« 調布 GINZ | トップページ | 頼さんライブ »

2006年3月27日 (月)

江戸東京博物館

06032701隅田川のカッパさんから江戸東京博物館の招待券をいただいたので、昨日家族で行って参りました。

去年から度々両国に行っていますが、同博物館を訪れるのは実に 5 年振りです。子供たちが伴うので、今までなかなか踏み切れなかったのですが、カッパさんに券をいただいたことが、良いきっかけになりました。

カッパさん、ありがとうございます。

0603270206032703子供たちが館内で長時間耐えられるかどうか、不安を抱えつつ、とりあえず江戸東京ひろばでは、あまりの広さに飛び回って興奮していました。

企画展では江戸時代の教育を紹介する資料等が展示がされており、子供たちは退屈気味。なかなか、ゆっくり説明を読めませんでしたが、長男は当時の童の勉強風景に、興味を示していました。なお、企画展では撮影が禁止されていたので、画像はありません。

060327060603270506032704 

 

 
企画展を見終わったあと、館内の東京モダン亭で昼食。店内の雰囲気も、メニューもレトロ調。

長女はオムライスでも、大人メニューなので、半分でギブアップ。長男はかなりの量があるお子様ランチを、ほぼ完食!

06032707 06032708私が最も楽しみにしていた「えどはく寄席」ですが、長女は拒絶。仕方がないので、長男だけ抱っこして着席。

最近やきいも売りの声がなぜかお気に入りの長男は、司会者による「売り声」は楽しんでいましたが・・・。

06032709 06032710本編が始まると熟睡。

新内と三味線が、子守唄になってしまったようです。

でも、寝てくれたお陰で、落ち着いて鑑賞することができました。

060327110603271206032713

 

 

 
子供たちにとっては、人力車に乗ったり、昭和初期の住宅に入ったりと、難しい資料よりも体験できる展示が楽しかったようです。

子供でも楽しめる工夫が、随所に感じられました。

06032716長女の一番のお気に入りは、強化ガラスの床下で繰り広げられる、鹿鳴館の模型の動作。

相当気に入ったらしく、2 回観覧しました。

長男はガラスの上に立つのが怖いらしく、ガラス部分を避けて大回りしていました。

0603271406032715お土産の万華鏡です。

|

« 調布 GINZ | トップページ | 頼さんライブ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

おー、江戸東京博物館~。おーえど線で行けるんですよね。
実はぱーまん2号は博物館(ほぼ)隣のスタジオでいつも練習してます。
頼さんは個人練もそこでしたりするそうです。ベースの釣り氏は練習日を間違えてきて、個人練して帰ったそうです。
博物館は外から眺めるばっかですね~。博物館の駐車場に車止めたことはありますが。

投稿: apache いけ | 2006年3月28日 (火) 00時48分

とりあえず楽しめてよかったです。
こどもははじめから目一杯なので後半はお疲れなんでしょうね。

投稿: 両太 | 2006年3月28日 (火) 01時07分

> apache いけさん

大江戸線からだと、雨の日でも濡れずに江戸東京博物館に入れます。
本日は、頼さんのつぼ八ライブです。

> 両太さん

お察しの通り、子供たちは最初からパワー全開のため、長男は途中から肩車を要求してきます。
二人とも帰路ではねんねでした。

投稿: ぱるめざん | 2006年3月28日 (火) 18時07分

あ~この型のスバル360に乗っていたんですヨ!いろいろ種類がある中でこの型43年型だったと思うけど~

投稿: u-papa | 2006年3月29日 (水) 17時04分

> u-papa さん

年式までは未確認でしたが、この車に u-papa さんが乗っていたのですね。たまーに、一般道を走っているのを見かけますね。

投稿: ぱるめざん | 2006年3月29日 (水) 20時35分

 その型までは~テールランプが、楕円形です!その次の型から、四角になります。

 昨日~ずっと、書き込みが出来ませんでした!

投稿: u-papa | 2006年3月29日 (水) 22時35分

> u-papa さん

わずかしか見えないテールランプの形状を見逃さないとは、さすがですね。

なお、昨日ココログがリニューアルされたらしく、それに伴い書き込みができなかった可能性があります。ご迷惑をお掛けして、申し訳ございませんでした。

投稿: ぱるめざん | 2006年3月29日 (水) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸東京博物館:

« 調布 GINZ | トップページ | 頼さんライブ »