« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日 (土)

蕎麦啜って、夜はライブ

0512310105123102案の定、大掃除は完了しませんでしたが、去年の大掃除で未着手であった部分を重点的に掃除したので、善しとしましょう。

夜は今年最後のライブで不在なので、昼食に年越し蕎麦を啜りました。

さて、夜のライブは武蔵野ファンク秋葉原 DressTokyo におけるイベントに参戦です。

秋葉原 DressTokyo http://www.dress-tokyo.com/
Charge : adv/2000yen door/2500yen
Open & START : 20:00
Band :  KANKAWA122、武蔵野ファンク、高橋大輔 Group、mastarica、JAZZ COLLECTIVE、KP、DREADZ...Other

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月30日 (金)

年末休暇とはいえ

05123001ようやく年末休暇に入ったとはいえ、今日と明日の二日間のみ。大掃除をしようにも、長男が外に遊びに行きたがって付き合わざるを得ず、昼寝したらそれはそれで起こさないように掃除機を稼動できないので、遅々として進みません。恐らく、今年中に大掃除が完了しないことをここに宣言します。

少し気持ちが楽になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月29日 (木)

フーッ!のケーキ

05122901今日は漸く名実共に仕事納め。普段より早めに業務を終え、平日では久々に夕食を家族と共にしました。刻刻の生ビールにステーキ、筑前煮に錦玉子と、手厚いおもてなしに感激。そして、極め付けが「フーッ!のケーキ」。

「レア チーズ ケーキ」と言う正式名称があるのかも知れませんが、フォークで切るとき「フーッ!」っという感触があるので、個人的には「フーッ!のケーキ」で通しています。普段から「フーッ!のケーキ」を妻にリクエストしていたのですが、思いがけず仕事納めの今日、手作りで願いを叶えてくれました。

ごちそうさま。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年12月28日 (水)

仕事納め前の納会

今日は本社で納会でしたが、客先では明日が仕事納めのため、どうも気持ち的に煮えきらず。納会には必ずしも参加する義務は無いのですが、書類の提出のために必然的に本社へ行かなければならず、書類だけ提出して「はい、お疲れ様でした。」というわけにはいかず、ここ数年は参加しています。

納会自体は 17:00 から開始されていたため、18:00 過ぎに客先での勤務終了後、急ぎ現地に駆けつけた時点では、既に皆様出来上がっている状況。書類の受け渡しもままなりません。今日で仕事納めの方々を羨ましく思いつつ、会社としての締めを完了。二次会は新宿へ行ったそうですが、本社のある中野からわざわざ新宿へ繰り出すのは・・・歌舞伎町へ行き・・・キャバクラを巡り・・・コース。嫌いではありませんが、「明日もありますんで!」と、早々に退散。

051228西新宿パティオ広場のイルミネーション。
クリスマスが終わり、心なしか寂しく感じられます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月27日 (火)

大家族

帰宅したら大家族の番組が放映されており、「よし、ウチもこの路線で行こう!」と意気込んだら、妻絶句。

051227この二人で十分らしい。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005年12月26日 (月)

一転して正月気分

気がつけば、お家からクリスマスの装飾は片付けられており、プーさんの縫いぐるみもお餅仕様に取り替えられ、年賀状印刷も佳境で気分はもうお正月。日本人は本当に忙しい民族ですね。新宿のイルミネーションは、まだ続いているようでした。

* * *

6 年前に鈍行列車だけを使って北海道へ旅行した際、帰路で通った最上川橋梁で転覆事故が発生したことに衝撃を受けました。災難はどこに潜んでいるか予想もつきません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月25日 (日)

自転車返還

05122501先日撤去された自転車が、本日集積所から返還されました。集積所から返還可能な日が、平日と日曜日に限られているので、漸く日曜日である本日の返還となりました。

返還受付開始時間の 11:00 、集積所に電話をすると、丁寧な応対の係員が集積状況を確認してくださり、防犯登録ナンバーですぐに該当する自転車があることを把握。昼食後に受け取りに行くことに。

自宅から集積所までの道のりは、徒歩で 30 分以上。到着し、電話連絡の際に教えられた受付番号を告げると、これまたご丁寧に入り口まで運んでくださり、更にチェーンが外れたことで放置せざるを得なくなったことを告げると、係員総出でチェーンを元通りに修理してくれました。複雑に絡まっていたらしく、色々な道具を駆使し時間をかけて修理してくれ、手数料の 3,000 円以上に、現場で人道的に動いてくださっている方々には逆に恐縮してしまいました。

当初、チェーンの修理は別途自転車屋でと考えていたので、集積所から自転車屋へは徒歩で引いて行くことを覚悟していましたが、係員の方々のお陰で自転車屋まで乗っていくことができ、自転車屋でギアのワイヤーのみを修理して、無事帰宅。何とか、年内に愛車を元に戻すことができました。

05122502私が自転車を取りに行って修理してもらっている最中、妻と長女はケーキ作り。本当はお家の前に道ができるはずが、長女が雪を降らせすぎたために埋まってしまったそうです。

まさに、現在の日本列島における気象状況を風刺しています。

0512250305122504昨日はライブで不在だったので、夜は改めてクリスマス パーティ。なぜか、お酒は芋焼酎。なぜなら、義弟のお父さんに、またまたお酒をいただいたため。 芋焼酎は、只今我が家でブームです。

先ほど作ったケーキもとってもおいしい!この通り、長女も大分元気になりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年12月24日 (土)

FFC Vol.12@三軒茶屋

12 月に入る頃までは、24 日の午後、Lucky Monday Bigband (LMB) のクリスマス コンサートを観に行き、夜は私が参加するライブに家族が観に来ることを目論んでいましたが、長女のダウンでその目論みは脆くも崩れ去りました。

05122401夜、単身三軒茶屋へ。グレープフルーツ ムーンで開催された FREEFUNK CONNECTION VOL.12 に武蔵野ファンクで参加。FREEFUNK CONNECTION に参加するのは VOL.1 での TURKEYS-GANG と VOL.2 での群龍會以来。実に 4 年以上振りの参加となりました。同イベントが継続して開催され、12 回目を数えることはそれだけで凄いことですが、2 度に渡る育児休業でファンク界から遠ざかっていた私を違和感無く受け入れてくれたことに、心から御礼申し上げます。武蔵野ファンクに参加しているウラッチ以外の FREEFUNK メンバーや、P-FUNK トリビュート バンドに参加した方々とは、久々の再会となりました。

武蔵野ファンクのステージはサウンド チェック等なしで臨みましたが、グレープフルーツ ムーンのステージはは非常に演奏し易いため、私的には気持ち良くライブを終えることができました。お客さんのノリも最高。客席との隔てがないため、アルプス工業のパフォーマンスも難なく遂行。ゲストとして強引に参加させて村田くんも、ミシガンのソロで大健闘。もう、私はミシガンのソロを吹かないので、私がミシガンのソロを吹いているのを聴きたい方は、CD をご購入ください (笑)

P-FUNK トリビュート バンドは、豪華な顔ぶれに、会場一体となって大興奮。4 人のコーラスも異なる個性が光ります。ゴンゾーさんと我らがボスのベースが聞き比べられるのも、貴重な機会でした。同じベースなのに、それぞれ違う音に聴こえるのですから不思議です。

22:00 頃、あと 2 曲を残していましたが、お家の様子が気になり会場を後にしました。デザートを買って帰宅。寝静まった子供たちを他所に、妻と一応のクリスマス イブを過ごせました。

05122402 05122403どこにも行けない子供たちを哀れんだか、一足先にサンタクロースが!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月23日 (金)

どこにも行けない祝日

長女の嘔吐はお陰様で大分治まってきましたが、熱はないものの喉が赤い症状があり、ほぼ一日横になっていました。午前中は風呂掃除。徐々に大掃除も済ませなければなりません。

05122301 05122302午後、先日の結婚式でいただいた引き出物のケーキを家族皆で食べました。とても美味しいクローバーのケーキで、幸せのお裾分けを家族と共有することができました。食欲のないはずの長女も、ケーキは別みたいで、長男と奪い合いです。

もっと味わって食べようよ。パパとママは、少ししか食べられなかったゾ!

0512230405122303夕方、区内在住の甥っ子にクリスマス プレゼントをデリバリー。甥っ子は甥っ子で発熱を伴う風邪で寝込んでいるため、お外に出られず泣き喚いていました。義父母も相手をするのに相当手を焼いているご様子。メインのプレゼントは明日以降に渡してもらうので、先日届いたキックオフで遊ぶことに。義父と私で組み立てていくのを見ながら、二歳児の甥っ子、「しゃっかーぼーる?」とちゃんと認識してくれました。二つあるから、パパが帰って来たら一緒にチャレンジしてね!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年12月22日 (木)

長女ダウン

今日は早朝から長女が激しい嘔吐。あまりにも繰り返すので、妻に長女を病院へ連れて行かせ、私は長男と留守番。最悪、入院時のシミュレーションまでして、長男に何を食べさせようかとか、どうやって夜寝させようとか考えたりしていましたが、現在流行っている胃腸炎と診断されて帰って来るとの連絡。治るまでは一週間程度かかりそうです。

忘年会をキャンセルしようかとも考えましたが、送別会も兼ねており、花束や記念品の手配を担当しているいるので出席することに。どうか、このまま回復してくれ・・・。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005年12月21日 (水)

プレゼント確保

明日は会社の忘年会であると同時に、職場を去る人の送別会でもあるので、帰りに宴会会場近くのデパートで花束を予約。宴会の開始時間が 20:30 と遅いのですが、デパートの営業時間もクリスマス期間は 20:30 まで延長されているので助かります。

次はサンタのお役目。先週からプレゼント探しを開始していて、長男の乗り物絵本と甥っ子のプラレールは既に購入済みだったのですが、長女のプレゼントがなかなか見つかりません。アンパンマンの絵本シリーズなんですが、人気が高いのか、逆に絶版なのか、何件か回ってみても全く在庫なし。仕方なく、別シリーズではあるものの、アンパンマンことばあそびシリーズに決定。25 日の朝、喜んでくれれば良いのですが・・・。

年賀状印刷のために、プリンタのインクも購入。
帰宅したら、家は真っ暗。
おやすみなさい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火)

自転車撤去

今日は雨でもないのに電車通勤。

昨日自転車を撤去されてしまったためです。ここ最近天気も良く、ほぼ毎日自転車で通勤しており、また、休日にライブやリハ等があるときにも可能な限り交通手段として自転車を乗り回し、酷使していたためか、購入 3 ヶ月目にして後輪ギアのワイヤーが破断。いちばん重い状態で固定されており、走行できないことはないため、昨日は普段どおり自転車で出発したのですが、方南町駅手前でチェーンが絡まり操縦不能に。5 分ほど格闘しましたが、車軸の内側にチェーンが外れているので、道具なしには回復が困難と判断。一応、放置禁止区域を何となく認識はしていたので、駅から 2 ブロックほど離れた場所に駐輪。方南町駅から地下鉄に乗り、何とか定刻通り出社。

帰りに方南町経由で自転車を引き上げて、近くの自転車屋に持ち込み、あわよくばギアを修理してもらって乗って帰ろう!と画策していたのですが、駐輪したと思われる場所に放置自転車撤去の貼り紙が・・・。

呆然として歩いて帰宅。家族の励ましがなければ立ち直れなかったです。子供たちにもなでなでしてもらいました。

さて、放置自転車の引き取り受付時間はちょうど勤務時間帯なので、平日の引き取りはまず無理。今日は渋々電車で通勤です。ママチャリで出社することも考えましたが、空気が抜けかけていたので、念のため空気を満たして一日様子を見ます。

前向きに捉えれば、長距離移動中に故障しなかったことを考えれば、不幸中の幸いだったかもしれません。
それ以上に、放置して迷惑をかけた道義的責任を反省すべきですね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年12月19日 (月)

武蔵野ファンク@CLOPCLOP

昨日、結婚式が終了後、丸ノ内線と中央線を乗り継いで西荻窪 CLOPCLOP に到着したのが、19:00 過ぎ。既にサウンド チェックは終了しており、外へ食事に出掛けるメンバーを他所に、酔いも覚めやらぬまま急ぎセッティング開始。セッティングと簡単なマイク テストを終え、ひたすら酔い覚ましに専念。

05121901 0512190220:00 ライブ開始。今回はテナーの伊地知さん (画像左の中央) とボーカルの広島リマさん (画像右) を迎え、それぞれ 2 曲ずつ加わっていただきました。伊地知さんが武蔵野ファンクのライブに参戦してくれるのは、4 月の No Stile 以来。ゲスト ボーカルを交えるのは同じく 4 月のクロコダイル以来.。今回はワンマン ライブということで、ゲストの力を拝借して、いつも以上に強力な布陣で臨んだ感があります。

一部と二部が武蔵野ファンクのステージで、オリジナル曲の間に、Gene Ammons の Jungle Strutt を挿入。伊地知さんのテナー ソロで、お客さんを圧倒。リマさんは奇妙な果実を先日のリハ以上に情感溢れる歌声で魅了。I'll Take You There は、先日他界した元 GroovePlanet の MC ジョージさんに捧げられました。

最後のアルプス工業では、恒例のお客さんにスライドを操作してもらうパフォーマンスをいつもより多めに展開しようと画策していたものの、不覚にも酔いに起因すると思われる頭痛に襲われ、三名の方にお手伝いいただいた段階でギブアップ。我ながら情けない。伊地知さんと伝九郎のテナー バトルでクライマックスへ持って行き、無事武蔵野ファンクのステージは終了。

三部はセッション タイム。村田くん、yuuuuuuta さん、まーくさん、ビール大使さん、シーナさん、だいすけさん・・・と、ステージ上は武蔵野ファンクのメンバーを残さず総入れ替え。改めて、多くのお客さんがミュージシャンだったことを実感しました。セッションは、主にビール大使さんの旗振りのもと、滞りなく終了。最後に武蔵野ファンク メンバーに伊地知さんを加えて、ライブが終了したのは 23:00。

ご来場いただいた皆様、CLOPCLOP の関係者各位、武蔵野ファンクのメンバー、長丁場のライブお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月18日 (日)

ラッキー ウェディング

本日は LuckyMondayBigband (LMB) メンバーの結婚式と、武蔵野ファンクのワンマン ライブの二本立てでした。

12:30 に予め夜のライブ会場である西荻窪へ自転車で向かい、区営駐輪場へ自転車を格納することでライブ終了後の足を確保。西荻窪から中央線で新宿へ移動し、新宿からはシャトル バスで結婚式会場であるホテル センチュリー ハイアットに到着したのは 14:30 近く。事前の音出しには間に合いませんでした。

新郎新婦は共に LMB のトロンボーン パートで、私が LMB を離れた後に入団したのですが、6、7 年前に会社の同僚の紹介で新宿区吹奏楽団にユーフォニウムで参加した際、指揮を振っていたのが新郎でした。その後、私は結婚したり、ユーフォニウムを吹かなくなったりで、同吹奏楽団に参加する機会は無くなっていたのですが、夏に開催された LMB のライブで新郎と再会。音楽関係の人脈はどこで繋がっているのか本当に分かりません。披露宴には新宿区吹奏楽団のトロンボーン パートのメンバーも出席されており、また司会者が吹奏楽団のトランペット パートのメンバーということもあり、久々にお会いしてお話しする機会にもなりました。

LMB としては 3 曲演奏。宴の後半に位置付けられていたので、相当酒気帯び状態で臨んだと思いますが、お祝いの席ということでそこはご愛嬌。音楽で祝える結婚式はやはり良いですね。そういえば、LMB が結婚式で演奏をするのは、バンマスの結婚式の二次会以来二回目。次に LMB が結婚式で演奏するのは、誰が結ばれる時でしょう・・・?退場の曲で A と G の動きがハマるハーモニーがあったので、夜のライブのためにスライド ポジションを演奏しながら模索していたのは、ここだけの話。

身重の新婦は LMB では演奏しませんでしたが、吹奏楽のトロンボーン パートのメンバーとはアンサンブルでフツーに演奏していました。私としては演奏に感動する以前に、お腹の赤ちゃんが心配で心配で仕方がありませんでした。新婦のご両親の心中や如何に?でも、安定しているケースでは何ともないのですね。いずれにしても、身体を大事にするよう、新婦に言っておきました。

披露宴が終了後、急ぎ西荻窪へ。西荻窪 CLOPCLOP における武蔵野ファンクのワンマン ライブの模様は、また明日の日記で。

051218写真提供 : 遠藤 修さん

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月17日 (土)

キックオフ、届く

河口湖在住の弟が、使わなくなったトロンボーンを譲り受けるために上京。

0512170105121702上京にあたり、弟が音楽活動を通じてお世話になっている BMK さんの工場で開発されたサッカーボール形パズル、その名も「キックオフ」を色違い計 6 個を買ってきてもらいました。

手に取るまで、どのような構造の製品であるのか、全く見当がつきませんでしたが、実際に組み立ててみて、精密にして頑丈な部品、そしてパズルとしての遊び心を擽るクオリティの高さに驚きました。

3 歳の長女には、少々難しかったかもしれませんが、親と子、祖父母と孫で協力すれば、楽しく組み立てられそうです。

05121703完成したキックオフがこれ。スタンドも付いていて、コイン口径の穴も開いているので、通常は貯金箱として使えます。その他にも、色々な活用法が期待できます。

なお、「キックオフ」の情報は、下記で参照できます。

町工場の挑戦(サッカーボール・球体パズル『キックオフ』)
http://park.geocities.jp/mnews402/niko.htm

二巧金型 ホームページ
http://www18.ocn.ne.jp/~nikou/

0512170505121706先日、鬼胡桃を送ってくださった u-papa さんからは、u-chan が作った手裏剣をいただきました。u-chan いつもありがとう!

さて、夕方は弟を伴って LMB のバンマスである小川さんの床屋で共に散髪し、更に、LMB のリハへお邪魔しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月16日 (金)

イリュージョン

0512160105121602朝、寝ぼけ眼で和田掘池を見ると、カルガモが水面をトボトボ。まるでイリュージョンの様相。

良く見ると、カルガモが乗っても大丈夫なぐらいに池の大部分が氷結。ここ最近の寒さを再認識しました。カルガモも大変そうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月15日 (木)

パパママごっこ

最近、長女と長男でパパママごっこを展開。長女がママで、長男がパパで、私が長男で、妻が長女で・・・。呼び方も本当の呼び方とパパママごっこの呼び方が次々に入れ替わるので、分けが分かりません。

こんな状況に一日中付き合わされる妻は、さぞかし大変でしょう。

05121501 05121502長女はママのマネっ子中。

長男は・・・何か間違ってる。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年12月14日 (水)

何羽?

善福寺川に架かる送電線に、鳩が異様に並んでいたので、撮ってみました。 

05121401 
 

寒いけど、自転車通勤は継続中です。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005年12月13日 (火)

Southern trees bear strange fruit...

武蔵野ファンクは、今年残りあと 3 回のライブを控えていますが、今日がリハとしては今年最後。18 日の西荻 CLOPCLOP におけるライブでは、ボスが先月バックバンドとして参加した広島リマさんをゲスト ボーカルとして迎えるため、前半はリマさんを交えて 2 曲を練習。

1 曲目は Billie Holiday の「奇妙な果実」。予め複数バージョンを参考に聴きましたが、これがまた難曲。オリジナルではテンポも Rubato に近く、Billie Holiday の動きにバックが合わせて演奏している様子。譜面も一応用意しましたが、有って無きが如し。殆どガイドライン程度の役割しか果たしませんでした。また、歌詞の内容が非常に重いので、テクニック以上にかなりの情感が求められます。でも、リマさんのハスキー ボイスと武蔵野ファンク独自の解釈で、良い雰囲気に仕上がったのではないかと思います。

2 曲目は The Staple Singers の「I'll Take You There」。演奏するのは実に 4 年ぶりぐらい。イントロでいきなり A と G のピッチが取れませんでした。当時はピッチの悪い Bach 16 Stradivaius を使用していたので、変な癖が残っているようです。18 日までに矯正する必要性を感じました。

後半は主に堀田さんとレパートリーのコード進行などを確認しました。普段、何気なく演奏している曲でも、綿密に分析すると非常に複雑なコードが散りばめられていることに驚愕。そんな複雑なコード進行を、少しはソロでも意識せねば。今後の課題です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年12月12日 (月)

121212

中野から杉並に転居して区役所に届け出たのが、平成 12 年 12 月 12 日。今日で 5 周年です。住民票等、書類のほとんどがこの日付。でも、長女が今シーズンに入って初めて熱を出したので、そんな節目を感じる余裕は全く無い様相。長女は熱があるものの、見た目は元気で、さっきまで裏紙に平仮名を書きながら、"ほ" の右側はなんで "ま" みたいに上におへそが無いのか、激論を交わしていました。いいから、早く寝なさい。

さて、次の節目は 010101 の 5 周年・・・。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

お遊戯会、巡回ヘリ

昨日ライブが終わって帰宅したのが 0:00 近く。ライブ中は普段以上にアクションがあったし、立ち呑み屋におけるライブだけにそれなりに呑んだので、二日酔いではないものの、今日は早朝からフラフラ状態。そんな体調で、長女のお遊戯会を観に幼稚園へ。

会が始まるまでは何とか先生や父兄さんに挨拶はするものの、実態は今にもキーハー寸前。妻にトイレの場所を確認し、万一に備えます。娘がちゃんと演じたり唄ったり、演奏できたりできるかの心配よりも、自分の体調が一番の不安材料であった情けない父親です。

05121101 05121102とはいえ、開始時刻になり長女のお友達のグループの劇が始まると、体調の悪さはどこへやら。年少組が素直に一生懸命演じる姿に感動。

そして、いよいよ長女のグループ登場。劇は三匹の子豚のパロディで、長女は木のお家の子豚の役。長女はパパと違ってシラフで舞台に臨みます。(妻に当たり前だと突っ込まれました。) 転ばないかな?泣き出さないかな?色々心配もありましたが、緊張しながらも何とか演じきって、劇は無事終了。大勢のギャラリーを目の当たりにして、声が小さくなりがちでしたが、楽しく歌ったり演奏できていたので、パパからは二重丸です。

05121103お遊戯会の終了後、長女は緊張の糸が切れたのか、一気に疲れが出てきた様子で、家で終日ぐずぐずモード。長男は外に出たくてうずうずしているので、二人で昼食を挟んで近所の交通公園へ。寒いです。日が落ちかけて寒さが更に厳しくなり、帰ろうと持ちかけても、長男なかなか納得しません。結局、閉園時間まで居座り、乗り物のお片づけに立ち会って、ようやく諦めて帰途に。

05121104最近、近所で不審者騒ぎが多発しているので、警察署による安全呼びかけの巡回ヘリが何度も頭上を横切ります。その都度、長男は指差して「おーおー」と言います。なんだか、日本の公園で遊んでいる感じがしなかったですね。戦闘地域において空襲警報に怯えているような感じさえします。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

立ち呑みライブ

05121001両国立ち呑み そば処「との」で、アルト サックスの片桐さんとのデュオによるライブに臨みました。リズム セクションなし。普段、いかにリズム セクションに頼っているのか、思い知りました。バッキングが無いと、休めないんですよね。吹き続けていないと、演奏が止まっちゃいます。楽しく演奏できましたが、それ以上に異例の重労働なライブでした。特に、ベーシストの気持ちが非常に良く分かりました。

2 管での展開を模索しつつ、基本的に片桐さんがテーマやインプロを鳴らしてくれるので、私はランニング ベース的な動きやオブリガードで呼応。私の強引な動きに、片桐さんもよくぞ対応してくれたと思います。また、お客さんの手拍子やレスポンスなしには、今回のライブは成し得ませんでした。途中から、地元両国における新進気鋭のアルト、両太さんも応援に駆けつけてくれ、2 管だけでの行き詰まり状況を打破。何とか無事終了に漕ぎ着けました。

皆様、ありがとうございました。

なお、両太さんがブログで写真付きでレポートしてくれています。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2005年12月 9日 (金)

デュオ?

明日はチャーリーさんのお誘いを受けて巣鴨で演奏することになっていたのですが、今日になって枠組みが変更になった旨の連絡。「両国の立ち呑み屋でお客さんを 30 人ぐらい呼ぶから、アルトの片桐さんと二人で何とかライブやってくれ」とのこと。

ハイ、何とかします。
むしろ、無伴奏で何でもありの企画は、この上なく楽しみだったりします。先ほど、片桐さんと話し合い、デュオで臨むことに決定!

05120901 義弟のお父様から高級ウィスキーをいただきました。ごちそうさまです。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2005年12月 8日 (木)

お姉さんからのお返事

05120801NHK 教育テレビ「おかあさんといっしょ」の出演者の中で、長女のいちばんのお気に入りは歌のお兄さん、お姉さんではなく、体操のお兄さんでもなく、スプーでもアネムでもズズでもジャコビでもなく、ズーズー ダンスの「まゆお姉さん」なんです。そんなに好きなら、絵を書いてお姉さんに送ってごらん、と言って先月メッセージを添えて送ったのですが、本日、ご丁寧にお返事が送られてきました。

裏面が塗り絵風になっている絵葉書です。長女は大喜びです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水)

朗報

上京後しばらく経ってから花粉症になり、毎年苦しんでいるのですが、特に今年は飛散量が多かっただけに酷い目に遭いました。今日のニュースによると来年は「量は少なく、飛ぶ時期は遅め」とのこと。とにかく、今は的中してくれという思いです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年12月 6日 (火)

再会

小学校の頃からの友人が同じ杉並区内に住んでおり、会おう会おうと思いつつ全く実現できていなかったのですが、今日、我が家に遊びに来てもらうことでようやく実現しました。実に 12 年振りの再会です。

言語学者で教鞭をとる友人に対し、IT で何とか生計を立て道楽に没頭している私。比べ物にならないぐらい格差のある間柄なのですから、いざ会う機会となるとなかなか接点が見出せずにいました。再会が実現したのは、最近 mixi でのやりとりがエスカレートして、じゃあいっそ会って呑もう!ということになったという経緯です。

バスでやって来る友人を 19:00 前に停留所で待ち構えます。友人の近影を知りませんでしたが、バスから降り立つや否やすぐに友人と認識できました。12 年経ってお互い 30 歳のおじさんになり、それぞれ立場は異なっていても、コアな部分で当時のままでした。話し始めると出てくるは出てくるは、少年時代の思い出の数々が。忘れていた記憶が、次々に蘇ります。昼休みや放課後、毎日のように小学校の松林で遊んだこと、担任が産休のとき補助教員が次々に交代したこと、交通事故で入院したこと、弟たちのこと、地元のこと・・・。

話が盛り上がっているタイミングで、子供たちが入れ替わり立ち代わり友人にお相手を求めて来て中断するので、話題があっちに行ったりこっちに行ったりします。それだけ、お互いに話したかったことが一気に湧き出したのでしょう。

気付けば 0:00 過ぎ。思い出を語る上では、短すぎる時間でした。今度は休日にでも是非ゆっくりと。あと、今後とも子供たちの知育に関するアドバイザーにもなってほしいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月 5日 (月)

LMB リハ

クッキー作りが終わり、長女は咳が出るので長男とのみ午後から外に遊びに行こうと意気込むものの、いざ出掛けようとしたその時に雨が降り出してきました。予報だと雨は夜からだったのに、結局昨日は外では遊べず仕舞い。小降りの瞬間を見計らって近所で所用を済ませ、 Lucky Monday Bigband (LMB) のリハに参加するため夜は小平へ。

LMB のリハ会場である小川公民館の最寄り駅である西武国分寺線たかの台駅に到着したのが 17:30 頃。雨も止んでおり、公民館に入れる 18:00 までには少し余裕があったので公園での音出しを決行しました。

ところが、スライドは手袋をしているので動くものの、顔面が寒さで硬直してアンブシュアがままなりません。顔にギブスを装着して吹いている感覚でした。そりゃ、山間部で雪が降るのも無理はない寒さなわけです。でも、最近オープン スペースで吹ける機会は滅多に無いので、ここぞとばかりに 30 分間は吹き込みました。

コンビニでオニギリを買って、公民館までの道すがら軽く食事。10 月、久々に LMB のリハに参加した際の会場は小平中央公民館だったので、小川公民館は実に 1 年振りです。公民館のおじさんも知らない人に代わっていました。

トロンボーンの奥富さんとは初対面。安定したバストロの演奏で、トロンボーン セクションの底辺を支えます。伊藤さんも勿論バストロを吹きますので、LMB のトロンボーン セクションは更に磐石になりました。

今年は山梨遠征に同行できなかったので、りえ先生がアルトを吹く姿を生で見るのも初めての機会。最近サックスを始めたとは思えないどころか、サックス セクションをぐいぐい牽引する演奏に脱帽。さすが、フルートで培ったバックグラウンドの大きさを感じさせます。

遠藤さんのネギ ドラムも私にとっては初お目見えです。ご丁寧に従来ポーク パイと叩き比べて解説してくれました。バンド全体への調和度が増した感があります。トランペットがハイノートでヒットしたときのタイミングでネギ スネアがバシッとハマった時は快感でしょう。

とものさんのボーカルが加わり、LMB にボーカルが含まれるリハを経験するのも初めてでした。ボーカルにより彩が添えられて、楽しいコンサートが期待できそうです。

トランペットの岡田さんは早くも LMB に馴染んでおり、ナットビルでメンバー全員を唸らせるソロを展開。凄いとしか言いようがありません。(帰りは岡田さんに浜田山まで送ってもらっちゃいました。岡田さん、いつもお世話になります。)

今年一年間 LMB の活動を離れたことで、客観的に LMB を見つめることができましたが、改めて LMB の良さを再認識しています。井上夫妻の結婚式では演奏に参加させていただくものの、クリスマス コンサートには参加できませんが、せめて LMB の演奏だけはギャラリーとして何とか聴きに行けたらと思っています。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2005年12月 4日 (日)

クッキー作り 続編

05120401 05120402今日は、クッキー作りの続きです。昨日仕込んで一晩寝かしておいた生地を取り出し、麺棒で広げます。

長女は手伝っているつもりのようですが、ちぎれた生地の破片を集めては本体に投入し、その都度広げる作業が停止するので、かえって効率は悪化します (~_~;)。

0512040305120404生地を広げたら、台座用と蓋用の二種類を形作ります。「穴がオフセンターにならないように、気をつけてね。ちゃんとターンテーブルで回らなくなるから」って、これはレコード盤ではありませんでした。

そして、オーブンに入れて焼きあがるのを待ちます。

0512040505120406焼けましたー。部屋に胡桃やアーモンドの良い香りが漂います。

ママ特製のブルーベリー ジャムを挟んで、完成!ジャムが少なかったので、ジャムなしバージョンも。食べ比べてみましょう。

0512040705120408お昼ごはん前だけど、いっただっきまーす。おいちー。ブルーベリー ジャムが挟まった方はクッキーとして完成されたおいしさですが、ジャム無しバージョンは、胡桃独特の風味が生きています。どっちも食べたことの無いおいしさ。病み付きになりそうです。

さて、夜は結婚式のリハーサルを含む LMB の練習に行ってきました。その様子はまた明日の日記で!

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005年12月 3日 (土)

胡桃でクッキー

昨日長女と新宿へ出掛けつつも、滞在は 2 時間程度で切り上げて帰って来ました。それは、長女が風邪気味であったことと、寒空の下を歩いたせいか私の腰痛が再発したためです。なので、今日は家でおとなしくしていました。

家でできることは何かないか?そこで先日、u-papa さん kan-mama さんご一家からいただいた鬼胡桃によるクッキー作りに取り掛かりました。

0512030105120302割るのは長男とパパが担当。部屋は 3F なので、金槌でトントンすると 2F に住んでいらっしゃる方の迷惑になる可能性があるので、駐車場に新聞紙を広げて作業します。長男もいっちょ前に叩いています。割れませんけど・・・。

割るのに失敗して取り出せなかった実を掘り出すのは、長女の担当です。

0512030305120304ここからはママと長女が担当。胡桃をアーモンドと一緒にフードプロセッサで粉砕し、予め長女が捏ねておいたマーガリンや卵、小麦粉等と混ぜて生地にします。

混ぜ終わった生地は、一晩寝かせるので、続きはまた明日!

ところで、私の所属する武蔵野ファンクのメンバーは、伝九郎、ボス、グランドマスター X と、料理の達人が占める割合が多いのですが、私は全く料理は駄目。 結婚する前に調理器具を熱で変形させて挫折を味わったり、妻の妊娠中も必要最低限の調理で済ませたという有様。少しは洒落た料理の一つや二つは身に着けたいと、思ってはいます。思っては・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年12月 2日 (金)

長女と過ごした平日の午後

今日は仕事が午前中までだったので、幼稚園に長女を迎えに行ったり、音楽教室へ付き添ったりと、通常の平日では共有できない時間を過ごしました。長女も普段、長女なりにハード スケジュールをこなしていることを実感。音楽教室でのレッスン中は疲れも見受けられ集中力が散漫になっていましたが、その辺は無理もないのでしょう。

音楽教室が終わった後は、先週に引き続き、今度は長女と 2 人きりで新宿へお出掛け。考えてみれば、長男の誕生後は長女と 2 人きりで出掛ける機会が極端に減少していました。なので、なんとなく違和感が。娘を伴った父親というよりも、ちょっとしたデート気分です。マックで食事したり、イルミネーションを見たり、イベント会場で雪に触れたりと、楽しいひと時を過ごしました。

さて、あと何年一緒に行ってくれるのでしょう・・・。

05120201 05120202051202030512020405120205   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

400ml 献上

先月で解禁されたので 12 月初日の今日、400ml 献上してきました。血液を。

日常的に献血されている方ならご存知かと思いますが、400ml 献血した場合、次回は 12 週間以上の間隔が必要で、年間総量が 1200ml までという制限があり、前回から 16 週間以上が過ぎていましたが、年間総量の方が先月でようやく満了したので、早速本日献上してきました。

献血の習慣が身についたのは長男が生まれる少し前なので、かなり最近になってからなのですが、きっかけは義父の癌摘出手術でした。義父が手術を受ける際、多量の輸血用血液の必要性が見込まれていたためです。輸血用血液というと、私が生まれる前に祖母が交通事故に遭い、親父を含む祖母の息子三兄弟が輸血用血液を提供したという逸話を聞いていたので、義父の手術を控えていた時期、血液型が同じ私はかなり構えていました。でも、手術が近づくにつれ分かったのですが、現在ではそういった形での提供方法は、よっぽど特殊な型ではない限り選択されないんですね。極力手術前に本人から採取し保存しておいた血液を使用し、緊急時は日赤から最も適合した血液が提供されるのだそうです。

いずれにしても、義父の手術により輸血用血液の重要性を再認識しました。また、事故等の緊急手術においては本人から採取したストックはもちろん無いのですから、日常的な献血の大切さも思い知りました。自分自身だって、輸血用血液の恩恵に与かることがあるかもしれないのですから。

05120101さて、堅い話はこのくらいにしておいて、献血のご褒美は "ドルフィン バス ボール" 1 個。入浴剤です。明日、お風呂に入れて子供たちと遊びます♪

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »