« iriver 交換対応 | トップページ | Play Ground »

2005年11月12日 (土)

陶芸教室、多摩川

0511120105111202午前中は長女の幼稚園における、親子での陶芸教室。今回は長女の希望で、パパと行きたい!と言うので、休日であるのにも関わらず早起きして参加してきました。お題は「お皿」です。年少さんにとっては皿がまあ妥当でしょう。

黒い塊を 2 人でこね、皿の形に整え、楽しいものです。長女は皿そのものよりも、ほとんどの時間をお絵かきに消費。

05111203そして、完成!さて、この仕上がりで、ちゃんと焼き上がるのでしょうか?幾何学模様の意味するものは?結果はまた来年!(実際に来年焼くんだそうです。)

0511120105111204午後は妻がプチ同窓会で、長女のみを連れて行くので、長男と私はぶらり多摩川へ。多摩川を選んだのは、近場なのに西武多摩川線に乗ったことが無かったから。ただそれだけです。浜田山駅まで家族揃って出発し、長女ママ組は渋谷方面へ、長男パパ組は吉祥寺方面へ。吉祥寺から武蔵境を経由して、西武多摩川線に乗って是政へ。

05111205是政駅からは徒歩で多摩川越えにチャレンジ。是政橋は歩道が広いので、比較的安全です。長男は頑張って踏破しましたが、途中で大きな川を見て指差したり、遠くを走る貨物列車を見て興奮したりで、かなりの時間を費やしました。対岸の河川敷で遊びましたが、多摩川の河川敷はあまりきれいではないのが難点。やはり、山奥のきれいな川を見せてあげたいものです。

05111207南多摩駅から南武線に乗車し稲田堤へ。稲田堤駅近くの煎餅屋で「甘口たかせん」を購入。蜂蜜が入っているらしく、後を引く美味しさ。鞄にしまおうとすると、長男大抗議。晩御飯が食べられなくなっちゃうよ!

京王稲田堤駅から京王線で下高井戸を経由して、世田谷線でやってくる長女ママ組と合流。夜は妻が幼稚園のお母さん方による飲み会で不在なので、子供たちにとっては異例となるパパと過ごす夜。でも、一日疲れたせいか、お風呂に入ってすぐに寝てしまいました。妻の帰宅を待って、これから西荻窪のイベントを覗いてきます。

|

« iriver 交換対応 | トップページ | Play Ground »

育児」カテゴリの記事

コメント

>多摩川の河川敷はあまりきれいではないのが難点。やはり、山奥のきれいな川を見せてあげたいものです。

奥多摩あたりの景色は最高ですね。さらに上流に行くと丹波山村あたりの多摩川源流域も良いところです。そーいえば、祖父の次男の長男が中学生くらいの頃、自転車で奥多摩街道の峠道を快走中に、スピード違反取締のレーダーに反応。K察に止められたことがあるそうです。

投稿: 21-25 | 2005年11月12日 (土) 22時20分

陶芸は、楽しいですよぉ。
我が家にも幼稚園時代に作った作品と
旅行で作った作品と数点あります。
 先日次男が、作品を見つけて
「また作りたいなぁ」と言っていました。

投稿: ぺんぺん | 2005年11月12日 (土) 22時31分

>幾何学模様の意味するものは?

小学生になったら、甲斐風土記の丘研修センターで開催される、親子土器つくり教室に参加してはいかがでしょうか?甲斐風土記の丘でなくても、関東近辺では結構体験できると思いますが。

焼き物かぁ。自分は破片に触れることの方が多い気がします・・・。

投稿: 21-25 | 2005年11月12日 (土) 22時52分

陶芸って楽しいですよね。
年明けの焼き上がりがとっても楽しみです。
窯から出てくるときは、ドキドキです。

粘土こねて形をつくるのって、物を叩いて音をだすのとならんで、人間のプリミティブなクリエイティビティを引き出す最良の方法のような気がします。

投稿: s_hoso | 2005年11月13日 (日) 11時29分

 陶芸は、焼き上がりが分かるようで分からないところが面白いですよ。粘土の姿では幾何学模様でも、薬をかけて焼くと、ちょっとしたゲージュツになっているかもしれません。

・・・ついでに、鉄分の高い休日の過ごし方はパパの趣味ですか、それとも息子さんの趣味ですか(笑)?

投稿: 波羅光 | 2005年11月13日 (日) 11時59分

> 21-25 さん

ちゃりんこ暴走事件の話、何となく聞いたことがあります。某メーカーの最先端を行くエンジニアにも "やんちゃ" な経歴があることが、微笑ましいです。

一度、多摩川の源流を探りに、青梅から奥多摩、丹波山を散策してみたいと思っています。

土器作りにも是非、参加させていきたいです。

> ぺんぺんさん

粘土を捏ねていると、童心に帰って楽しめます。アっくんの「また作りたい」という気持ちも、
非常に良く分かります。

今回のお皿が仮に、うまく焼き上がらなかったとしても、思い出の作品として大切にしたいです。そして、何年後かにそれを見たときに、
長女の場合はどんな感想を持つのでしょうか・・・?

> s_hoso さん

仕上がりに関しては、非常にドキドキです。
しかも、それまでの期間が異様に長いので、
期待やら不安やら、色々な感情が膨らみます。

脳みそが柔らかいうちに、クリエイティビティを養えるよう、積極的に手を動かさせたいという意向はありますね。

> 波羅光 さん

そう言われると、出来上がりへの不安よりも、期待が高まってきます。どんな風に変化するのか、楽しみです。

ちなみに、鉄分の高い休日は、パパの趣味に他なりません。長男は現在、イクラちゃん状態なので、自分から言葉を発して主張することはできず、こちらから提示した項目を肯定 / 否定するのみです。いずれ、自己主張がはっきりしてきたら、違う休日の過ごし方に変化するかもしれませんがね。

ちなみに、私のこの趣味は、幼少期から一貫しています。いや違うな、本を正せば、小 2 の時分における波羅光さんの影響で拍車がかかったような・・・。

投稿: ぱるめざん | 2005年11月13日 (日) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139825/7066541

この記事へのトラックバック一覧です: 陶芸教室、多摩川:

« iriver 交換対応 | トップページ | Play Ground »