することに。長男の体調が安定し、今日一日症状が治まっていたら、明日妻と長男も帰省する予定ですが、ちょっと無理そう・・・。

06050401 06050402昨日、長男は病院へ行く以外は家で安静にし、長女とのみ交通公園へ遊びに行きました。

初めて自転車でコースに出てみました。まだブレーキの使い方が覚束かず、下り坂は降りて走行。慎重派。

0605040306050404午後は、帰省のお土産に、クッキーを作っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水)

道に迷ったら

06050301土地勘の無い場所で道に迷ったら、闇雲に歩き回るのではなく、立ち止まって冷静に考えるのが得策。

人生も同じ。時には静養して、ゆっくり考える時間も大切です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

青山 LOOP

06050201 06050202ゴールデンウィークとはいえ、休みはカレンダー通りなので昨日今日は出勤しています。
昨夜は青山 LOOP における武蔵野ファンクのライブだったのですが、衣装はスーツということで、私服 OK の職場では逆に目立ってしまい、「今日は客先ですか?」とか「結婚式ですか?」とか、その都度説明するのが面倒でした。

夕食を済ませつつ、外苑西通りを経由して LOOP 到着 20:00。既に対バンのいまっぴーずが演奏中。ボーカル、トランペット、サックスを擁するファンク バンドで、動きも軽快。平均年齢も低そう。聞いてみると、最年少のサックスが 24 歳。平均年齢 30 代後半の武蔵野ファンクとしては、負けてられません。そりゃ、次の出番では普段以上に気合も入ります。

伝九郎の司会も、

「いつもより多めに弾いております!」
「こいつに餌を与えないでください!」

と、前者は X のターンテーブルの時の応用であるものの、普段とは若干違うワードが出てきました。

「アルプス工業」が久々の通常バージョンで、吹き続ける構成であるということもありますが、客席に降りて動きまくったせいで息切れ気味に。体調が悪いわけでもないのに、吹いている最中に息切れしたのは初めての体験でした。

青山 LOOP。武蔵野ファンクには似つかわしくないほどオシャレなハコですが、楽しく演奏させてただきました。ありがたいことに、次回のお誘いもいただいております。詳細は、追って武蔵野ファンクのサイト等で!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

こいのぼり、見たり作ったり

昨日は本厚木から帰って何だかんだで寝たのは 3:00 頃。仮眠状態のまま朝起きて遂行すべきは、子供たちとの約束。

長女 : マクドナルドに行く
長男 : 重機見物に行く

妻が朝から夕方まで外出しているので、パパと過ごす一日のはじまりです。

06050101それぞれの望みを叶える前に、先日下見して確認したこいのぼりを見に行こうと言うと、子供たちは大はしゃぎ。

現地に到着するずっと前から、「こいのぼりさーん、どこー?」と叫び続け、「いたー!」の声と同時に興奮は頂点へ。

「このこいのぼりは、〇〇ちゃんで、これは〇〇くん。」と長女。そして、「交通安全」と書かれたこいのぼりに対し、「漢字のこいのぼりがあるよ、なんで?」の一言。説明するのに、苦労しました。

0605010206050103次は重機見物。

こいのぼりが飾られている場所は、普段の行動範囲とは少々離れているので、新たな工事現場が数か所見つかり、長男も大満足。

06050104 06050105それから、最近できたと思われる新しい公園も見つかり、早速寄ってみました。

巨大な滑り台やターザン ロープ等、近隣の公園ではあまり見られない設備があり、しばらく楽しく遊んでいたのですが・・・。

長女、突然トイレに行く!と言い出し、公園のトイレで済ませようとしたものの和式のみなので、長女はこれを拒否。大急ぎで帰宅して事なきを得ました。つくづく、遠出をしなくて良かったと思いました。

06050106 06050107気づけば 11:00 を過ぎており、子供たちもお腹が空いた様子なので、長女の望み通り高井戸のマックへ。

ところが、駐輪場が満杯で店内も混雑していたので、井の頭通りを更に吉祥寺方面へ向かい宮前のマックへ。

0605010806050109二人ともハッピーセットを食べて、おまけのぬいぐるみを貰うところまでは通常の流れなのですが、更に宮前店では独自にこいのぼりを作る企画があり、長女も「作りたーい!」と言って、店員のおねえさんにお願いすることに。

おねえさんに教わりながら、絵を描いて・・・

0605011006050111完成!

よくみると、ポールから風車まで、すべて店員さんによる手作りのようで、非常に手の込んだ企画という印象を受けました。宮前まで足を延ばして良かったです。

クリスマスにはリースを作る企画もあるらしいので、その時にはまたお邪魔したいと思います。

06050112マックを出て、こいのぼりを風で泳がせながら進んでいたのですが、しばらくすると、長男は夢の世界へ・・・。

再び帰宅。

自転車の前カゴで寝てしまうと、移動が大変です。

0605011306050114長女はお昼寝をせず、長男がお昼寝から覚めたら交通公園へ。

ゴーカートに乗りたいという長男の望みを叶えるべく、長女は率先して一人で待っていてくれたりするなど、お姉ちゃんぶりを発揮していたのですが、日も傾き出した頃、本日二回目の「トイレ行きたい!」

結局、交通公園にも和式しかなく、そのまま帰宅。

間もなく妻も帰宅。パパと過ごした一日終了。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »