« 移ろいゆく | トップページ | シャボン玉 »

2006年5月24日 (水)

5 インチ フロッピー

今日は客先都合を利用して臨時休暇を取得しました。特に予定を入れず、家において普段手つかずの案件を処理することに。

最重要課題が、子供の物が増えたことによる慢性的な収納スペースの不足を少しでも緩和すること。ベッドの下などに格納されている不用品の整理から着手することに。

06052401長い間開封していない箱は、内容物を忘れてしまうものです。結婚祝いでいただいたランプの箱があり、中身が空かと思い持ち上げてみると、ある程度の重さが。開けてみると、大量の 5 インチ フロッピー ディスクが何箱も。

購入当時は色々な思いを寄せて宝物のように保管していたメディアも、今ではゴミ同然。即刻処分です。

06052402長男は、「何ですか?これは」というリアクション。

3.5 インチでさえあまり見られなくなった昨今。5 インチなんて一生関わる機会はないんでしょうね・・・。

06052403捨てずに溜めに溜めた Jazz Life が 11 年分に及ぶことも判明。幸い委託先も決まり、今まで収まっていたスペースにトロンボーンのハードケース等も片づけられ、お部屋が若干広くなりました。

|

« 移ろいゆく | トップページ | シャボン玉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

懐かしいなぁ。正確には5.25インチ。(すいません)
BASICをやっていた頃を思い出します。当時Fujitsu-BASIC
(通称 F-BASIC; 日立はHu-BASIC,NECはN88-BASICなど、
いろいろありましたね・・・
カセットテープに「ピ~ガ~ッ」って保存していた頃から
比べれば、FDはすごい発明でした。
時代の進歩はすごいものです。
実家にはまだ8インチフロッピーがあります。取って置く
のもいいんじゃない?
とか言いながら、うちは不必要なものは嫁にバンバン捨てる
ようにと言わんばかりの無言の圧力があります(泣)
見たところ、2HDと2DDがあるようですが・・・もういいですね。
(すいません)

投稿: のりぱぱ | 2006年5月24日 (水) 20時39分

> のりぱぱさん

考えてみれば、最初に手にしたフロッピーが、のりぱぱさんから譲り受けた 8 インチや 5 インチ。
高校の時分、のりぱぱさんの影響がなければ、PC に興味を持つのはもっと後になったでしょう。
正確なインチ数を言える人も、今は稀でしょうね。5.25 インチであることも、完全に忘れていました。

今回出てきたのは、雑誌の付録等のフロッピーなんですが、ワープロや DTM 、Basic 等の、自作データや譲り受けたデータの入ったフロッピーは保有し続けます。ただ、それを読み込むためのハードが、今でも動くかどうかが・・・微妙です。

現状では、5 インチの 2D, 2DD, 2HD と 3.5 インチの 2DD と 2HD が残存。ちゃんと保管して、将来博物館にでも寄贈しましょうか!?

投稿: ぱるめざん | 2006年5月24日 (水) 21時00分

懐かしいなぁ〜、5インチ。まだうちにもあるんじゃないかなぁ。
そうそう、あれは、Win95登場前夜。当時、なぜか音楽棟につくられたパソコン室での講義で使ったことを思い出します。
あの頃、パソコンなんてちんぷんかんぷん。結局、Win98がでる直前までワープロを使っていたことを思い出します。

投稿: i | 2006年5月24日 (水) 22時15分

> i さん

i さんも私も、黒い画面で格闘した世代ですもんね。
黒い画面の英数文字の羅列で、パソコン離れを招いた例も少なくないと思います。また、インターネットが普及していない頃ですから、パソコン買ったとしてもワープロみたいな使い方しかしないケースも多く見受けられました。

投稿: ぱるめざん | 2006年5月24日 (水) 23時06分

懐かしいですね…。
研究室で見たことがあるだけで使ったことはないのですが。

修士論文の時には、まだMOが高くて手が出なくて、安いフロッピーを何枚も買ってきたものです。メモリースティックなんて夢の世界ですよね。

投稿: 波羅光 | 2006年5月24日 (水) 23時25分

ここだけの話し、(といってもネットでしたね)
僕は、3.5インチフロッピーディスクの開発の仕事をしていました。片面の時代から。20年以上前の話です。5.25インチのディスクは、学生時代によく使っていましたが、あの硬そうで硬くないジャケットにはずいぶん気を使いました。当時は、研究室にあったミニコンのHDDが、巨大なカーリングのストーンのような形だったと、ときどきあの競技をみると思い出します。
ヘン?

投稿: 両太 | 2006年5月25日 (木) 02時03分

> 波羅光さん

私も同じです。大容量記録メディアは手が出なくて、かなり最近になるまでフロッピーで頑張っていました。自宅用に CD-R を初めて購入したのも、結婚して今の住居に越してからです。

> 両太さん

おおー、それは凄い。両太さんは当事者の一人だったんですね!
フロッピーが 3.5 インチで大成しただけに、その扱い易さや頑丈さ等、5 インチの弱点を克服した開発者の努力が感じられます。多くの人がその恩恵に与かれたのも、両太さんたちのお陰ですね。

機会がありましたら、昔の逸話をゆっくりきかせてください。

投稿: ぱるめざん | 2006年5月25日 (木) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139825/10221640

この記事へのトラックバック一覧です: 5 インチ フロッピー:

« 移ろいゆく | トップページ | シャボン玉 »