« 侵入盗逮捕情報 | トップページ | 長男元気、パパはライブ »

2006年3月17日 (金)

長男嘔吐

深夜 0 時を回っていたと思いますが、長男が大声で夜泣き。最近、度々夜泣きすることがあったので、いつものように皆さんからいただいたガーガー画像を見せて落ち着かせようと試みたのですが、今回は様子が変。しばらくママに抱っこしてもらっていると、かなりの勢いで嘔吐。次第に一定の周期でもがき苦しむようになり、顔色も青ざめてきたので、救急で診てもらうことに。義父が車で駆けつけてくれ、妻と長男は河北病院へ。この時点で、最悪の場合入院させることも視野に入れていました。

お留守番していた長女は、熟睡・・・。

幸い、お腹の風邪と診断され、すぐに帰ってきました。帰宅時は長男、元気そうな笑顔を見せてくれ、一気に安堵感が。

とはいえ、朝、長女の通園に長男を連れて行くわけにはいかないので、長男を看病している妻に代わり、私が長女を送っていくことに。今日で最後となる担任の先生に挨拶する機会にもなりました。

今日は修了式やお別れ会があったのですが、その間、義母が長男の面倒を見てくれていました。夜中に駆けつけてくれた義父と、長時間長男の相手をしてくれた義母には、本当に感謝しています。

長男は、結局一時的な嘔吐だったようで、今は元気です。

* * *

06031701先日、長女と一緒に誕生月を迎えた同じグループのお友達の親御さんから、ケーキをいただきました。なんでも、誕生会における写真と DVD のお礼とのことです。

誕生会の際にカメラを持参していらっしゃらなかったので、数枚の写真と DVD のコピーを差し上げたのですが、かえって気を遣わせてしまいました。

「マンジャリ」という品名で、とてもおいしいケーキでした。 ごちそうさまです。

|

« 侵入盗逮捕情報 | トップページ | 長男元気、パパはライブ »

育児」カテゴリの記事

コメント

こういう時に身内の方が近くにいると、ありがたいものですね。親族の方々も協力的なようで。

季節の変わり目は体調を崩しがちです。
皆様もどうぞご自愛ください。

投稿: 波羅光 | 2006年3月17日 (金) 22時21分

ありますね~~。よくありますよ。うちも何度そういうことがあったか。でおわすれもしないあの・・・

 ある朝、三番目、なんだか熱っぽい感じでぐったり。まあ小さい子は熱がグイッと上がるんで風邪かなということで俺会社、家内病院・・・・・したらTEL。入院!?なんで??ちょうど翌日休みで医者に呼ばれて病院へ。ってなんていわれたと思います!!

「原因不明の感染症です。現状ではこれに見合う抗生剤もなく、治ると思われる可能性のある抗生剤を実験的に使っていくしか方法がありません。」

 「は??どういうことですか?」

「正直具体的な説明ができません。ただ、血液の検査で、感染症特有の反応が通常の何十倍だかで・・・・」

びびりました。その後もっと凄いことに・・・

「最悪のこともありえますから、心してください」

みたいなこといわれました。これ本当です。家内は泣き出すし、おれは途方にくれました。正月でした。

 ・・・・・数週間の入院、な~~んてことなく治りました。抗生剤が効いたみたいでした。なんだったんだろー・・・・と未だに謎ですが、入院が続くにつれてやせ細っていく息子がかわいそうでなりませんでした。親は何も出来ず、隔離病棟の向こうから笑顔で手を振るしかありませんでした。

 ってフと思い出しちゃったんで書き込んじゃいました。

投稿: SOULBOMB | 2006年3月18日 (土) 00時16分

幸い、お腹の風邪と診断され、

>おなかの風邪は、かなり怖いそうです。くれぐれも~お気をつけてください。

投稿: u-papa | 2006年3月18日 (土) 16時54分

緊急事態にすぐ応じてくれるお義父さんとお義母さんには感謝してもしきれませんね。遠方にいるため、そういう場合に駆けつけられないのが切ないですが、今回は治まって良かったです。お大事にしてください。

投稿: 21-25 | 2006年3月18日 (土) 21時50分

子供の痛みは親の痛みです、どうかお大事にしてくださいね。

投稿: BMK | 2006年3月19日 (日) 08時08分

> 波羅光さん

今までも、義理の弟や妹も含め、近くに居る親族に何度助けられたことか・・・。
かけがえのない財産です。

波羅光さんも季節や環境の変化に伴う病にお気をつけください。

> SOULBOMB さん

最初に読んだとき、まるでドラマの 1 シーンのような印象を受けました。
SOULBOMB さんのように医師から宣告されたら、私の場合どうなるんでしょう。
やはり途方にくれるんでしょうか。
医師に掴みかかるかもしれません。

子供の「結局何だったんだろう?」という症状って、よくありますね。
ある程度の年齢になるまでは、心配の連続であることを、実感しています。

> u-papa さん

そうですね。お腹の風邪を侮ってはいけませんね。
念のため、二日間様子をみましたが、幸い再び症状が悪化することはありませんでした。

> 21-25 さん

遠方に居てすぐに駆けつけられないのは、逆のケースも同じですね。
親父とお袋に、もし何かがあったら・・・と考えると、まず頼れるのは 21-25 だけです。

> BMK さん

これまで、もがき苦しむような症状が見られたことはなかったので、今回はかなり心配しました。
子供の苦しみを自分の苦しみと受け取る感性は、親になって初めて知るものですね。

投稿: ぱるめざん | 2006年3月19日 (日) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139825/9135021

この記事へのトラックバック一覧です: 長男嘔吐:

« 侵入盗逮捕情報 | トップページ | 長男元気、パパはライブ »